小池龍太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小池 龍太 Football pictogram.svg
名前
愛称 栄子[1]
カタカナ コイケ リュウタ
ラテン文字 KOIKE Ryuta
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1995-08-29) 1995年8月29日(24歳)
出身地 東京都八王子市
身長 169cm
体重 64kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 横浜F・マリノス
ポジション DF
背番号 25
利き足 右足
ユース
2008-2013 日本の旗 JFAアカデミー福島
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2014-2016 日本の旗 レノファ山口FC 89 (4)
2017-2019 日本の旗 柏レイソル 85 (0)
2019-2020 ベルギーの旗 スポルティング・ロケレン 27 (2)
2020- 日本の旗 横浜F・マリノス
1. 国内リーグ戦に限る。2020年5月28日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

小池 龍太(こいけ りゅうた、1995年8月29日 - )は、東京都八王子市出身のプロサッカー選手。横浜F・マリノス所属。登録ポジションはディフェンダー(DF)

来歴[編集]

小学生時代は横河武蔵野FCジュニアでプレー。2008年の中学校進学時にJFAアカデミー福島の入校テストに合格し、3期生として入校。同期に金子翔太安東輝平岡将豪がいる。高校2年生まではMFとして攻撃的なポジションを任され、JFAアカデミー福島のU-18プレミアリーグ昇格にも貢献した[2] が、高校3年生の時にSBにコンバートされる。

当初からプロ志望だったが、2014年の卒業時にJリーグクラブからのオファーはなく、当時日本フットボールリーグ (JFL) に所属していたレノファ山口FCに入団[3]。入団1年目から当時チーム最年少ながら17試合に先発出場するなどし、山口のJ3リーグ参入に貢献。翌年は背番号も1桁となりレギュラーポジションを獲得して初得点も記録。山口のJ2リーグ昇格後の2016年シーズンは全試合に出場を果たし、3得点をマークした。

2016年11月22日J1柏レイソルへ完全移籍[4][5]。JFLから4年で毎年ディビジョンをステップアップさせた[6][7]。入団後当初はカップ戦のメンバーとしての出場だったが、第4節・仙台戦以降はレギュラーポジションを奪取した[8]

2019年8月8日ベルギー・ファースト・ディビジョンBスポルティング・ロケレンへ完全移籍[9]。背番号は「3」。10月5日、第9節のOHルーヴェン戦で移籍後初ゴールを決めた。[10]

しかし、所属していたロケレンが裁判所から破産宣告を受け、FIFAからの特例で期間外の移籍が可能になり、同僚の天野純と共に横浜F・マリノスへの完全移籍(天野は期限付き移籍からの復帰)が発表された[11]

エピソード[編集]

  • JFL時代の山口は大半の選手がアマチュア契約であり、小池もサッカースクールのコーチのアルバイトで得た月収15万円ほどで生計を立てていた[6][7]
  • 山口時代の2016年7月に結婚している[7]。2017年12月に第一子となる長男が誕生した[12]
  • サッカー選手の中島翔哉は母方の従兄[13]。2017年5月14日に行われたJ1第11節FC東京vs柏戦(味の素スタジアム)では、FC東京の左MFとして途中出場した中島とマッチアップし、「いとこ対決」が実現した[14]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2014 山口 18 JFL 17 0 - - 17 0
2015 4 J3 30 1 - 1 0 31 1
2016 J2 42 3 - 3 0 45 3
2017 13 J1 32 0 3 0 3 0 38 0
2018 32 0 4 0 0 0 36 0
2019 J2 21 0 0 0 1 0 22 0
ベルギー リーグ戦 リーグ杯ベルギー杯 期間通算
2019-20 スポルティング・ロケレン 3 ディビジョンB 27 2 - 0 0 27 2
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2020 横浜FM 25 J1
通算 日本 J1 64 0 7 0 3 0 74 0
日本 J2 63 3 0 0 4 0 67 3
日本 J3 30 1 - 1 0 31 1
日本 JFL 17 0 - - 17 0
ベルギー ディビジョンB 27 2 - 0 0 27 2
総通算 174 4 7 0 8 0 189 4
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2018 13 4 0
通算 AFC 4 0
その他の国際公式戦

脚注[編集]

  1. ^ サッカーダイジェスト 2017J1&J2&J3選手名鑑(日本スポーツ企画出版社)p66
  2. ^ “[プレミアリーグ参入戦]“戦うエリート軍団”JFAアカデミー福島が「最短」4年でプレミアリーグ昇格決定!”. ゲキサカ. (2012年12月15日). http://web.gekisaka.jp/news/detail/?108720-111372-fl 2015年5月13日閲覧。 
  3. ^ “小池龍太選手 加入のお知らせ” (プレスリリース), レノファ山口FC, (2014年2月1日), http://www.renofa.com/news/index.php?mod=news&act=detail&no=509&cate=&mon= 2015年5月13日閲覧。 
  4. ^ “小池龍太選手 柏レイソルへ完全移籍のお知らせ” (プレスリリース), レノファ山口FC, (2016年11月22日), http://www.renofa.com/archives/17747/ 2016年11月22日閲覧。 
  5. ^ “【柏】山口から右SBの小池を獲得「多くのタイトルを獲得し、新しい歴史を」”. スポーツ報知. (2016年11月22日). http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20161122-OHT1T50111.html 2016年11月22日閲覧。 
  6. ^ a b 河野正樹 (2017年5月12日). “JFLからはいあがる 柏支える169センチDF”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASK5C4S40K5CUTQP01D.html 2017年6月4日閲覧。 
  7. ^ a b c “柏DF小池龍太 JFLから1年ごとに“成り上がり” 胸に抱くその先の「道」”. スポーツニッポン. (2017年2月11日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/02/11/kiji/20170211s00002000057000c.html 2017年6月4日閲覧。 
  8. ^ 『SEVENDAYS FOOTBALLDAY』 :Tomorrow Never Knows(柏レイソル・小池龍太)”. ゲキサカ (2017年12月29日). 2017年12月30日閲覧。
  9. ^ “小池 龍太選手 スポルティング・ロケレンに移籍” (プレスリリース), 柏レイソル, (2019年8月8日), https://www.reysol.co.jp/news/topteam/032413.html 2019年8月8日閲覧。 
  10. ^ GK一歩も動けず…ロケレン小池龍太が決勝弾となる移籍後初ゴール!!ゲキサカ(2019年10月6日)2019年10月14日閲覧。
  11. ^ “小池龍太選手 完全移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), 横浜F・マリノス, (2020年5月28日), https://www.f-marinos.com/news/category=5_id=6972 2020年5月28日閲覧。 
  12. ^ 柏DF小池に第1子となる長男が誕生”. ゲキサカ (2017年12月25日). 2019年4月6日閲覧。
  13. ^ 『僕らがサッカーボーイズだった頃3 日本代表への道』カンゼン、2016年、191頁。
  14. ^ “FC東京―柏戦でいとこ対決実現 母親姉妹見守る中、柏が勝利「感慨深い」”. スポーツニッポン. (2017年5月14日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/05/14/kiji/20170514s00002179443000c.html 2017年6月4日閲覧。 
  15. ^ 2015明治安田生命J3リーグ第36節山口vs藤枝戦結果 - 2015年11月3日 Jリーグ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]