堂安律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
堂安律 Football pictogram.svg
Ritsu Doan 20191301 (cropped).jpg
日本代表の堂安(AFCアジアカップ2019
名前
愛称 マラドーアン
カタカナ ドウアン リツ
ラテン文字 DŌAN Ritsu
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1998-06-16) 1998年6月16日(23歳)
出身地 兵庫県尼崎市
身長 172cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム オランダの旗 PSVアイントホーフェン
ポジション FW
背番号 25
利き足 左足
ユース
2005-2011 日本の旗 西宮少年SS(浦風FC)
2011-2013 日本の旗 ガンバ大阪Jr.ユース (小田南中学校)[1]
2014-2015 日本の旗 ガンバ大阪ユース
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2015-2018 日本の旗 ガンバ大阪 15 (3)
2016 日本の旗 ガンバ大阪U-23 21 (10)
2017-2018 オランダの旗 FCフローニンゲン (loan) 29 (9)
2018-2019 オランダの旗 FCフローニンゲン 34 (6)
2019- オランダの旗 PSVアイントホーフェン 21 (3)
2020-2021 ドイツの旗 アルミニア・ビーレフェルト(loan) 34 (5)
代表歴2
2013-2015  日本 U-17 4 (1)
2015-2017  日本 U-20 9 (4)
2019-  日本 U-23 (U-24) 11 (6)
2018- 日本の旗 日本 21 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年9月19日現在。
2. 2021年9月2日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

堂安 律(どうあん りつ、1998年〈平成10年〉6月16日 - )は、兵庫県尼崎市出身のサッカー選手エールディヴィジPSVアイントホーフェン所属。日本代表。ポジションはFW[2]

兄の堂安憂も元プロサッカー選手[3]

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学生時代には浦風FCに所属していて途中から西宮SSへ所属。中学校へ進学する際に、ガンバ大阪セレッソ大阪名古屋グランパスエイトのジュニアユースからオファーを受けた末に、ガンバ大阪ジュニアユースへ入団した。ジュニアユース時代の2012年に史上初となるU-15年代全国3冠を達成[4]。ガンバユースでは左右両方をこなせる攻撃的MFとして早くから頭角を現し、レフティでフィジカルが強いことから同様の特徴を持つガンバユース出身である家長昭博2世と称された[5]

ガンバ大阪時代[編集]

高校2年となった2015年にトップチームに2種登録されると開幕からトップチームに帯同し、4月7日のACLブリーラム戦では初のベンチ入りを果たすと、5月27日のACL決勝T1回戦のFCソウル戦で、クラブ史上2番目となる16歳344日の若さで公式戦デビューを果たした[6]。ACLのFCソウル戦、高校2年でのプロデビューは6年前にプロデビューしたガンバユースの先輩である宇佐美貴史と同じシチュエーションとなった。6月3日、J1第10節の鹿島アントラーズ戦で宇佐美の記録を塗り替える16歳11カ月18日でのクラブ史上最年少リーグ戦デビューを果たし[7]、6月20日のJ1第16節ベガルタ仙台戦で公式戦初スタメンで起用された。2015年11月24日には、翌2016年シーズンからのトップチーム昇格が内定した[8]。飛び級でのトップチーム昇格は井手口陽介以来6人目。

2016年3月20日、この年から設立されたガンバ大阪U-23のJ3第2節のグルージャ盛岡戦で公式戦初得点。4月23日、J3第6節の大分トリニータではプロ入り初の1試合2得点を決めて、J3リーグ得点ランキング暫定首位に立った。同年7月にオランダリーグの名門・PSVアイントホーフェンから正式オファーを受けるが、海外経験がありドイツへ移籍した宇佐美や長谷川健太監督のアドバイスを受けガンバ残留を決断した[9]。7月23日、J1・2ndステージ第5節の柏レイソル戦では後半途中から出場し、トップチームでシーズン初出場。8月13日、J1第8節のジュビロ磐田戦では途中出場からJ1初となるアシストを記録した。11月10日、天皇杯4回戦の清水エスパルス戦でプロ入り初先発を果たした。12月1日、アジア年間最優秀ユース選手賞を受賞した[10]

