高円宮杯U-18サッカーリーグ2015

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高円宮杯U-18サッカーリーグ
シーズン 2015
優勝 鹿島アントラーズユース
2014
2016

高円宮杯U-18サッカーリーグ2015は、高円宮杯U-18サッカーリーグの2015年の大会である。

プレミアリーグ[編集]

プレミアリーグのイーストとウエストはそれぞれ、鹿島アントラーズユースとガンバ大阪ユースが優勝し、チャンピオンシップに出場した。チャンピオンシップでは、鹿島アントラーズユースが勝ち、チャンピオンとなった。プレミアリーグの順位は次のとおり。

プレミアリーグイースト

  1. 鹿島アントラーズユース
  2. 青森山田高校
  3. 大宮アルディージャユース
  4. 市立船橋高校
  5. FC東京U-18
  6. 清水エスパルスユース
  7. 流通経済大学付属柏高校
  8. 柏レイソルU-18
  9. コンサドーレ札幌U-18
  10. JFAアカデミー福島

プレミアリーグウエスト

  1. ガンバ大阪ユース
  2. 東福岡高校
  3. 大分トリニータU-18
  4. セレッソ大阪U-18
  5. サンフレッチェ広島ユース
  6. ヴィッセル神戸U-18
  7. 京都サンガF.C. U-18
  8. 名古屋グランパスU18
  9. 履正社高校
  10. 京都橘高校


9位以下の4チームは、翌年のプリンスリーグへ降格した。一方で、プレミアリーグ参入戦で勝ち上がった次の4チームが翌年のプレミアリーグへ昇格した。

プリンスリーグ[編集]

北海道[編集]

プレミアリーグ参入戦出場枠:1

  • 2回総当たりの全14節で行われる(ホーム・アンド・アウェー方式ではない)。
  • ブロックリーグへの降格チーム数は、プレミアリーグEASTおよびプレミアリーグ参入戦の結果により異なる[1]
全日程終了
チーム
出場権または降格
1 旭川実業高校 (C) (Q) 14 13 0 1 47 13 +34 39 プレミアリーグ参入戦に出場
2 札幌第一高校 14 9 3 2 37 18 +19 30
3 札幌大谷高校 14 8 3 3 40 17 +23 27
4 帯広北高校 14 6 2 6 30 32 −2 20
5 駒大苫小牧高校 14 6 1 7 26 29 −3 19
6 北海道大谷室蘭高校 14 5 1 8 23 19 +4 16
7 旭川凌雲高校 (R) 14 2 1 11 8 49 −41 7 道北ブロックリーグへ降格
8 北星学園大学附属高校 (R) 14 1 1 12 10 44 −34 4 札幌ブロックリーグへ降格

最終更新は2015年10月4日の試合終了時
出典: プリンスリーグ北海道
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

ブロックリーグ決勝大会[2][3][4]

ブロックリーグの代表チーム8チーム(道北ブロック2、道東ブロック1、札幌ブロック3、道央ブロック1、道南ブロック1)によるトーナメントで昇格チームを決定する。ただし昇格チーム数はプレミアリーグとプリンスリーグの昇降格数により異なる。

準々決勝 準決勝 決勝
                   
10月3日 浜厚真        
 コンサドーレ札幌U-18 2nd(札幌) 2
10月4日 浜厚真
 北海道栄高校(道南) 0  
 コンサドーレ札幌U-18 2nd(札幌) 4
10月3日 浜厚真
   釧路北陽高校(道東) 0  
 札幌日本大学高校(道央) 1
10月10日 浜厚真
 釧路北陽高校(道東) 2  
 コンサドーレ札幌U-18 2nd(札幌) 2
10月3日 浜厚真
   北海高校(札幌) 0
 札幌創成高校(札幌) 5
10月4日 浜厚真
 旭川明成高校(道北) 0  
 札幌創成高校(札幌) 0 (2) 3位決定戦
10月3日 浜厚真
   北海高校(札幌) (PK) 0 (3)  
 北海高校(札幌) (延長) 2  釧路北陽高校(道東) 1
 旭川実業校2nd(道北) 1    札幌創成高校(札幌) (延長) 2
10月10日 浜厚真

