半保護されたページ

冨安健洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

冨安健洋 Football pictogram.svg
Takehiro Tomiyasu.jpg
ボローニャFC時代の冨安
名前
愛称 タケ、トミー
カタカナ トミヤス タケヒロ
ラテン文字 TOMIYASU TAKEHIRO
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1998-11-05) 1998年11月5日(22歳)
出身地 福岡県福岡市[1][2]
身長 188cm
体重 84kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 アーセナルFC
ポジション DF
背番号 18
利き足 右足
ユース
アビスパ福岡U-15
アビスパ福岡U-18
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2015-2017 日本の旗 アビスパ福岡 45 (1)
2018-2019 ベルギーの旗 シント=トロイデンVV 27 (1)
2019-2021 イタリアの旗 ボローニャFC 61 (3)
2021- イングランドの旗 アーセナルFC
代表歴2
2013-2015  日本 U-17
2015-2017  日本 U-20
2018-2021  日本 U-23/24
2018- 日本の旗 日本 24 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年9月1日現在。
2. 2021年9月7日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

冨安 健洋(とみやす たけひろ、1998年11月5日 - )は、日本のプロサッカー選手プレミアリーグアーセナルFC所属。日本代表。ポジションはディフェンダー

略歴

プロ入り前

小学生の頃に三筑キッカーズの総監督が目を見張るスピードで走っている冨安の姿を偶然目撃、冨安の知り合いの父母に「あの子を何とか(三筑)キッカーズに入れてくれん?」と依頼し、父母からチームに勧誘された冨安は結果的にサッカーを始めることになった[3]

11歳の時、2009年に開校したバルセロナスクール福岡校のコーチに勧められ入会し、小学6年生になるとナショナルトレセンに選出され、地元では広く知られる存在になった[4][5]。バルセロナスクール福岡校のコーチは冨安をFCバルセロナに推薦したが、小学生をスペインに連れていくのは難しく、話は立ち消えとなった[4]。しかしのちに18歳でアビスパ福岡の主力選手として活躍できたのはその時の経験が生かされているからだと語っている[5]

中学生からアビスパ福岡の下部組織に入団。ジュニアユース時代は3学年ともキャプテンを務めた。中学3年生時には、飛び級でアビスパ福岡のトップチームの練習に参加するようになる[6]。2015年5月19日、高校2年生ながらアビスパ福岡に2種登録され、同年10月の天皇杯3回戦のFC町田ゼルビア戦で、高校2年生の時に公式戦デビューを果たす。

アビスパ福岡

2016年、高校卒業を待たずに高校3年生の時、アビスパ福岡のトップチームに昇格[7]。2ndステージの第3節FC東京戦でボランチとしてプロデビューを果たすと、その後はディフェンスラインのレギュラーに定着した[8]。2017年3月19日、J2第4節のロアッソ熊本戦でプロ入り初得点を記録。

シント=トロイデンVV

2018年1月8日、ベルギー1部のシント=トロイデンVVに移籍することが発表された[2]J1リーグの強豪クラブも獲得に興味を示していたが、強い海外志向により、億単位の移籍金を残して海外移籍することになった[9]。5月13日、プレーオフ9節のロイヤル・アントワープFC戦で移籍後初出場を果たした[10]

2018-19年シーズン、7月18日に行われた開幕戦のサークル・ブルッヘ戦でフル出場でリーグ戦初出場を果たした[11]。11月25日、第16節のRSCアンデルレヒト戦では移籍後初得点を決めて勝利に貢献した[12]。12月、ドイツ1部ヴェルダー・ブレーメンが移籍金600万ユーロ(約8億円)でオファーを出したが、シント=トロイデン側は少なくとも移籍金1000万ユーロ(約13億円)を求めていた事もありオファーを断った[13]。リーグ戦終了後に、クラブのサポーター団体「Spionkop Geel-Blauw」によるシーズン最優秀選手に選出された[14]

ボローニャFC

2019年7月9日、セリエAボローニャFCへの完全移籍が発表された[15]。背番号は「14」。8月10日、親善試合のビジャレアルCF戦でヘディング弾を決めボローニャでの初ゴールを記録した[16]。8月18日、コパ・イタリア3回戦のACピサ1909戦で公式戦デビューを果たした[17]。8月25日、セリエA開幕戦のエラス・ヴェローナFC戦で右サイドバックとしてリーグ戦デビューを果たしそのプレーに多くの称賛の声が上がった[18][19][20]

