ガレス・ベイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ギャレス・ベイル Football pictogram.svg
Liver-RM (2) (cropped).jpg
レアル・マドリードでのベイル(2018年)
名前
本名 ギャレス・フランク・ベイル
Gareth Frank Bale[1]
カタカナ ギャレス・ベイル
ラテン文字 Gareth BALE
基本情報
国籍 イギリスの旗 イギリスウェールズの旗 ウェールズ
生年月日 (1989-07-16) 1989年7月16日(32歳)
出身地 カーディフ
身長 185cm[2]
体重 81.8kg[2]
選手情報
在籍チーム スペインの旗 レアル・マドリード
ポジション FW[2]
背番号 18
利き足 左足
ユース
ウェールズの旗 カーディフ・シヴィル・サーヴィス
1999-2006 イングランドの旗 サウサンプトン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2007 イングランドの旗 サウサンプトン 40 (5)
2007-2013 イングランドの旗 トッテナム・ホットスパー 146 (42)
2013- スペインの旗 レアル・マドリード 171 (80)
2020-2021 イングランドの旗 トッテナム・ホットスパー (loan) 20 (11)
代表歴2
2005-2006  ウェールズ U-17 7 (1)
2006  ウェールズ U-19 1 (1)
2006-2008  ウェールズ U-21 4 (2)
2006- ウェールズの旗 ウェールズ 92 (33)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年6月29日現在。
2. 2021年6月11日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ギャレス・フランク・ベイルGareth Frank Bale, 1989年7月16日 - )は、イギリスウェールズカーディフ出身のサッカー選手レアル・マドリードCF所属。ウェールズ代表。ポジションはフォワード

デビュー当初は左サイドバックであったが、オフェンス力を買われて前線にコンバートされ左右ウィングを中心に起用されている[3][4]カリム・ベンゼマクリスティアーノ・ロナウドとの3トップはBBCと呼ばれた[5][6]

ウェールズ代表の最多得点記録の保持者[7]UEFA EURO 2016ではウェールズを初の決勝トーナメント進出に導いた。

生い立ち[編集]

1989年ウェールズカーディフにて生まれる。2人兄弟の末っ子で、叔父クリス・パイクもフラムFCカーディフ・シティFCで活躍したサッカー選手であった[8]。非常に早い時期からスポーツの才能を開花させ、9歳の時にはすでにサウサンプトンのスカウトに声をかけられていた。ウィッチチャーチ高校では、教師の勧めによりホッケーラグビー長距離走など様々なスポーツに親しんだ。ちなみに14歳の時には100mを11.4秒で走っていたという[9]。幼少時代はアーセナルのファンであった[10]

クラブ経歴[編集]

サウサンプトン[編集]

2005年7月にサウサンプトンFCと契約。2006年4月17日のミルウォールFC戦に先発出場し、16歳275日でプロデビュー[11]セオ・ウォルコットに次ぐクラブ史上2番目に若いデビューとなった。2006年8月には対ダービー・カウンティ戦にてフリーキックでプロ入り後初となるゴールをあげた[12]。デビュー年からの目覚ましい活躍で、同年の2006年にBBCウェールズのヤング・スポーツ・パーソナリティ・オブ・ザ・イヤーに選ばれた[13]。またプロとして最初のシーズンながら、フットボールリーグ・ヤングプレーヤー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた[14]

トッテナム・ホットスパー[編集]

トッテナムでのベイル(2011年)

翌年の2007年には様々なクラブ間での争奪戦が行われた末、 トッテナム・ホットスパーFCに移籍金700万ポンド、4年契約で移籍(その当時の背番号は16)[15]。デビュー年から活躍し、フラムFC戦でファーストゴールをあげ[16]アーセナルFC戦ではフリーキックでゴールを奪った[17]。しかし、2007年の12月に対バーミンガム・シティ戦でファブリス・ムアンバにタックルを受け、右足の靭帯に大怪我を負う。そのため、長期の戦線離脱を余儀なくされた[18]。その結果、シーズン後半のすべての試合を欠場したが、2008年クラブは「能力に疑いの余地はない」と彼とさらに4年契約を結んだ[19]

トッテナム加入以降、リーグ戦24試合、約2年に渡ってベイルが出場した試合ではトッテナムが勝利することができないという事態が続いたが[20][21]、監督のレドナップは2009年9月26日のバーンリーFC戦で4-0とトッテナムのリードで迎えた85分からベイルを途中出場させ、このジンクスを終わらせた[22]

2009年には膝の手術を受けることを発表。2009-2010年シーズンの前半を欠場した[23]。その間、ブノワ・アスー=エコトにポジションを奪われ、怪我から復帰してもなかなか出場できない期間が続いた。 しかし、監督であるハリー・レドナップはカップ戦などで少しずつベイルにチャンスを与えるようになる[24]。2010年4月、アーセナルFC戦で復活の狼煙となるゴールをあげた[25]。さらに、その次の試合であったチェルシーFC戦では1-1の場面で2-1となる決勝点をあげ、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれた[26]。この2戦の活躍により、プレミアリーグの4月の月間最優秀選手に選出された[27]。後半のベイルの活躍もあり、このシーズンでクラブ史上初めてUEFAチャンピオンズリーグ出場権を得たトッテナムは、「クラブの新しい歴史を作って欲しい」とすぐに4年契約を提示。移籍の噂も流れたが、ベイルは契約延長にサインをした[28]