東北[編集]

プレミアリーグ参入戦出場枠:1

  • 2回総当たりの全18節で行われる。
  • 県リーグへの降格チーム数は、プレミアリーグへの参入チーム数により決定する[5]
全日程終了
チーム
出場権または降格
1 尚志高校 (C) (Q) 18 14 1 3 69 27 +42 43 プレミアリーグ参入戦に出場
2 ベガルタ仙台ユース 18 13 2 3 54 19 +35 41
3 聖和学園高校 18 12 3 3 46 17 +29 39
4 青森山田高校セカンド 18 12 0 6 35 19 +16 36
5 遠野高校 18 8 2 8 40 39 +1 26
6 仙台育英学園高校 18 7 2 9 40 47 −7 23
7 盛岡商業高校 18 6 3 9 35 40 −5 21
8 モンテディオ山形ユース 18 6 2 10 40 42 −2 20
9 塩釜FCユース (R) 18 2 1 15 25 96 −71 7 宮城県リーグへ降格
10 学法石川高校 (R) 18 1 2 15 11 49 −38 5 福島県リーグへ降格

最終更新は2015年9月23日の試合終了時
出典: プリンスリーグ東北
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

プリンスリーグ東北参入戦[6][7]

盛岡中央高校と日大山形高校が来シーズンプリンスリーグに昇格。なお、尚志高校セカンドは尚志高校がプレミアリーグに昇格した場合にプリンスリーグ昇格となる(参入戦の結果、尚志高校がプレミアリーグに昇格しなかったため、尚志高校セカンドは福島県リーグに残留となった)。これを受けてプリンスリーグ8位のモンテディオ山形ユースは残留となる。


盛岡中央高校
(岩手)
1 - 0
(延長)
八戸学院光星高校
(青森)

尚志高校セカンド
(福島)
2 - 1 秋田商業高校
(秋田)


関東[編集]

プレミアリーグ参入戦出場枠:3

  • 2回総当たりの全18節で行われる(ホーム・アンド・アウェー方式)。
  • 下位チームが都県リーグへ降格し、都県リーグから2チームがプリンスリーグ関東に昇格する[8]
全日程終了
チーム
出場権または降格
1 横浜F·マリノスユース (C) (P) (Q) 18 10 4 4 45 22 +23 34 プレミアリーグ参入戦に出場、プレミアリーグEASTに昇格
2 前橋育英高校 (Q) 18 10 3 5 37 29 +8 33 プレミアリーグ参入戦に出場
3 東京ヴェルディユース (Q) 18 11 0 7 34 31 +3 33
4 川崎フロンターレU-18 18 10 2 6 43 34 +9 32
5 桐光学園高校 18 8 6 4 29 26 +3 30
6 山梨学院大学附属高校 18 7 4 7 28 31 −3 25
7 浦和レッズユース 18 7 2 9 31 30 +1 23
8 三菱養和SCユース 18 6 3 9 19 28 −9 21
9 ヴァンフォーレ甲府U-18 18 4 5 9 24 31 −7 17
10 昌平高校 (R) 18 2 1 15 18 46 −28 7 埼玉県リーグへ降格

最終更新は2015年12月6日の試合終了時
出典: プリンスリーグ関東
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

プリンスリーグ関東参入戦[9]

各ブロックの優勝チームが来シーズンのプリンスリーグ関東に昇格する。

1回戦 代表決定戦
           
12月19日 駒沢第2球技場    
 桐生第一高校(群馬) 1
 帝京第三高校(山梨) 4  
  12月23日 大井第2球技場
 帝京第三高校(山梨) 2
   武南高校(埼玉) 1
12月19日 駒沢第2球技場  
 武南高校(埼玉) 3
 ジェフユナイテッド千葉U-18(千葉) 2  