ガゼッタ紙は新星ベスト5に選出。英『トーク・スポーツ』が発表した「今季のヨーロッパのワンダーキッド トップ20」でジェイドン・サンチョキリアン・エムバペが名を連ねる中10位に選出された[21]。9月12日、ボローニャは8月のクラブ月間MVPにロベルト・ソリアーノリッカルド・オルソリーニを抑え冨安が選出された事を発表した[22]。12月15日、セリエA第16節アタランタBC戦にて移籍後初アシストを記録[23]。2020年7月18日、第34節ACミラン戦で左足のミドルシュートでセリエA初得点を記録した[24]。シーズン通して右サイドバックやセンターバックとして先発出場を重ね、7月にはコリエレ・デロ・スポルト紙から「冨安は黄金の選手。シニシャ・ミハイロヴィチ監督にとってなくてはならない選手」と評価された[25]

シーズンオフにはACミランから正式に獲得に向けてのオファーが届いたが、ボローニャに残留する事を決めた[26]

アーセナルFC

2021年8月31日、アーセナルFCに移籍することが公式発表された。背番号は18番を着用する[27]。同年9月11日、ノリッジ・シティ戦で先発起用されプレミアリーグデビューを果たした[28]

日本代表

2016年7月1日、リオ五輪のトレーニングパートナーに選出された[29]。10月、AFC U-19選手権のメンバーに選出。10月17日、第2戦のイラン戦ではセンターバックとして無失点に抑えて、中山雄太とともに安定したディフェンスを披露した[30]。10月30日、決勝のU-19サウジアラビア戦でも日本のピンチを抑えて初優勝に貢献した。

2018年8月30日、キリンチャレンジカップに挑む日本代表に初招集され[31]、10月12日のパナマ戦で先発して日本代表初出場を果たした[32]。10代での日本代表デビューは2012年の宮市亮以来で、センターバックの選手としては史上初となった[33]

2019年1月、AFCアジアカップ2019のメンバーに選出。1月9日、初戦のトルクメニスタン戦でスタメン出場し大会最年少での出場を飾った[34]。 1月21日のサウジアラビア戦ではコーナーキックを頭で合わせ、同大会トルクメニスタン戦の堂安律(20歳207日)の記録をさらに上回り、アジアカップの日本人最年少ゴールを2週間足らずで更新した(20歳77日)[35]。準決勝のイラン戦では、CBでコンビを組む吉田麻也と共にイランのエースのサルダル・アズムンを完全に抑え、長友佑都から絶賛された[36]。この大会、最年少ながらレギュラーとして移籍金が急騰するような活躍を見せたが[37]、決勝でカタールに敗れて準優勝となった。

2019年9月、W杯アジア2次予選のメンバーに選出。9月10日、アウェイのミャンマー戦でスタメン出場し日本代表のセンターバックとしては越田剛史以来39年ぶりの20歳でのW杯予選デビューとなった[38]。劣悪なピッチコンディションの中でチームトップとなる95本(成功率は90.5)のパスを成功させ、こぼれ球奪取数3回、シュートブロック2回、クリア数3回を記録するなど守備面での貢献度は絶大であった。また、ミドルサードでのプレー数もチーム1位となる126回を記録しており、幅広いエリアを的確にカバーしていた[39]

エピソード

  • 「健康で、太平洋のように広い心を持った人間に育ってほしい」という願いを込めて「健洋」と命名された[4]
  • 小学生の頃に所属した三筑キッカーズの総監督は「ドリブルさせたら、恐らく福岡県で彼に追いつける足を持っている子はいなかった。恐ろしいくらい速かった」と語るほど足が速い。そして、練習のない時は近所の公園で練習を重ね、練習量が半端なものではないと感じていた。また、練習にはいつも一番早く来て準備を手伝い、帰っていくのも片付けを見届けてから、いつも最後だったという[3]
  • 目標とする選手は現役時代、駆け引きが上手く、ボランチもこなしていたハビエル・マスチェラーノ[40]
  • 小学生の卒業文集には「プロサッカー選手になって、お母さんとお父さんにおうちを建ててあげたい」という夢を記した[3]
  • 17歳(高校3年生)の時にプロ契約を結び、アビスパ福岡史上初の高校生Jリーガーとなった。
  • バルセロナスクール福岡校に在籍時、スペイン遠征をした頃から世界を意識するようになった[40]
  • 2017年のJ1昇格プレーオフ決勝の名古屋グランパス戦では、左足首が疲労骨折している中での出場だった[1]
  • AFCアジアカップ2019サッカー日本代表キャプテンであった吉田麻也は冨安から、抜群の吸収力、試合に勝つために吉田自身に対してどんどん質問していく前のめりさを感じたと、2019年の記事で語った[41]

