ネクセンタイヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ネクセンタイヤ
NEXEN TIRE Corporation
NEXEN TIRE LOGO.jpg
種類 株式会社
市場情報 韓国取引所 002350
本社所在地 大韓民国の旗 韓国
慶尚南道梁山市충렬로355
設立 1942年
業種 ゴム製品
事業内容 タイヤ製造、販売
代表者 カン・ホチャン
売上高 1,965億円
営業利益 637百億円
純利益 125億円
外部リンク http://www.nexentire.com/
テンプレートを表示
ネクセンタイヤ株式会社
各種表記
ハングル 넥센타이어주식회사
漢字 넥센타이어株式會社
発音センタイオチュシックェサ
(ネセンタイオチュシフェサ)
日本語読み: ねくせんたいやかぶしきがいしゃ
2000年式
MR式
英語
Neksen Taieo Jusikhoesa
Neksen T'aiŏ Chusikhoesa
Nexen Tire Corporation

ネクセンタイヤNEXEN TIRE)は、韓国の大手自動車タイヤメーカーである。乗用車用のタイヤの製造販売に特化しており、全世界150か国以上の販売ネットワークで、年間約5,000万本を販売している。

市販用タイヤではNEXENブランドに加えて、欧米向けブランドとしてROADSTONEブランドのタイヤも製造、販売している。2016年にはトヨタグループの総合商社である豊田通商株式会社と日本総代理店である株式会社ネクセンタイヤジャパンを設立している。韓国のタイヤメーカーとしてはハンコックタイヤクムホタイヤに次いで同国内でシェア3位[1]

標準装着用タイヤとしてはポルシェアウディフォルクスワーゲン、フィアットルノーなど、ヨーロッパの高級自動車用メーカーに採用され、またアジアでは現代自動車起亜自動車に加えて三菱自動車スズキ自動車にも純正タイヤとして採用されている。

イギリスプレミアリーグマンチェスターシティのユニホームスポンサーやソウルを本拠地とする韓国のプロ野球チームであるネクセンヒーローズのメインスポンサーでもある。

沿革[編集]

  • 1942年 - 「興亜ゴム工業株式会社」(흥아고무공업주식회사、Heung-a Tire Industry)として会社設立[2]
  • 1952年 - 「興亜タイヤ株式会社」(흥아타이어주식회사、Heung-a Tire Co., Ltd.)に社名変更
  • 1956年 - 韓国メーカーで初めて自動車タイヤの生産に乗り出す
  • 1987年 - ミシュラン社と共同事業を立ち上げる
  • 1991年 - 日本のオーツタイヤと技術提携を結ぶ
  • 2000年 - 「ネクセンタイヤ株式会社」(넥센타이어주식회사、NEXEN TIRE Corporation)に社名変更
  • 2005年 - アメリカ法人「NEXEN TIRE America Inc.」設立
  • 2006年 - 中国法人「青島ネクセン」設立
  • 2008年 - ヨーロッパ法人「NEXEN TIRE Europe GmbH」設立
  • 2010年 - カナダ法人「NEXEN TIRE Canada Inc.」設立
  • 2012年 - 中国上海法人「Shanghai NEXEN TIRE Sales Ltd.」、イタリア法人「NEXEN TIRE Italia Srl.」設立
  • 2017年 - 豊田通商株式会社と合弁により、株式会社ネクセンタイヤジャパンを設立[3]

主なブランド[編集]

NEXEN (ネクセン)[編集]

NEXEN TIREのコーポレートブランド。自動車メーカーに採用されるNEXEN製のタイヤにはNEXENのブランドが採用されている。
以下はNEXENブランドで発売されているトレッドパターン。

  • N'FERA (エヌフィーラ)
    乗用車用タイヤのフラッグシップブランド。ポルシェのカイエンマカンに標準装着用タイヤとして採用されている。
    formula driftでも使用されているN'FERA SUR4g等のセミスリックタイヤラインナップに含む。
  • N blue (エヌブルー)
    低燃費性能を追求したエコタイヤ。スポーツ性能を高めたN blue HD plusや、全天候で走行可能なオールシーズンタイヤであるN blue 4 Seasonがある。
  • N prize (エヌプライズ)
    日本市場向けに開発されたトレッドパターン。
  • WINGUARD ice (ウィンガード アイス)
    スタッドレスタイヤブランド。

ROADSTONE (ロードストーン)[編集]

グローバルタイヤメーカー ネクセンタイヤ(NEXEN TIRE)の輸出用ブランドとして主に欧州に向けられ開発、生産されるロードストーン(ROADSTONE)ブランド。日本車や日本の道路事情にもマッチした同ブランドは急激に日本での認知度を高めて来ました。コンフォートタイヤやエコタイヤでも走りに対する拘りを強く持ち、高品質であるネクセンタイヤ(NEXEN TIRE)との共通性をうまく維持しながら展開しています。

ROADSTONE:歴史[編集]

1942年:フンアゴム工業株式会社として設立

1956年:韓国内初の自動車タイヤ生産開始

1985年:梁山(ヤンサン)工場でラジアルタイヤ生産開始

1987年:仏 MICHELIN社とジョイントベンチャーによりミシュランタイヤ・コリア設立

2008年:中国 青島(チンタオ)工場で生産開始

2012年:フルオートメーションの韓国 昌寧(チャンニョン)工場を設立

ROADSTONE:日本での発売モデル[編集]

  • EUROVIS Sport04 (ユーロビス スポーツ04)
  • N blue eco
  • N 8000
  • N 5000 plus
  • CP672

ROADSTONE Tire ホームページ[編集]

http://www.roadstonetyre.com/

主な工場[編集]

タイヤ工場[編集]

  • 梁山工場(ヤンサン)
    1985年操業。韓国の慶尚南道の東部の梁山市に位置する。
  • 青島工場(チンタオ)
  • 昌寧工場(チャンニョン)
    2012年操業。韓国の慶尚南道の東北部にある昌寧郡に位置する。世界初のフルオートメーション工場として稼働
  • ザクテク工場
    2018年操業。全自動製造ラインを有するチェコの工場。

関連会社[編集]

ネクセンタイヤの関連会社「NEXEN Corporation」ではインナーチューブフォークリフト用タイヤの製造販売を行っており、インナーチューブの世界シェアは第2位である。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]