ベルント・レノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ベルント・レノ Football pictogram.svg
20180602 FIFA Friendly Match Austria vs. Germany Bernd Leno 850 0646.jpg
ドイツ代表でのレノ(2018年)
名前
ラテン文字 Bernd Leno
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1992-03-04) 1992年3月4日(30歳)
出身地 ビーティッヒハイム=ビッシンゲン
身長 189cm
体重 79kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 アーセナルFC
ポジション GK
背番号 1
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2011 ドイツの旗 VfBシュトゥットガルトII 57 (0)
2012-2018 ドイツの旗 バイエル・レバークーゼン 233 (0)
2018- イングランドの旗 アーセナルFC 101 (0)
代表歴2
2008-2009  ドイツ U-17 4 (0)
2009-2010  ドイツ U-18 5 (0)
2010-2011  ドイツ U-19 5 (0)
2012-2015  ドイツ U-21 14 (0)
2015- ドイツの旗 ドイツ 8 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2022年5月23日現在。
2. 2020年10月7日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ベルント・レノBernd Leno1992年3月4日 - )は、ドイツバーデン=ヴュルテンベルク州出身のサッカー選手アーセナルFC所属。ドイツ代表。ポジションはGK

経歴[編集]

クラブ[編集]

2003年からVfBシュトゥットガルトのユースチームに所属し、2011年にトップチームに昇格した。8月10日、レネー・アードラーが負傷離脱したバイエル・レバークーゼンにレンタル移籍した。8月14日、ヴェルダー・ブレーメン戦でプロデビューを果たした[1]8月27日ボルシア・ドルトムント戦では昨季王者相手に無失点の活躍を見せた。

2011年11月30日、レバークーゼンに完全移籍することが発表された[2]。アードラー復帰後も定位置を譲らず、33試合に出場。アードラーをハンブルガーSV移籍に追いやった形で背番号1番を継承した。

2018年6月19日、プレミアリーグアーセナルFCへの加入が発表された。一部報道によると移籍金は2500万ユーロ(約26億円)と推定される[3]。開幕当初はペトル・チェフの控えであったが、チェフが負傷離脱するとレギュラーポジションを掴み、チェフの復帰後も明け渡すことはなかった[4]

コロナ禍によるリーグ中断の再開後の2020年6月20日、プレミアリーグのブライトン戦でボールをジャンプしてキャッチしたあとに空中で遅れてきたモペイと交錯し着地で足を捻ったレノは右膝を負傷。練習復帰まで4週間から6週間かかると発表され[5]、結局シーズン中の復帰は叶わなかった。2019-20シーズンは、プレミアリーグ7位となる113回ものセーブ数を記録[6]。シーズン序盤、チームの不調とともに多くの選手が低調であった中でも一貫して活躍をし監督の交代にかかわらずシーズン通してチームを救ったことが評価され、終盤に離脱がありながらリーグ得点王とわずか1点差だったチーム内得点王オーバメヤンに次いでアーセナル年間最優秀選手で2位となった[7]

2021年2月2日、プレミアリーグのウルヴァーハンプトン戦で相手の出したロングボールを処理するためにペナルティーエリア外に飛び出したが大雨の影響によってバウンドの目測を誤ったのかボールを豪快に手で払いのける形になってしまい一発退場処分を受けた。既にダビド・ルイスが退場しており9人となったアーセナルは逆転負けを喫した。なお、アーセナルのキーパーがプレミアリーグで退場したのは1993年11月のシーマン以来でレノが2人目であった[8]

2021-22シーズンもレギュラーとして出場を続けていたが、開幕戦にて昇格組のブレントフォードに敗れ、加えて第3節のマンチェスター・シティ戦では5失点を喫し敗北。以降はシェフィールド・ユナイテッドから加入した若手のアーロン・ラムズデールにポジションを譲り、自身は控えに降格した。2021年8月22日、プレミアリーグのチェルシー戦においてルカクの至近距離からの強烈なヘディングを防いだ。このセーブがシーズン最優秀セーブの9つの候補の中に選出された[9]

代表[編集]

ドイツ代表としてUEFA U-17欧州選手権20092009 FIFA U-17ワールドカップに出場した。UEFA EURO 2016の本戦においてA代表に初選出された。