2017年4月21日、J1第8節の大宮アルディージャ戦ではJ1初得点を含む2得点の活躍を見せた[11]。4月25日、ACL第5節のアデレード・ユナイテッドFC戦ではACL初先発を果たすと、同大会初得点を決めた[12]

FCフローニンゲン時代[編集]

2017年6月23日、オランダ1部FCフローニンゲンに翌年6月末までの期限付きで移籍することが発表された[13]。8月13日、SCヘーレンフェーンとのリーグ戦初戦で公式戦初先発を果たした。9月21日、カップ戦1回戦のデルデ・ディヴィジ所属ヘルクレスとの試合で移籍後初得点を決めた[14]。9月30日、第7節のPECズヴォレ戦でリーグ戦初得点を決めた[14]。11月19日、第12節のフィテッセ戦では連敗ストップに貢献し、ホームゲームで一部観客の投票によって選ばれるマン・オブ・ザ・マッチに選出された[15]。2018年1月21日、第19節のヴィレムII戦では2018年初得点を決めた[16]。4月23日、フローニンゲンは買い取りオプションを行使し、完全移籍での獲得を発表した[17][18][19]。4月29日、第33節のSBVエクセルシオール戦ではシーズン9点目を決め、試合終了後にはサポーターが選ぶMVPに選出された[20]。このゴールで、フローニンゲンの10代選手では歴代3位の記録となった[21]

2年目となる2018-19シーズンでは、背番号を7番に変更した[22]。8月12日、フィテッセとの開幕戦でシーズン初得点を決めた[23]。2019年3月3日、第24節のVVVフェンロー戦ではプロ入り初の退場処分を課されている[24]

PSVアイントホーフェン時代[編集]

2019年8月27日、PSVアイントホーフェンに移籍した。背番号は25番。クラブ史上初の日本人選手となった[25]。9月14日、第6節のフィテッセ戦で途中出場から移籍後初出場を果たした[26]。9月19日、UEFAヨーロッパリーグ・GL第1節のスポルティングCP戦で欧州リーグデビューを果たした[27]。9月29日、第8節のPECズヴォレ戦で移籍後初得点を決めた[28]。移籍直前には11番のユニフォーム姿で試合に出場していた。

ビーレフェルト時代[編集]

2020年9月5日、ドイツ・ブンデスリーガアルミニア・ビーレフェルトに2020-21シーズン終了までのレンタルで移籍した[29]。背番号は8番[30]。加入2日目で古巣フローニンゲン相手のフレンドリーマッチにて途中出場した。10月18日、ブンデスリーガ第4節バイエルン・ミュンヘン戦にてブンデスリーガでの初ゴールを決めた。

シーズン通してクラブでは残留争いに巻き込まれたものの、2021年5月22日の最終節Vfbシュツットガルト戦で試合を決定付ける2点目を決め残留に大きく貢献した。個人としてもリーグ戦全34試合に出場し、チームトップタイの5得点を挙げた。その後ビーレフェルト側は堂安の完全移籍での獲得を目指したものの、COVID-19からくる財政難でそれも叶わず、2021年6月9日に退団が発表された[31]

PSVアイントホーフェン時代【第二期】[編集]

ドイツクラブ3チームから関心が寄せられたがCOVID-19からくる財政難でそれも叶わず、PSVに復帰。2021年9月11日、第4節のAZアルクマール戦で後半から今季初出場を果たしゴールを決めた。[32]

日本代表[編集]

AFCアジアカップ、準々決勝ベトナム戦

2014年にU-16日本代表に選出され、9月のAFC U-16選手権では左サイドバックで起用された[33]

