市丸瑞希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
市丸 瑞希 Football pictogram.svg
名前
カタカナ イチマル ミズキ
ラテン文字 ICHIMARU Mizuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1997-05-08) 1997年5月8日(24歳)
出身地 大阪府茨木市
身長 174cm
体重 66㎏
選手情報
在籍チーム 日本の旗 FC琉球
ポジション MF
背番号 29
利き足 右足
ユース
ガンバ大阪ユース
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2016-2020 ガンバ大阪 5 (0)
2016-2020 ガンバ大阪U-23 58 (1)
2019 FC岐阜 (loan) 14 (0)
2020 FC琉球 (loan) 27 (0)
2021- FC琉球
代表歴
2016-2017  日本 U-20
1. 国内リーグ戦に限る。2021年1月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

市丸 瑞希(いちまる みずき、1997年5月8日 - )は、大阪府茨木市出身のプロサッカー選手FC琉球所属。ポジションは、ミッドフィールダー

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

中学時代からガンバ大阪のアカデミーに所属。ジュニアユースでは、2012年に史上初となるU-15年代全国3冠を達成[1]。この頃から配球役としては世代屈指のレベルで、同年12月にはU-16日本代表候補合宿に召集された[2]

2013年ユースに昇格し、高校2年の2014年4月にトップチームに2種登録された。若手中心の先発メンバーとなった4月16日のナビスコカップ・鳥栖戦では、出場機会こそなかったもののベンチ入りした。ユースでは3年次に主将を務め、正確なボールコントロールに巧みなパスセンスで攻撃を組み立てる世代トップレベルのゲームメーカーとして活躍し、同様のプレースタイルでトップチームを長年牽引する遠藤保仁の後継者として注目を集めた[3]。2015年11月24日、2016年シーズンからのトップチーム昇格内定が発表された[4](同期昇格は高木彰人初瀬亮堂安律)。

ガンバ大阪[編集]

2016年よりガンバ大阪に入団した。3月13日、J3開幕戦のY.S.C.C.横浜戦でプロ入り初先発。9月18日、J3第22節の鹿児島ユナイテッド戦でプロA契約を達成した[5]

2017年6月21日、天皇杯2回戦のヴェルスパ大分戦でトップチームデビューを果たした[6]。8月13日、第22節のジュビロ磐田戦でJ1初先発初出場を果たした[7]

2018年2月24日、開幕戦の名古屋グランパス戦でプロ入り初のJ1開幕戦にスタメン出場を果たし、その後はルヴァンカップ2試合を含めトップチームの公式戦6試合連続でスタメン出場を続けていたが、3月18日のJ1第4節の柏レイソル戦で前半に負傷し、途中交代を余儀なくすると、その後はJ1リーグ戦の出場機会はなかった。

2019年5月1日、FC岐阜に育成型期限付き移籍で加入することを発表した[8]。5月19日、第14節のジェフユナイテッド市原・千葉戦で移籍後初出場を果たした[9]

2020年1月7日、ガンバ大阪に復帰。6月28日、J3第1節カマタマーレ讃岐戦で1点ビハインドの75分、唐山翔自へのクロスボールがそのままゴールに吸い込まれ、Jリーグ初得点を記録。

FC琉球[編集]

2020年8月24日、FC琉球に期限付き移籍により加入した[10]。8月29日、第15節のモンテディオ山形戦で移籍後初出場を果たした。

2021年、FC琉球へ完全移籍[11]

日本代表[編集]

2016年、AFC U-19選手権に出場するU-19日本代表メンバーに選出される。10月21日、グループリーグ突破がかかったU-19カタール戦ではボランチとして初先発し、縦パスでリズムを作り3-0の勝利に貢献[12]。2017年5月、FIFA U-20ワールドカップのメンバーに選出。5月27日、U-20イタリア戦では堂安律の得点を演出した[13]

所属クラブ[編集]

