ショーン・ライト=フィリップス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ショーン・ライト=フィリップス Football pictogram.svg
Shaun Wright-Phillips - Man City.jpg
名前
本名 ショーン・キャメロン・ライト=フィリップス
Shaun Cameron Wright-Phillips
愛称 SWP
ラテン文字 Shaun WRIGHT-PHILLIPS
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1981-10-25) 1981年10月25日(36歳)
出身地 ロンドン グリニッジ区グリニッジ
身長 168cm
体重 64kg
選手情報
在籍チーム アメリカ合衆国の旗 アリゾナ・ユナイテッドSC
ポジション MF
利き足 右足
ユース
1993-1998 イングランドの旗 ノッティンガム・フォレストFC
1998-1998 イングランドの旗 マンチェスター・シティFC
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999–2005 イングランドの旗 マンチェスター・シティFC 153 (26)
2005–2008 イングランドの旗 チェルシーFC 81 (4)
2008-2011 イングランドの旗 マンチェスター・シティFC 65 (9)
2011-2015 イングランドの旗 クイーンズ・パーク・レンジャーズFC 67 (1)
2015-2016 アメリカ合衆国の旗 ニューヨーク・レッドブルズ 19 (1)
2016 アメリカ合衆国の旗 ニューヨーク・レッドブルズ II (loan) 1 (0)
2017- アメリカ合衆国の旗 アリゾナ・ユナイテッドSC 0 (0)
代表歴2
2001-2002 イングランドの旗 イングランドU-21 6 (1)
2004-2010 イングランドの旗 イングランド 36 (6)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年11月23日現在。
2. 2016年9月22日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ショーン・ライト=フィリップス(Shaun Wright-Phillips, 1981年10月25日 - )は、イングランドロンドン出身の元同国代表サッカー選手メジャーリーグサッカーアリゾナ・ユナイテッドSC所属。ポジションはミッドフィールダーフォワード。主にウィンガーとしてプレーする。

アーセナルの英雄、イアン・ライトの養子。義弟のブラッドリー・ライト=フィリップスもニューヨーク・レッドブルズ所属のサッカー選手である。タイプこそ全く異なるがデビッド・ベッカムの後継者と言われる右サイドを主戦場とするサイドアタッカー。スピード溢れるドリブルを得意としており、切れ込んでのロングシュートも持ち味。

経歴[編集]

マンチェスター・シティ時代[編集]

ユース時代はノッティンガム・フォレストFCに最初は所属し、後にマンチェスター・シティFCへ移籍。1999年にフットボールリーグカップバーンリーFC戦でトップチームデビューを果たした。この頃はセンターフォワードとしてプレーしていた。その2ヵ月後にはポート・ヴェイルFC戦でリーグ戦初出場も記録(当時のマンチェスター・シティFCは2部に所属)。この試合でライト・フィリップスが放ったシュートが相手のオウンゴールを誘い、決勝点を演出した形となった。このシーズンをマンチェスター・シティFCは2位で終えプレミアリーグに復帰。翌2000-01シーズンはライト=フィリップスも出場機会を手にし、12試合に先発出場したが、チームは1シーズンで再び降格した。

ケヴィン・キーガンが監督に就任した2001-02シーズンは、攻撃的サッカーを心情とするキーガンがライト=フィリップスのスピードを活かそうと考えウィングにコンバート[1]。レギュラーに定着し、35試合に出場し自身初得点を含む8得点を挙げチームのプレミアリーグ復帰に貢献した。プレミア復帰後もチームの中心として活躍し、2000年から2003年まで4年連続でクラブの年間最優秀若手選手に選ばれ[2]、4度の受賞はクラブ新記録となった[3]。2004年にはイングランド代表招集も経験。2004年11月17日のマドリードでのスペインとの親善試合では人種差別的なチャントを受けた。ライト=フィリップスはその後最初の試合となったポーツマスFC戦で活躍し、試合後に取材陣に「俺はフットボールで話すだけさ」と答えた[4]。2004-05シーズンは自己最多の10得点を挙げた。

チェルシー時代[編集]

チェルシー時代(2008年)

2005年7月17日に故郷ロンドンのクラブであるチェルシーFCへ移籍金2100万ポンド、5年契約で移籍[5]。チームはプレミアリーグ連覇を果たすがジョゼ・モウリーニョ監督の下では出場機会に乏しく、先発出場は15試合に終わり(出場は全39試合)、無得点に終わった。移籍から17ヶ月後の2006年12月5日のUEFAチャンピオンズリーグレフスキ・ソフィア戦でようやく移籍後初得点を記録。出場機会は少なかったもののモウリーニョからの信頼は厚く、ホアキン・サンチェスの移籍が叶わなかったために控えウィンガーとして重宝された。

2007-08シーズンはモウリーニョ監督の解任後も右ウィングとして先発出場することも多かったが、マンチェスター・ユナイテッドFCとのチャンピオンズリーグ決勝には欠場。シーズン終了後に就任したルイス・フェリペ・スコラーリ監督もライト=フィリップスを先発起用する方針ではなく、出場機会を求めて移籍先を探した。

