モルドヴィア・アリーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
モルドヴィア・アリーナ

MordoviaArenaStadium.jpg

施設情報
所在地 ロシアの旗 サランスク
位置 北緯54度10分48秒 東経45度12分0秒 / 北緯54.18000度 東経45.20000度 / 54.18000; 45.20000座標: 北緯54度10分48秒 東経45度12分0秒 / 北緯54.18000度 東経45.20000度 / 54.18000; 45.20000
起工 2010年
開場 2018年
グラウンド SISGrass(シスグラス)
建設費 約18億ルーブル
使用チーム、大会
FCモルドヴィア・サランスク
2018 FIFAワールドカップ
収容人員
44,442 (公式)
41,685 (2018 FIFA World Cup)[1]
30,000 (W杯後)

モルドヴィア・アリーナ: Мордовия-Арена)は、ロシア連邦モルドヴィア共和国サランスクにあるスタジアム。2018 FIFAワールドカップの会場[2]。大会後はモルドヴィア・サランスクの本拠地として使用されていた。サランスクの奇跡としても知られているスタジアム。

ギャラリー[編集]

2018 FIFAワールドカップ[編集]

開催日 時間(UTC+3) チーム#1 結果 チーム#2 ラウンド 観衆
6月16日 19:00  ペルー 0–1  デンマーク Group C 40,502[3]
6月19日 15:00  コロンビア 1–2  日本 Group H 40,842[4]
6月25日 21:00  イラン 1–1  ポルトガル Group B 41,685[5]
6月28日 21:00  パナマ 1–2  チュニジア Group G 37,168[6]

サランスクの奇跡[編集]

2018年6月19日、ロシアで行われたFIFAワールドカップ2018年ロシア大会のグループリーグH初戦で、FIFAランキング61位の日本が同16位のコロンビアを2-1 で下した試合の日本での通称である。今回のワールドカップでの勝利がアジア勢が南米勢をワールドカップで破った初めての事例となる。

脚注[編集]

  1. ^ Mordovia Arena”. FIFA. 2018年6月15日閲覧。
  2. ^ .Russia to host 2018 FIFA World Cup”. FIFA. 2012年7月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年12月11日閲覧。
  3. ^ Match report – Group C – Peru - Denmark”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2018年6月16日). 2018年6月16日閲覧。
  4. ^ Match report – Group H – Colombia - Japan”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2018年6月19日). 2018年6月19日閲覧。
  5. ^ Match report – Group B – IR Iran - Portugal”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2018年6月25日). 2018年6月25日閲覧。
  6. ^ Match report – Group G – Panama - Tunisia”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2018年6月28日). 2018年6月28日閲覧。