2017年5月、ロシアで開催されるFIFAコンフェデレーションズカップ2017の代表メンバーに選出された[10]

2021年5月19日、EURO2020に向けた代表メンバーに招集された[11]。EURO2020では、ドイツ代表がラウンド16でイングランド代表相手に敗退するまでの4試合全てを正守護神のノイアーが先発フル出場したため出場機会は無かった。

人物[編集]

  • 同じく1992年生まれのGKで同じくドイツ代表マルク=アンドレ・テア・シュテーゲンとはU-17ドイツ代表時代からポジションを奪い合うライバルである。テア・シュテーゲンはレノについて「仲良くするには競争が大きすぎる」としたものの、「互いにリスペクトし合っているし、普通に会話もする」と語っている[12]

個人成績[編集]

クラブ シーズン リーグ リーグ戦 カップ戦 リーグ杯 国際大会 その他 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
レバークーゼン 2011-12 ブンデスリーガ 33 0 - - 8 0 0 0 41 0
2012-13 32 0 2 0 - 6 0 0 0 40 0
2013-14 34 0 4 0 - 8 0 0 0 46 0
2014-15 34 0 4 0 - 10 0 0 0 48 0
2015-16 33 0 4 0 - 12 0 0 0 49 0
2016-17 34 0 1 0 - 7 0 0 0 42 0
2017-18 33 0 5 0 - - 0 0 38 0
通算 233 0 20 0 - 51 0 0 0 304 0
アーセナル 2018-19 プレミアリーグ 32 0 0 0 1 0 3 0 0 0 36 0
2019-20 30 0 0 0 0 0 2 0 0 0 32 0
2020-21 35 0 2 0 2 0 10 0 0 0 49 0
通算 97 0 2 0 3 0 15 0 0 0 117 0
総通算 330 0 22 0 3 0 53 0 0 0 478 0
クラブ シーズン リーグ リーグ戦 合計
出場 得点 出場 得点
シュトゥットガルトⅡ 2009-10 3.リーガ 17 0 17 0
2010-11 37 0 37 0
2011-12 3 0 3 0
総通算 57 0 57 0


代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 8試合 0得点


ドイツ代表国際Aマッチ
出場得点
2016 3 0
2017 3 0
2020 2 0
通算 8 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

アーセナル

代表[編集]

U-17ドイツ代表
ドイツ代表

脚注[編集]

  1. ^ "Leno unbezwingbar" bundesliga.de. 2011年8月27日
  2. ^ "Bayer 04 verpflichtet Torhüter Bernd Leno" バイエル・レバークーゼン公式HP 2011年11月30日
  3. ^ ベルント・レノのアーセナル移籍が正式に発表Kicker日本語版 2018年6月20日
  4. ^ Unai Emery updates on Petr Cech injury and rates Bernd Leno's league debut” (2018年9月29日). 2019年6月21日閲覧。
  5. ^ Team news: Leno, Xhaka, Sokratis and more” (2020年6月23日). 2021年2月15日閲覧。
  6. ^ アーセナル、予想スタメン全選手紹介。新シーズンの幕開け、リバプールに立ち向かう若き戦士たちとは【コミュニティー・シールド】(フットボールチャンネル)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年8月29日閲覧。
  7. ^ Arsenal Player of the Season: In second place...” (2020年8月7日). 2021年2月15日閲覧。
  8. ^ Wolves 2-1 Arsenal: David Luiz & Bernd Leno sent off as Gunners lose - BBC Sport” (2021年2月2日). 2021年2月7日閲覧。
  9. ^ Castrol 2021/22 Save of the Season shortlist” (2022年5月24日). 2022年5月30日閲覧。
  10. ^ Löw: "The 2018 World Cup stands above all else"”. DFB - Deutscher Fußball-Bund e.V. (2017年5月17日). 2017年5月20日閲覧。
  11. ^ Joachim Löw announces his squad for EURO 2020” (2021年5月19日). 2021年6月3日閲覧。
  12. ^ U-21ドイツGKテア・シュテーゲン、ライバル・レノ絡みの質問続きにイラッ?”. サッカーキング (2015年6月19日). 2020年1月14日閲覧。

外部リンク[編集]