所属クラブ

個人成績

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2015 福岡 32 J2 0 0 - 1 0 1 0
2016 21 J1 10 0 5 0 1 0 16 0
2017 14 J2 35 1 - 2 0 37 1
ベルギー リーグ戦 リーグ杯ベルギー杯 期間通算
2017-18 シント・トロイデン 3 ジュピラー 0 0 - 0 0 0 0
2018-19 27 1 - 3 0 30 1
イタリア リーグ戦 イタリア杯オープン杯 期間通算
2019-20 ボローニャ 14 セリエA 29 1 1 0 - 30 1
2020-21 31 2 2 0 - 33 2
イングランド リーグ戦 FLカップFAカップ 期間通算
2021-22 アーセナル 18 プレミア
通算 日本 J1 10 0 5 0 1 0 16 0
日本 J2 35 1 - 3 0 38 1
ベルギー ジュピラー 27 1 - 3 0 30 1
イタリア セリエA 60 3 3 0 - 63 3
イングランド プレミア
総通算 132 5 8 0 7 0 147 5

その他の試合

  • 2017年
  • 2018年
    • ベルギーリーグ プレーオフ2 1試合0得点
  • 2019年
    • ベルギーリーグ プレーオフ2A 10試合0得点

タイトル

代表

U-19日本代表

代表歴

出場大会

試合数

  • 国際Aマッチ 24試合 1得点(2018年 - )


日本代表国際Aマッチ
出場得点
2018 2 0
2019 16 1
2020 3 0
2021 3 0
通算 24 1

出場

No. 開催日 開催都市 スタジアム 対戦国 結果 監督 大会
1. 2018年10月12日 日本の旗 新潟 デンカビックスワンスタジアム パナマの旗 パナマ ○3-0 森保一 キリンチャレンジカップ2018
2. 2018年11月16日 日本の旗 大分 大分スポーツ公園総合競技場 ベネズエラの旗 ベネズエラ △1-1 森保一 キリンチャレンジカップ2018
3. 2019年1月9日 アラブ首長国連邦の旗 ドバイ アルナヒヤーン・スタジアム トルクメニスタンの旗 トルクメニスタン ○3-2 森保一 AFCアジアカップ2019
4. 2019年1月13日 アラブ首長国連邦の旗 アブダビ ザイード・スポーツシティ・スタジアム オマーンの旗 オマーン ○1-0 森保一 AFCアジアカップ2019
5. 2019年1月17日 アラブ首長国連邦の旗 アル・アイン ハリファインターナショナルスタジアム ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン ○2-1 森保一 AFCアジアカップ2019
6. 2019年1月21日 アラブ首長国連邦の旗 シャルジャ シャルジャ・スタジアム サウジアラビアの旗 サウジアラビア ○1-0 森保一 AFCアジアカップ2019
7. 2019年1月24日 アラブ首長国連邦の旗 ドバイ アルマクトゥーム・スタジアム
  1. 転送 [[T||○1-0||森保一||AFCアジアカップ2019
8. 2019年1月28日 アラブ首長国連邦の旗 アル・アイン ハッザーア・ビンザイード・スタジアム イランの旗 イラン ○3-0 森保一 AFCアジアカップ2019
9. 2019年2月1日 アラブ首長国連邦の旗 アブダビ ザイード・スポーツシティ・スタジアム カタールの旗 カタール ●1-3 森保一 AFCアジアカップ2019
10. 2019年3月22日 日本の旗 横浜 日産スタジアム コロンビアの旗 コロンビア ●0-1 森保一 キリンチャレンジカップ2019
11. 2019年6月5日 日本の旗 豊田 豊田スタジアム トリニダード・トバゴの旗 トリニダード・トバゴ △0-0 森保一 キリンチャレンジカップ2019
12. 2019年6月9日 日本の旗 宮城 ひとめぼれスタジアム宮城 エルサルバドルの旗 エルサルバドル ○2-0 森保一 キリンチャレンジカップ2019
13. 2019年6月17日 ブラジルの旗 サンパウロ エスタジオ・ド・モルンビー チリの旗 チリ ●0-4 森保一 コパ・アメリカ2019
14. 2019年6月20日 ブラジルの旗 ポルトアレグレ アレーナ・ド・グレミオ ウルグアイの旗 ウルグアイ △2-2 森保一 コパ・アメリカ2019
15. 2019年6月24日 ブラジルの旗 ベロオリゾンテ エスタジオ・ミネイロン エクアドルの旗 エクアドル △1-1 森保一 コパ・アメリカ2019
16. 2019年9月5日 日本の旗 茨城 茨城県立カシマサッカースタジアム パラグアイの旗 パラグアイ ○2-0 森保一 キリンチャレンジカップ2019
17. 2019年9月10日 ミャンマーの旗 ヤンゴン トゥウンナ・スタジアム ミャンマーの旗 ミャンマー ○2-0 森保一 2022 FIFAワールドカップ・アジア2次予選AFCアジアカップ2023予選
18. 2019年10月10日 日本の旗 さいたま 埼玉スタジアム2002 モンゴルの旗 モンゴル ○6-0 森保一 2022 FIFAワールドカップ・アジア2次予選AFCアジアカップ2023予選
19. 2020年10月9日 オランダの旗 ユトレヒト スタディオン・ハルヘンワールト カメルーンの旗 カメルーン △0-0 森保一 国際親善試合
20. 2020年10月13日 オランダの旗 ユトレヒト スタディオン・ハルヘンワールト コートジボワールの旗 コートジボワール ○1-0 森保一 国際親善試合
21. 2020年11月17日 オーストリアの旗 グラーツ メルクール・アレーナ メキシコの旗 メキシコ ●0-2 森保一 国際親善試合
22. 2021年3月25日 日本の旗 横浜 日産スタジアム 大韓民国の旗 韓国 ○3-0 森保一 国際親善試合
23. 2021年3月30日 日本の旗 千葉 フクダ電子アリーナ モンゴルの旗 モンゴル ○14-0 森保一 2022 FIFAワールドカップ・アジア2次予選AFCアジアカップ2023予選

