プレミアリーグ2019-2020

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
プレミアリーグ  > プレミアリーグ2019-2020
2019年, 2020年のスポーツ > 2019年, 2020年のサッカー > プレミアリーグ2019-2020
プレミアリーグ
シーズン 2019-2020
優勝 リヴァプール (初優勝)
降格 ボーンマス
ワトフォード
ノリッジ・シティ
CL 2020-21出場 リヴァプール
マンチェスター・シティ
マンチェスター・ユナイテッド
チェルシー
EL 2020-21出場 レスター・シティ
トッテナム・ホットスパー
アーセナル
試合数 380
ゴール数 1034 (1試合平均2.72)
得点王 イングランドの旗 ジェイミー・ヴァーディ (23得点)

この項目では、2019-2020年シーズンのプレミアリーグ (PL)について述べる。

プレミアリーグ2019-2020 (2019-20 Premier League)は、第1シーズンが行われて以来、28回目のプレミアリーグである。リヴァプールが初のプレミアリーグ優勝を達成した (フットボールリーグ時代も含めると19回目)。

新型コロナウイルスの影響[編集]

新型コロナウイルスの影響で、2020年3月11日に試合が組まれていたマンチェスター・シティアーセナルの試合が、アーセナルの多数の選手とスタッフが別の感染確認者と接触していたことによって、予防的措置で、外からの接触を避けることにしたため、延期された[1][2]。2020年3月12日にはアーセナルのミケル・アルテタ監督に陽性反応が見られ、監督と接触したスタッフが隔離され、トレーニングセンターでは徹底除菌がされることになった[3][4]。2020年3月12日にはレスター・シティの3人の選手が感染の症状を見せたことを、監督のロジャーズが明らかにした。レスターのすべての選手が検査を受け、2020年3月12日に結果がわかることになっている[5]。2020年3月12日には、2020年3月9日に、風邪の症状をしていた、チェルシーのフォワード、カラム・ハドソン・オドイが陽性反応を示したことを発表したうえで、選手やスタッフを隔離することを明らかにしている[6]

これを受け、2020年3月13日に、プレミアリーグは緊急の会議を行い、今後の試合の開催をどうするかについて、協議を行い[7]、その結果、2020年4月3日まで、リーグ戦のすべての試合を延期することになった[8]。プレミアリーグのCEO・リチャード・マスターズは「この前例のない状況で、私たちはクラブ、政府、イングランドサッカー連盟 (FA)、フットボールリーグ (EFL)と緊密に協力しており、選手、スタッフ、サポーターの健康と福祉が優先事項としています」とのコメントを発表した[8]

2020年3月19日になって、プレミアリーグの中断期間を、2020年4月30日まで延ばすことを明らかにした[9]。この理由について、プレミアリーグでは「COVID-19 (新型コロナウイルス)の推移は依然不透明で、選手、スタッフ、サポーターの健康と安全が我々の優先事項」と説明している[10]。今後は、「安全が確保された上でできるだけ早く、2019~20年シーズンを再開し、国内、欧州ともに全ての試合をプレーできる方法を見つけていきたい」と述べていた[10]

しかし、2020年4月3日になって、中断期間を2020年5月初め以降に延ばすことを明らかにした[11]

2020年4月3日にプレミアリーグ所属20のクラブが「サラリーに関する会議」を行い、プレミアリーグのクラブが年俸の削減に向けて協議入りすることで合意を見た[12]。プレミアリーグの声明によれば、「2019-20シーズンが中断してから、相当額の継続した損失に直面する中、雇用を守るために、プレミアリーグのクラブは全会一致で年俸の30%に相当する額の削減ないし放棄に関して所属選手に相談することで合意した」としている[12]

2020年4月4日にイングランド・サッカーのプロ選手協会がプレミアリーグ側から出された選手の年俸を3割削減することに反対する声明を明らかにした[13]。声明では「12カ月分の3割削減は計5億ポンド (約665億円)以上に相当し、政府にとって2億ポンド (約266億円)以上の税収減となる」としている[13]

また、プレミアリーグ側からイギリスの国家医療制度 (NHS)に対して2千万ポンド (約26億6千万円)を寄贈することに関して選手協会は、「歓迎するが、もっとはるかに大きな額を出せるはずだ」と主張している[13]

2020年4月17日、テレビ電話という形で、すべてのクラブの関係者による会議が行われ、新しいプレミアリーグの日程案が示されて、協議が行われたが、この会議では結論は出されなかった[14]

ヨーロッパで、スポーツビジネスの専門家であるサイモン・チャドウィックは現地メディアのインタビューに対して「起こりうる事態を想定するのは時期早々かもしれないが、事態が深刻化すればフットボール界に迫る問題は多々あるだろう。まず、日程問題はかなり深刻だ。すでに試合が開催できる枠はほぼ埋まっており、3月と4月までも試合開催の影響を受けることになればシーズンが短縮される可能性もある。」と見解を示した[2]

2018-2019年シーズンの昇格・降格[編集]

プレミアリーグに昇格

チャンピオンシップに降格

2019-2020年シーズンのプレミアリーグのチーム[編集]

2019-2020年シーズンのプレミアリーグのクラブ数は前年同様の20。ノリッジ・シティシェフィールド・ユナイテッドアストン・ヴィラプレミアリーグ (PL)に昇格。

