クレイグ・ベラミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クレイグ・ベラミー Football pictogram.svg
Craig Bellamy 2013.jpg
カーディフ・シティFCでのベラミー(2013年)
名前
本名 クレイグ・ダグラス・ベラミー
Craig Douglas Bellamy[1]
ラテン文字 Craig BELLAMY
基本情報
国籍 ウェールズの旗 ウェールズ
生年月日 (1979-07-13) 1979年7月13日(40歳)
出身地 カーディフ
身長 175cm
体重 68kg
選手情報
ポジション FW (CF)
利き足 右足
ユース
1988-1990 イングランドの旗 ブリストル・ローヴァーズ
1990-1996 イングランドの旗 ノリッジ・シティ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-2000 イングランドの旗 ノリッジ・シティ 84 (32)
2000-2001 イングランドの旗 コヴェントリー・シティ 34 (6)
2001-2005 イングランドの旗 ニューカッスル・ユナイテッド 93 (28)
2005 スコットランドの旗 セルティック (loan) 12 (7)
2005-2006 イングランドの旗 ブラックバーン・ローヴァーズ 27 (13)
2006-2007 イングランドの旗 リヴァプール 27 (7)
2007-2009 イングランドの旗 ウェストハム・ユナイテッド 24 (7)
2009-2011 イングランドの旗 マンチェスター・シティ 40 (12)
20 10-2011 ウェールズの旗 カーディフ・シティ (loan) 35 (11)
2011-2012 イングランドの旗 リヴァプール 24 (6)
2012-2014 ウェールズの旗 カーディフ・シティ 52 (5)
代表歴
1997-1998 ウェールズの旗 ウェールズ U-21 10 (1)
1998-2013 ウェールズの旗 ウェールズ 78 (19)
2012 イギリスの旗 イギリス 5 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

クレイグ・ダグラス・ベラミーCraig Douglas Bellamy, 1979年7月13日 - )は、ウェールズカーディフ出身の元同国代表の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはフォワード

経歴[編集]

ウェールズ代表でのベラミー

ノリッジ・シティFCの下部組織で育ち、1997年3月15日クリスタル・パレスFC戦でプロデビューを飾る。2000年コヴェントリー・シティFCに移籍したが活躍できず、それをクラブ側のせいにしたことから、コヴェントリーのファンから脅迫状まで届いた。2001年ニューカッスル・ユナイテッドFCに移籍したが、出場したUEFAチャンピオンズリーグの試合で相手に頭突きして3試合の出場停止処分を受けた。2002年、ナイトクラブで女性に暴行したとしてクラブから罰金を言い渡された。空港でコーチと喧嘩し、備品の椅子を放り投げる事件もあった。その後セルティックFCブラックバーン・ローヴァーズFCなどイギリスの中堅クラブを経て、2006年リヴァプールFCに移籍。しかし2007年、フェルナンド・トーレスの加入に押し出される形となり、僅か1年でウェストハム・ユナイテッドFCに移籍した。2009年1月19日、ブラックバーン時代の恩師、マーク・ヒューズ率いるマンチェスター・シティFCに移籍。同年12月19日、ヒューズが解任され、ロベルト・マンチーニが就任すると、監督に楯突き、出場機会が減少した。2010年8月からは故郷のカーディフを本拠地とするカーディフ・シティFCへレンタル移籍。

2011年8月31日に、マンチェスター・シティからリヴァプールへの移籍が決定した(マンチェスター・シティとの契約解除に伴いフリートランスファーでリヴァプールへ移籍)。契約年数は2年、背番号はマンチェスター・シティの頃と変わらず39を使う(リヴァプールへは4年ぶりの復帰となる)。

2012年8月10日、カーディフ・シティFCへ移籍。

2014年5月、現役引退を表明した[2]

現役引退後は、古巣カーディフ・シティのアカデミーで指導を行っていたが、2019年1月に若手選手に対する虐待行為が疑われたため、一時的にコーチの役割を外れることになった[3]。同年6月20日、ベルギーRSCアンデルレヒトU-21の監督に就任した[4]

代表歴[編集]

ウェールズ代表として1998年にデビューし、瞬く間に同国のスター選手となった。獲得タイトルはないが、ウェールズという地方だけで見れば素晴らしい栄誉を既に手にしている。2012年にはイギリス代表としてロンドンオリンピックメンバーに選出された。2013年10月に代表引退を表明[5]

人物[編集]

ウェールズ代表のスター選手。ウィンガーを得意ポジションとし、サイドから快足を飛ばしてドリブル突破しゴールへと向かうのがプレースタイル。スピードに乗ったドリブルは止めるのが難しく、彼の左サイドの崩しから数多くのチャンスが生まれる。得点力が非常に高く、ペナルティエリア外側から内に切れ込んでバイタルエリアからのミドルシュートや、ペナルティエリア内でのFWらしいパスを受けてのシュートを得意とし、2005-2006シーズンはブラックバーン・ローヴァーズFCで17試合で13ゴールを挙げる活躍を見せた。 攻撃だけでなく守備意識も高く、豊富な運動量でフィールド中を駆け回り、最前線から最終ラインまで労を惜しまず献身的に守備をこなす。

プレーは一流だが素行に難ありといわれてきたが、一時期に比べは落ち着きをみせている。しかし相変わらず、指揮官・コーチ陣との折り合いが、プレーに直結することは変わっておらず、クラブを転々とする結果となっている(近年では、マンチェスター・シティでレギュラーとして活躍していながらもマンチーニ監督との確執の末、カーディフへのレンタル放出、一年後にマンチェスター・シティとの契約解除、という事例を引き起こしている)。私生活では、2006年6月、長年付き合っていたクレア・ジャンセンと結婚し、3人の子供を授かっている。息子のエリスはニューポート・カウンティAFCのアカデミーに所属するサッカー選手である。問題児のイメージが常に付き纏うが、数千ポンド支援し、シエラレオネにサッカースクールを設立させるなど、チャリティー活動に積極的な一面を持つ。

タイトル[編集]

クラブ
セルティックFC
リヴァプールFC
個人

出典[編集]

外部リンク[編集]