帝京第三高校が来シーズンのプリンスリーグ関東に昇格。

1回戦 代表決定戦
           
12月20日 大井第2球技場    
 関東第一高校(東京) 1
 矢板中央高校(栃木) 2  
  12月23日 大井第2球技場
 矢板中央高校(栃木) 2
   横浜FCユース(神奈川) 3
12月20日 大井第2球技場  
 鹿島学園高校(茨城) 2
 横浜FCユース(神奈川) 6  

横浜FCユースが来シーズンのプリンスリーグ関東に昇格。

北信越[編集]

プレミアリーグ参入戦出場枠:2

全日程終了
チーム
出場権または降格
1 アルビレックス新潟U-18 (C) (P) (Q) 18 15 2 1 55 20 +35 47 プレミアリーグ参入戦に出場、プレミアリーグEASTに昇格
2 新潟明訓高校 (Q) 18 11 2 5 40 18 +22 35 プレミアリーグ参入戦に出場
3 富山第一高校 18 10 4 4 48 18 +30 34
4 星稜高校 18 11 1 6 37 21 +16 34
5 北越高校 18 10 1 7 34 45 −11 31
6 新潟西高校 18 8 2 8 32 30 +2 26
7 帝京長岡高校 18 7 2 9 32 30 +2 23
8 遊学館高校 18 4 4 10 20 35 −15 16
9 新潟工業高校 (R) 18 2 2 14 17 56 −39 8 新潟県リーグへ降格
10 創造学園高校 (R) 18 1 2 15 13 55 −42 5 長野県リーグへ降格

最終更新は2015年9月22日の試合終了時
出典: プリンスリーグ北信越
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

プリンスリーグ北信越参入戦[10][11][12]
  • 準決勝に勝利した鵬学園高校と長岡向陵高校の2チームが来シーズンのプリンスリーグ北信越に昇格。また、アルビレックス新潟U-18がプレミアリーグに昇格したため、3位決定戦に勝利した高岡第一高校も昇格。
  • 決勝戦は実施しない。
準々決勝 準決勝 プリンスリーグ昇格チーム
                   
11月22日 能登島A        
 開志学園高校(新潟1位) 2 (5)
11月23日 能登島A
 金沢桜丘高校(石川2位) (PK) 2 (6)  
 金沢桜丘高校(石川2位) 1
11月22日 能登島B
   鵬学園高校(石川1位) 3  
 鵬学園高校(石川1位) 4
 丸岡高校(福井1位) 3  
 鵬学園高校(石川1位)
11月22日 能登島A
   長岡向陵高校(新潟2位)
 富山東高校(富山1位) 1
11月23日 能登島A
 長岡向陵高校(新潟2位) 3  
 長岡向陵高校(新潟2位) 3 3位決定戦
11月22日 能登島B
   高岡第一高校(富山2位) 1  
 高岡第一高校(富山2位) 1  金沢桜丘高校(石川2位) 1
 東京都市大学塩尻高校(長野1位) 0    高岡第一高校(富山2位) 2
12月12日 松本市

東海[編集]

プレミアリーグ参入戦出場枠:2

  • 2回総当たりの全18節で行われる。
  • 県リーグへの降格チーム数は、プレミアリーグ昇降格によりその数は変更し、1部10チームとなるよう調整する[13]
全日程終了
チーム
出場権または降格
1 静岡学園高校 (C) (Q) 18 14 2 2 73 9 +64 44 プレミアリーグ参入戦に出場
2 ジュビロ磐田U-18 (Q) 18 13 3 2 43 21 +22 42
3 清水桜が丘高校 18 7 6 5 31 23 +8 27
4 浜松開誠館高校 18 8 1 9 26 36 −10 25
5 東海学園高校 18 7 3 8 24 34 −10 24
6 中京大学附属中京高校 18 6 3 9 26 35 −9 21
7 四日市中央工業高校 18 7 0 11 27 40 −13 21
8 藤枝東高校 (R) 18 6 2 10 24 38 −14 20 静岡県リーグへ降格 1
9 磐田東高校 (R) 18 5 2 11 18 31 −13 17
10 帝京大可児高校 (R) 18 4 4 10 19 44 −25 16 岐阜県リーグへ降格