チーム 創設 監督
地方
ホームタウン スタジアム 収容人数 前年度成績
ニューカッスル・ユナイテッド 1871年 イングランドの旗 スティーヴ・ブルース イングランドの旗
NEE
ニューカッスル
・アポン・タイン
セント・ジェームズ・パーク 52,387人 (13位)
シェフィールド・ユナイテッド 1889年 イングランドの旗 クリス・ワイルダー イングランドの旗
YH
シェフィールド ブラモール・レーン 30,936人 ※( 2位)
バーンリー 1882年 イングランドの旗 ショーン・ダイチ イングランドの旗
NWE
バーンリー ターフ・ムーア 22,546人 (15位)
マンチェスター・シティ 1887年 スペインの旗 ジョゼップ・グアルディオラ マンチェスター エティハド・スタジアム 55,097人 ( 1位)優勝
マンチェスター・ユナイテッド 1878年 ノルウェーの旗 オーレ・グンナー・スールシャール オールド・トラッフォード 76,100人 ( 6位)
エヴァートン 1878年 イタリアの旗 カルロ・アンチェロッティ リヴァプール グディソン・パーク 40,569人 ( 8位)
リヴァプール 1892年 ドイツの旗 ユルゲン・クロップ アンフィールド 54,074人 ( 2位)
ノリッジ・シティ 1863年 ドイツの旗 ダニエル・ファルケ イングランドの旗
EE
ノリッジ キャロウ・ロード 26,034人 ※( 1位)優勝
ワトフォード 1881年 イングランドの旗 ヘイデン・マリンズ (暫定) ワトフォード ヴィカレッジ・ロード 21,977人 (11位)
レスター・シティ 1884年 北アイルランドの旗 ブレンダン・ロジャーズ イングランドの旗
EM
レスター キング・パワー・スタジアム 32,500人 ( 9位)
アストン・ヴィラ 1874年 イングランドの旗 ディーン・スミス イングランドの旗
WM
バーミンガム ヴィラ・パーク 42,682人 ※( 5位)
ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ 1877年 ポルトガルの旗 ヌーノ・エスピーリト・サント ウルヴァーハンプトン モリニュー・スタジアム 26,500人 ( 7位)
アーセナル 1886年 スペインの旗 ミケル・アルテタ イングランドの旗
GL
ロンドン エミレーツ・スタジアム 60,432人 ( 5位)
チェルシー 1905年 イングランドの旗 フランク・ランパード スタンフォード・ブリッジ 41,623人 ( 3位)
クリスタル・パレス 1905年 イングランドの旗 ロイ・ホジソン セルハースト・パーク 26,309人 (12位)
トッテナム・ホットスパー 1882年 ポルトガルの旗 ジョゼ・モウリーニョ トッテナム・ホットスパースタジアム 62,062人 ( 4位)
ウェストハム・ユナイテッド 1895年 スコットランドの旗 デイヴィッド・モイーズ オリンピックスタジアム 60,010人 (10位)
ブライトン&ホーヴ・アルビオン 1901年 イングランドの旗 グラハム・ポッター イングランドの旗
SEE
ブライトン ファルマー・スタジアム 30,750人 (17位)
サウサンプトン 1885年 オーストリアの旗 ラルフ・ハーゼンヒュットル サウサンプトン セント・メリーズ・スタジアム 32,689人 (16位)
ボーンマス 1890年 イングランドの旗 エディ・ハウ イングランドの旗
SWE
ボーンマス バイタリティ・スタジアム 11,464人 (14位)

フットボールリーグ・チャンピオンシップ

  • チーム名・監督・本拠地名については現時点のもの (公式に変更が発表されているものを除く)。
プレミアリーグ2019-2020のクラブ所在地
(グレーター・ロンドン)

サプライヤー・スポンサー[編集]

クラブ サプライヤ シャツ スポンサー
アーセナル アディダス エミレーツ航空 (胸)
ルワンダ (袖)
アストン・ヴィラ Kappa W88
ボーンマス アンブロ W8M (胸)
M88 (袖)
ブライトン&ホーヴ・アルビオン ナイキ アメリカン・エキスプレス (胸)
JD (袖)
バーンリー アンブロ LoveBet (胸)
Astro Pay (袖)
チェルシー ナイキ 横浜ゴム (胸)
現代自動車 (袖)
クリスタル・パレス プーマ ManBetX (胸)
Dongqiudi (袖)
エヴァートン アンブロ SportPesa (胸)
Angry Birds (袖)
レスター・シティ アディダス King Power (胸)
ビア・サイゴン (袖)
リヴァプール ニューバランス スタンダードチャータード銀行 (胸)
ウエスタンユニオン (袖)
マンチェスター・シティ プーマ エティハド航空 (胸)
ネクセンタイヤ (袖)
マンチェスター・ユナイテッド アディダス シボレー (胸)
コーラーカンパニー (袖)
ニューカッスル・ユナイテッド プーマ Fun88
ノリッジ・シティ Errea LeoVegas
シェフィールド・ユナイテッド アディダス
サウサンプトン アンダーアーマー LD Sports (胸)
ヴァージン・メディア (袖)
トッテナム・ホットスパー ナイキ AIA
ワトフォード アディダス FxPro (胸)
MoPlay (袖)
ウェストハム・ユナイテッド アンブロ Betway (胸)
Basset & Gold (袖)
ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ アディダス ManBetX (胸)
CoinDeal (袖)

監督交代[編集]