2016年10月、AFC U-19選手権のメンバーに選出。10月24日、準々決勝のU-19タジキスタン戦では1得点1アシストの活躍で5大会ぶりとなるFIFA U-20ワールドカップの出場権獲得に貢献[34]。10月30日、決勝のU-19サウジアラビア戦では0-0でPK戦の末優勝を果たし、AFC U-19選手権の大会MVPに選出された[35]

2017年5月、FIFA U-20ワールドカップのメンバーに選出。5月21日に行われた初戦のU-20南アフリカ戦では逆転ゴールを決め、5月27日のU-20イタリア戦では2得点を挙げて、日本の決勝トーナメント進出に貢献した[36]。チームは、決勝トーナメント1回戦で敗れたものの、4試合3得点でチームを牽引し[37]、イタリア戦後にはFIFA公式ツイッターでは「日本のメッシ」と評された[38]

2018年8月30日、キリンチャレンジカップに挑む日本代表に初招集され[39]、9月11日の対コスタリカ戦でA代表初出場を果たした。10月16日の対ウルグアイ戦でA代表初ゴールを決めた。10月、フランスのサッカー専門誌「フランス・フットボール」が創設した21歳以下の最優秀選手に贈られる若手版バロンドールに当たる賞「コパ・トロフィー」の候補者にノミネートされた[40]

2019年1月、AFCアジアカップ2019のメンバーに選出。1月9日、初戦のトルクメニスタン戦ではアジアカップにおける日本代表最年少得点を決めた[41]。なお、この記録は同大会1月22日のサウジアラビア戦で、日本代表DF冨安健洋(20歳77日)に更新されている。右サイドハーフとしてグループステージのウズベキスタン戦を除く全試合に出場し、準々決勝ベトナム戦では決勝点となるゴールを決めるなどチームの決勝戦進出に貢献。決勝戦カタール戦でも先発出場するが、チームは1-3で敗れ準優勝となった。大会を通して6試合出場2ゴールという成績を残す[42]FIFAによる今大会の「ブレイクスター」5人のうち1人に選ばれる[43]

2021年6月、U-24日本代表(五輪)で10番のユニフォームを背負い親善試合のガーナ戦で1G1Aを叩き出しチームを勢いに乗せ、6-0と快勝した。

2021年6月、東京オリンピック日本代表に選出された。背番号は10番。

2021年7月、初戦南アフリカ戦に向け最後の親善試合スペイン代表(U-24)と戦い、1ゴールを記録。結果は1-1と同点であった。そしてU-24日本代表戦では4戦連続ゴールを記録した。

人物・エピソード[編集]

  • フローニンゲンへ移籍するまでガンバ大阪に所属していたが、小学校4年生の時には、セレッソ大阪のセレクションを受けている。親との話し合いで「(当時所属していた西宮SSより)もっとレベルの高いチームへ行こう」と決めた末の挑戦だったが、不合格に終わった。堂安がフローニンゲン在籍中に受けたテレビ番組『情熱大陸』(MBSテレビ)向けの取材で明かしたところによれば、「セレッソから(入団の)オファーが届くような選手になっても1秒で断る」と決めたほど、このセレクションで大きな挫折を味わったという。そのため、中学校へ進学する際には、セレッソからジュニアユースチームへの入団を誘われても断っている[44]。逆に、実兄の憂は、創造学園高等学校へ進学するまでセレッソのアカデミーに所属していた。
  • 日本代表において同年代の中島翔哉南野拓実との2列目でのコンビネーションは、メディアからは本田圭佑香川真司岡崎慎司に代わる新ビッグ3、三銃士と呼ばれる事がある[45]
  • アジアカップ2019では長友佑都と共に毎日ジムでトレーニングをし、師弟に近い関係を築いた[46]。準々決勝ベトナム戦の前には長友の前で「ゴールを決められなかったら丸刈りにする」と約束し、その言葉通りゴールを決めた[47]。長友からは「向上心があってホントに情熱がある選手」と評価され、かつて共にプレーしたフィリペ・コウチーニョマテオ・コヴァチッチと比較して、能力的に全然劣ってないと語られた[48]
  • DOAN(堂安)という名前は、ベトナムではポピュラーな名前であり、2019年のアジアカップでベトナム代表と対戦する際に、ベトナムメディアが「両親は日本人でベトナムにルーツはない」と伝えている。また、堂安と同じく「DOAN」とアルファベット表記されるベトナム代表のドゥアン・バン・ハウとアジアカップで対戦し、DOAN対決が実現した[49]
  • ドイツに本社を置くプーマと契約期間10年の総額約10億円のスポンサー契約を結んだことが発表された[50]
  • 大の野球ファンとして知られている。因みにご贔屓チームは読売ジャイアンツで、週刊プレイボーイのインタビューでは坂本勇人のファンだと公言している[51]。更に、PSVアイントホーフェン在籍時には、野球オランダ代表リック・バンデンハークとの対面も実現した[52]

