西村拓真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西村 拓真 Football pictogram.svg
Takuma Nishimura 2018.jpg
名前
愛称 タクマ
カタカナ ニシムラ タクマ
ラテン文字 NISHIMURA Takuma
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1996-10-22) 1996年10月22日(25歳)
出身地 愛知県名古屋市
身長 178cm[1]
体重 76kg[1]
選手情報
在籍チーム 日本の旗 横浜F・マリノス
ポジション FW
背番号 30
利き足 右足
ユース
2012-2014 富山第一高等学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2015-2018 日本の旗 ベガルタ仙台 64 (14)
2015 日本の旗 Jリーグ・アンダー22選抜 14 (1)
2018-2020 ロシアの旗 CSKAモスクワ 17 (2)
2020 ポルトガルの旗 ポルティモネンセSC (loan) 2 (0)
2020 日本の旗 ベガルタ仙台 (loan) 20 (3)
2021 日本の旗 ベガルタ仙台 32 (6)
2022- 日本の旗 横浜F・マリノス
代表歴2
2022- 日本の旗 日本 3 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年12月5日現在。
2. 2022年7月27日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

西村 拓真(にしむら たくま、1996年10月22日 - )は、愛知県名古屋市出身のプロサッカー選手Jリーグ横浜F・マリノス所属。ポジションはフォワード (FW)日本代表

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

4歳のときにサッカーを始める。中学生のときには愛知県選抜に選出された[2]。2012年、父方の祖母が住む富山県の富山第一高校が当時高円宮杯プレミアリーグに所属していたことから同校へ進学(祖母宅から通学)[3]、同年のぎふ清流国体サッカー少年男子に富山県代表として選出された。高校2年時にはU-17北信越選抜に名を連ね、第92回全国高校サッカー選手権では同校および富山県勢の初優勝に貢献、優秀選手にも選ばれた。2014年12月にベガルタ仙台加入が内定[4][5]

クラブ[編集]

ベガルタ仙台[編集]

2015年、ベガルタ仙台へ入団。2016年9月18日、2ndステージ第12節のヴァンフォーレ甲府戦で初先発初得点を決めた。11月18日、ジュビロ磐田戦でA契約に達したことが発表された。11月から12月にチームメイトの茂木駿佑とともにSCフォルトゥナ・ケルンへ海外研修に派遣される[6]

2017年10月27日、YBCルヴァンカップでの活躍が認められ、ニューヒーロー賞を受賞した[7]。2017年度はリーグ戦で17試合に出場し、シーズン終了後の12月にはJリーグの23歳以下に贈られる「タグ・ホイヤー ヤングガンアワード」を受賞した。

2018年4月11日、第7節の名古屋グランパスエイト戦では2得点を決めて勝利に貢献した[8]。8月15日、第22節の湘南ベルマーレ戦で得点を決めて、シーズン二桁得点をあげた[9]。24節終了時点で日本人トップの11得点を挙げて仙台の攻撃を牽引し、サッカーダイジェストのブレイクランキングで1位の評価を得た[10]

PFC CSKAモスクワ[編集]

2018年8月31日、ロシア・プレミアリーグPFC CSKAモスクワへの移籍が発表された。契約期間は4年[11][12]。9月23日に行われた第9節のFCスパルタク・モスクワ戦で途中出場から移籍後初出場し[13]、10月23日に行われた欧州CL・GS第3節のASローマ戦ではCLデビューを果たした[14]。3月9日、第19節のFCルビン・カザン戦で移籍後初得点を決めた[15]

ポルティモネンセ[編集]

2020年1月10日、プリメイラ・リーガポルティモネンセSCへの期限付き移籍が発表された。しかし新型コロナウイルス感染拡大の影響もあって西村がJリーグ復帰を希望したため、3月22日にポルティモネンセとの契約を解除した[16]

ベガルタ仙台復帰[編集]

2020年3月24日、期限付き移籍で仙台へ復帰することが発表された[1]

2021年2月11日、完全移籍が内定したと発表された。

横浜F・マリノス[編集]

2021年12月17日、横浜F・マリノスへの完全移籍が発表された。

代表[編集]

2022年7月13日、EAFF E-1サッカー選手権2022に出場する日本代表に初めて選出された[17][18]

同年7月19日、EAFF E-1サッカー選手権2022初戦の香港戦(FIFAランキング145位(当時))で代表初ゴールを含む2ゴールを決めた。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2015 仙台 30 J1 0 0 1 0 0 0 1 0
2016 12 1 2 0 1 0 15 1
2017 28 2 10 2 1 0 39 4
2018 24 11 5 2 3 3 32 16
ロシア リーグ戦 ロシア杯オープン杯 期間通算
2018-19 CSKAモスクワ 19 ロシア・プレミア 12 2 1 0 - 13 2
2019-20 5 0 2 2 - 7 2
ポルトガル リーグ戦 リーグ杯ポルトガル杯 期間通算
2019-20 ポルティモネンセ 30 プリメイラ 2 0 - - 2 0
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2020 仙台 15 J1 20 3 1 0 - 21 3
2021 32 6 2 0 1 0 35 6
2022 横浜FM 30 2 1 2 1
通算 日本 J1 116 23 21 4 8 3 145 30
ロシア ロシア・プレミア 17 2 3 2 - 20 4
ポルトガル プリメイラ 2 0 - - 2 0
総通算 135 25 24 6 8 3 167 34