チーム 前監督 備考 退任日 順位 新監督 就任日
ブライトン&ホーヴ・アルビオン アイルランドの旗 クリス・ヒュートン 解任 2019年5月13日[15] 開幕前 イングランドの旗 グラハム・ポッター 2019年5月20日[16]
チェルシー イタリアの旗 マウリツィオ・サッリ ユヴェントス監督就任 2019年6月16日[17] イングランドの旗 フランク・ランパード 2019年7月4日[18]
ニューカッスル・ユナイテッド スペインの旗 ラファエル・ベニテス 辞任 2019年6月24日[19] イングランドの旗 スティーヴ・ブルース 2019年7月17日[20]
ワトフォード スペインの旗 ハビ・グラシア 解任 2019年9月7日[21] 20位 スペインの旗 キケ・サンチェス・フローレス 2019年9月7日[22]
トッテナム・ホットスパー アルゼンチンの旗 マウリシオ・ポチェッティーノ 2019年11月19日[23] 14位 ポルトガルの旗 ジョゼ・モウリーニョ 2019年11月20日[24]
アーセナル スペインの旗 ウナイ・エメリ 2019年11月29日[25] 9位 スペインの旗 ミケル・アルテタ 2019年12月20日[26]
ワトフォード スペインの旗 キケ・サンチェス・フローレス 2019年12月1日[27] 20位 イングランドの旗 ナイジェル・ピアソン 2019年12月7日[28]
エヴァートン ポルトガルの旗 マルコ・シウバ 2019年12月5日[29] 18位 イタリアの旗 カルロ・アンチェロッティ 2019年12月21日[30]
ウェストハム・ユナイテッド チリの旗 マヌエル・ペジェグリーニ 2019年12月28日[31] 17位 スコットランドの旗 デイヴィッド・モイーズ 2019年12月29日[32]
ワトフォード イングランドの旗 ナイジェル・ピアソン 2020年7月19日[33] 17位 イングランドの旗 ヘイデン・マリンズ (暫定) 2020年7月19日[33]

スケジュール[編集]

2019年8月10日に開幕し、2020年5月17日閉幕の全38節・380試合で行われる[34]

結果[編集]

順位表[編集]

チーム 出場権または降格
1 リヴァプール (C) 38 32 3 3 85 33 +52 99 UEFAチャンピオンズリーグ 2020-21グループステージに出場
2 マンチェスター・シティ 38 26 3 9 102 35 +67 81
3 マンチェスター・ユナイテッド 38 18 12 8 66 36 +30 66
4 チェルシー 38 20 6 12 69 52 +17 66
5 レスター・シティ 38 18 8 12 67 41 +26 62 UEFAヨーロッパリーグ 2020-21グループステージに出場
6 トッテナム・ホットスパー 38 16 11 11 61 47 +14 59 UEFAヨーロッパリーグ 2020-21予選2回戦に出場 1
7 ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ 38 15 14 9 51 40 +11 59 プレミアリーグ残留
8 アーセナル 38 14 14 10 56 48 +8 56 UEFAヨーロッパリーグ 2020-21グループステージに出場 2
9 シェフィールド・ユナイテッド 38 14 12 12 39 39 0 54 プレミアリーグ残留
10 バーンリー 38 15 9 14 42 50 −8 54
11 サウサンプトン 38 15 7 16 51 60 −9 52
12 エヴァートン 38 13 10 15 44 56 −12 49
13 ニューカッスル・ユナイテッド 38 11 11 16 38 58 −20 44
14 クリスタル・パレス 38 11 10 17 31 50 −19 43
15 ブライトン&ホーヴ・アルビオン 38 9 14 15 39 54 −15 41
16 ウェストハム・ユナイテッド 38 10 9 19 49 62 −13 39
17 アストン・ヴィラ 38 9 8 21 41 67 −26 35
18 ボーンマス (R) 38 9 7 22 40 65 −25 34 EFLチャンピオンシップ 2020-2021へ降格
19 ワトフォード (R) 38 8 10 20 36 64 −28 34
20 ノリッジ・シティ (R) 38 5 6 27 26 75 −49 21

最終更新は2020年8月1日の試合終了時
出典: Premier League
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.
1 カラバオ・カップの優勝チームであるマンチェスター・シティが、リーグ戦の結果により既にCLグループステージの出場権を獲得しているため、リーグ戦6位のチームにEL予選2回戦の出場権が与えられる。
2 FAカップの優勝チームであるアーセナルELグループステージの出場権が獲得した。

順位推移表[編集]

1-19節[編集]

