廣末陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
廣末 陸 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ヒロスエ リク
ラテン文字 HIROSUE Riku
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1998-07-06) 1998年7月6日(18歳)
出身地 東京都足立区
身長 183cm
体重 78kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 FC東京
ポジション GK
背番号 30
利き足 右足[1]
ユース

2011-2013
2014-2016
中北少年SC
FC東京U-15深川
青森山田高校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2017- FC東京
代表歴
2015-  日本 U-18/19
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

廣末 陸(ひろすえ りく、1998年7月6日 - )は、東京都足立区出身の[2]サッカー選手。FC東京所属。ポジションはゴールキーパー(GK)

来歴[編集]

小学生時はPK戦になるとGKを務める[3]技巧派のフォワード(FW)だった[4]FC東京からはGKとして評価されたため[3]、中学生時より同クラブのU-15チームに加入しGKに専念。山口瑠伊らとのポジション争いこそ制したが[4]、身長が足りず[3]U-18には昇格できなかった(山口と波多野豪が昇格)[4]

高円宮杯U-18プレミアリーグ参加校を希望し[3]、2014年に青森山田高等学校へ進学。入学早々レギュラーに抜擢された[3]。得意としていた足元の技術を磨き[4]、同世代随一の多様で正確なキックを放つGKとして高い評価を得た[1]。3年時には高円宮杯U-18プレミアリーグチャンピオンシップでサンフレッチェ広島と対戦し、PK戦までもつれたが1人目のキッカーをとめて、自身も4人目のキッカーとして決めて優勝に貢献した[5]。高校最後の高校サッカー選手権では決勝まで勝ち進み、決勝戦では前橋育英高校を無失点で抑えて青森山田の初優勝に貢献した[6]

2017年、古巣のFC東京に加入[7][2]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2017 FC東京 30 J1
通算 日本 J1
総通算
国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2017 F東23 30 J3 0 0 - - 0 0
通算 日本 J3 0 0 - - 0 0
総通算 0 0 0 0 0 0 0 0

タイトル[編集]

チーム[編集]

青森山田高校

代表[編集]

U-19日本代表

個人[編集]

代表歴[編集]

  • 2015年 U-18日本代表
    • Panda Cup (優勝)
    • SBSカップ 国際ユースサッカー (4位)
    • 長安フォードカップ CFA 国際ユース(U-18)フットボールトーナメント青島 (3位・途中離脱)
    • AFC U-19選手権2016(予選)
  • 2016年 U-19日本代表
    • 水原JSカップ (4位)
    • バーレーン U-19カップ (3位)
    • SBSカップ 国際ユースサッカー (4位)
    • AFC U-19選手権2016
  • 日本高校サッカー選抜
    • 2017年 - NEXT GENERATION MATCH

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]