キリンチャレンジカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

キリンチャレンジカップは、サッカー日本代表日本女子代表が行なう国際親善試合で、日本サッカー協会が主催する試合の名称。キリングループのサッカー日本代表支援プログラムの一環として行われている。2003年(平成15年)からフル代表(A代表、SAMURAI BLUE)の試合についてはサブタイトルとして「GO FOR 2006!」(2006 FIFAワールドカップドイツ大会へ向けて)、2007年(平成19年)からは「ALL FOR 2010!」(2010 FIFAワールドカップ南アフリカ大会へ向けて)がサブタイトルとして付けられた。

歴史[編集]

これまでも日本代表各世代の強化試合を数多く開催してきたが、1998年(平成10年)から麒麟麦酒キリンビバレッジが日本代表チームのオフィシャルスポンサーとなったことから、これまでのキリンカップサッカーとは別に、日本国内で開かれる国際親善試合のシリーズもキリングループの冠スポンサーをつけてこのシリーズが誕生した[注 1]

第1回は「キリンチャレンジ」と銘打って、1998年(平成10年)10月にフィリップ・トルシエ監督就任後最初の国際試合となった、日本代表vsエジプト代表の試合を開催。それ以後2000年(平成12年)まで「キリンチャレンジ」、もしくは「キリンビバレッジ・サッカー」と題して開催されてきたが、2001年(平成13年)からA代表の全ての試合において「キリンチャレンジカップ」と題して開催するようになり[注 2]、A代表はもとより、オリンピック(U-23)・ユース・女子代表(なでしこジャパン)の強化・親善試合もカバーして開催している。

2010年代以後は、国際Aマッチの日程の都合上キリンカップサッカーが開催できない年があり、5-6月の本来キリンカップの行われる時期に、その振替大会として本大会が行われる年がある。

なお、勝利チーム(引き分けの場合は双方)にはキリンカップサッカーと同様に、勝利者杯(キリンチャレンジカップ)と、副賞の麒麟麦酒のアルコール飲料(ビール焼酎)とキリンビバレッジのスポーツドリンクがそれぞれ1年分贈られる。以前はキリンディスティラリー(旧・キリンシーグラム)より、シャンパンが贈呈されたことがあった。但し、イスラム教の国(中近東アフリカ東部・北部の一部)では宗教戒律の関係でアルコールが規制されているため、勝利した場合の副賞はスポーツドリンクのみである。

試合日程・結果[編集]

1998年(平成10年)[編集]

日付 カテゴリー 結果 対戦相手 試合会場
10月28日 A ○ 1-0 エジプトの旗 エジプト 大阪長居スタジアム

1999年(平成11年)[編集]

日付 カテゴリー 結果 対戦相手 試合会場
9月8日 A △ 1-1 イランの旗 イラン 横浜国際総合競技場

2000年(平成12年)[編集]

日付 カテゴリー 結果 対戦相手 試合会場
8月16日 A ○ 3-1 アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 広島ビッグアーチ

2001年(平成13年)[編集]

日付 カテゴリー 結果 対戦相手 試合会場
11月7日 A △ 1-1 イタリアの旗 イタリア 埼玉スタジアム2002

2002年(平成14年)[編集]

日付 カテゴリー 結果 対戦相手 試合会場
3月21日 A ○ 1-0 ウクライナの旗 ウクライナ 大阪長居スタジアム
4月17日 A △ 1-1 コスタリカの旗 コスタリカ 横浜国際総合競技場
5月25日 A △ 1-1 スウェーデンの旗 スウェーデン 国立霞ヶ丘競技場
10月16日 A △ 1-1 ジャマイカの旗 ジャマイカ 国立霞ヶ丘競技場
11月20日 A ● 0-2 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 埼玉スタジアム2002

2003年(平成15年)[編集]

日付 カテゴリー 結果 対戦相手 試合会場
8月20日 A ○ 3-0 ナイジェリアの旗 ナイジェリア 国立霞ヶ丘競技場
9月10日 A ● 0-1 セネガルの旗 セネガル 新潟スタジアム
11月19日 A △ 0-0 カメルーンの旗 カメルーン 大分ビッグアイ

2004年(平成16年)[編集]

