廣末陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
廣末 陸 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ヒロスエ リク
ラテン文字 HIROSUE Riku
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1998-07-06) 1998年7月6日(18歳)
出身地 東京都足立区
身長 183cm
体重 78kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 FC東京
ポジション GK
背番号 30
利き足 右足[1]
ユース

2011-2013
2014-2016
中北少年SC
FC東京U-15深川
青森山田高校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2017- FC東京
代表歴
2015-  日本 U-18/19
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

廣末 陸(ひろすえ りく、1998年7月6日 - )は、東京都足立区出身の[2]サッカー選手。FC東京所属。ポジションはゴールキーパー(GK)

来歴[編集]

小学生時はPK戦になるとGKを務める[3]技巧派のフォワード(FW)だった[4]

FC東京からはGKとして評価されたため[3]、中学生時より同クラブのU-15チームに加入しGKに専念。山口瑠伊らとのポジション争いこそ制したが[4]、シュートストップ力[5]と身長が足りず[3]U-18には昇格できなかった(山口と波多野豪が昇格)[4]

高円宮杯U-18プレミアリーグ参加校を希望し[3]、2014年に青森山田高等学校へ進学。入学早々レギュラーに抜擢された[3]。ポジショニング[5]や得意としていた足元の技術を磨き[4]、同世代随一の多様で正確なキックを放つGKとして高い評価を得た[1]。3年時には、高円宮杯EASTで優勝し、同チャンピオンシップ広島ユース戦でも自身のセーブとゴールでPK戦を制し青森山田の全国優勝に貢献、MVPを獲得した[5][6]同年度の高校選手権では瞬発力と冷静な判断で鉄壁を築き[7]決勝進出。決勝戦の前橋育英高校戦でもビッグセーブに加えて高精度のキックで得点に絡む攻守に大車輪の働きで[8]大勝[7]。青森山田を初優勝に導いた[9][10]

2017年、古巣のFC東京に加入[11][2]。当初はプロの展開の速さに戸惑ったが[12]、3月25日のJ3第3節相模原戦でJリーグ初出場。無失点勝利でのプロデビューを飾った[13]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2017 FC東京 30 J1
通算 日本 J1
総通算
国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 期間通算
出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 期間通算
2017 F東23 30 J3
通算 日本 J3
総通算


タイトル[編集]

チーム[編集]

青森山田高校

代表[編集]

U-19日本代表

個人[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 高円宮杯プレミアリーグで目撃せよ!! 十代のゴールキーパー達の青春。(1/5) Number web (2016年4月13日)
  2. ^ a b c d 廣末陸選手(青森山田高校)来季新加入内定のお知らせ FC東京 (2016年7月15日)
  3. ^ a b c d e 【インハイ・ピックアップ選手】青森山田の1年生GK廣末陸、屈辱晴らすPK戦3セーブ SOCCER KING (2014年8月3日)
  4. ^ a b c d 高円宮杯プレミアリーグで目撃せよ!! 十代のゴールキーパー達の青春。(2/5) Number web (2016年4月13日)
  5. ^ a b c 青森山田V GK広末“神ってる力”呼ぶルーティン 日刊スポーツ (2016年12月18日)
  6. ^ 青森山田がチャンピオンシップ制し、「高校年代真の日本一」に! ゲキサカ (2016年12月17日) 2016年12月17日閲覧。
  7. ^ a b 攻守に躍動“廣末陸に始まり、廣末陸に終わった”選手権経て、プロの世界へ SOCCERKING (2017年1月9日)
  8. ^ “守護神”広末、攻守で大車輪! FC東京でのさらなる飛躍誓 スポーツニッポン (2017年1月10日)
  9. ^ 決め切るFWと守り切るGK。青森山田を初優勝に導いた2人のヒーロー (3/4) web Sportiva (2017年1月11日)
  10. ^ 青森山田が悲願の初優勝 2ゴールのFW鳴海が大会6得点で得点王 デイリースポーツ (2017年1月9日) 2017年1月9日閲覧。
  11. ^ 青森山田GK廣末陸、“古巣”FC東京に加入内定「小さい頃から愛着のあるクラブ」サッカーキング (2016年7月15日)
  12. ^ 「僕は完璧にしたい」。近年の選手権で最もインパクト残した優勝GK廣末陸、FC東京、新しいステージへの決意 ゲキサカ (2017年2月23日)
  13. ^ GK廣末陸がJデビュー!! MF小林幹が決勝弾のF東23、相模原シャットアウトで今季初白星ゲキサカ(2017年3月25日)2017年3月25日閲覧。
  14. ^ 船橋市立船橋高等学校が優勝! 平成28年度全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 男子 日本サッカー協会 (2016年8月4日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]