チーム (縦)/ 節 (横) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
リヴァプール 3 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1
レスター・シティ 10 12 4 3 5 3 3 4 3 3 3 2 2 2 2 2 2 2 2
マンチェスター・シティ 1 3 2 2 2 2 2 2 2 2 2 4 3 3 3 3 3 3 3
チェルシー 19 15 13 11 6 11 7 5 4 4 4 3 4 4 4 4 4 4 4
ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ 10 12 15 17 19 19 13 11 13 12 12 8 5 6 5 6 8 6 5
トッテナム・ホットスパー 6 6 7 9 3 7 6 9 7 11 11 14 10 5 8 7 5 7 6
シェフィールド・ユナイテッド 8 8 9 10 15 10 12 13 9 8 6 5 6 7 9 8 7 5 7
マンチェスター・ユナイテッド 2 4 5 8 4 8 10 12 14 7 10 7 9 9 6 5 6 8 8
クリスタル・パレス 10 14 10 4 12 12 9 6 6 6 9 12 13 11 7 10 9 12 9
ニューカッスル・ユナイテッド 14 18 19 14 18 17 19 16 18 17 15 13 14 14 11 11 11 9 10
アーセナル 7 2 3 5 7 4 4 3 5 5 5 6 8 8 10 9 10 11 11
バーンリー 4 10 6 12 14 9 11 7 8 13 14 10 7 10 12 13 12 10 12
エヴァートン 10 9 12 6 11 14 15 18 15 16 17 15 16 17 18 14 16 15 13
サウサンプトン 17 19 18 13 10 13 14 17 17 18 18 19 19 18 17 18 18 17 14
ブライトン&ホーヴ・アルビオン 4 5 8 16 16 15 16 14 16 14 8 11 12 16 13 12 13 13 15
ボーンマス 8 7 11 15 9 6 8 10 10 9 7 9 11 12 14 15 14 14 16
ウェストハム・ユナイテッド 20 16 13 7 8 5 5 8 11 10 13 16 17 13 15 16 15 16 17
アストン・ヴィラ 15 17 16 18 17 18 18 15 12 15 16 17 15 15 16 17 17 18 18
ワトフォード 17 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 18 20 20 20 20 20 20 19
ノリッジ・シティ 16 11 17 19 13 16 17 19 19 19 19 20 18 19 19 19 19 19 20

20-38節[編集]

チーム (縦)/ 節 (横) 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38
リヴァプール 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1
マンチェスター・シティ 3 3 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2
マンチェスター・ユナイテッド 5 5 5 5 5 7 7 5 5 5 5 5 5 5 5 5 5 3 3
チェルシー 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 3 3 3 4 4
レスター・シティ 2 2 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 4 4 4 5 5
トッテナム・ホットスパー 6 6 8 8 6 5 5 6 7 8 8 7 9 8 9 8 7 7 6
ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ 7 7 7 6 7 8 8 8 6 7 6 6 6 6 6 6 6 6 7
アーセナル 12 10 10 10 11 10 10 9 10 9 10 9 8 7 8 9 9 10 8
シェフィールド・ユナイテッド 8 8 6 7 8 6 6 7 8 6 7 8 7 9 7 7 8 8 9
バーンリー 13 15 15 14 13 11 11 10 9 10 11 11 10 10 10 10 10 9 10
サウサンプトン 15 12 12 13 9 13 12 12 13 14 14 14 14 13 12 12 12 12 11
エヴァートン 10 11 11 11 12 9 9 11 11 12 12 12 11 11 11 11 11 11 12
ニューカッスル・ユナイテッド 11 13 13 12 14 12 13 14 14 13 13 13 13 12 13 13 13 13 13
クリスタル・パレス 9 9 9 9 10 14 14 13 12 11 9 10 12 14 14 14 14 14 14
ブライトン&ホーヴ・アルビオン 14 14 14 15 15 15 15 15 15 15 15 15 15 15 15 15 16 16 15
ウェストハム・ユナイテッド 17 16 16 16 17 18 18 18 16 16 17 17 16 16 16 16 15 15 16
アストン・ヴィラ 18 17 18 18 16 17 17 17 19 19 19 19 18 18 19 19 19 17 17
ボーンマス 16 18 19 19 18 16 16 16 18 18 18 18 19 19 18 18 18 19 18
ワトフォード 19 19 17 17 19 19 19 19 17 17 16 16 17 17 17 17 17 18 19
ノリッジ・シティ 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20

最終更新: 2020年7月26日
出典: Premier League

首位、UEFAチャンピオンズリーグ 2020-21 グループステージ
UEFAチャンピオンズリーグ 2020-21 グループステージ
UEFAヨーロッパリーグ 2020-21 グループステージ
EFLチャンピオンシップに降格

戦績表[編集]