日付 カテゴリー 結果 対戦相手 試合会場 備考
2月7日 A ○ 4-0 マレーシアの旗 マレーシア カシマサッカースタジアム
2月8日 U-23 △ 1-1  イラン 埼玉スタジアム2002
2月21日 U-23 ○ 2-0  韓国 大阪長居スタジアム
7月25日 U-23 ● 0-1  オーストラリア 大阪長居スタジアム
7月30日 女子 ○ 3-0  カナダ 国立霞ヶ丘競技場 U-23代表の前座扱い
7月30日 U-23 ○ 4-0 ベネズエラの旗 ベネズエラ(A代表) 国立霞ヶ丘競技場
8月18日 A ● 1-2 アルゼンチンの旗 アルゼンチン エコパスタジアム
12月16日 A ● 0-3 ドイツの旗 ドイツ 横浜国際総合競技場
12月18日 女子 ○ 11-0  チャイニーズタイペイ 西が丘サッカー場

2005年(平成17年)[編集]

日付 カテゴリー 結果 対戦相手 試合会場 記録
1月29日 A ○ 4-0 カザフスタンの旗 カザフスタン 横浜国際総合競技場 [1] (PDF)
2月2日 A ○ 3-0 シリアの旗 シリア 埼玉スタジアム2002 [2] (PDF)
5月21日 女子 ○ 6-0  ニュージーランド 西が丘サッカー場 [3] (PDF)
9月7日 A ○ 5-4 ホンジュラスの旗 ホンジュラス 宮城スタジアム [4] (PDF)
11月16日 A ○ 1-0 アンゴラの旗 アンゴラ 国立霞ヶ丘競技場 [5] (PDF)

2006年(平成18年)[編集]

日付 カテゴリー 結果 対戦相手 試合会場 記録
2月18日 A ○ 2-0 フィンランドの旗 フィンランド エコパスタジアム [6] (PDF)
3月30日 A ○ 1-0 エクアドルの旗 エクアドル 大分ビッグアイ [7] (PDF)
8月9日 A ○ 2-0 トリニダード・トバゴの旗 トリニダード・トバゴ 国立霞ヶ丘競技場 [8] (PDF)
10月4日 A ● 0-1 ガーナの旗 ガーナ 日産スタジアム [9] (PDF)

2007年(平成19年)[編集]

日付 カテゴリー 結果 対戦相手 試合会場 備考 記録
2月21日 U-23 △ 0-0  アメリカ合衆国 熊本県民総合運動公園陸上競技場(KKWING) [10] (PDF)
3月24日 A ○ 2-0 ペルーの旗 ペルー 日産スタジアム [11] (PDF)
8月22日 A ○ 2-0 カメルーンの旗 カメルーン 九州石油ドーム [12] (PDF)
8月30日 女子 △ 0-0  カナダ 国立霞ヶ丘競技場 2007 FIFA女子ワールドカップ
壮行試合として実施
[13] (PDF)
9月2日 女子 ○ 2-1  ブラジル フクダ電子アリーナ [14] (PDF)

2008年(平成20年)[編集]

日付 カテゴリー 結果 対戦相手 試合会場 記録
1月26日 A △ 0-0 チリの旗 チリ 国立霞ヶ丘競技場 [15] (PDF)
1月30日 A ○ 3-0 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ 国立霞ヶ丘競技場 [16] (PDF)
7月29日 女子 ○ 2-0  アルゼンチン 国立霞ヶ丘競技場 [17] (PDF)
7月29日 U-23 ● 0-1
(打ち切り)[注 3]
 アルゼンチン 国立霞ヶ丘競技場 [18] (PDF)
8月20日 A ● 1-3 ウルグアイの旗 ウルグアイ 札幌ドーム [19] (PDF)
10月9日 A △ 1-1 アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 東北電力ビッグスワン新潟 [20] (PDF)
11月13日 A ○ 3-1 シリアの旗 シリア ノエビアスタジアム神戸 [21] (PDF)

2009年(平成21年)[編集]