2010年10月20日、UEFAチャンピオンズリーグインテル戦(サンシーロ)にて、ハットトリックを達成[29]。さらに続く11月2日のホームでのインテル戦では2アシストを記録して勝利に貢献し、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれた[30]インテルのディレクターとして帯同し、この試合を観戦していたルイス・フィーゴは、ベイルの動きについて「本当にただただアメージングだった」と賞賛のコメントをした[31]。2011年4月17日、サミル・ナスリカルロス・テベスらを抑えてPFA年間最優秀選手賞を受賞した[32]

2011-12シーズン、チームはリーグ4位に入りながらもUEFAチャンピオンズリーグの出場権を得られず、ベイルの移籍も取り沙汰されたが[33]、オフには2016年までの契約延長に合意した[34]。背番号も3から、ラファエル・ファン・デル・ファールトより受け継いた11番になった。

2012-13シーズン、主にトップ下でプレーするようになったベイルは[35]、リーグ戦で自己最多となる21ゴール(得点ランク3位)を挙げPFA年間最優秀選手賞PFA年間最優秀若手選手賞FWA年間最優秀選手賞を受賞した[36]。最終節のサンダーランドAFC戦で決勝点となるミドルシュートを決めるも、チームはチャンピオンズリーグ出場権を逃した[37]

レアル・マドリード[編集]

レアル・マドリードに入団したベイル(2013年)

2013年9月1日、レアル・マドリードへの移籍が発表された[38]。移籍金は当時の史上最高額となる8600万ポンドと言われている。ベイルは左ウィングやトップ下でのプレーを得意としていたが[35]、左ウィングにポジションをとるクリスティアーノ・ロナウドの存在により主に右ウィングでプレーすることとなった。

2013年9月14日のデビュー戦のビジャレアルCF戦で、公式戦における移籍後初得点を挙げた[39]。11月30日のバリャドリード戦ではハットトリックを達成した[40]。2014年4月16日のコパ・デル・レイ決勝のFCバルセロナ戦では決勝点を決め、チームに国王杯をもたらした[41]。続く5月24日のUEFAチャンピオンズリーグ決勝では、1-1で迎えた延長後半5分にディ・マリアのシュートの零れ球を頭で押し込む逆転弾を決めた[42]

2014年10月、ウェールズ代表戦にて肉離れを起こし戦線離脱[43]。その間にイスコや新加入のハメス・ロドリゲスが活躍したことにより、ベイルのスターティングメンバー落ちを望む声も上がった[44] が、リーガ第11節のラーヨ・バジェカーノ戦でスターティングメンバーとして復帰すると、前半9分に先制点を記録した[45]。2014年のFIFAクラブワールドカップでは、2得点を挙げてチームメイトのセルヒオ・ラモスらと共に得点王になった。2015年に入ってからはしばらくゴールに見放され、自己中心的なプレーや守備への献身性の少なさなどもあって批判を受けた[46][47]

レアル・マドリードでプレーするベイル(2015年)

2015-16シーズンはリーガエスパニョーラでは23試合に出場し19得点を記録[48]。チャンピオンズリーグでは得点はなかったが[48]、決勝戦ではセルヒオ・ラモスのゴールをアシストした[49]。その後、クラブの活躍や代表での活躍が評価され、アントワーヌ・グリーズマンクリスティアーノ・ロナウドとともにUEFA欧州最優秀選手賞の最終候補に選ばれた。

2016-17シーズンは、2016年10月30日にレアル・マドリードとの契約を2022年まで延長したことが発表された[50]。その後、11月22日のUEFAチャンピオンズリーグのグループリーグ、スポルティングCP戦で右足首を負傷[51]、手術を行ったことで年末に開催されたFIFAクラブワールドカップ2016も欠場を余儀なくされた。2017年2月18日、第23節のRCDエスパニョール戦で怪我から約3か月ぶりに復帰を果たして得点も決めたが[52]、その後もコンディションが万全になることはなく、4月23日に行われた第33節、FCバルセロナとのクラシコで怪我の再発により前半39分で交代[53]、このシーズンのリーグ戦は19試合出場に留まった。シーズン絶望と思われたが、故郷カーディフで開催された2016-17シーズン最終戦のUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦のユヴェントスFC戦には間に合い、後半77分から出場、チームは勝利して地元開催大会で優勝した史上6人目の選手となった[54]

2017年11月28日、CFフエンラブラダ戦でレアル・マドリード通算160試合目の出場となり、デビッド・ベッカムを超えて英国出身選手としてクラブ最多試合出場記録を更新した[55]。このシーズンは前半戦は負傷の影響で十分な出場機会が得られなかったものの、シーズン後半を中心に多くの得点・アシストを記録し、高いパフォーマンスを見せた。2018年5月26日、リヴァプールFCとのチャンピオンズリーグ決勝ではベンチスタートとなったが、1-1で迎えた後半61分にイスコとの交代でピッチに立つと、64分にマルセロのクロスにバイシクルシュートで合わせて追加点を奪った。83分には距離のある位置から無回転シュートで2点目を決めた[56]。決勝ではマン・オブ・ザ・マッチに選出された[57]

