コンテンツにスキップ

エディ・エンケティア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エディ・エンケティア
アーセナルFCでのエンケティア(2018年)
名前
本名 エドワード・ケダー・エンケティア
Edward Keddar Nketiah
ラテン文字 Eddie Nketiah
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
ガーナの旗 ガーナ
生年月日 (1999-05-30) 1999年5月30日(25歳)
出身地 ロンドンルイシャム
身長 180cm
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 アーセナルFC
ポジション FW
背番号 14
ユース
2008–2015 イングランドの旗 チェルシーFC
2015–2017 イングランドの旗 アーセナルFC
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2017– イングランドの旗 アーセナルFC 143 (25)
2019–2020 イングランドの旗 リーズ・ユナイテッドFC (loan) 17 (3)
代表歴2
2017  イングランド U-18 2 (4)
2017–2018  イングランド U-19 10 (9)
2018–2019  イングランド U-20 9 (6)
2018–2021  イングランド U-21 17 (16)
2023- イングランドの旗 イングランド 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2024年5月31日現在。
2. 2023年10月18日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

エドワード・ケダー・エンケティアEdward Keddar Nketiah, 1999年5月30日 - )は、イギリスロンドンルイシャム出身のサッカー選手。ポジションは、フォワードアーセナルFC所属。イングランド代表の各ユース年代で選出されている。エヌケティアヌケティアケシャ等の表記も見られる。

経歴

[編集]

クラブ

[編集]

イギリスロンドンルイシャム区ルイシャムで生まれ、ロンドン南東のチームHillyfieldersでプレーしたあと9歳でチェルシーFCのユースに引き抜かれた。2015年、身長の低さを理由にU-14のカテゴリーで放出された[1]。しかし、数日後にアーセナルFCからトレーニング参加の招待を受けて合格しアーセナルユースの所属となった。2015-16シーズン、彼は、28試合24ゴールという記録を残した。

2016年9月、アーセナルFCとプロ契約を結んだ。2016-17シーズン、U-18チームで16試合で15ゴールを決めるとともに、飛び級でU-23チームにも招聘され26試合12ゴールという記録を残した[2]。 2017年夏、その活躍がベンゲル監督の目に留まりトップチームのオーストラリア中国へのプレシーズンツアーに招集された[3]。 2017年9月28日、ヨーロッパリーグBATEボリソフ戦でトップチームに招集されると89分から出場した[4]。次にトップチームでの出場となったのは約1ヶ月後のEFLカップノリッジ・シティFC戦となった。この試合でアーセナルが1点ビハインドの85分から投入されると15秒後のファーストタッチでゴールを決め、さらにもう1点追加し2得点の活躍で逆転勝利に貢献した[5]。2019年5月12日、シーズン最終戦となるバーンリーFC戦においてプレミアリーグ初得点を決めた[6]

2019年8月8日、2019-20シーズンの間EFLチャンピオンシップに参加するリーズ・ユナイテッドFCにレンタル移籍することが決定した[7]。しかし、リーグ戦先発出場はわずか2試合とあまり出場機会を得られなかったため、2020年1月、ローン契約は打ち切られアーセナルに復帰した[8]。7月7日のレスター・シティFC戦では、後半26分から途中出場で起用されながら、ボールに触れることもなく、4分後にレッドカードを提示されるという、不名誉な一発退場を受けた[9]

2021年8月1日、プレシーズンマッチのチェルシー戦で右足首を負傷し約1ヶ月の離脱をした[10][11]。同年12月21日、EFLカップサンダーランド戦でハットトリック達成[12]。2022年1月1日、新型コロナの検査で陽性反応となったことが発表された[13]

2022年2月20日、プレミアリーグ第26節ブレントフォード戦で、その試合でキャプテンを務めていたアレクサンドル・ラカゼットと代わり後半29分に途中出場をし、同31分にキーラン・ティアニーにキャプテンマークを渡すまでの約2分間、キャプテンを務めた。同2021-22シーズンはラカゼットの牙城を崩せず、2022年3月までスタメンはわずか1回であったが、4月20日のチェルシーFCとのビッグロンドンダービーではラカゼットが離脱してることからスタメンで出場し、2得点を上げる活躍を見せたことで監督のミケル・アルテタから評価された[14]