日付 カテゴリー 結果 対戦相手 試合会場 記録
2月4日 A ○ 5-1 フィンランドの旗 フィンランド 国立霞ヶ丘競技場 [22] (PDF)
10月10日 A ○ 2-0 スコットランドの旗 スコットランド 日産スタジアム [23] (PDF)
10月14日 A ○ 5-0 トーゴの旗 トーゴ 宮城スタジアム [24] (PDF)

2010年(平成22年)[編集]

日付 カテゴリー 結果 対戦相手 試合会場 記録
2月2日 A △ 0-0 ベネズエラの旗 ベネズエラ 九州石油ドーム [25] (PDF)
4月7日 A ● 0-3 セルビアの旗 セルビア 大阪長居スタジアム [26] (PDF)
5月24日 A ● 0-2 大韓民国の旗 韓国 埼玉スタジアム2002 [27] (PDF)
9月4日 A ○ 1-0 パラグアイの旗 パラグアイ 日産スタジアム [28] (PDF)
9月7日 A ○ 2-1 グアテマラの旗 グアテマラ 大阪長居スタジアム [29] (PDF)
10月8日 A ○ 1-0 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 埼玉スタジアム2002 [30] (PDF)

2011年(平成23年)[編集]

日付 カテゴリー 結果 対戦相手 試合会場 記録
3月25日 A (中止)[注 4] モンテネグロの旗 モンテネグロ エコパスタジアム
3月29日 A (中止)[注 4] [注 5] ニュージーランドの旗 ニュージーランド 国立霞ヶ丘競技場
8月10日 A ○ 3-0 大韓民国の旗 韓国 札幌ドーム [31] (PDF)
10月7日 A ○ 1-0 ベトナムの旗 ベトナム ノエビアスタジアム神戸 [32] (PDF)

2012年(平成24年)[編集]

日付 カテゴリー 結果 対戦相手 試合会場 記録
2月24日 A ○ 3-1 アイスランドの旗 アイスランド 長居スタジアム [33] (PDF)
4月1日 女子 △ 1-1  アメリカ合衆国 ユアテックスタジアム仙台 [34] (PDF)
4月3日 女子 アメリカ合衆国 ○ 3-0 ● ブラジル フクダ電子アリーナ [35] (PDF)
4月5日 女子 ○ 4-1  ブラジル ノエビアスタジアム神戸 [36] (PDF)
5月23日[2] A ○ 2-0 アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン エコパスタジアム [37] (PDF)
7月11日 女子 ○ 3-0  オーストラリア[3] 国立霞ヶ丘競技場 [38] (PDF)
7月11日 U-23 △ 1-1  ニュージーランド[3] 国立霞ヶ丘競技場 [39] (PDF)
8月15日 A △ 1-1 ベネズエラの旗 ベネズエラ 札幌ドーム [40] (PDF)
9月6日[4] A ○ 1-0 アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 東北電力ビッグスワン新潟 [41] (PDF)

4月の女子の試合は、日本、ブラジル、アメリカ女子代表3ヶ国総当りという男子のキリンカップと同様の方式で行われ、順位も3チーム間で付けられた。結果は以下の通りで、日本が優勝となった[5]

チーム
1  日本 2 1 1 0 5 2 +3 4
2  アメリカ合衆国 2 1 1 0 4 1 +3 4
3  ブラジル 2 0 0 2 1 7 −6 0

2013年(平成25年)[編集]

2012年(平成24年)12月19日に、2013年(平成25年)のキリンチャレンジカップのスケジュールが発表された[6]

日付 カテゴリー 結果 対戦相手 試合会場 記録
2月6日 A ○ 3-0 ラトビアの旗 ラトビア ホームズスタジアム神戸 [42] (PDF)
5月30日 A ● 0-2 ブルガリアの旗 ブルガリア 豊田スタジアム [43] (PDF)
6月20日[7] 女子 1-1  ニュージーランド ベストアメニティスタジアム [44] (PDF)
8月14日 A ● 2-4 ウルグアイの旗 ウルグアイ 宮城スタジアム [45] (PDF)
9月6日[8] A ○ 3-0 グアテマラの旗 グアテマラ 長居スタジアム [46] (PDF)
9月10日[8] A ○ 3-1 ガーナの旗 ガーナ 横浜国際総合競技場 [47] (PDF)

2014年(平成26年)[編集]

