岩崎悠人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岩崎 悠人 Football pictogram.svg
名前
カタカナ イワサキ ユウト
ラテン文字 Iwasaki Yuto
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1998-06-11) 1998年6月11日(19歳)[1]
出身地 滋賀県彦根市[1]
身長 171cm[1]
体重 69kg[1]
選手情報
在籍チーム 日本の旗 京都サンガF.C.
ポジション FW
背番号 13
利き足 右足
ユース
2014-2016 京都橘高校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2017- 京都サンガF.C.
代表歴
2016-  日本 U-20
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

岩崎 悠人(いわさき ゆうと、1998年6月11日 - )は、滋賀県彦根市出身のサッカー選手。ポジションは、フォワード[2]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校1年から金城JFCでサッカーを始め、中学2年の秋までJFAアカデミー福島に在籍したが退団、彦根市立中央中学校のサッカー部でプレーした[3]。中学卒業時に複数の日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)クラブからユースへの入団のオファーを受けたが、京都橘高校に進学した[3][4]。1年生からレギュラーとして活躍し、第93回全国高等学校サッカー選手権大会では優秀選手に選ばれた。2017年より京都サンガF.C.へ加入すると発表された[1]第95回全国高等学校サッカー選手権大会は1回戦で敗れたが、優秀選手に選ばれた。

京都サンガ[編集]

2017年、京都サンガに入団した。2月26日、J2第1節のモンテディオ山形戦で初出場し、アシストを記録するもチームは敗れた[5]。4月8日、第7節の横浜FC戦でプロ入り初先発を果たした。同じく先発した三浦知良とは32歳差の対戦となった[6]。4月29日、第10節の大分トリニータ戦ではプロ入り初得点を決めた。6月20日、A契約を達成したことが発表された。

日本代表[編集]

U-17日本代表から世代別代表に選出された。2016年、AFC U-19選手権の代表に選出。10月14日、U-19イエメン代表との初戦では途中出場し、2点目をあげた[7]。10月20日、グループリーグの突破がかかったU-19カタール戦では今大会初先発し、先制得点をあげるなど決勝トーナメント進出に貢献した[8]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2017 京都 13 J2 35 2 -
通算 日本 J2 35 2 -
総通算 35 2

タイトル・表彰[編集]

代表[編集]

U-18日本代表
  • Panda Cup(2015年)
U-19日本代表

個人[編集]

代表歴[編集]

  • 日本高校選抜
    • 第53回デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会
  • U-17日本代表
    • 第11回国際ユーストーナメント(U‐17)In ミンスク(2015年)
    • サニックス杯国際ユースサッカー大会(2015年)
    • 国際ユースサッカー in 新潟(2015年)
  • U-18日本代表
    • AFC U-19選手権 予選(2015年)
    • 2015年長安フィードカップ(2015年)
    • Panda Cup(2015年)
  • U-19日本代表
    • バーレーンU-19カップ(2016年)
    • Panda Cup(2016年)
    • 2016 NTC招待大会(2016年)
    • AFC U-19選手権2016(2016年)
  • U-20日本代表

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]