所属クラブ[編集]

ユース時代

プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2015 G大阪 38 J1 2 0 1 0 0 0 3 0
2016 3 0 0 0 1 0 4 0
2017 10 3 - 0 0 10 3
オランダ リーグ戦 リーグ杯KNVBカップ 期間通算
2017-18 フローニンゲン 25 エールディヴィジ 29 9 - 2 1 31 10
2018-19 7 32 5 - 1 0 33 5
2019-20 2 1 - 0 0 2 1
PSV 25 19 2 - 2 0 21 2
ドイツ リーグ戦 リーグ杯DFBポカール 期間通算
2020-21 ビーレフェルト 8 ブンデス1部 34 5 - 1 0 35 5
通算 日本 J1 15 3 1 0 1 0 17 3
オランダ エールディヴィジ 82 17 - 5 1 87 18
ドイツ ブンデス1部 34 5 - 1 0 35 5
総通算 131 25 1 0 7 1 139 26
国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 期間通算
出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 期間通算
2016 G大23 38 J3 21 10 21 10
通算 日本 J3 21 10 21 10
総通算 21 10 21 10
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2015 G大阪 38 1 0
2016 1 0
2017 6 1
UEFA ELUEFA EL
2019-20 PSV 25 4 0
通算 AFC 8 1
通算 UEFA 4 0
その他の国際大会
備考
  • 2015年は2種登録
出場歴

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ガンバ大阪ジュニアユース
ガンバ大阪ユース

代表[編集]

U-19日本代表

個人[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 21試合 3得点(2018年 - )


日本代表国際Aマッチ
出場得点
2018 5 1
2019 13 2
2020 2 0
2021 1 0
通算 21 3

出場[編集]