ホーム / アウェー[1] ARS AST BOU BHA BUR CHE CRY EVE LEI LIV MCI MNU NEW NOR SHU SOT TOT WAT WHU WOL
アーセナル

3–2

1–0

1–2

2–1

1–2

2–2

3–2

1–1

2–1

0–3

2–0

4–0

4–0

1–1

2–2

2–2

3–2

1–0

1–1

アストン・ヴィラ

1–0

1–2

2–1

2–2

1–2

2–0

2–0

1–4

1–2

1–6

0–3

2–0

1–0

0–0

1–3

2–3

2–1

0–0

0–1

ボーンマス

1–1

2–1

3–1

0–1

2–2

0–2

3–1

4–1

0–3

1–3

1–0

1–4

0–0

1–1

0–2

0–0

0–3

2–2

1–2

ブライトン&ホーヴ・アルビオン

2–1

1–1

2–0

1–1

1–1

0–1

3–2

0–2

1–3

0–5

0–3

0–0

2–0

0–1

0–2

3–0

1–1

1–1

2–2

バーンリー

0–0

1–2

3–0

1–2

2–4

0–2

1–0

2–1

0–3

1–4

0–2

1–0

2–0

1–1

3–0

1–1

1–0

3–0

1–1

チェルシー 2–2

2–1

0–1

2–0

3–0

2–0

4–0

1–1

1–2

2–1

0–2

1–0

1–0

2–2

0–2

2–1

3–0

0–1

2–0

クリスタル・パレス

1–1

1–0

1–0

1–1

0–1

2–3

0–0

0–2

1–2

0–2

0–2

1–0

2–0

0–1

0–2

1–1

1–0

2–1

1–1

エヴァートン

0–0

1–1

1–3

1–0

1–0

3–1

3–1

2–1

0–0

1–3

1–1

2–2

0–2

0–2

1–1

1–1

1–0

2–0

3–2

レスター・シティ

2–0

4–0

3–1

0–0

2–1

2–2

3–0

2–1

0–4

0–1

0–2

5–0

1–1

2–0

1–2

2–1

2–0

4–1

0–0

リヴァプール

3–1

2–0

2–1

2–1

1–1

5–3

4–0

5–2

2–1

3–1

2–0

3–1

4–1

2–0

4–0

2–1

2–0

3–2

1–0

マンチェスター・シティ

3–0

3–0

2–1

4–0

5–0

2–1

2–2

2–1

3–1

4–0

1–2

5–0

5–0

2–0

2–1

2–2

8–0

2–0

0–2

マンチェスター・ユナイテッド 1–1

2–2

5–2

3–1

0–2

4–0

1–2

1–1

1–0

1–1 2–0

4–1

4–0

3–0

2–2

2–1

3–0

1–1

0–0

ニューカッスル・ユナイテッド

0–1

1–1

2–1

0–0

0–0

1–0

1–0

1–2

0–3

1–3

2–2

1–0

0–0

3–0

2–1

1–3

1–1

2–2

1–1

ノリッジ・シティ

2–2

1–5

1–0

0–1

0–2

2–3

1–1

0–1

1–0

0–1

3–2

1–3

3–1

1–2

0–3

2–2

0–2

0–4

1–2

シェフィールド・ユナイテッド

1–0

2–0

2–1

1–1

3–0

3–0

1–0

0–1

1–2

0–1

0–1

3–3

0–2

1–0

0–1

3–1

1–1

1–0

1–0

サウサンプトン

0–2

2–0

1–3

1–1

1–2

1–4

1–1

1–2

0–9

1–2

1–0

1–1

0–1

2–1

3–1

1–0

2–1

0–1

2–3

トッテナム・ホットスパー 2–1

3–1

3–2

2–1

5–0

0–2

4–0

1–0

3–0

0–1

2–0

1–1

0–1

2–1

1–1

2–1

1–1

2–0

2–3

ワトフォード

2–2

3–0

0–0

0–3

0–3

1–2

0–0

2–3

1–1

3–0

0–4

2–0

2–1

2–1

0–0

1–3

0–0

1–3

2–1

ウェストハム・ユナイテッド

1–3

1–1

4–0

3–3

0–1

3–2

1–2

1–1

1–2

0–2

0–5

2–0

2–3

2–0

1–1

3–1

2–3

3–1

0–2

ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ

0–2

2–1

1–0

0–0

1–1

2–5

2–0

3–0

0–0

1–2

3–2

1–1

1–1

3–0

1–1

1–1

1–2

2–0

2–0

最終更新は2020年7月26日の試合終了時
出典: Premier League
1左縦列のチームがホーム側。
: 青 = ホームチームが勝ち; 黄 = 引き分け; 赤 = アウェーチームが勝利。

表彰[編集]

月間MVP[編集]

月間最優秀監督 月間最優秀選手 月間最優秀ゴール英語版 出典
監督 所属 選手 所属 選手 所属
8月 ドイツの旗 ユルゲン・クロップ リヴァプール フィンランドの旗 テーム・プッキ ノリッジ・シティ イングランドの旗 ハーヴィー・バーンズ レスター・シティ [37][38][39]
9月 ガボンの旗 ピエール=エメリク・オーバメヤン アーセナル マリ共和国の旗 ムサ・ジェネポ サウサンプトン [40][41][42]
10月 イングランドの旗 フランク・ランパード チェルシー イングランドの旗 ジェイミー・ヴァーディ レスター・シティ イングランドの旗 マシュー・ロングスタッフ ニューカッスル・ユナイテッド [43][44][45]
11月 ドイツの旗 ユルゲン・クロップ リヴァプール セネガルの旗 サディオ・マネ リヴァプール ベルギーの旗 ケヴィン・デ・ブライネ マンチェスター・シティ [46][47][48]
12月 イングランドの旗 トレント・アレクサンダー=アーノルド 大韓民国の旗 ソン・フンミン トッテナム・ホットスパー [49][50][51]
1月 アルゼンチンの旗 セルヒオ・アグエロ マンチェスター・シティ イランの旗 アリレザ・ジャハンバフシュ ブライトン&ホーヴ・アルビオン [52][53][54]
2月 イングランドの旗 ショーン・ダイチ バーンリー ポルトガルの旗 ブルーノ・フェルナンデス[注釈 1] マンチェスター・ユナイテッド チェコの旗 マチェイ・ヴィドラ バーンリー [56][57][58]
6月 ポルトガルの旗 ヌーノ・エスピーリト・サント ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ ポルトガルの旗 ブルーノ・フェルナンデス マンチェスター・ユナイテッド [59][60][61]

年間表彰[編集]