最終更新は2015年12月6日の試合終了時
出典: プリンスリーグ東海
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.
1 藤枝東高校は、プレミアリーグとの昇降格数の関係(プレミアリーグに0チーム昇格、プレミアリーグより1チーム降格)により降格。

プリンスリーグ東海参入戦[14][15]

藤枝明誠高校東邦高校が来シーズンのプリンスリーグ東海に昇格する。

1回戦 2回戦(勝者戦) プリンスリーグ昇格チーム
   
【1】12月12日 名古屋港        
 三重高校(三重) 2 (3)
【4】12月13日 名古屋港
 
 東邦高校(愛知) 1
 
   
 東邦高校(愛知) (PK) 2 (4)
 
 
 藤枝明誠高校(静岡)  
【2】12月12日 名古屋港  
   
 藤枝明誠高校(静岡) 3
 
 
 藤枝明誠高校(静岡) 2
 
   
 中京高校(岐阜) 0
 
 
 
2回戦(敗者戦) 3回戦
 
    【5】12月19日 名古屋港    
 東邦高校(愛知)
【3】12月13日 柳川瀬  
 
 三重高校(三重) 2  東邦高校(愛知)  
 
     
 三重高校(三重)
   
   
 中京高校(岐阜) 1
 
 
 
 

※試合【5】は、1回戦と同一カードが組まれたため試合を実施せず、1回戦の結果により東邦高校が勝利となった。

関西[編集]

プレミアリーグ参入戦出場枠:1

  • 2回総当たりの全18節で行われる(ホーム・アンド・アウェー方式ではない)。
  • 府県リーグから3チームがプリンスリーグ関西に昇格する。
全日程終了
チーム
出場権または降格
1 神戸弘陵学園高校 (C) (P) (Q) 18 10 3 5 32 24 +8 33 プレミアリーグ参入戦に出場、プレミアリーグWESTに昇格
2 近畿大学附属高校 18 9 4 5 29 23 +6 31
3 金光大阪高校 18 9 3 6 31 25 +6 30
4 阪南大学高校 18 8 5 5 37 25 +12 29
5 関西大学第一高校 18 8 3 7 36 31 +5 27
6 大阪桐蔭高校 18 8 3 7 22 18 +4 27
7 東山高校 (R) 18 8 3 7 35 33 +2 27 京都府リーグへ降格 1
8 大阪産業大学附属高校 (R) 18 7 4 7 25 22 +3 25 大阪府リーグへ降格
9 滝川第二高校 (R) 18 7 2 9 28 33 −5 23 兵庫県リーグへ降格
10 初芝橋本高校 (R) 18 0 2 16 19 60 −41 2 和歌山県リーグへ降格

最終更新は2015年12月5日の試合終了時
出典: プリンスリーグ関西
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.
1 東山高校は、プレミアリーグとの昇降格数の関係(プレミアリーグに1チーム昇格、プレミアリーグより2チーム降格)により降格。

プリンスリーグ関西参入戦[16][17]

和歌山北高校
(和歌山)
2 - 0 三田学園高校
(兵庫)

野洲高校
(滋賀)
4 - 0 奈良育英高校
(奈良)

久御山高校
(京都)
6 - 3 桃山学院高校
(大阪)

中国[編集]

プレミアリーグ参入戦出場枠:3

  • 2回総当たりの全18節で行われる(ホーム・アンド・アウェー方式)。
  • 下位2チームが県リーグへ降格する(ただし、プレミアリーグとの入れ替えチーム数により変動あり)[18]
全日程終了
チーム
出場権または降格
1 米子北高校 (C) (Q) 18 11 4 3 46 22 +24 37 プレミアリーグ参入戦に出場
2 立正大淞南高校 (Q) 18 10 4 4 40 25 +15 34
3 大社高校 (Q) 18 10 3 5 51 32 +19 33
4 岡山県作陽高校 18 8 5 5 37 22 +15 29
5 広島皆実高校 18 8 4 6 28 21 +7 28
6 玉野光南高校 18 6 5 7 25 21 +4 23
7 サンフレッチェ広島F.Cユースベアーズ 18 7 1 10 30 35 −5 22
8 広島県瀬戸内高校 18 5 3 10 22 37 −15 18
9 広島観音高校 (R) 18 5 3 10 25 52 −27 18 広島県リーグへ降格
10 高川学園高校 (R) 18 3 2 13 16 53 −37 11 山口県リーグへ降格