No. 開催日 開催都市 スタジアム 対戦国 結果 監督 大会
1. 2018年9月11日 日本の旗大阪 パナソニックスタジアム吹田 コスタリカの旗 コスタリカ ○3-0 森保一 キリンチャレンジカップ2018
2. 2018年10月12日 日本の旗新潟 デンカビックスワンスタジアム パナマの旗 パナマ ○3-0
3. 2018年10月16日 日本の旗さいたま 埼玉スタジアム2002 ウルグアイの旗 ウルグアイ ○4-3
4. 2018年11月16日 日本の旗大分 大分スポーツ公園総合競技場 ベネズエラの旗 ベネズエラ △1-1
5. 2018年11月20日 日本の旗豊田 豊田スタジアム キルギスの旗 キルギス ○4-0
6. 2019年1月9日 アラブ首長国連邦の旗ドバイ アルナヒヤーン・スタジアム トルクメニスタンの旗 トルクメニスタン ○3-2 AFCアジアカップ2019
7. 2019年1月13日 アラブ首長国連邦の旗アブダビ ザイード・スポーツシティ・スタジアム オマーンの旗 オマーン ○1-0
8. 2019年1月21日 アラブ首長国連邦の旗シャルジャ シャルジャ・スタジアム サウジアラビアの旗 サウジアラビア ○1-0
9. 2019年1月24日 アラブ首長国連邦の旗ドバイ アルマクトゥーム・スタジアム ベトナムの旗 ベトナム ○1-0
10. 2019年1月28日 アラブ首長国連邦の旗アル・アイン ハッザーア・ビンザイード・スタジアム イランの旗 イラン ○3-0
11. 2019年2月1日 アラブ首長国連邦の旗アブダビ ザイード・スポーツシティ・スタジアム カタールの旗 カタール ●1-3
12. 2019年3月22日 日本の旗横浜 日産スタジアム コロンビアの旗 コロンビア ●0-1 キリンチャレンジカップ2019
13. 2019年3月26日 日本の旗神戸 ノエビアスタジアム神戸 ボリビアの旗 ボリビア ○1-0
14. 2019年6月5日 日本の旗豊田 豊田スタジアム トリニダード・トバゴの旗 トリニダード・トバゴ △0-0
15. 2019年6月9日 日本の旗宮城 ひとめぼれスタジアム宮城 エルサルバドルの旗 エルサルバドル ○2-0
16. 2019年9月5日 日本の旗茨城 茨城県立カシマサッカースタジアム パラグアイの旗 パラグアイ ○2-0
17. 2019年9月10日 ミャンマーの旗ヤンゴン トゥウンナ・スタジアム ミャンマーの旗 ミャンマー ○2-0 2022 FIFAワールドカップ・アジア2次予選
18. 2019年10月15日 タジキスタンの旗ドゥシャンベ ドゥシャンベ・セントラル・スタジアム タジキスタンの旗 タジキスタン ○3-0
19. 2020年10月9日 オランダの旗ユトレヒト スタディオン・ハルヘンワールト カメルーンの旗 カメルーン △0-0 国際親善試合
20. 2020年10月13日 コートジボワールの旗 コートジボワール ○1-0

ゴール[編集]

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2018年10月16日 日本さいたま ウルグアイの旗 ウルグアイ ○4-3 キリンチャレンジカップ2018
2. 2019年1月9日 アラブ首長国連邦アブダビ トルクメニスタンの旗 トルクメニスタン ○3-2 AFCアジアカップ2019
3. 2019年1月24日 アラブ首長国連邦ドバイ ベトナムの旗 ベトナム ○1-0

出演[編集]

CM[編集]

  • アクエリアス (2019)
  • Visa「Visaでタッチ・リフティング篇」(2020年)

脚注[編集]