2013年(平成25年)12月12日に、2014年(平成26年)のキリンチャレンジカップのスケジュールが発表された[9]。2014年8月7日には追加分としてジャマイカ戦の開催が発表された[10]

日付 カテゴリー 結果 対戦相手 試合会場 記録
3月5日 A ○ 4-2 ニュージーランドの旗 ニュージーランド 国立霞ヶ丘競技場[注 6] [48] (PDF)
5月27日[11] A ○ 1-0 キプロスの旗 キプロス 埼玉スタジアム2002 [49] (PDF)
9月5日 A ● 0-2 ウルグアイの旗 ウルグアイ 札幌ドーム [50] (PDF)
9月9日 A ○ 3-0
没収試合[注 7]
ベネズエラの旗 ベネズエラ 横浜国際総合競技場 [51] (PDF)
10月10日 A ○ 1-0 ジャマイカの旗 ジャマイカ デンカビッグスワンスタジアム [52] (PDF)
11月14日 A ○ 6-0 ホンジュラスの旗 ホンジュラス 豊田スタジアム [53] (PDF)
11月18日 A ○ 2-1 オーストラリアの旗 オーストラリア ヤンマースタジアム長居 [54] (PDF)

2015年(平成27年)[編集]

2015年からはキリングループ以外のサポーティングスポンサーによる冠試合が開催されるようになった。

日付 カテゴリー 結果 対戦相手 試合会場 大会名 記録
3月27日 A ○ 2-0 チュニジアの旗 チュニジア 大分スポーツ公園総合競技場 キリンチャレンジカップ [55] (PDF)
3月31日 A ○ 5-1 ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン 東京スタジアム JALチャレンジカップ [56] (PDF)
5月24日 女子 ○ 1-0  ニュージーランド 香川県立丸亀競技場 MS&ADなでしこカップ [57] (PDF)
5月28日 女子 ◯ 1-0  イタリア 南長野運動公園総合球技場[13] キリンチャレンジカップ [58] (PDF)
6月11日 A ◯ 4-0 イラクの旗 イラク 日産スタジアム キリンチャレンジカップ [59] (PDF)

2016年(平成28年)[編集]

日付 カテゴリー 結果 対戦相手 試合会場 大会名 記録
5月11日 U-23 ○ 3-0  ガーナ(A代表[14] ベストアメニティスタジアム MS&ADカップ[注 8] [60] (PDF)
6月29日 U-23 ○ 4-1  南アフリカ共和国 松本平広域公園総合球技場 キリンチャレンジカップ [61] (PDF)
11月11日[17] A ○ 4-0  オマーン カシマサッカースタジアム キリンチャレンジカップ [62] (PDF)

2017年(平成29年)[編集]

日付 カテゴリー 結果 対戦相手 試合会場 大会名 記録
4月9日[18] 女子 ○ 3-0  コスタリカ うまかな・よかなスタジアム キリンチャレンジカップ[注 9] [63] (PDF)
6月7日[19] A △ 1-1  シリア 東京スタジアム キリンチャレンジカップ [64] (PDF)
10月6日[20] A ○ 2-1 ニュージーランドの旗 ニュージーランド[21] 豊田スタジアム キリンチャレンジカップ [65] (PDF)
10月10日[22] A △ 3-3  ハイチ 日産スタジアム キリンチャレンジカップ [66] (PDF)
10月22日[23] 女子  スイス[24] 長野Uスタジアム MS&ADカップ

試合中継[編集]

サッカー日本代表の試合中継は入札制により中継局が決定される。ただし、キリングループが冠スポンサーとなる関係上、公共放送局であるNHKや、放送エリアが限られているテレビ東京系列での放送は行われない。

ラジオではニッポン放送が「ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル」(プロ野球シーズンの夜開催分。日曜と月曜を除く)もしくは「ニッポン放送サッカースペシャル」(過去には「サッカーライブステーション」「ニッポン放送スポーツスペシャル」など)として特別放送されることがある(主としてAマッチの試合)。ただし、タイトルは、ただ「国際親善試合」となっている。