2018-19シーズンはオフにロナウドが移籍したことでBBCは解体されたが、自身はリーグの開幕から3試合連続でゴールを記録して幸先の良いスタートを切った[58]。12月のFIFAクラブワールドカップは、レアル・マドリード初戦の鹿島アントラーズ戦でハットトリックを記録するなど活躍し、大会最優秀選手に選ばれた[59]。2019年2月9日のアトレティコ・マドリード戦でレアルでの通算100得点を達成した。しかしその得点後のパフォーマンスで侮辱的な意味を持つジェスチャーをし、物議を醸した[60]。3月にジネディーヌ・ジダンが監督に復帰すると出場機会は激減し、招集外にもなった。この指揮官とは以前就任していたときから緊張状態にあった[61]

オフにはジダン監督から「(退団が)明日になるようならその方がいい。」と言われるなど来季の構想外であることが明言された。退団は確実とみられ、中国1部江蘇蘇寧への加入が決定的との報道もあった[62]。しかし移籍交渉はまとまらず、残留して2019-20シーズン開幕を迎えた。開幕戦に先発出場すると、先制点をアシストするなど高いパフォーマンスを発揮し[63]、第3節のビジャレアルCF戦では2ゴールを決める活躍を見せたが退場処分を受けた[64]。また、10月の代表戦で負傷し、クラブでは10月5日を最後に約1カ月間ピッチから遠ざかることとなった。11月のEURO2020予選に参戦し、19日のハンガリー戦試合後のチャントで『(優先順位は)ウェールズ、ゴルフ、(レアル)マドリー』と書かれた、ウェールズサポーターの国旗を掲げたことからマドリディスタより批判を受けた[65]。その後はベンチ外になることが多く、出場しても低調なパフォーマンスに終始し[66]、公式戦でわずか計3得点に終わった。

トッテナム・ホットスパー復帰[編集]

2020年9月19日、トッテナム・ホットスパーFCに2021年6月30日までの期限付き移籍で復帰することが発表された[67][68]。11月1日、ホームでのブライトン戦で後半70分に途中出場すると、73分に同じくレアル・マドリードから移籍してきたレギロンからのクロスをヘッドで合わせ、実に7年166日ぶりとなるトッテナムでの復帰後初得点を記録した[69]。2021年5月2日のリーグ第34節、シェフィールド・ユナイテッド戦ではハットトリックを決めた[70]

代表経歴[編集]

ウェールズ代表でのベイル(2016年)

2006年5月25日、ウェールズ代表としてトリニダード・トバゴ戦でデビューし[71]、16歳315日のウェールズ代最年少記録を作った[72](2013年にハリー・ウィルソンが更新[73])。10月7日には、EURO2008予選スロバキア戦にて、フリーキックでウェールズ代表史上最年少ゴールを記録した[74]。また、ベイルは祖母がイングランド人であることからイングランド代表としてプレーすることも選べたが、「ウェールズ代表としてプレーすることをとても誇りに思っている。僕のハートにはイングランド代表に対して奮い立つ気持ちはない」と声明を出している[75]

UEFA EURO 2016予選では7得点を上げ、ウェールズ代表史上初のUEFA EURO本大会出場に貢献した[76]。2016年6月に行われたUEFA EURO 2016ではGL第1戦スロバキア戦で直接フリーキックを決め、ウェールズ史上初のUEFA EURO本大会得点者となり、UEFA EURO本大会初勝利に貢献した[77]。続くGL第2戦イングランド戦でも直接フリーキックを決め[78]、さらにGL第3戦のロシア戦でもゴールを決め[79]、ウェールズ史上初となるUEFA EURO本大会グループステージ突破とベスト4入りに貢献した[80]

2018年3月22日の中国戦ではハットトリックを達成[7]。この3ゴールで代表通算29得点とし、イアン・ラッシュを抜きウェールズ代表の最多得点記録を更新した[7]

2021年、UEFA EURO 2020、グループリーグ第2戦、トルコ戦ではペナルティーキックを失敗したが、2アシストを決めて、大会初勝利に貢献、マンオブザマッチに選ばれた[81]

プレースタイル[編集]

フレンドリーマッチにて(奥がベイル)

2015年のFIFAの調査によると、ベイルのドリブル時の速度は36.9km/hで世界最速である[82]

フリーキックのキッカーとしてはボールを擦り上げるように蹴りトップスピンを与え、壁を超えてから急激に落下するドライブシュートを得意としている。スペインの新聞紙「エル・ムンド」はこの試合でのベイルを「スティーブ・オベットの様に走ることができ、ブライアン・ハバナのような体格を持ち、ブラジル人のような曲がるボールを蹴ることが出来る選手である」と絶賛した[83]。また、同じくウェールズ出身のサッカー選手ライアン・ギグスにプレースタイルが似ているため、ギグスの後継者ともいわれていた。