受賞者 所属 出典
年間最優秀監督英語版 ドイツの旗 ユルゲン・クロップ リヴァプール [63]
年間最優秀選手英語版 ベルギーの旗 ケヴィン・デ・ブライネ マンチェスター・シティ [64]
年間最優秀若手選手英語版 イングランドの旗 トレント・アレクサンダー=アーノルド リヴァプール [65]
年間最優秀ゴール英語版 大韓民国の旗 ソン・フンミン トッテナム・ホットスパー [66]
ゴールデンブート英語版 イングランドの旗 ジェイミー・ヴァーディ レスター・シティ [67]
プレーメーカー・アワード英語版 ベルギーの旗 ケヴィン・デ・ブライネ マンチェスター・シティ [68]
ゴールデングローブ ブラジルの旗 エデルソン・モラレス マンチェスター・シティ [69]
PFA年間最優秀選手賞 ベルギーの旗 ケヴィン・デ・ブライネ マンチェスター・シティ [70]
PFA年間ベストイレブン GK イングランドの旗 ニック・ポープ バーンリー [62]
DF イングランドの旗 トレント・アレクサンダー=アーノルド リヴァプール
トルコの旗 チャーラル・ソユンジュ レスター・シティ
オランダの旗 フィルジル・ファン・ダイク リヴァプール
スコットランドの旗 アンドリュー・ロバートソン リヴァプール
MF イングランドの旗 ジョーダン・ヘンダーソン リヴァプール
ベルギーの旗 ケヴィン・デ・ブライネ マンチェスター・シティ
スペインの旗 ダビド・シルバ マンチェスター・シティ
FW セネガルの旗 サディオ・マネ リヴァプール
ガボンの旗 ピエール=エメリク・オーバメヤン アーセナル
イングランドの旗 ジェイミー・ヴァーディ レスター・シティ
PFA年間最優秀若手選手賞 イングランドの旗 トレント・アレクサンダー=アーノルド リヴァプール [71]
FWA年間最優秀選手賞 イングランドの旗 ジョーダン・ヘンダーソン リヴァプール [72]

脚注[編集]