ゴール

# 開催日 開催地 対戦国 スコア 勝敗 大会
1. 2019年1月21日 アラブ首長国連邦シャールジャ サウジアラビアの旗 サウジアラビア 1-0 ○1-0 AFCアジアカップ2019

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “元J1福岡・19歳冨安がベルギーで奮闘中 全てが異世界…練習、試合、英語にビール”. 西日本スポーツ (西日本新聞社). (2018年5月2日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/avispa/article/413079/ 2018年10月14日閲覧。 
  2. ^ a b 冨安 健洋 選手 シント=トロイデンVV(ベルギー1部リーグ)へ完全移籍のお知らせ アビスパ福岡 公式HP(2018年1月8日)
  3. ^ a b c サッカー日本代表の“新星”DF冨安健洋、成長の背景にあるものとは スポニチ(2018年10月31日)
  4. ^ a b c 「バルサに推薦」できるほどの潜在能力。次世代の日本代表DF・冨安健洋の少年時代 ジュニアサッカーを応援しよう(2018年11月16日)
  5. ^ a b 18歳のJリーガー冨安健洋を支えるバルサスクールでの経験(前編)サッカーキング、ムンド・デポルティーボ日本語版 2017年4月30日
  6. ^ 冨安健洋(シントトロイデン) インタビュー「Vol.2 中3の時にアビスパのトップチームの練習へ!」 King Gear(2018年7月1日)
  7. ^ 福岡、U-18所属DF冨安健洋の加入内定を発表「J1の舞台で1日でも早くプレーしたい」 サッカーキング(2015年12月8日)
  8. ^ 【福岡 vs 神戸】 ウォーミングアップコラム:覚醒する才能。Jリーグ屈指の攻撃陣と対峙する冨安健洋のプレーから目が離せない。 J's GOAL(2016年9月24日)
  9. ^ アビスパ冨安ベルギー1部移籍 シントトロイデンと大筋合意 西日本新聞(2018年1月6日)
  10. ^ 19歳DF冨安健洋が欧州デビューのシントトロイデン、2点先行でアントワープに勝利 ゲキサカ(2018年5月13日)
  11. ^ 冨安はフル出場=ベルギー・サッカー 時事ドットコム(2018年7月28日)
  12. ^ 鎌田大地、3試合連続弾。冨安健洋も移籍後初得点でシント=トロイデンの勝利に貢献フットボールチャンネル(2018年11月26日)
  13. ^ ブレーメンが日本代表DF冨安健洋に約8億円のオファー。クラブ側は拒否か?フットボールチャンネル(2018年12月6日)
  14. ^ 冨安、シント・トロイデンのサポーター団体による今季MVPに選出サッカーキング(2019年3月31日)
  15. ^ 日本代表DF冨安健洋、ボローニャ加入が正式決定!ゲキサカ 2019年7月9日
  16. ^ 冨安健洋がボローニャで初ゴール!ビジャレアルとの親善試合でヘディング弾GOAL 8月10日
  17. ^ ボローニャ公式戦デビューの冨安健洋を地元紙が称賛「ニッポンの選手が素晴らしい試合」ゲキサカ(2019年8月19日)2019年8月20日閲覧。
  18. ^ ボローニャDF冨安健洋がセリエAデビュー! 可変対応DFとして攻撃参加も…開幕戦は痛み分けゲキサカ(2019年8月26日)2019年8月26日閲覧
  19. ^ イタリア人記者が冨安健洋を絶賛web Sportiva 2019年8月28日
  20. ^ セリエA開幕戦デビューのボローニャ冨安健洋にチーム内最高評価「後半途中まで完璧」livedoor 2019年8月26日
  21. ^ 堂々のランクイン!冨安健洋、A・アーノルドやグエンドゥジら抑えて“若きタレント”トップ10入りゲキサカ 9月8日