ピッチ外では穏やかな性格の持ち主として知られ、トッテナムの元監督であるハリー・レドナップは「性格が凄くいい子なんだ。あんなに感じが良くて手がかからない子はそういないよ[84]。」と発言している

私生活[編集]

高校生時代からの恋人であったエマ・リース=ジョーンズとともに暮らしており、娘2人、息子1人の父親である[85][86]。一切、アルコールを口にしない主義である[87][88]

趣味のゴルフはアマチュアとしては高い腕前を持つとされ、クレイグ・ベラミーらとチャリティーのゴルフトーナメントに出場した経験もある[89]。ウェールズの自宅には全英オープンマスターズ・トーナメントのレプリカコースを3ホール再現した[90]。一方、度重なる負傷の原因として休養をせずゴルフをしているとスペイン紙「マルカ」などに報じられたり[91]、スペインに適応できず数日間の休みでもウェールズの自宅で過ごすことなどをティボ・クルトゥワらにゴルフィスタ(ゴルフプレイヤー)と揶揄されるなどしばしばゴルフ熱が議題に挙がることがある[92]

2018年10月、税金未払いが発覚し、税務局から4300万円の支払いを命じられた[93]

特に仲のいい選手として、ウェールズ代表のチームメイトであるウェイン・ヘネシーの名前を挙げている。

個人記録[編集]

クラブでの成績[編集]

クラブ シーズン リーグ リーグ戦 カップ戦 リーグ杯 国際大会 その他 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
サウサンプトン 2005-06 チャンピオンシップ 2 0 0 0 0 0 - 0 0 2 0
2006-07 38 5 1 0 3 0 - 1 0 43 5
通算 40 2 1 0 3 0 - 1 0 45 5
トッテナム 2007-08 プレミアリーグ 8 2 0 0 1 1 3 0 0 0 12 3
2008-09 16 0 2 0 5 0 7 0 0 0 30 0
2009-10 23 3 8 0 3 0 - 0 0 34 3
2010-11 30 7 0 0 0 0 11 4 0 0 41 11
2011-12 36 9 4 2 0 0 2 1 0 0 42 12
2012-13 33 21 2 1 1 1 8 3 0 0 44 26
通算 146 42 16 3 10 2 31 8 0 0 203 55
レアル・マドリード 2013-14 プリメーラ 27 15 5 1 - 12 6 0 0 44 22
2014-15 31 13 2 0 - 10 2 5 2 48 17
2015-16 23 19 0 0 - 8 0 0 0 31 19
2016-17 19 7 0 0 - 8 2 0 0 27 9
2017-18 26 16 2 1 - 7 3 4 1 39 21
2018-19 29 8 3 0 - 7 3 3 3 42 14
2019-20 16 2 1 1 - 3 0 0 0 20 3
通算 171 80 13 3 - 55 16 12 6 251 105
トッテナム 2020-21 プレミアリーグ 20 11 2 1 2 1 10 3 0 0 34 16
通算 20 11 2 1 2 1 10 3 0 0 34 16
レアル・マドリード 2021-22 プリメーラ
通算
総通算 377 135 32 7 15 3 96 27 13 6 533 181

代表[編集]


ウェールズ代表国際Aマッチ
出場得点
2006 4 1
2007 7 1
2008 5 0
2009 7 0
2010 4 1
2011 6 3
2012 5 3
2013 5 2
2014 5 3
2015 6 5
2016 11 7
2017 3 0
2018 6 5
2019 9 2
2020 4 0
2021 11 3
通算 98 36

代表でのゴール[編集]