注釈[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 第25節から加入した[55]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ イングランドプレミアリーグで試合延期 新型コロナウイルス」『日本放送協会』、2020年3月12日。2020年3月13日閲覧。
  2. ^ a b ロンドン通信員=竹山友陽「【コラム】海外通信員 新型コロナウイルスの影響 欧州サッカー界は混乱の渦へ」『スポーツニッポン』、2020年3月12日。2020年3月13日閲覧。
  3. ^ アーセナル指揮官アルテタが新型コロナ感染…プレミアリーグも中断危機」『Goal.com』、2020年3月13日。2020年3月13日閲覧。
  4. ^ ロンドン時事「アーセナル監督が新型コロナ感染 イングランド・サッカー」『時事通信』、2020年3月13日。2020年3月13日閲覧。
  5. ^ 共同通信「レスター3選手にコロナ症状、監督明かす 英紙」『日刊スポーツ』、2020年3月13日。2020年3月13日閲覧。
  6. ^ 3月13日 AFP「チェルシーFWが新型コロナ感染、プレミア選手で初 試合開催に暗雲」『AFPBB News』、2020年3月13日。2020年3月13日閲覧。
  7. ^ プレミアリーグ 13日緊急会議開催 現地紙「リーグ全試合の延期準備」との報道も」『スポーツニッポン』、2020年3月13日。2020年3月13日閲覧。
  8. ^ a b プレミアリーグ 新型コロナで開催中断…4・4再開を予定 イングランド代表戦2試合は中止」『スポーツニッポン』、2020年3月14日。2020年3月14日閲覧。
  9. ^ プレミアリーグ、中断を4月末まで延長」『日本経済新聞』、2020年3月19日。2020年3月20日閲覧。
  10. ^ a b プレミアリーグ 公式戦中断を4月30日まで延長「健康と安全が我々の優先事項」」『スポーツニッポン』、2020年3月20日。2020年3月19日閲覧。
  11. ^ プレミアリーグ、中断を5月以降に延長 4月末から」『日本経済新聞』、2020年4月4日。2020年4月4日閲覧。
  12. ^ a b プレミアリーグが所属選手と30%減給で調整へ」『サンケイスポーツ』、2020年4月4日。2020年4月6日閲覧。
  13. ^ a b c 年俸3割カットに反対 イングランドのサッカー選手協会」『日本経済新聞』、2020年4月5日。2020年4月6日閲覧。
  14. ^ 「6月末で終了」議論せず イングランド・サッカー」『時事通信』、2020年4月18日。2020年4月17日閲覧。
  15. ^ “CLUB STATEMENT: CHRIS HUGHTON” (英語). Brighton & Hove Albion FC. (2019年5月13日). https://www.brightonandhovealbion.com/news/2019/may/club-statement-chris-hughton/ 2019年6月12日閲覧。 
  16. ^ “POTTER APPOINTED NEW HEAD COACH” (英語). Brighton & Hove Albion FC. (2019年5月20日). https://www.brightonandhovealbion.com/news/2019/may/club-statement-chris-hughton/ 2019年6月12日閲覧。 
  17. ^ “Maurizio Sarri is leaving Chelsea” (英語). Chelsea FC. (2019年6月16日). https://www.chelseafc.com/en/news/2019/06/16/maurizio-sarri-is-leaving-chelsea 2019年7月4日閲覧。 
  18. ^ “Frank Lampard returns to Chelsea” (英語). Chelsea FC. (2019年7月4日). https://www.chelseafc.com/en/news/2019/07/04/frank-lampard-returns-to-chelsea 2019年7月4日閲覧。 
  19. ^ “Club statement: Rafa Benítez” (英語). Newcastle United FC. (2019年6月24日). https://www.nufc.co.uk/news/latest-news/club-statement-rafa-ben%C3%ADtez 2019年7月4日閲覧。 
  20. ^ “Steve Bruce appointed as Newcastle United head coach” (英語). Newcastle United FC. (2019年7月17日). https://www.nufc.co.uk/news/latest-news/steve-bruce-appointed-as-newcastle-united-head-coach/ 2019年7月17日閲覧。 
  21. ^ “Club Statement: Javi Gracia” (英語). Watford FC. (2019年9月7日). https://www.watfordfc.com/teams/first-team/club-statement-javi-gracia 2019年9月7日閲覧。 
  22. ^ “New Head Coach: Sánchez Flores Appointed” (英語). Watford FC. (2019年9月7日). https://www.watfordfc.com/teams/first-team/new-head-coach-sanchez-flores-appointed 2019年9月7日閲覧。 
  23. ^ “Mauricio leaves Club” (英語). Tottenham Hotspur FC. (2019年11月19日). https://www.tottenhamhotspur.com/news/2019/november/mauricio-leaves-club/ 2019年11月20日閲覧。 
  24. ^ “Jose Mourinho appointed new Head Coach” (英語). Tottenham Hotspur FC. (2019年11月20日). https://www.tottenhamhotspur.com/news/2019/november/jose-mourinho-appointed-new-head-coach/ 2019年11月21日閲覧。 
  25. ^ “Unai Emery leaves club” (英語). Arsenal FC. (2019年11月29日). https://www.arsenal.com/news/unai-emery-leaves-club 2019年12月2日閲覧。 
  26. ^ “Mikel Arteta joining as our new head coach” (英語). Arsenal FC. (2019年12月20日). https://www.arsenal.com/news/mikel-arteta-joining-our-new-head-coach 2019年12月23日閲覧。 
  27. ^ “Club Statement: Quique Sánchez Flores” (英語). Watford FC. (2019年12月1日). https://www.watfordfc.com/teams/first-team/club-statement-quique-sanchez-flores 2019年12月2日閲覧。 
  28. ^ “Official: Pearson Appointed New Head Coach” (英語). Watford FC. (2019年12月7日). https://www.watfordfc.com/teams/first-team/official-pearson-appointed-new-head-coach 2019年12月10日閲覧。 
  29. ^ “Club Statement (2019/12/05)” (英語). Everton FC. (2019年12月5日). https://www.evertonfc.com/news/1518522/club-statement 2019年12月6日閲覧。 
  30. ^ “Ancelotti Appointed Everton Manager” (英語). Everton FC. (2019年12月21日). https://www.evertonfc.com/news/1539670/ancelotti-appointed-everton-manager 2019年12月23日閲覧。 
  31. ^ “West Ham United statement (2019/12/28)” (英語). West Ham United FC. (2019年12月28日). https://www.whufc.com/news/articles/2019/december/28-december/west-ham-united-statement 2019年12月30日閲覧。 
  32. ^ “David Moyes returns to West Ham United” (英語). West Ham United FC. (2019年12月29日). https://www.whufc.com/news/articles/2019/december/29-december/david-moyes-returns-west-ham-united 2019年12月30日閲覧。 
  33. ^ a b “Club Statement: Nigel Pearson” (英語). Watford FC. (2020年7月19日). https://www.watfordfc.com/news/club/club-statement-nigel-pearson 2020年7月23日閲覧。 
  34. ^ “Premier League fixtures for 2019/20 announced”. premierleague.com. (2019年6月13日). https://www.premierleague.com/news/1240976 2019年6月13日閲覧。 
  35. ^ Premier League Player Stats Goals”. premierleague.com. 2020年7月27日閲覧。
  36. ^ Premier League Player Stats Assists”. premierleague.com. 2020年7月27日閲覧。
  37. ^ “Klopp earns Barclays Manager of Month award”. premierleague.com. (2019年9月13日). https://www.premierleague.com/news/1340640 2019年9月18日閲覧。 
  38. ^ “Pukki voted August EA SPORTS Player of Month”. premierleague.com. (2019年9月13日). https://www.premierleague.com/news/1340641 2019年9月18日閲覧。 