最終更新は2015年12月5日の試合終了時
出典: プリンスリーグ中国
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

プリンスリーグ中国参入戦[19][20]
  • 昨年度のプリンスリーグで上位3チームが所属する県リーグ(島根・鳥取・広島)は2チーム出場。
  • 同一校・同一クラブはプリンスリーグに出場できないため、該当チームが各県リーグ上位に入った場合は下位チームが繰り上げ出場となる。
1回戦 代表決定戦
           
12月19日 広島皆実高校    
 聖光高校(山口1位) 1
 岡山学芸館高校(岡山1位) 5  
  12月20日 山陽高校
 岡山学芸館高校(岡山1位) 1
   ガイナーレ鳥取U-18(鳥取1位) 0
12月19日 山陽高校  
 開星高校(島根4位) 0
 ガイナーレ鳥取U-18(鳥取1位) 4  

岡山学芸館高校が来シーズンのプリンスリーグ中国に昇格。

1回戦 代表決定戦
           
12月19日 広島皆実高校    
 石見智翠館高校(島根3位) 1
 如水館高校(広島4位) 5  
  12月20日 山陽高校
 如水館高校(広島4位) 1
   山陽高校(広島1位) 0
12月19日 山陽高校  
 境高校(鳥取3位) 1
 山陽高校(広島1位) 2  

如水館高校が来シーズンのプリンスリーグ中国に昇格。

四国[編集]

プレミアリーグ参入戦出場枠:1

  • 2回総当たりの全18節で行われる(ホーム・アンド・アウェー方式ではない)。
  • 10位のチームが県リーグへ自動降格。9位のチームがプリンスリーグ四国参入戦の準優勝チームとの決定戦に回り、勝利したチームが次年度参入する。ただしプリンスリーグ四国優勝チームがプレミアリーグに昇格した場合、自動降格はなくなり、10位のチームが決定戦に回る[21]
全日程終了
チーム
出場権または降格
1 徳島市立高校 (C) (Q) 18 12 1 5 56 24 +32 37 プレミアリーグ参入戦に出場
2 愛媛FC U-18 18 11 4 3 42 24 +18 37
3 済美高校 18 10 3 5 51 33 +18 33
4 明徳義塾高校 18 8 6 4 37 25 +12 30
5 徳島ヴォルティスユース 18 9 2 7 37 32 +5 29
6 香川西高校 18 7 6 5 37 38 −1 27
7 松山工業高校 18 4 5 9 27 36 −9 17
8 高松商業高校 18 5 2 11 18 34 −16 17
9 今治東中等教育学校 (R) 18 4 4 10 28 49 −21 16 プリンスリーグ四国参入決定戦に出場、愛媛県リーグに降格
10 徳島北高校 (R) 18 2 3 13 11 49 −38 9 徳島県リーグへ降格

最終更新は2015年12月5日の試合終了時
出典: プリンスリーグ四国
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

プリンスリーグ四国参入戦[22][23]
1回戦 決勝
           
2016年2月13日 - 徳島スポーツビレッジB面    
 高知西高校 (高知) 2
 徳島北高校 (徳島) 0  
  2016年2月14日 - 徳島スポーツビレッジB面
 高知西高校 (高知) (PK) 0 (4)
   大手前高松高校 (香川) 0 (2)
2016年2月13日 - 徳島スポーツビレッジB面  
 新田高校 (愛媛) 1
 大手前高松高校 (香川) 2  

高知西高校が来シーズンのプリンスリーグ四国に昇格。大手前高松高校が参入決定戦に進出。

参入決定戦[24]

