Jリーグワールドチャレンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
明治安田生命
Jリーグワールドチャレンジ
開始年 2017年
主催 Jリーグ
地域 日本の旗 日本
参加チーム数 4チーム
サイト 公式ウェブサイト
テンプレートを表示

Jリーグワールドチャレンジ(ジェイリーグワールドチャレンジ)は、2017年から開催される、公益社団法人日本プロサッカーリーグが主催する日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)所属クラブによる親善試合(プレシーズンマッチ)である。

概要[編集]

2017年からJ1リーグが1ステージ制になり日程に余裕が生じたことを踏まえ、リーグ戦において夏期(概ね前半戦終了時)に2週間程度の中断期間(サマーブレイク)が設定されることになり、この間を利用してJリーグが海外の強豪クラブを日本に招待し、Jリーグクラブ(前年のJ1優勝クラブ及び前年のJリーグYBCルヴァンカップ優勝クラブ)と親善試合を行うものである[1][2]

リーグ戦同様、明治安田生命保険が特別協賛し、明治安田生命Jリーグワールドチャレンジの名称で開催される[1]

2017年度[編集]

参加クラブ[編集]

レギュレーション[編集]

  • エントリーは1チーム28名以内、ベンチ入りは17名+チームスタッフ7名以内。
  • 各チーム7名までの選手交代が可能(ただし、交代機会は試合中3回以内)。GKについては負傷でやむを得ない事情があり、かつ、主審の承認を得た場合に限り4回目の交代が認められる。
  • 外国籍選手の扱いは各所属リーグの取り扱いに準じるものとする。
    • 鹿島・浦和は、試合にエントリー可能なのは1チーム3名以内+アジアサッカー連盟(AFC)加盟国籍選手1名(登録は5名以内)。Jリーグ提携国の選手は外国籍選手と見なさない。
    • ドルトムントは制限なし(ブンデスリーガで外国籍選手枠が撤廃されているため)。
    • セビージャはEU国籍外の選手について3名までベンチ入り・出場可能。
  • 90分(前後半45分)で決着しない場合は引き分けとする(延長戦無し)

対戦カード[編集]

メディア中継

メディア中継

脚注[編集]

注記[編集]

  1. ^ ニッポン放送ショウアップナイターが放送されない場合(同日開催予定のマイナビオールスターゲーム2017第2戦が中止となった場合)に限り放送予定だった[3]。当日野球中継が行われたため実況放送は行われず。

出典[編集]

外部リンク[編集]