  39. ^ “Barnes wins Budweiser Goal of the Month”. premierleague.com. (2019年9月13日). https://www.premierleague.com/news/1340639 2019年9月18日閲覧。 
  40. ^ “Klopp: Man Utd a big match in title race”. premierleague.com. (2019年10月18日). https://www.premierleague.com/news/1455568 2019年10月23日閲覧。 
  41. ^ “Aubamayeng not feeling pressure to lift Arsenal”. premierleague.com. (2019年10月19日). https://www.premierleague.com/news/1456280 2019年10月23日閲覧。 
  42. ^ “Djenepo: It was a pleasure to score a beautiful goal”. premierleague.com. (2019年10月17日). https://www.premierleague.com/news/1454397 2019年10月23日閲覧。 
  43. ^ “Lampard wins Barclays Manager of the Month”. premierleague.com. (2019年11月9日). https://www.premierleague.com/news/1486153 2019年11月11日閲覧。 
  44. ^ “Vardy voted EA SPORTS Player of the Month”. premierleague.com. (2019年11月9日). https://www.premierleague.com/news/1486151 2019年11月11日閲覧。 
  45. ^ “Longstaff claims Budweiser Goal of the Month”. premierleague.com. (2019年11月9日). https://www.premierleague.com/news/1486154 2019年11月11日閲覧。 
  46. ^ “Klopp wins Barclays Manager award”. premierleague.com. (2019年12月14日). https://www.premierleague.com/news/1527735 2019年12月17日閲覧。 
  47. ^ “Mane voted EA SPORTS Player of the Month”. premierleague.com. (2019年12月14日). https://www.premierleague.com/news/1527732 2019年12月17日閲覧。 
  48. ^ “De Bruyne earns Budweiser Goal of the Month”. premierleague.com. (2019年12月14日). https://www.premierleague.com/news/1527738 2019年12月17日閲覧。 
  49. ^ “Klopp equals record with Barclays Manager award”. premierleague.com. (2020年1月10日). https://www.premierleague.com/news/1563910 2020年1月13日閲覧。 
  50. ^ “Alexander-Arnold named EA SPORTS Player of Month”. premierleague.com. (2020年1月10日). https://www.premierleague.com/news/1563909 2020年1月13日閲覧。 
  51. ^ “Son's solo strike voted Budweiser Goal of Month”. premierleague.com. (2020年1月10日). https://www.premierleague.com/news/1563911 2020年1月13日閲覧。 
  52. ^ “Klopp makes history with Barclays Manager award”. premierleague.com. (2020年2月7日). https://www.premierleague.com/news/1603304 2020年2月20日閲覧。 
  53. ^ “Aguero wins record seventh EA SPORTS Player of the Month”. premierleague.com. (2020年2月7日). https://www.premierleague.com/news/1603303 2020年2月20日閲覧。 
  54. ^ “Jahanbakhsh strike voted Budweiser Goal of the Month”. premierleague.com. (2020年2月7日). https://www.premierleague.com/news/1603305 2020年2月20日閲覧。 
  55. ^ Man Utd complete the signing of Bruno Fernandes from Sporting” (英語). Manchester United FC (2020年1月30日). 2020年7月10日閲覧。
  56. ^ “Dyche wins February's Barclays Manager of the Month award”. premierleague.com. (2020年3月17日). https://www.premierleague.com/news/1644237 2020年3月18日閲覧。 
  57. ^ “Fernandes: I'm happy with my start at Man Utd”. premierleague.com. (2020年3月16日). https://www.premierleague.com/news/1644143 2020年3月18日閲覧。 
  58. ^ “Vydra: I waited so long for that goal”. premierleague.com. (2020年3月18日). https://www.premierleague.com/news/1644272 2020年3月18日閲覧。 
  59. ^ “Nuno named Barclays Manager of the Month”. premierleague.com. (2020年7月10日). https://www.premierleague.com/news/1715425 2020年7月14日閲覧。 
  60. ^ “Fernandes wins EA SPORTS Player of the Month again”. premierleague.com. (2020年7月10日). https://www.premierleague.com/news/1715420 2020年7月14日閲覧。 
  61. ^ “Budweiser Goal completes Fernandes awards double”. premierleague.com. (2020年7月10日). https://www.premierleague.com/news/1715428 2020年7月14日閲覧。 
  62. ^ a b “PFA Player of the Year: Kevin de Bruyne and Beth England named 2020 winners”. BBC SPORT.com. (2020年9月8日). https://www.bbc.com/sport/football/54044861 2020年9月9日閲覧。 
  63. ^ “Klopp earns 2019/20 Barclays Manager of the Season award”. premierleague.com. (2020年8月15日). https://www.premierleague.com/news/1750637 2020年8月15日閲覧。 
  64. ^ “De Bruyne voted 2019/20 EA SPORTS Player of the Season”. premierleague.com. (2020年8月16日). https://www.premierleague.com/news/1750639 2020年8月17日閲覧。 
  65. ^ “Alexander-Arnold named TAG Heuer Young Player of the Season”. premierleague.com. (2020年8月14日). https://www.premierleague.com/news/1750635 2020年8月15日閲覧。 
  66. ^ “Son wins Budweiser Goal of the Season with solo special”. premierleague.com. (2020年8月13日). https://www.premierleague.com/news/1750634 2020年8月15日閲覧。 
  67. ^ “Vardy claims Golden Boot award for first time”. premierleague.com. (2020年7月26日). https://www.premierleague.com/news/1734688 2020年7月27日閲覧。 
  68. ^ “De Bruyne matches Henry as he wins Playmaker Award”. premierleague.com. (2020年7月26日). https://www.premierleague.com/news/1743382 2020年7月27日閲覧。 
  69. ^ “Ederson keeps out Norwich to win Golden Glove”. premierleague.com. (2020年7月26日). https://www.premierleague.com/news/1734730 2020年7月27日閲覧。 
  70. ^ “England and De Bruyne crowned PFA Players' Player of the Year”. THE PFA.com. (2020年9月8日). https://www.thepfa.com/news/2020/9/8/pfa-poty-winners 2020-09-216閲覧。 
  71. ^ “Hemp and Alexander-Arnold win PFA Young Player of the Year”. THE PFA.com. (2020年9月8日). https://www.thepfa.com/news/2020/9/8/pfa-young-player-of-the-year-winner-2020 2020年9月16日閲覧。 
  72. ^ “JORDAN HENDERSON – Footballer of the Year”. FWA. (2020年7月24日). http://footballwriters.co.uk/editorial/jordan-henderson-footballer-of-the-year/ 2020年7月25日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]