マンチェスター・シティ復帰[編集]

2008年8月28日に移籍金850万ポンド、4年契約でマンチェスター・シティFCに復帰[6]背番号は8となった。復帰初戦となった8月31日のサンダーランドAFC戦では2得点を挙げる活躍を見せた。2008-09シーズンはロビーニョと左右でウィングを組み、全37試合に出場し8得点を記録。マンチェスター・シティの初のUEFAカップベスト8進出に貢献した。

2009-10シーズンもレギュラーとしてスタートしたが、ロベルト・マンチーニ監督の就任後は新加入のアダム・ジョンソンに出場機会を奪われ24試合の出場に終わった。2010-11シーズンは出場機会がさらに減少し、リーグ戦7試合の出場に終わった。

クイーンズ・パーク・レンジャーズ時代[編集]

2011年8月31日、クイーンズ・パーク・レンジャーズFCへ移籍。

ニューヨーク・レッドブルズ[編集]

2015年6月、ニューヨーク・レッドブルズへ移籍。

代表[編集]

2001年にU-21代表に選出され代表でのキャリアをスタート。

2004年8月18日のウクライナとの親善試合に途中出場しA代表デビュー。この試合で代表初得点も挙げた。ドイツワールドカップ予選で活躍しデビッド・ベッカムに代わる右ウィングとして期待されたが、チェルシーFCで出場機会を失ったことなどから本大会メンバーからは落選した。EURO2008予選でも2得点を挙げる活躍を見せたが、イングランドは予選敗退した。

2010 FIFAワールドカップでは本戦メンバーに選出。セオ・ウォルコットが落選しライト=フィリップスが選出されたことはメディアを驚かせた。6月12日のグループリーグ初戦、アメリカ戦で途中出場しW杯デビュー。第2戦のアルジェリア戦、決勝トーナメント1回戦のドイツ戦でも途中出場したがいずれも苦戦するチームを救うことは出来ず、イングランドはベスト16で敗退した。

エピソード[編集]

  • 名前の「Wright」は養父のイアン・ライトにちなんだものであるが、この名前に関してライト=フィリップス自身は「この名前のおかげで養父と繋がることができて嬉しいが、俺は俺自身として生きたい。俺は俺だけの道を、俺自身が歩み始めたんだ」と語っている[7]

個人成績[編集]

2016年11月23日現在
クラブ シーズン リーグ FAカップ FLカップ 国際大会 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
マンチェスター・シティ 1999-00 ディヴィジョン1 4 0 0 0 1 0 0 0 5 0
2000-01 プレミアリーグ 15 0 0 0 4 0 0 0 19 0
2001-02 ディヴィジョン1 35 8 3 0 2 0 0 0 40 8
2002-03 プレミアリーグ 31 1 1 0 2 0 0 0 34 1
2003-04 34 7 4 1 2 2 6 1 46 11
2004-05 34 10 1 0 2 1 0 0 37 11
通算 153 26 9 1 13 3 6 1 181 31
チェルシー 2005-06 プレミアリーグ 27 0 4 0 1 0 7 0 39 0
2006-07 27 2 7 3 3 0 7 1 44 6
2007-08 27 2 3 1 5 1 6 0 41 4
通算 81 4 14 4 9 1 20 1 124 10
マンチェスター・シティ 2008-09 プレミアリーグ 27 5 1 0 0 0 9 3 37 8
2009-10 30 4 2 1 6 2 0 0 38 7
2010-11 7 0 3 0 0 0 9 1 19 1
通算 64 9 6 1 6 2 18 4 94 16
クイーンズ・パーク・レンジャーズ 2011-12 プレミアリーグ 32 0 2 0 0 0 0 0 34 0
2012-13 20 1 1 0 1 1 0 0 22 2
2013-14 チャンピオンシップ 11 0 0 0 2 0 0 0 13 0
2014-15 プレミアリーグ 4 0 0 0 1 0 0 0 5 0
通算 67 1 3 0 4 1 0 0 74 2
ニューヨーク・レッドブルズ 2015 MLS 12 1 0 0 0 0 0 0 12 1
2016 7 0 1 0 0 0 2 0 10 0
通算 21 1 1 0 0 0 2 0 24 1
ニューヨーク・レッドブルズ II 2016 MLS 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0
通算 386 41 33 6 32 7 46 6 497 60

獲得タイトル[編集]

マンチェスター・シティ
チェルシー

出典[編集]

  1. ^ Wright-Phillips finds niche to prosper at City Daily Telegraph 2002年2月17日
  2. ^ ギャリー・ジェームズ著 Manchester City – The Complete Record 232p ISBN 1-85983-512-0
  3. ^ デイヴィッド・クレイトン著 Everything under the blue moon: the complete book of Manchester City FC – and more! 216p ISBN 1-84018-687-9
  4. ^ Shaun Wright-Phillips Footballers-biograpy.blogspot.com.
  5. ^ Wright-Phillips signs for Chelsea BBC 2005年7月18日
  6. ^ Man City re-sign Wright-Phillips BBC 2008年8月28日
  7. ^ Shaun's England dream Manchester Evening News