# 日付 場所 対戦相手 スコア 結果 試合
1. 2006年10月7日 ウェールズの旗 カーディフミレニアム・スタジアム  スロバキア 1 – 2 1–5 UEFA EURO 2008予選
2. 2007年3月28日 ウェールズの旗 カーディフ、ミレニアム・スタジアム  サンマリノ 2 – 0 3–0 UEFA EURO 2008予選
3. 2010年10月12日 スイスの旗 バーゼルザンクト・ヤコブ・パルク  スイス 1 – 1 4–1 UEFA EURO 2012予選
4. 2011年10月7日 ウェールズの旗 スウォンジーリバティ・スタジアム  スイス 2 – 0 2–0 UEFA EURO 2012予選
5. 2011年10月11日 ブルガリアの旗 ソフィアヴァシル・レフスキ国立競技場  ブルガリア 0 – 1 0–1 UEFA EURO 2012予選
6. 2011年11月12日 ウェールズの旗 カーディフ、カーディフ・シティ・スタジアム  ノルウェー 1 – 0 4–1 親善試合
7. 2012年9月11日 セルビアの旗 ノヴィ・サドカラジョルジェ競技場  セルビア 2 – 1 6–1 2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
8. 2012年10月12日 ウェールズの旗 カーディフ、カーディフ・シティ・スタジアム  スコットランド 1 – 1 2–1 2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
9. 2 – 1
10. 2013年2月6日 ウェールズの旗 スウォンジー、リバティ・スタジアム  オーストリア 1 – 0 2–1 親善試合
11. 2013年3月26日 ウェールズの旗 スウォンジー、リバティ・スタジアム  クロアチア 1 – 0 1–2 2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
12. 2014年3月5日 ウェールズの旗 カーディフ、カーディフ・シティ・スタジアム  アイスランド 3 – 1 3–1 親善試合
13. 2014年9月9日 アンドラの旗 アンドラ・ラ・ベリャエスタディ・ナシオナル  アンドラ 1 – 1 1–2 UEFA EURO 2016予選
14. 1 - 2
15. 2015年3月28日 イスラエルの旗 ハイファハイファ国際競技場  イスラエル 0 – 2 0–3 UEFA EURO 2016予選
16. 0 - 3
17. 2015年6月12日 ウェールズの旗 カーディフ、カーディフ・シティ・スタジアム  ベルギー 1 – 0 1–0 UEFA EURO 2016予選
18. 2015年9月3日 キプロスの旗 ニコシアGSPスタジアム  キプロス 0 – 1 0–1 UEFA EURO 2016予選
19. 2015年10月13日 ウェールズの旗 カーディフ、カーディフ・シティ・スタジアム  アンドラ 2 – 0 2–0 UEFA EURO 2016予選
20. 2016年6月11日 フランスの旗 ボルドーヌーヴォ・スタッド・ド・ボルドー  スロバキア 1 – 0 2–1 UEFA EURO 2016
21. 2016年6月16日 フランスの旗 ランススタッド・フェリックス・ボラール  イングランド 0 – 1 2–1 UEFA EURO 2016
22. 2016年6月20日 フランスの旗 トゥールーズスタジアム・ミュニシパル  ロシア 0 – 3 0–3 UEFA EURO 2016
23. 2016年9月5日 ウェールズの旗 カーディフ、カーディフ・シティ・スタジアム  モルドバ 3 – 0 4–0 2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
24. 4 – 0
25. 2016年10月9日 ウェールズの旗 カーディフ、カーディフ・シティ・スタジアム  ジョージア 1 – 0 1–1 2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
26. 2016年11月12日 ウェールズの旗 カーディフ、カーディフ・シティ・スタジアム  セルビア 1 – 0 1–1 2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
27. 2018年3月22日 中華人民共和国の旗 南寧市広西体育中心  中国 0 – 1 0–6 チャイナ・カップ
28. 0 - 2
29. 0 - 6
30. 2018年9月7日 ウェールズの旗 カーディフ、カーディフ・シティ・スタジアム  アイルランド 2 – 0 4–1 UEFAネーションズリーグ2018-19


タイトル[編集]

クラブ[編集]

サウサンプトンFC
トッテナム・ホットスパーFC
レアル・マドリード

個人[編集]

その他[編集]

出典[編集]

