ニジニ・ノヴゴロド・スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ニジニ・ノヴゴロド・スタジアム

Nizhny Novgorod Stadium asv2019-05.jpg

施設情報
所在地 露、ニジニ・ノヴゴロド
位置 北緯56度20分15秒 東経43度57分48秒 / 北緯56.33750度 東経43.96333度 / 56.33750; 43.96333座標: 北緯56度20分15秒 東経43度57分48秒 / 北緯56.33750度 東経43.96333度 / 56.33750; 43.96333
起工 1997
建設期間 2001
開場 2005 (interior)
2008 (exterior)
修繕 2013
2018 (2018 FIFAワールドカップ)
閉場 2007-2008
グラウンド 天然芝
旧称
Nizhny Novgorod Arena (2005-2008)
使用チーム、大会
FCヴォルガ・ニジニ・ノヴゴロド
2018 FIFAワールドカップ
収容人員
44,899 (Official)
43,319 (2018 FIFA World Cup)[1]

ニジニ・ノヴゴロド・スタジアム: Футбольный стадион «Нижний Новгород»[2])は、ロシアニジニ・ノヴゴロドのサッカー球技場。

もともとは屋内アリーナだったが、2018年のW杯開催決定により建設が決定、2015年に着工、2018年に完成。W杯では準々決勝などが開催された。

本スタジアムは、ヴォルガ川オカ川の 2 つの主要な川が合流するシュピット (ストレルカ)として知られる歴史的地区に建設された。川の対岸に立つニジニ・ノヴゴロド・クレムリンを見渡せる位置。 スタジアムのデザインはクラシックなスタイルを踏襲し、ヴォルガ地方の自然と水と風の要素に関連する白、青、紺碧のパレットを使用。重さ11,000トンを超える金属細工の屋根がスタジアムに重厚な外観を与え、ファサードと半透明の屋根が全体的な外観に軽さと開放感を加えている。

ギャラリー[編集]

2018 FIFAワールドカップ[編集]

開催日 時間(UTC+3) チーム#1 結果 チーム#2 ラウンド 観衆
6月18日 15:00  スウェーデン 1–0  韓国 Group F 42,300[3]
6月21日 20:00  アルゼンチン 0–3  クロアチア Group D 43,319[4]
6月24日 15:00  イングランド 6–1  パナマ Group G 43,319[5]
6月27日 21:00  スイス 2–2  コスタリカ Group E 43,319[6]
7月1日  クロアチア 1–1 (延長)
(3–2 PK戦)
 デンマーク ラウンド16 40,851[7]
7月6日 17:00  ウルグアイ 0–2  フランス 準々決勝 43,319[8]

脚注[編集]