  1. ^ JFAエリートプログラムU-14 韓国遠征試合結果(9月15日) JFA公式サイト 2012.9.20付ニュースリリース
  2. ^ 堂安律、中山雄太らU23代表78人メッセージ動画”. 日刊スポーツ (2020年6月13日). 2020年6月16日閲覧。
  3. ^ “AC長野の新戦力・MF堂安憂 巧みなドリブルとスピード”. 信濃毎日新聞. (2018年2月15日). http://www.shinmai.co.jp/soccer/2018/02/post-2563.html 2018年4月25日閲覧。 
  4. ^ マッチレポート|高円宮杯第24回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会 公益財団法人日本サッカー協会、2012年12月29日
  5. ^ G大阪16歳堂安公式戦デビューへ 健太監督「戦力」”. 日刊スポーツ (2015年4月14日). 2016年2月19日閲覧。
  6. ^ G大阪の新たな至宝がベール脱ぐ…16歳堂安「素直にうれしい」 ゲキサカ、2015年5月27日
  7. ^ 森田将義 (2016年8月27日). “東京五輪の星・G大阪MF堂安律、4年後の理想は「一人でチームを勝たせる選手」”. ゲキサカ. https://web.gekisaka.jp/news/detail/?197236-197236-fl 2018年4月25日閲覧。 
  8. ^ ガンバ大阪ユース DF初瀬選手、MF市丸選手、堂安選手、FW髙木選手 2016シーズン新加入選手として仮契約 ガンバ大阪オフィシャルサイト、2015年11月24日
  9. ^ 【G大阪】堂安律が残留決断!長谷川監督&宇佐美の説得受ける - ウェイバックマシン(2016年11月14日アーカイブ分) スポーツ報知、2016年7月8日
  10. ^ “堂安選手 AFC年間最優秀ユース選手賞(男子)を受賞!” (プレスリリース), ガンバ大阪, (2016年12月2日), http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/5210 2018年4月25日閲覧。 
  11. ^ G大阪・堂安、今季初先発でJ1初弾!「うれしいしホッとした気持ち」 サンケイスポーツ、2017年4月22日
  12. ^ 【G大阪】MF堂安、ACL初先発で初ゴール! スポーツ報知、2017年4月26日
  13. ^ 堂安 律選手 FCフローニンゲン(オランダ)へ期限付き移籍のお知らせ ガンバ大阪公式サイト、2017年6月23日
  14. ^ a b “2戦連続先発出場の堂安、リーグ戦初ゴールに「まさか右足とは…」”. サッカーキング. (2017年10月1日). https://www.soccer-king.jp/news/world/ned/20171001/649963.html 2018年4月25日閲覧。 
  15. ^ 堂安がMOM!交代時には拍手喝さい、連敗ストップに貢献「勝つって最高!!!」 ゲキサカ(2017年11月20日)
  16. ^ 堂安律が2018年初ゴールを奪う! 豪快ミドルを突き刺し、今季4点目 サッカーキング(2018年1月21日)
  17. ^ 堂安律、フローニンゲンに完全移籍「幸せで満足」 日刊スポーツ(2018年4月24日)
  18. ^ “FC Groningen licht optie en contracteert Ritsu Doan” (プレスリリース), FC Groningen, (2008年4月23日), https://www.fcgroningen.nl/nieuws/fc-groningen-licht-optie-en-contracteert-ritsu-doan/2 2018年4月25日閲覧。 
  19. ^ “堂安律、フローニンゲンへの完全移籍が決定…クラブが買取オプションの行使を発表”. Goal.com. (2018年4月24日). http://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/%E5%A0%82%E5%AE%89%E5%BE%8B%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%81%B8%E3%81%AE%E5%AE%8C%E5%85%A8%E7%A7%BB%E7%B1%8D%E3%81%8C%E6%B1%BA%E5%AE%9A%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96%E3%81%8C%E8%B2%B7%E5%8F%96%E3%82%AA%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E8%A1%8C%E4%BD%BF%E3%82%92%E7%99%BA%E8%A1%A8/m7aqa3c2z881lp7kep2jo910 
  20. ^ 堂安「充実した1年間。W杯に出て終わりたい」 日刊スポーツ(2018年4月29日)