2022年6月18日、アーセナルと契約延長すること及び2022-23シーズンより14番に背番号を変更することが公式発表された[15]。2023年3月1日、プレミアリーグ第7節延期分エヴァートン戦で足首を負傷。4月16日の第31節ウェストハム戦で途中出場し6週間以上ぶりに実戦復帰した。同年10月28日、プレミアリーグ第10節シェフィールド・ユナイテッド戦で自身初となるハットトリックを達成した[16]

代表

[編集]

2017年3月22日、U-18イングランド代表としてU-19サウジアラビア代表戦で国際的なデビューを果たし初得点を決めた[17]。次戦のU-19カタール代表戦ではハットトリックを達成した[18]。2017年11月、2018年U-19欧州選手権予選のフェロー諸島戦で4得点を記録した[19] 。2018年5月18日、トゥーロン国際大会でU-21イングランド代表に初招集された[20]。同大会では、準決勝のU-21スコットランド戦で2得点[21]、決勝のU-20メキシコ戦でキーラン・ドウェルの決勝点をアシストしイングランドの優勝に貢献した[22]。また、彼のスコットランド戦の1つ目のゴールはトーナメント最優秀ゴール賞に選ばれた[23]。 2020年9月4日、U-21コソボ代表戦でU-21イングランド代表のキャプテンを初めて務めた[24]。同年10月13日、12戦目となるU-21トルコ代表戦で14得点目を決め、アラン・シアラーフランシス・ジェファーズのもつそれまでの最多得点記録13得点を抜きイングランド代表U-21の歴代最多得点者となった[25]

2023年8月31日、9月の代表戦に向けた招集メンバーに選ばれイングランド代表に初招集された[26]。同年10月13日、親善試合のオーストラリア代表戦でイングランド代表デビューを果たした[27]

個人成績

[編集]
クラブ シーズン リーグ リーグ戦 カップ戦 リーグ杯 国際大会 その他 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
アーセナル 2017-18 プレミアリーグ 3 0 1 0 1 2 5 0 0 0 10 2
2018-19 5 1 1 0 1 0 2 0 0 0 9 1
通算 8 1 2 0 2 2 7 0 0 0 19 3
リーズ 2019-20 チャンピオンシップ 17 3 - 2 2 - 0 0 19 5
通算 17 3 - 2 2 - 0 0 19 5
アーセナル 2019-20 プレミアリーグ 13 2 4 2 - 0 0 0 0 17 4
2020-21 17 2 1 0 2 1 8 3 1 0 29 6
2021-22 21 5 1 0 5 5 0 0 1 0 28 10
2022-23 30 4 2 2 1 1 6 2 0 0 39 9
通算 81 13 8 4 8 7 14 5 2 0 113 29
総通算 106 17 10 4 12 11 21 5 2 0 151 37


タイトル

[編集]