今治東中等教育学校
(プリンスリーグ四国9位)
1 - 2 大手前高松高校
(参入戦トーナメント準優勝)

大手前高松高校が来シーズンのプリンスリーグ四国に昇格。今治東中等教育学校が来シーズンの愛媛県リーグに降格。


九州[編集]

プレミアリーグ参入戦出場枠:2

全日程終了
チーム
出場権または降格
1 大津高校 (C) (P) (Q) 18 14 3 1 66 26 +40 45 プレミアリーグ参入戦に出場、プレミアリーグWESTに昇格
2 九州国際大学付属高校 (Q) 18 10 2 6 39 30 +9 32 プレミアリーグ参入戦に出場
3 鹿児島城西高校 18 9 3 6 42 32 +10 30
4 アビスパ福岡U-18 18 8 2 8 45 39 +6 26
5 神村学園高校 18 8 2 8 46 45 +1 26
6 鵬翔高校 18 7 3 8 22 36 −14 24
7 鹿児島実業高校 18 6 3 9 24 38 −14 21
8 日章学園高校 18 5 4 9 31 40 −9 19
9 筑陽学園高校 (R) 18 5 3 10 33 40 −7 18 プリンスリーグ九州参入決定戦に出場、福岡県リーグに降格
10 東海大学付属第五高校 (R) 18 3 5 10 25 47 −22 14 福岡県リーグへ降格

最終更新は2015年12月5日の試合終了時
出典: プリンスリーグ九州
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

プリンスリーグ九州参入戦[25][26][27][28][29][30]
  • 佐賀・長崎各会場の2回戦勝者が来シーズンのプリンスリーグ九州に昇格。
  • 佐賀会場の2回戦敗者はプリンスリーグ九州9位の筑陽学園高校との参入決定戦に回り、勝利チームが来シーズンのプリンスリーグ九州に昇格。
1回戦 2回戦
           
12月19日 佐賀会場    
 那覇西高校(沖縄) 2
 佐賀東高校(佐賀) 5  
  12月20日 佐賀会場
 佐賀東高校(佐賀) 2
   ロアッソ熊本U-18(熊本) (延長) 3
 
参入決定戦
12月19日 佐賀会場 12月23日 大分会場
 ロアッソ熊本U-18(熊本) (PK) 1 (5)  筑陽学園高校(プリンス9位) 2
 折尾愛真高校(福岡) 1 (4)    佐賀東高校(佐賀) 4

ロアッソ熊本U-18、佐賀東高校が来シーズンのプリンスリーグ九州に昇格。筑陽学園高校が来シーズンの福岡県リーグに降格。

1回戦 2回戦
           
12月19日 長崎会場    
 長崎総合科学大学附属高校(長崎) 4
 日南学園高校(宮崎) 1  
  12月20日 長崎会場
 長崎総合科学大学附属高校(長崎) 1
   大分高校(大分) 0
12月19日 長崎会場  
 アミーゴス鹿児島U-18(鹿児島) 0
 大分高校(大分) 3  

