シャーンドル・コチシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Flag of Hungary.svg この項目では、インド・ヨーロッパ語族風に、名前を名姓順で表記していますが、ハンガリー語圏の慣習に従いコチシュ・シャーンドルと表記することもあります。(Template:ハンガリー人の姓名
シャーンドル・コチシュ Football pictogram.svg
Sándor Kocsis 1960 cropped.jpg
名前
本名 Kocsis Péter Sándor [1]
コチシュ・ペテル・シャーンドル
愛称 黄金の頭、シャニ
ラテン文字 Kocsis Sándor
基本情報
国籍  ハンガリー
生年月日 1929年9月21日
出身地 ブダペスト
没年月日 (1979-07-22) 1979年7月22日(49歳没)
身長 177cm
体重 73kg
選手情報
ポジション FW
代表歴
1948-1956[2] ハンガリーの旗 ハンガリー 68 (75)
獲得メダル
男子 サッカー
オリンピック
1952 ヘルシンキ サッカー
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

シャーンドル・コチシュ (ハンガリー語: コチシュ・シャーンドル,Kocsis Sándor, 1929年9月21日[3] - 1979年7月22日)は、ハンガリー出身のサッカー選手。ポジションはフォワードで、主にセンターフォワードを務めた。

経歴[編集]

177cmと目を引くほどの長身ではなかったがヘディングを得意とし、黄金の頭という異名を取った[4][5]。1950年代前半にマジック・マジャールと呼ばれたハンガリー代表の中心選手の一人で、1954年に開催された第5回ワールドカップ・スイス大会で11得点を挙げ得点王となった[4]。この時の1試合平均2.20得点(=5試合で11得点)という記録は2014年の時点で破られていない(第6回ワールドカップ・スウェーデン大会におけるジュスト・フォンテーヌは、6試合で13得点=1試合平均2.17得点である)。

1956年ハンガリー動乱の影響でスペインに亡命し、以後はチボル・ゾルターンとともにFCバルセロナ(当時はCFバルセロナ)でプレーした[4]

晩年は胃がんのほか、アテローム性動脈硬化を患い左足を切断した[6]1979年7月22日に49歳で亡くなったが、誤って病院から転落をしたとも、自ら飛び降りたとも言われている[6]

1999年ワールドサッカー誌の20世紀の偉大なサッカー選手100人で68位に選出された。

所属クラブ[編集]

代表歴[編集]

個人タイトル[編集]

  • ワールドカップ得点王:1回(1954 FIFAワールドカップ 11得点)
  • 20世紀世界最優秀選手 39位 (国際サッカー歴史統計連盟 1999)

脚注[編集]

  1. ^ https://web.archive.org/web/20070326094301/http://www.lfp.es/historico/primera/plantillas/historial.asp?jug=2494
  2. ^ Sándor Kocsis - Goals in International Matches”. rsssf.com. 2014年6月29日閲覧。
  3. ^ The Hungarian head king”. FIFA.com. 2014年6月29日閲覧。
  4. ^ a b c 週刊サッカーマガジン 編 『サッカーマルチ大事典 改訂版』ベースボール・マガジン社、2006年、183頁。ISBN 4-583-03880-1 
  5. ^ ブライアン・グランヴィル著、賀川浩監修、田村修一、土屋晃、田邊雅之訳 『決定版ワールドカップ全史』草思社、1998年、66頁。ISBN 4-7942-0818-9 
  6. ^ a b Ifj. Kocsis: Édesapám nem lett öngyilkos!”. mno.hu (2012年9月21日). 2014年6月29日閲覧。

外部リンク[編集]