ユース経歴

プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2016 G大阪 36 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2017 1 0 2 0 1 0 4 0
2018 17 4 0 5 0 0 0 9 0
2019 0 0 0 0 0 0 0 0
岐阜 37 J2 14 0 - 1 0 15 0
2020 G大阪 23 J1 0 0 1 0 0 0 1 0
琉球 29 J2 27 0 - - 27 0
通算 日本 J1 5 0 8 0 1 0 14 0
日本 J2 41 0 - 1 0 42 0
総通算 46 0 8 0 2 0 56 0
国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 期間通算
出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 期間通算
2016 G大23 36 J3 21 0 21 0
2018 17 20 0 20 0
2019 7 0 7 0
2020 23 10 1 10 1
通算 日本 J3 58 1 58 1
総通算 58 1 58 1
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2016 G大阪 36 0 0
2017 0 0
通算 AFC 0 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ガンバ大阪ジュニアユース
ガンバ大阪ユース

代表[編集]

U-19日本代表

個人[編集]

  • メニコンカップ クラブユース東西対抗戦 MVP(2012年)

代表歴[編集]

  • U-16日本代表
    • 第14回豊田国際ユースサッカー大会(2013年)
    • モンテギュー国際大会(2013年)
    • チッタディグラディスカ国際大会(2013年)
  • U-17日本代表
    • UAE Junior Friendly Tournament(2013年)
    • 第18回国際ユースサッカー in 新潟(2014年)
    • サニックス杯国際ユースサッカー大会(2014年)
  • U-19日本代表
    • 水原JSカップ U-19国際ユースサッカー大会(2016年)
    • Panda Cup(2016年)
    • NTC招待大会(2016年)
    • AFC U-19選手権(2016年)
  • U-20日本代表
  • U-21日本代表
    • スポーツ・フォー・トゥモロー(SFT)プログラム 南米・日本U-21サッカー交流(2018年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 吉田太郎. “4発V!G大阪JYが史上初の3冠達成!!”. 日本サッカー協会. 2016年2月19日閲覧。
  2. ^ G大阪JYMF市丸瑞希(3年)_U-17代表が流れ傾ける一撃”. ゲキサカ (2012年12月28日). 2016年2月19日閲覧。
  3. ^ G大阪ユースMF市丸瑞希(3年)_注目の頭脳派司令塔、トップ経験して詰めた一歩の差”. ゲキサカ (2015年4月13日). 2016年2月19日閲覧。
  4. ^ ガンバ大阪ユース DF初瀬選手、MF市丸選手、堂安選手、FW髙木選手 2016シーズン新加入選手として仮契約 ガンバ大阪オフィシャルサイト、2015年11月24日
  5. ^ G大阪ルーキー市丸がA契約…J3のみで締結条件到達ゲキサカ(2016年9月30日)
  6. ^ U-20W杯戦士、G大阪MF市丸が待望のトップデビュー! 新加入MF井出も移籍後初出場 ゲキサカ(2017年6月21日)
  7. ^ 遠藤の後継G大阪市丸が初先発で存在感!本家も評価 日刊スポーツ(2017年8月14日)
  8. ^ 市丸 瑞希選手 FC岐阜へ育成型期限付き移籍のお知らせガンバ大阪(2019年5月1日)
  9. ^ 育ったG大阪を離れて…“岐阜の市丸”がデビュー「ここからは絶対に自分次第」ゲキサカ(2019年5月19日)
  10. ^ “市丸瑞希選手 期限付き移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), FC琉球, (2020年8月24日), http://fcryukyu.com/news/24486/ 2020年8月24日閲覧。 
  11. ^ “市丸瑞希選手 完全移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), FC琉球, (2021年1月5日), http://fcryukyu.com/news/26127/ 2021年1月6日閲覧。 
  12. ^ 正念場で初出場、関西のレジスタ・市丸瑞希が日本を勝利に導く ゲキサカ(2016年10月21日).2016年10月21日閲覧
  13. ^ 市丸瑞希がパスに込めた“メッセージ”、その“メッセージ”を受け取った堂安律 ゲキサカ(2017年5月28日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]