  1. ^ Premier League clubs submit squad lists (PDF) (英語)
  2. ^ a b c ベイル”. レアル・マドリード. 2017年12月1日閲覧。
  3. ^ 「コンバートされたポジションで『達人』となった10選手」”. Qoly. p. 4 (2016年2月28日). 2021年3月1日閲覧。
  4. ^ ベイル、ピルロ、シュバインシュタイガー ポジション変えて大化けした9人” (日本語). www.theworldmagazine.jp (2020年5月7日). 2021年3月1日閲覧。
  5. ^ レアル36戦不敗!ジダン監督“神采配”リーグ戦温存の3人が活躍”. スポーツニッポン. 2017年2月2日閲覧。
  6. ^ レアル・マドリー、リーガ開幕節は“BBC”抜き C・ロナウドに続いてベンゼマの欠場が決定的に”. Goal.com (2016年8月18日). 2017年2月2日閲覧。
  7. ^ a b c ウェールズ代表が中国をボッコボコに!ベイルが大暴れ”. Qoly (2018年3月22日). 2018年3月23日閲覧。
  8. ^ Bluebirds of a feather are flocking together”. South Wales Echo. Wales Online. 2008年12月8日閲覧。
  9. ^ Gareth Bale interview: born to run The Telegraph 2015年3月30日
  10. ^ レアルのベイルが選ぶ、往年の名選手によるベストイレブン SOCCER KING 2014年5月6日
  11. ^ ギャレス・ベイルのキャリアでの「輝かしい瞬間」トップ10” (日本語). SPURS JAPAN (2020年6月14日). 2021年3月1日閲覧。
  12. ^ Derby 2 Southampton 2”. Southampton FC. 2007年1月21日閲覧。
  13. ^ “Calzaghe scoops BBC Wales honour”. BBC Sport. (2006年12月3日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/wales/6157171.stm 2007年1月21日閲覧。 
  14. ^ Prestige award for Bale”. Southampton FC. 2007年3月5日閲覧。
  15. ^ “Tottenham complete Bale transfer”. BBC Sport. (2007年5月25日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/t/tottenham_hotspur/6693839.stm 2010年4月18日閲覧。 
  16. ^ “Fulham 3–3 Tottenham”. BBC Sport. (2007年9月1日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/eng_prem/6963700.stm 2007年9月2日閲覧。 
  17. ^ Tottenham 1–3 Arsenal”. BBC Sport (2007年9月15日). 2009年9月2日閲覧。
  18. ^ “Injury rules out Bale for season”. BBC Sport. (2008年2月4日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/t/tottenham_hotspur/7226918.stm 2008年2月9日閲覧。 
  19. ^ “Bale signs new Tottenham contract”. BBC Sport. (2008年8月13日). http://newsimg.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/t/tottenham_hotspur/7558883.stm 2008年8月13日閲覧。 
  20. ^ The curse of Tottenham's Gareth Bale Telegraph 2009年1月15日
  21. ^ Everton 0-0 Tottenham BBC sport 2009年5月9日
  22. ^ Report: Tottenham Hotspur vs Burnley – English Premier League ESPNsoccernet 2009年9月26日
  23. ^ Gareth Bale could miss start of next season after knee surgery The Guardian, 3 June 2009
  24. ^ Hytner, David (2010年1月13日). “Tottenham manager challenges Gareth Bale to claim a starting place”. London: The Guardian. http://www.guardian.co.uk/football/2010/jan/13/gareth-bale-harry-redknapp-tottenham 2010年5月3日閲覧。 
  25. ^ Unforgettable night!”. Tottenham Hotspur F.C. (2010年4月14日). 2010年4月18日閲覧。
  26. ^ The dream derby double!”. Tottenham Hotspur FC (2010年4月17日). 2010年4月18日閲覧。
  27. ^ Gareth named Player of the Month”. Tottenham Hotspur FC (2010年4月30日). 2010年4月30日閲覧。
  28. ^ Gareth Bale signs new four-year Tottenham contract”. BBC News (2010年5月7日). 2010年5月7日閲覧。
  29. ^ Inter Milan 4 Tottenham 3”. BBC Sport (2010年10月20日). 2010年10月20日閲覧。
  30. ^ Tottenham 3 Inter Milan 1”. BBC Sport (2010年11月2日). 2010年11月2日閲覧。
  31. ^ Bale the architect of Spurs' glory night”. ESPN Soccernet. 2010年11月3日閲覧。
  32. ^ ベイル、年間最優秀選手受賞に喜び”. Goal.com (2011年4月18日). 2011年4月19日閲覧。
  33. ^ ベイルが移籍の噂を否定「トッテナムは強力なチームだし、ほかへ行く理由はない」” (日本語). サッカーキング (2012年9月18日). 2021年3月1日閲覧。
  34. ^ ベイルがトッテナムと2016年まで契約延長「ファンに恩返しをしたい」” (日本語). サッカーキング (2012年6月28日). 2021年3月1日閲覧。
  35. ^ a b ベイル、右サイド起用に不満か 代理人がマドリー会長にポジション変更を懇願?”. Goal.com (2015年6月4日). 2015年9月14日閲覧。
  36. ^ ギャレス・ベイルのキャリアでの「輝かしい瞬間」トップ10 - ページ 4 / 10” (日本語). SPURS JAPAN. p. 4 (2020年6月14日). 2021年3月1日閲覧。
