UEFAヨーロッパカンファレンスリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

UEFAヨーロッパカンファレンスリーグ: UEFA Europa Conference League、略称UECL)は、欧州サッカー連盟(UEFA)の主催で2021年から毎年9月から翌年の5月にかけて行われる予定のクラブチームによるサッカーの国際大会である[1]。2019年9月24日に正式名称が決定[2]

概要[編集]

本大会はUEFAチャンピオンズリーグUCL)、UEFAヨーロッパリーグUEL)に次ぐ3番目のレベルの大会で、従来のUELを分割する形で設立される。

現在(2018-19シーズン以降)のUELに直接参加するチームのうち、UEFAランキング16位以下の国内カップ戦王者、UEFAランキング1位~4位の国内リーグ6位のチーム、UEFAランキング5位の国内リーグ5位のチームとUEFAランキング7位以下で国内リーグ成績により出場権を得ていたチームが、2021-22シーズン以降は、UELの代わりにUECLに出場する。また、同じ年度のUCLの予備予選・予選1回戦敗者とUELの予選3回戦・プレーオフ敗者、グループステージ3位のチームも本大会に合流する。

グループステージ出場チームは32チーム。グループステージの1位はラウンド16進出が決定。2位とUELのグループステージ3位のチームがラウンド16進出決定戦を戦い、その勝者もラウンド16に進出する。UECLの試合日は準決勝まではすべて木曜日で、決勝はUECL・UEL・UCLとも、5月の同じ週に実施される。(UECL・水曜日、UEL・木曜日、UCL・土曜日)

優勝クラブは翌年度のUELのグループステージ出場権を得る。

脚注[編集]

  1. ^ 'Europa League 2': Uefa confirms new tournament from 2021”. BBC Sport (2018年12月2日). 2018年12月2日閲覧。
  2. ^ Format change for 2020/21 UEFA Nations League”. UEFA.com (2019年9月24日). 2019年10月22日閲覧。

外部リンク[編集]