  22. ^ 冨安健洋、ボローニャ月間MVP受賞! ファン投票で決定…開幕2戦の活躍が認められるFootball ZONE Web 2019年9月13日
  23. ^ 冨安健洋が初の「セリエA週間ベスト11」入り! C・ロナウドらと並んでスタッツサイトが選出 サッカーダイジェスト 2019年12月18日
  24. ^ 冨安、豪快ミドルでセリエA初ゴールもミランに大敗”. www.nikkansports.coml España (2020年7月19日). 2020年7月19日閲覧。
  25. ^ ボローニャ冨安は「黄金の選手」 伊挑戦1年目の“快進撃”を地元紙評価「最高の利益」 YAHOO!ニュース 7月21日
  26. ^ 冨安健洋のミラン移籍が破談、ミランのオファーをボローニャが拒否 YAHOO!ニュース 2020年10月3日
  27. ^ Welcome Takehiro!” (2021年8月31日). 2021年9月1日閲覧。
  28. ^ Arsenal v Norwich 2021/22” (2021年9月11日). 2021年9月12日閲覧。
  29. ^ リオ五輪日本代表メンバーが決定!…南野や久保ら18名、岩波も復帰 サッカーキング(2016年7月1日)
  30. ^ 逸材高校生、DF冨安健洋が無失点試合に“悔しさ”。誇り高き日本の壁が感じたモノとは? ゲキサカ(2016年10月18日)
  31. ^ 「タケがとうとう選ばれた!」冨安健洋の初選出に沸く福岡サポに向けて、ベルギーのクラブが”粋な計らい” サッカーダイジェスト(2018年8月31日)
  32. ^ 19歳・冨安健洋のA代表デビューを、先輩DFの吉田麻也はどう見たのか? サッカーダイジェスト(2018年10月13日)
  33. ^ “19歳の冨安が不安でいっぱいの代表デビュー、先輩の吉田&槙野は称賛”. サッカーキング (フロムワン). (2018年10月13日). https://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20181013/846932.html 2018年10月15日閲覧。 
  34. ^ 冨安、代表初ボランチで“最年少”が仕事 攻撃でも見せ場スポニチ(2019年1月10日)
  35. ^ 日本代表、アジアカップ8強進出! 最年少20歳・冨安健洋の代表初得点でサウジアラビア下すフットボールチャンネル 2019年1月21日
  36. ^ 「スーパープレーの連続」「規格外だよ」長友佑都がイランエースを封殺した弱冠20歳の冨安健洋を激賞!!サッカーダイジェストweb 2019年1月29日
  37. ^ アジア杯活躍で移籍金急騰 CB冨安は欧州名門移籍に現実味日刊ゲンダイ 2019年2月1日
  38. ^ 冨安 20歳309日でCB最年少出場!悪条件でも得点許さずスポニチ 2019年9月11日
  39. ^ 冨安健洋は日本代表のファン・ダイク? まさに鉄壁の20歳、 データが示す絶大な貢献度フットボールチャンネル 2019年09月11日
  40. ^ a b 18歳のJリーガーを支えるバルサスクールでの経験(後編)ムンドデポルティーボ日本語版 2017年4月29日
  41. ^ Sports Graphic Number (文藝春秋)2019年2月28日号 p68-72
  42. ^ 福岡から”世界”へ U-20日本代表 冨安健洋(アビスパ福岡)”. 夢空間スポーツ. FBS福岡放送 (2017年5月14日). 2018年10月15日閲覧。
  43. ^ U-15 冨安健洋選手に注目!!”. アビスパ福岡 広報ブログ (2013年3月12日). 2018年10月15日閲覧。

関連項目

外部リンク