  37. ^ 《プレミアリーグ最終節》トッテナムvsサンダーランド” (日本語). 超ワールドサッカー. 2021年3月1日閲覧。
  38. ^ レアルマドリーベイル加入を発表”. goal.com. 2013年9月2日閲覧。
  39. ^ ビジャレアルでのベイルのゴール” (日本語). Real Madrid C.F. - Web Oficial (2019年8月28日). 2021年3月1日閲覧。
  40. ^ 移籍後初ハットのベイル「望んでいたこと全てが現実に」” (日本語). サッカーキング (2013年12月1日). 2021年3月1日閲覧。
  41. ^ ベイルが決勝弾!レアルがバルセロナを破り国王杯制覇” (日本語). www.afpbb.com (2014年4月17日). 2021年3月1日閲覧。
  42. ^ 決勝弾のベイル「一生忘れない」 、欧州CL” (日本語). www.afpbb.com (2014年5月25日). 2021年3月1日閲覧。
  43. ^ R・マドリードに痛手、ベイルが負傷によりリヴァプール戦とバルセロナ戦に欠場へ”. wowow.co.jp. 2014年11月9日閲覧。
  44. ^ マドリーファン、84%がベイルよりイスコの起用を望む”. goal.com. 2014年11月9日閲覧。
  45. ^ C・ロナウド18点目、ベイル復帰弾にクロース初得点…5発快勝のレアルは8連勝”. ゲキサカ. 2014年11月9日閲覧。
  46. ^ レアル、4発快勝も“自己チュー”なベイルに批判…ハメスの決定機奪う”. soccer king. 2015年3月21日閲覧。
  47. ^ 10試合ぶりに得点のベイル、批判を受けてか両耳を塞ぐパフォーマンスを披露”. goal.com. 2015年3月21日閲覧。
  48. ^ a b ガレス・ベイル”. Goal.com. 2016年6月6日閲覧。
  49. ^ CL制覇に続きユーロでの活躍を誓うベイル「代表でも栄光を掴みたい」”. サッカーキング. 2016年6月6日閲覧。
  50. ^ ベイル、契約延長で"CR7超え"? 新年俸はクラブ最高額との報道も” (日本語). フットボールチャンネル (2016年10月31日). 2021年3月1日閲覧。
  51. ^ レアル・マドリー、大変だ…ベイルもクラシコ欠場へ” (日本語). Qoly (2016年11月24日). 2021年3月1日閲覧。
  52. ^ ベイル:「復帰しゴールも決められたのでとても幸せだ。そのためにハードワークを行ってきたからね」” (日本語). Real Madrid C.F. - Web Oficial (2017年2月18日). 2021年3月1日閲覧。
  53. ^ クラシコで再負傷のベイル、約1カ月の離脱か…CL準決勝は欠場濃厚に” (日本語). サッカーキング (2017年4月25日). 2021年3月1日閲覧。
  54. ^ レアルFWベイルが狙う!超レアな「CL史上6人目の記録」を知ってる?”. Qoly. 2017年6月4日閲覧。
  55. ^ 試合出場数でベッカム超えを達成したベイルだが...負傷により再離脱”. Goal.com. 2018年3月2日閲覧。
  56. ^ レアルが史上初のCL3連覇!…ベイルのオーバーヘッド&無回転弾でリヴァプール破る”. サッカーキング. 2018年5月27日閲覧。
  57. ^ CL決勝MOMはベイル! ファイナル史上最高級のスーパーゴールで3連覇に貢献” (日本語). フットボールチャンネル (2018年5月26日). 2021年2月22日閲覧。
  58. ^ ベイル、ロナウド退団で「よりチームらしくなる」 レアルの今後に自信”. www.afpbb.com. 2019年8月22日閲覧。
  59. ^ ベイルがクラブW杯のMVPに! 鹿島戦でハット。カイオはシルバーボールを受賞”. www.footballchannel.jp. 2019年8月22日閲覧。
  60. ^ ベイル、最大12試合出場停止か…アトレティコ戦ゴールパフォが問題に”. サッカーキング (2019年2月15日). 2019年8月22日閲覧。
  61. ^ 「本当にイライラした」…ベイル、昨季CL決勝以来ジダンと口を聞いていないと明かす”. ゲキサカ (2019年2月6日). 2019年8月22日閲覧。
  62. ^ ジダン、ベイルのレアル退団認める。「移籍先と交渉中。早い方がいい」”. www.footballchannel.jp. 2019年8月22日閲覧。
  63. ^ レアルが開幕戦3発快勝、ジダン監督は先発起用のベイル残留を示唆”. www.afpbb.com. 2019年8月22日閲覧。
  64. ^ レアル、2戦連続ドロー。ベイルが2得点も終盤に退場処分” (日本語). フットボールチャンネル (2019年9月1日). 2021年2月22日閲覧。
  65. ^ 「母国、ゴルフ、マドリー」が物議。ベイルとレアルの愛は尽きたのか。”. Number Web (2019年11月30日). 2020年1月23日閲覧。
  66. ^ ベイルは完全に“失格”。レアル・マドリー快勝でも1人だけ蚊帳の外…生き残る道は?”. フットボールチャンネル (2020年2月10日). 2020年8月16日閲覧。
  67. ^ 公式声明:ベイル選手について” (jp). レアル・マドリード. 2020年9月20日閲覧。
  68. ^ ギャレス・ベイルがスパーズに帰ってきた”. SPURS JAPAN.com (2020年9月20日). 2020年9月20日閲覧。
  69. ^ ベイル、トッテナム復帰後初ゴール。途中出場で決勝点” (日本語). フットボールチャンネル (2020年11月1日). 2021年2月22日閲覧。
  70. ^ ベイルがハットトリック!トッテナムがリーグ戦2連勝で5位浮上”. ゴール (2021年5月2日). 2021年5月17日閲覧。
  71. ^ “Bale savours record Wales debut”. BBC Sport. (2006年5月28日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/internationals/5024788.stm 2007年1月21日閲覧。 
  72. ^ Injured Bale out for three months”. BBC Sport (2007年12月10日). 2010年10月21日閲覧。
  73. ^ Belgium 1-1 Wales”. BBC (2013年10月15日). 2018年3月23日閲覧。
  74. ^ “Wales 1–5 Slovakia”. BBC Sport. (2006年10月7日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/internationals/5361822.stm 2007年1月21日閲覧。 
  75. ^ “Bale: I could have played for England but playing for Wales is an honour”. The Daily Mail. (2007年8月3日). http://www.dailymail.co.uk/sport/football/article-472869/Bale-I-played-England-playing-Wales-honour.html 2010年11月2日閲覧。 
  76. ^ ウェールズ、初のユーロ本戦出場決定…ベイル「人生で最高の敗戦」 サッカーキング 2015年10月11日
  77. ^ ベイルが58年ぶりの記念弾! ウェールズがスロバキアに歴史的勝利 時事ドットコム 2018年2月27日閲覧