テレビでも中継されるが、キリンカップサッカーの場合と同じく、首都圏以外の地方都市で開催される場合も、在京キー局がメイン制作、地元局は技術協力として放送され、在京キー局からアナウンサー・解説者を派遣したり、中継の協賛スポンサー(キリンや日本代表のスポンサー以外の各社も含む)のネットセールスを行う。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ かつては、同じグループ企業のキリン・シーグラムやナガノトマトも、オフィシャルスポンサーに加わっていたことがある。
  2. ^ 2003年(平成15年)5月31日に行われた対韓国戦は東アジアサッカー選手権2003SARSの影響で開催が延期したことに伴い急遽試合が組まれたため、2004年(平成16年)2月12日に行われた対イラク戦についてはイラク復興支援サッカー国際親善試合として行われたため、この2試合についてはキリンチャレンジカップとして開催されていない(なお、この2試合とも国立霞ヶ丘陸上競技場で開催された)。
  3. ^ 雷雨のため84分で試合中断、試合続行が難しい状態になったためそのまま打ち切りとなった[1]
  4. ^ a b 当初、3月11日東日本大震災の影響は残るものの、大会は予定通り行う方針だった。しかし、東京電力計画停電処置での電力不足への懸念のため当初予定していた「キリンチャレンジカップ」としての開催は2試合とも断念した。
  5. ^ その後、ニュージーランド戦については「キリンチャレンジカップ」としての開催を断念する代わりに、長居スタジアムで「大震災復興支援チャリティー試合」に変更する形で開催することに一度は決定したが、ニュージーランド代表が「震災の影響や、東京電力の原発事故による健康被害などを考慮すると来日は困難」として出場を辞退。代替国の調整も時間的に難しいため、国際Aマッチの開催は完全に断念し、チャリティー試合は代わってJリーグ選抜チームとの練習試合「東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ がんばろうニッポン!」に変更された
  6. ^ 国立競技場建て替え工事前最後のA代表の試合となるため、〜ありがとう国立競技場〜のサブタイトルを付けて開催。
  7. ^ 実際の試合のスコアは2-2の引き分けであったものの、ベネズエラが出場停止処分中の選手(2014年9月5日に行われたベネズエラ代表 対 韓国代表の国際親善試合においてレッドカードを受けたホセ・サロモン・ロンドン)を出場させていたため、後日この試合は没収試合(日本の3-0での勝利扱い)とされた[12]
  8. ^ この試合自体は2016年4月11日に開催概要が発表されていたが[15]、開催概要発表後に発生した熊本地震を受けて日本サッカー協会が2016年4月20日にこの試合をチャリティーマッチとし、「〜九州 熊本震災復興支援チャリティーマッチ がんばるばい熊本〜」のサブタイトルを付けて開催すると発表した[16]
  9. ^ 熊本地震復興支援マッチ」として開催。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ キリンチャレンジカップ2008 〜ALL FOR 2010!〜 マッチレポート”. 日本サッカー協会. 2016年5月13日閲覧。
  2. ^ キリンチャレンジカップ2012 5月23日(水)、静岡/エコパスタジアムにて、アゼルバイジャン代表と対戦”. 日本サッカー協会 (2012年4月23日). 2012年4月23日閲覧。
  3. ^ a b キリンチャレンジカップ2012 U-23日本代表 対 U-23ニュージーランド代表 なでしこジャパン(日本女子代表) 対 オーストラリア女子代表 7月11日(水)、国立競技場で開催”. 日本サッカー協会 (2012年5月8日). 2012年5月8日閲覧。
  4. ^ キリンチャレンジカップ2012(9月@新潟/東北電力ビッグスワンスタジアム)試合日程変更および対戦国決定のお知らせ”. 日本サッカー協会 (2012年7月12日). 2012年7月13日閲覧。当初は9月7日の開催予定だったが、開催が1日前倒しとなった。
  5. ^ キリンチャレンジカップ2012|特設ページ|なでしこジャパン”. 日本サッカー協会. 2012年4月13日閲覧。
  6. ^ 2013年 日本代表スケジュール”. 日本サッカー協会 (2012年12月19日). 2012年12月19日閲覧。
  7. ^ キリンチャレンジカップ2013 なでしこジャパン(日本女子代表)vsニュージーランド女子代表(6/20@佐賀) キックオフ時間およびテレビ放送決定のお知らせ”. 日本サッカー協会 (2013年4月12日). 2013年4月15日閲覧。
  8. ^ a b キリンチャレンジカップ2013 SAMURAI BLUE(日本代表) グアテマラ代表、ガーナ代表と対戦決定”. 日本サッカー協会 (2013年6月5日). 2013年6月5日閲覧。