  21. ^ フローニンゲン堂安が“ロッベン超え” GKの大失態を見逃さず今季9得点目で勝利に貢献 football zone(2018年4月30日)
  22. ^ オランダ挑戦2年目となる堂安律、来シーズンは背番号「7」に! Goal.com(2018年6月26日)
  23. ^ 今季初弾より大敗を悔やむ…堂安律がSNSを更新、「下を向いてる時間はない ゲキサカ(2018年8月13日)
  24. ^ 堂安律がプロ初の退場処分! 地元メディアは「不必要なハードチャージ」と断じるも…サッカーダイジェスト(2019年3月4日)
  25. ^ オランダの名門・PSVが日本代表MF堂安律の獲得で合意と発表”. 超ワールドサッカー (2019年8月28日). 2019年8月28日閲覧。
  26. ^ 堂安律が新天地PSVでデビュー…フィテッセ相手にマレン5発でPSVが大勝”. Goal.com (2019年9月15日). 2019年9月15日閲覧。
  27. ^ PSV白星発進 堂安は途中出場で欧州デビュー日刊スポーツ(2019年9月20日)2019年9月22日閲覧。
  28. ^ 堂安律が移籍後初ゴール! PSVは大量4発で2連勝…開幕からの無敗もキープ”. サッカーキング (2019年9月30日). 2019年10月1日閲覧。
  29. ^ Youkoso, Ritsu Doan!”. DSC Arminia Bielefeld (2020年9月5日). 2020年9月5日閲覧。
  30. ^ 堂安律がドイツ1部ビーレフェルトに期限付き移籍「重要な決断だった」背番号8”. デイリースポーツ online. 2020年9月5日閲覧。
  31. ^ ビーレフェルト、堂安律の退団を正式に発表”. キッカー日本語版 (2021年6月10日). 2021年6月10日閲覧。
  32. ^ 堂安律が今季初出場で衝撃のゴラッソ!現地メディアも「宝石」と特大の賛辞サッカーダイジェスト(2021年9月12日)2021年9月12日閲覧。
  33. ^ コンセプトは「SBが得点王」、U-16日本代表は左SB堂安が先制点”. ゲキサカ (2014年9月6日). 2016年2月19日閲覧。
  34. ^ 東京五輪世代やった!日本、5大会ぶりU-20W杯出場切符獲得 スポニチ(2016年10月24日)2016年10月24日閲覧。
  35. ^ 堂安律がU19選手権のMVPに選出 5試合に出場し大会制覇に貢献 サッカーキング(2016年10月31日)2016年10月31日閲覧。
  36. ^ U20堂安2発で突破!「9」ユニ掲げ小川の分まで 日刊スポーツ(2017年5月28日)2017年5月28日閲覧。
  37. ^ 4戦3発でチームを牽引した堂安律「優勝を狙っていたのでここで負けて悔しい」 サッカーキング(2017年5月30日)
  38. ^ 堂安律のゴールにFIFAが惚れた? 「日本のメッシ」とツイート livedoorニュース(2017年5月28日)
  39. ^ 堂安律“dreams came true”…日本代表初招集「最高のプレーを」 ゲキサカ(2018年8月30日)
  40. ^ 若手版バロンドールに堂安律がノミネート! 候補にはムバッペら10名 サッカーキング(2018年10月9日)
  41. ^ 堂安、アジア杯日本代表最年少弾 20歳207日!21歳17日の小野伸二抜いた デイリースポーツ(2019年1月10日)
  42. ^ アジア杯準優勝に落胆する堂安律…「得られたものはない」 サッカーキング 2019年2月2日
  43. ^ 堂安律、FIFAによるアジアカップの新星5人に選出。「未来の日本のスター」 フットボールチャンネル 2019年2月8日
  44. ^ G大阪育ちの堂安、小4でC大阪の入団選考落選していた「大きな挫折だったかも」 スポーツニッポン 2019年2月17日
  45. ^ 「3人の描く絵が同じ」と話す堂安律、“新ビッグ3”の呼称には「比較にならない」 ゲキサカ 2018年11月13日
  46. ^ 20歳MF堂安律、若手への“長友発言”に持論 「性格を変えろ、ではないと思う」 FOOTBALL ZONE WEB 2019年1月17日 
  47. ^ 堂安丸刈り回避!長友V弾秘話「丸刈りにしろと」 nikkansports 2019年1月25日
  48. ^ 長友佑都、堂安律を高評価。「ビッグクラブ行けるポテンシャルはある」 フットボールチャンネル 2019年1月8日
  49. ^ ベトナムメディアが堂安について異例の呼びかけ?ゲキサカ 2019年1月24日
  50. ^ 堂安10年10億円!プーマ社と日本選手史上最高クラス超大型契約 ナイキから“移籍”
  51. ^ 堂安律、“大の巨人ファン”だった!満面の笑みで阿部慎之助のモノマネ”. SPREAD (2019年1月20日). 2020年9月5日閲覧。
  52. ^ 堂安律、「PSVの大ファン」の野球界スターと対面!サイン入りユニ贈る”. Qoly.jp (2020年1月21日). 2020年9月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]