  78. ^ 井川洋一 (2016年6月30日). “18年前、世界98位だったウェールズ。EUROベスト8、ベイルの冒険は続く。” (日本語). Number Web. 2021年3月1日閲覧。
  79. ^ ウェールズが決勝T進出、ベイル3戦連発弾など3発完勝…ロシアは予選敗退” (日本語). サッカーキング (2016年6月21日). 2021年3月1日閲覧。
  80. ^ ギャレス・ベイルのキャリアでの「輝かしい瞬間」トップ10 - ページ 8 / 10” (日本語). SPURS JAPAN. p. 8 (2020年6月14日). 2021年3月1日閲覧。
  81. ^ 「確かに残念だったが…」ベイルが“失態”帳消しの2アシストでMOM選出”. ゲキサカ (2021年6月17日). 2021年6月17日閲覧。
  82. ^ 「ベイルに次ぐ男」はメキシコにいた! C・ロナウドらを抑えて最速ドリブル世界第2位 Goal.com
  83. ^ [1]
  84. ^ Jason Burt, Redknapp happy to talk as Figo drools over wonder winger, The Daily Telegraph, 3 Nov 2010, Page S3.
  85. ^ “Gareth Bale withdraws from Tottenham match as partner goes into labour”. Wales Online. (2012年10月20日). http://www.walesonline.co.uk/news/need-to-read/2012/10/20/updated-gareth-bale-withdraws-from-tottenham-match-as-partner-goes-into-labour-91466-32071244/ 
  86. ^ Parrish, Charlie (2014年11月21日). “Gareth Bale: 'Without Real Madrid, it would have been very, very difficult to have ever left Spurs'”. The Daily Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/sport/football/11238362/Gareth-Bale-exclusive-interview-Real-Madrid-Spurs.html 2014年11月21日閲覧。 
  87. ^ Malone, Sam (2013年3月27日). “Gareth: 'I can't stand the booze'”. Wales Online. https://www.walesonline.co.uk/news/wales-news/gareth-i-cant-stand-booze-1884234 2018年3月22日閲覧。 
  88. ^ Fifield, Dominic (2016年6月11日). “Danny Rose’s insight on Gareth Bale sends shivers down England spines”. The Observer. https://www.theguardian.com/football/2016/jun/11/danny-rose-england-gareth-bale-wales-euro-2016 2018年3月22日閲覧。 
  89. ^ ベイル、母国開催のゴルフ大会に出場へ…ベラミー氏らとウェールズ代表に SOCCER KING 2017年6月8日
  90. ^ ベイルが自宅に豪華ゴルフコース建設 有名ホール完全再現に英紙「夢を現実に変えた」 football zone 2018年3月25日
  91. ^ 次節メンバー外のベイル、負傷の原因はゴルフ?…ジダン監督は擁護 SOCCER KING 2016年4月20日
  92. ^ 「食事会欠席やゴルフばかり」クルトワがベイルは“浮いている”と暴露 YAHOO!ニュース 2019年2月19日
  93. ^ [2] サッカーキング 2018年10月26日
  94. ^ “17th Football Presentation Awards Evening”. Football Association of Wales. (2007年11月13日). http://www.faw.org.uk/news/889 
  95. ^ “Bale claims public vote”. Football Association. (2010年3月1日). http://www.thefa.com/TheFACup/FACompetitions/TheFACup/NewsAndFeatures/2010/BalePOTR5RP.aspx 2010年3月12日閲覧。 
  96. ^ “Bale scoops Player of the Month award”. PremierLeague.com (Premier League). (2010年4月30日). http://www.premierleague.com/page/Headlines/0,,12306~2040185,00.html 2010年4月30日閲覧。 
  97. ^ “Gareth, Daws scoop awards”. TottenhamHotspur.com (Tottenham Hotspur). (2010年5月3日). http://www.tottenhamhotspur.com/news/articles/daws-bale-scoop-awards-030510.html? 2010年5月3日閲覧。 
  98. ^ “Gareth Bale named Wales' player of the year”. BBC Sport. (2010年10月4日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/league_of_wales/9060367.stm? 2010年10月4日閲覧。 
  99. ^ ベイルが4年連続6度目の偉業! ウェールズ年間最優秀選手賞に輝く”. サッカーキング (2016年11月9日). 2016年11月10日閲覧。
  100. ^ “快速ベイル、愛車はベントレーの「コンチネンタルGTCスピード」”. Qoly. (2015年3月16日). https://qoly.jp/2015/03/16/gareth-bale-car-bentley-continental-gtc-speed 2021年3月1日閲覧。 
  101. ^ 「UEFA EURO 2016 / ウイニングイレブン 2016」パッケージにウェールズ代表のベイル選手を起用。購入特典も明らかに” (日本語). www.4gamer.net (2016年3月9日). 2021年3月1日閲覧。
  102. ^ ESPN World Fame 100 ESPN.com 2017年6月10日閲覧。
  103. ^ The World's Highest-Paid Athletes Forbes.com 2014年6月発表。
  104. ^ 米経済誌発表のスポーツ選手長者番付…C・ロナウドがサッカー界のトップに
  105. ^ トッテナム復帰のベイル代理人、レアルに苦言「彼の足跡にキスをすべき」” (日本語). サッカーキング (2020年9月22日). 2021年3月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]