  9. ^ 2014日本代表スケジュール発表”. 日本サッカー協会 (2013年12月12日). 2013年12月12日閲覧。
  10. ^ SAMURAI BLUE(日本代表) キリンチャレンジカップ2014 10月10日に新潟でジャマイカ代表と対戦、国際親善試合 10月14日にシンガポールでブラジル代表と対戦”. 日本サッカー協会 (2014年8月7日). 2014年8月7日閲覧。
  11. ^ キリンチャレンジカップ2014【5月27日(火)@埼玉/埼玉スタジアム2002】 対戦相手はキプロス代表に決定”. 日本サッカー協会 (2014年2月12日). 2014年2月15日閲覧。
  12. ^ 武藤&柴崎1号は変更なし…9・9ベネズエラ戦が没収試合に”. Sponichi Annex (2014年11月20日). 2014年11月20日閲覧。
  13. ^ なでしこジャパン KIRIN CHALLENGE CUP 2015 2015/5/28(木) vs イタリア女子代表 長野/南長野運動公園総合球技場”. 日本サッカー協会 (2015年2月6日). 2015年2月15日閲覧。
  14. ^ U―23、ガーナA代表に3発快勝 矢島2得点 富樫代表初ゴール”. スポニチ Sponichi Annex サッカー. スポーツニッポン (2016年5月11日). 2016年5月11日閲覧。
  15. ^ “U-23日本代表、ガーナ代表と対戦 MS&ADカップ2016【5/11(水)@佐賀/ベストアメニティスタジアム】 チケット販売概要、テレビ放送、キックオフ時間決定” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2016年4月11日), http://www.jfa.jp/national_team/u23_2016/news/00009369/ 2016年5月10日閲覧。 
  16. ^ “MS&ADカップ2016【5/11(水)@佐賀/ベストアメニティスタジアム】を チャリティーマッチとして開催” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2016年4月20日), http://www.jfa.jp/national_team/u23_2016/20160511/news/00009442/ 2016年5月10日閲覧。 
  17. ^ “SAMURAI BLUE、11月11日に茨城県立カシマサッカースタジアムでオマーン代表と対戦〜キリンチャレンジカップ2016〜” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2016年6月30日), http://www.jfa.jp/samuraiblue/20161111/news/00010326/ 2016年7月2日閲覧。 
  18. ^ なでしこジャパン、コスタリカ女子代表との対戦決定 キリンチャレンジカップ2017~熊本地震復興支援マッチ がんばるばい熊本~【4/9(日)@熊本/熊本県民総合運動公園陸上競技場(うまかな・よかなスタジアム)】”. 日本サッカー協会 (2017年1月24日). 2017年1月24日閲覧。
  19. ^ キリンチャレンジカップ2017 [6/7]”. 日本サッカー協会. 2017年1月24日閲覧。
  20. ^ キリンチャレンジカップ2017 [10/6]”. 日本サッカー協会. 2017年9月1日閲覧。
  21. ^ “対戦国がニュージーランド代表に決定~キリンチャレンジカップ2017【10/6(金)@愛知/豊田スタジアム】~” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2017年9月6日), http://www.jfa.jp/samuraiblue/20171006/news/00014976/ 2017年9月6日閲覧。 
  22. ^ キリンチャレンジカップ2017 [10/10]”. 日本サッカー協会. 2017年9月1日閲覧。
  23. ^ 日本女子代表候補、2017年の活動をスタート”. 日本サッカー協会 (2017年1月21日). 2017年2月10日閲覧。
  24. ^ “MS&ADカップ2017【10/22(日)@長野/長野Uスタジアム】 なでしこジャパン、スイス女子代表と対戦” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2017年6月6日), http://www.jfa.jp/nadeshikojapan/20171022/news/00013809/ 2017年6月8日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]