クラブ

[編集]
アーセナルU-23
アーセナル

個人

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ Arsenal’s Eddie Nketiah let go by Chelsea for being too small” (2017年10月26日). 2019年7月22日閲覧。
  2. ^ “Arsenal FC news: All you need to know about Eddie Nketiah, the Gunners and England talent making headlines”. (2017年3月30日). https://talksport.com/football/arsenal-fc-news-all-you-need-know-about-eddie-nketiah-gunners-and-england-talent-making 2019年7月22日閲覧。 
  3. ^ “Lucas Perez, Kieran Gibbs left off Arsenal's preseason tour squad”. (2017年7月9日). http://www.espnfc.com/arsenal/story/3155336/lucas-perez-and-kieran-gibbs-left-off-arsenals-preseason-tour-squad 2019年7月22日閲覧。 
  4. ^ BATE Borisov 2–4 Arsenal”. 2019年7月22日閲覧。
  5. ^ Arsenal 2–1 Norwich City” (2017年10月25日). 2019年7月22日閲覧。
  6. ^ Burnley 1-3 Arsenal: Aubameyang double for the Gunners who finish fifth - BBC Sport” (2019年5月12日). 2019年7月22日閲覧。
  7. ^ EDDIE NKETIAH COMPLETES LEEDS UNITED MOVE” (2019年8月8日). 2019年8月9日閲覧。
  8. ^ MARCELO BIELSA CONFIRMS EDDIE NKETIAH LOAN TO BE CUT SHORT” (2020年1月1日). 2020年1月17日閲覧。
  9. ^ アーセナルFW、出場から4分で1発レッド...ボールに1度も触れず”. SPORT.es.jp (2020年7月8日). 2020年7月9日閲覧。
  10. ^ Team news: Gabriel, Partey, White, Elneny” (2021年8月7日). 2021年8月20日閲覧。
  11. ^ Team news: Partey, Nketiah, Gabriel” (2021年9月9日). 2021年9月10日閲覧。
  12. ^ Carabao Cup Arsenal 5-1 Sunderland: Eddie Nketiah scores superb hat-trick”. BBC Sport (2021年12月21日). 2021年12月22日閲覧。
  13. ^ Arsenal suffer blow as Eddie Nketiah tests positive for Covid-19 ahead of Man City” (2021年1月1日). 2022年1月3日閲覧。
  14. ^ アルテタ監督が反省「エンケティア、私の失敗を証明した」qoly 2022年4月22日
  15. ^ “Eddie Nketiah signs new contract”. (2022年6月18日). https://www.arsenal.com/eddie-nketiah-signs-new-contract-deal-premier-league-news 2022年6月18日閲覧。 
  16. ^ “Nketiah - ‘It’s a day I’ll remember forever’”. (2023年10月28日). https://www.arsenal.com/news/nketiah-its-day-ill-remember-forever 2023年10月29日閲覧。 
  17. ^ “England Under-18s seal win over Saudi Arabia in first of three games”. (2017年3月22日). http://www.thefa.com/news/2017/mar/22/england-u18s-saudi-arabia-report-220317 2019年7月22日閲覧。 
  18. ^ “Report: Qatar 0–4 England Under-18s”. (2017年3月27日). http://www.thefa.com/news/2017/mar/27/qatar-0-4-england-u18s-270317 2019年7月22日閲覧。 
  19. ^ “Young Lions start Euro defence with 6-0 win over Faroe Islands as Nketiah bags four”. (2017年11月8日). http://www.thefa.com/news/2017/nov/08/england-u19s-6-0-faroe-islands-report-081117 2019年7月22日閲覧。 
  20. ^ “ENGLAND U21S HEAD TO MAURICE REVELLO TOURNAMENT IN TOULON WITH A 20-MAN SQUAD”. (2018年5月18日). http://www.thefa.com/news/2018/may/18/england-u21s-squad-named-for-toulon-180518 2019年7月22日閲覧。 
  21. ^ “Toulon Tournament: England U21s beat Scotland 3-1 to reach final”. (2018年6月6日). https://www.bbc.co.uk/sport/football/44391851 2019年7月22日閲覧。 
  22. ^ “Toulon Tournament: England U21s secure third successive title with 2-1 win over Mexico”. (2018年6月9日). https://www.bbc.co.uk/sport/football/44426516 2019年7月22日閲覧。 
  23. ^ Festival International Espoirs 2018 : les récompenses” (2018年6月12日). 2019年7月22日閲覧。
  24. ^ YOUNG LIONS EXTEND WINNING RUN THANKS TO SECOND-HALF ONSLAUGHT IN KOSOVO” (2020年9月4日). 2020年9月9日閲覧。
  25. ^ England U21 2-1 Turkey U21: Eddie Nketiah becomes leading goalscorer - BBC Sport” (2020年10月13日). 2020年10月18日閲覧。
  26. ^ Nketiah among Gunners in Three Lions squad” (2023年8月31日). 2023年9月1日閲覧。
  27. ^ Nketiah makes England debut against Australia” (2023年10月14日). 2023年10月14日閲覧。

外部リンク

[編集]