長崎総合科学大学附属高校が来シーズンのプリンスリーグ九州に昇格。

都道府県リーグ[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ 高円宮杯U-18サッカーリーグ2015プリンスリーグ北海道 開催要項 (PDF)”. 北海道サッカー協会. 2015年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月6日閲覧。
  2. ^ 高円宮杯U-18サッカーリーグ2015プリンスリーグ北海道 参入戦”. 北海道サッカー協会. 2015年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月10日閲覧。
  3. ^ 高円宮杯U-18サッカーリーグ2015プリンスリーグ北海道参入戦 組合せ”. 北海道サッカー協会. 2015年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月10日閲覧。
  4. ^ 高円宮杯U-18サッカーリーグ2015プリンスリーグ北海道参入戦 結果”. 北海道サッカー協会. 2015年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月31日閲覧。
  5. ^ 高円宮杯U‐18サッカーリーグ2015 プリンスリ-グ東北 大会実施要項”. プリンスリーグ東北. 2015年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月6日閲覧。
  6. ^ プリンスリーグ東北 参入戦について”. プリンスリーグ東北. 2015年11月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月20日閲覧。
  7. ^ プリンスリーグ東北 参入戦 試合結果”. プリンスリーグ東北. 2015年11月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月20日閲覧。
  8. ^ Regulation ~ 大会概要 ~”. プリンスリーグ関東. 2015年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月6日閲覧。
  9. ^ News ~ ニュース ~”. プリンスリーグ関東. 2015年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月25日閲覧。
  10. ^ 高円宮杯U-18:サッカーリーグ2015 プリンスリーグ北信越 参入戦組合せ”. プリンスリーグ北信越. 2015年11月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月20日閲覧。
  11. ^ 高円宮杯U-18:サッカーリーグ2015 プリンスリーグ北信越 参入戦組合せ(準決勝終了時)”. プリンスリーグ北信越. 2015年11月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月28日閲覧。
  12. ^ 高円宮杯U-18:サッカーリーグ2015 プリンスリーグ北信越 参入戦組合せ(全日程終了時)”. プリンスリーグ北信越. 2015年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月23日閲覧。
  13. ^ 高円宮杯U-18サッカーリーグ2015プリンスリーグ東海”. 静岡県サッカー協会. 2015年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月6日閲覧。
  14. ^ 2015年度プリンスリーグ東海参入戦”. 静岡県サッカー協会. 2015年12月2日閲覧。
  15. ^ 2015年度プリンスリーグ東海参入戦・結果”. 静岡県サッカー協会. 2015年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月20日閲覧。
  16. ^ 高円宮杯U-18サッカーリーグ2015 プリンスリーグ関西 参入戦”. 関西サッカー協会. 2015年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月12日閲覧。
  17. ^ 高円宮杯U-18サッカーリーグ2015 プリンスリーグ関西 参入戦 最終結果”. 関西サッカー協会. 2015年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月13日閲覧。
  18. ^ 高円宮杯U-18サッカーリーグ2015プリンスリーグ中国 開催要項”. プリンスリーグ中国. 2015年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月12日閲覧。
  19. ^ 高円宮杯 U-18サッカーリーグ2015 プリンスリーグ中国 参入戦 試合結果 1回戦”. プリンスリーグ中国. 2015年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月23日閲覧。
  20. ^ 高円宮杯 U-18サッカーリーグ2015 プリンスリーグ中国 参入戦 試合結果 決定戦”. プリンスリーグ中国. 2015年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月23日閲覧。
  21. ^ 実施要項”. プリンスリーグ四国. 2015年8月22日閲覧。
  22. ^ 高円宮杯 U-18サッカーリーグ2015 プリンスリーグ四国 参入戦1回戦(2/13)”. プリンスリーグ四国. 2016年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月19日閲覧。
  23. ^ 高円宮杯 U-18サッカーリーグ2015 プリンスリーグ四国 参入戦決勝戦(2/14)”. プリンスリーグ四国. 2016年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月19日閲覧。
  24. ^ 高円宮杯 U-18サッカーリーグ2015 プリンスリーグ四国 参入決定戦(2/20)”. プリンスリーグ四国. 2016年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月20日閲覧。
  25. ^ 2015プリンスリーグ九州・参入戦について”. プリンスリーグ九州 (2015年12月18日). 2015年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月23日閲覧。
  26. ^ 2015プリンスリーグ九州・参入戦/1回戦試合結果”. プリンスリーグ九州. 2015年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月23日閲覧。
  27. ^ 2015プリンスリーグ九州・参入戦/2回戦について”. プリンスリーグ九州. 2015年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月23日閲覧。
  28. ^ 2015プリンスリーグ九州・参入戦2回戦試合結果”. プリンスリーグ九州. 2015年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月23日閲覧。
  29. ^ 2015プリンスリーグ九州・参入決定戦について”. プリンスリーグ九州. 2015年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月23日閲覧。
  30. ^ 2015プリンスリーグ九州・参入決定戦結果”. プリンスリーグ九州. 2015年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]