その他の公式戦

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 期間通算
出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 期間通算
2015 J-22 - J3 14 1 14 1
通算 日本 J3 14 1 14 1
総通算 14 1 14 1
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
UEFAUEFA CL
2018-19 CSKAモスクワ 19 2 0
通算 UEFA 2 0

代表・選抜歴[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 3試合 2得点(2022年 - )


日本代表国際Aマッチ
出場得点
2022 3 2
通算 3 2

出場[編集]

No. 開催日 開催都市 スタジアム 対戦国 結果 大会
1. 2022年7月19日 日本の旗鹿嶋 茨城カシマスタジアム 香港の旗 香港 ○6-0 EAFF E-1サッカー選手権2022
2. 2022年7月24日 日本の旗豊田 豊田スタジアム 中華人民共和国の旗 中国 △0-0
3. 2022年7月27日 大韓民国の旗 韓国 ○3-0

ゴール[編集]

# 開催日 開催都市 スタジアム 対戦国 結果 大会
1. 2022年7月19日 日本の旗鹿嶋 茨城カシマスタジアム 香港の旗 香港 ○6-0 EAFF E-1サッカー選手権2022
2.

タイトル・表彰[編集]

代表[編集]

クラブ[編集]

富山第一高等学校

個人[編集]

  • 第92回全国高等学校サッカー選手権大会・優秀選手(2014年)
  • 2017JリーグYBCルヴァンカップ・ニューヒーロー賞(2017年)
  • TAG Heuer YOUNG GUNS AWARD・ベストイレブン(2017年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c “西村拓真選手 期限付き移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), ベガルタ仙台, (2020年3月24日), https://www.vegalta.co.jp/news-team/2020/03/post-141.html 2020年3月25日閲覧。 
  2. ^ 【仙台】富山第一・西村が練習参加“合格”目指す スポーツ報知, (2014年12月4日) 2014年12月22日閲覧。
  3. ^ 〔MOM882〕富山一MF西村拓真(2年)_「点の取れるサイドハーフ」への変ぼう”. ゲキサカ (2013年11月5日). 2016年2月26日閲覧。
  4. ^ 仙台練習参加の西村 驚きのシュート精度 nikkansports.com, (2014年12月13日) 2014年12月22日閲覧。
  5. ^ “富山第一高校 西村拓真選手 2015シーズン新加入内定のお知らせ” (プレスリリース), ベガルタ仙台, (2014年12月22日), http://www.vegalta.co.jp/news/press_release/2014/12/post-2212.html 2014年12月22日閲覧。 
  6. ^ “仙台 6選手が海外研修へ 佐々木と常田はユトレヒト”. スポニチアネックス. (2016年11月24日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/11/24/kiji/K20161124013784030.html 2016年11月24日閲覧。 
  7. ^ 伝統のニューヒーロー賞、賞金は50万円…仙台FW西村「来年はルヴァン杯のタイトルを」 ゲキサカ(2017年10月27日)2017年11月18日閲覧。
  8. ^ 仙台FW西村2発、名古屋の反撃耐えしのぎ2位浮上 日刊スポーツ(2018年4月11日)
  9. ^ 西村“覚醒”2桁ゴール!!関口1G1A、ハーフナーも移籍後初弾の仙台、4発で湘南に逆転勝利 ゲキサカ(2018年8月15日)
  10. ^ 『サッカーダイジェスト(No.1420)』日本スポーツ企画出版社、2018年9月27日。 
  11. ^ 西村拓真選手 PFC CSKAモスクワ(ロシア)へ 完全移籍のお知らせ - ベガルタ仙台公式サイト、2018年8月31日
  12. ^ Такума Нисимура — в ПФК ЦСКА - CSKAモスクワ公式サイト、2018年8月31日
  13. ^ CSKAモスクワの西村拓真がロシアデビュー!終盤から出場、右足ミドルで存在感みせる ゲキサカ(2018年9月24日)
  14. ^ CSKAモスクワの西村拓真がCLデビュー!…日本人選手16人目 サッカーキング(2018年10月24日)
  15. ^ 西村拓真がCSKA加入後初ゴール!今季3度目の先発で結果残すゲキサカ(2019年3月9日)
  16. ^ コロナ憂慮し日本へ…ポルティモネンセFW西村拓真が契約解除「自身と家族に不安」 ゲキサカ 2020年3月22日
  17. ^ E―1選手権で代表初選出のFW西村拓真 「日本代表のメンバーに選ばれたことを誇りに思う」”. スポニチアネックス (2022年7月13日). 2022年7月14日閲覧。
  18. ^ 【日本代表】FW西村拓真デビュー戦で2ゴール「国歌斉唱は燃え上がるものがありました」”. 日刊スポーツ (2022年7月19日). 2022年9月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]