ガレス・サウスゲート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ガレス・サウスゲート Football pictogram.svg
ENG-PAN (22).jpg
イングランド代表監督時のサウスゲート
(2018 FIFAワールドカップにて)
名前
本名 ガレス・ハロルド・サウスゲート
Gareth Harold Southgate
ラテン文字 Gareth Southgate
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1970-09-03) 1970年9月3日(48歳)
出身地 ワトフォード
身長 183cm
体重 80kg
選手情報
ポジション DF
利き足 右足
ユース
0000–1988 イングランドの旗 クリスタルパレス
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1988-1995 イングランドの旗 クリスタルパレス 152 (15)
1995-2001 イングランドの旗 アストン・ヴィラ 192 (7)
2001-2006 イングランドの旗 ミドルズブラ 160 (4)
通算 504 (26)
代表歴
1995-2004 イングランドの旗 イングランド[1] 57 (2)
監督歴
2006-2009 イングランドの旗 ミドルズブラ
2013-2016 イングランドの旗 イングランド U-21
2016- イングランドの旗 イングランド代表
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ガレス・ハロルド・サウスゲートGareth Harold Southgate1970年9月3日 - )はイングランドワトフォード出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはDF(センターバック)。

経歴[編集]

クラブ[編集]

クリスタルパレス[編集]

クリスタルパレスのユースチームでキャリアをスタートさせ、1988年からトップチームに昇格。主に右サイドバックやセンターハーフのポジションを務めた。キャプテンとして臨んだ1993-94シーズンはチームをファーストディビジョン優勝に導き、チーム史上初のプレミアリーグ昇格に貢献した。シーズン後には7シーズンに渡り152試合に出場したクリスタルパレスを離れ、アストン・ヴィラに2.5万ポンドで移籍。

アストン・ヴィラ[編集]

アストン・ヴィラではセンターバックにコンバートされレギュラーとして、プレー。移籍初年度からチームはリーグカップを優勝し、翌年のUEFAカップ出場権獲得に貢献した。

アストン・ヴィラがFAカップ決勝に進出した1999-00シーズンも同クラブでプレーを続けたが、ユーロ2000の直前に国内ビッグクラブへの移籍を希望しトランスファーリクエストを提出。クラブ側はキャプテンを務めていたサウスゲートの慰留に務めたが、移籍リストへの掲載から1年後の2001年にクラブを去った。

ミドルスブラFC[編集]

ビッグクラブへの移籍を希望したものの契約はまとまらなかったが、ミドルズブラFCの監督に就任したスティーブ・マクラーレンの要望により、補強第1号として同クラブへ加入した。マクラーレンはヴィラ時代にセンターバックのコンビを組んだウーゴ・エヒオグとのコンビを高く評価し、再び組ませるために獲得を熱望していた。彼はすぐにミドルスブラでファンの人気を掴み、シーズン後にはチームの年間ベストプレイヤー賞に選出された。

2002-03シーズンにはキャプテンであったポール・インスがクラブを離れ、新チームのキャプテンに就任した。2004年2月にミレニアム・スタジアムでリーグカップで優勝。ミドルスブラでトロフィーを上げる最初のキャプテンになった。しかし、優勝直後に膝靭帯損傷しシーズン終了前にチームから離脱した。

リオ・ファーディナンドが2004年1月に薬物検査を行なわなかったことを受けて、マンチェスター・ユナイテッドに移籍するという噂があったが、移籍は実現せず、ミドルスブラとの契約を2007年まで延長した。2006年5月に行われたUEFAカップ決勝のセビージャFC戦がサッカー選手として最後の試合となった(試合は0-4でミドルスブラの敗戦)。

2006年、スティーブ・マクラーレン監督がイングランド代表監督に就任したために暫定的処置として当時チームでキャプテンを務めていたサウスゲイトがライセンスは所有していないものの監督に就任し、同年正式に現役を引退した。

代表[編集]

サウスゲートはテリー・ヴェナブルズ政権時代の1995年12月に行われた、ポルトガル代表戦で代表デビューを飾った。

代表チームでは2得点を記録しており、初ゴールは1998年10月14日に開催されたユーロ2000予選のルクセンブルク代表戦である。2得点目は2003年5月22日に行われた南アフリカ代表との親善試合で記録。

彼の代表50キャップ目は、2002年9月に奇しくも代表デビュー戦と同じポルトガル代表戦であり、以前所属したアストン・ヴィラのホームスタジアム、ヴィラ・パークで行われた。結果は1-1の引き分けであった。なお、彼は代表通算57キャップを記録しており、アストン・ヴィラに所属した選手の中で最も多くのイングランド代表キャップを残した選手である。

監督[編集]

2006年当時、ミドルズブラFCを指揮していたスティーブ・マクラーレンがイングランド代表監督に就任したために選手兼任監督として監督に就任し、監督としてのキャリアをスタートさせた。

その後、正式にライセンスを取得しミドルズブラの監督となったが、2009年10月に解任された。2013年からはU-21イングランド代表を率いていたが、2016年9月にイングランド代表監督のサム・アラダイスの解任に伴い暫定で指揮を執り、同年12月、正式にイングランド代表監督に就任した。

2018 FIFAワールドカップでは、近年国際大会で低迷が続いていたイングランドを1990年大会以来の4位に導いた。

監督成績[編集]

2016年11月15日現在
クラブ 就任 退任 記録
試合 勝ち 分け 負け 勝率 %
ミドルズブラ 2006年6月7日 2009年10月20日 151 45 43 63 029.80
イングランド U-21 2013年8月22日 2016年9月27日 33 27 3 3 081.82
イングランド 2016年9月27日 4 2 2 0 050.00
合計 188 74 48 66 39.36

脚注[編集]

外部リンク[編集]