ホセ・マヌエル・レイナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はレイナ第二姓(母方の)はパエスです。
ペペ・レイナ Football pictogram.svg
Pepe Reina 2017.jpg
スペイン代表でのレイナ (2017年)
名前
本名 ホセ・マヌエル・レイナ・パエス
José Manuel Reina Paez
愛称 ペペ(Pepe)
ラテン文字 Pepe Reina
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1982-08-31) 1982年8月31日(36歳)
出身地 マドリード
身長 188cm
体重 92kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 ACミラン
ポジション GK
背番号 25
利き足 右足
ユース
スペインの旗 マドリード・オエステ
1998-1999 スペインの旗 バルセロナ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999 スペインの旗 バルセロナC 3 (0)
1999-2000 スペインの旗 バルセロナB 41 (0)
2000-2002 スペインの旗 バルセロナ 30 (0)
2002-2005 スペインの旗 ビジャレアル 109 (0)
2005-2014 イングランドの旗 リヴァプール 285 (0)
2013-2014 イタリアの旗 ナポリ (loan) 30 (0)
2014-2015 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 3 (0)
2015-2018 イタリアの旗 ナポリ 111 (0)
2018- イタリアの旗 ミラン 4 (0)
代表歴2
1998-1999 スペインの旗 スペイン U-16 9 (0)
1999 スペインの旗 スペイン U-17 2 (0)
2000 スペインの旗 スペイン U-18 1 (0)
2000-2003 スペインの旗 スペイン U-21 20 (0)
2000-2002 カタルーニャ州の旗 カタルーニャ 2 (0)
2005- スペインの旗 スペイン 36 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年5月27日現在。
2. 2017年10月12日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ホセ・マヌエル・レイナ・パエス(José Manuel Reina Paez, 1982年8月31日 - )は、スペインマドリード州マドリード出身のサッカー選手ACミラン所属。ポジションはゴールキーパー

愛称は「ペペPepe)」。父ミゲル・レイナFCバルセロナアトレティコ・マドリードなどに所属したスペイン代表ゴールキーパー。

経歴[編集]

スペイン時代[編集]

マドリードで生まれるも、父親ミゲル・レイナの影響もありFCバルセロナカンテラで育った。1999-2000シーズンはバルセロナBで、2000-01シーズンはトップリーグでデビューをしたが、荒さが目立ち首脳陣の信頼は得られなかった。2000-01シーズンのUEFAカップの準決勝で、後に所属することになるリヴァプールFCと対戦しており、自身もこの試合出場している。この試合はリヴァプールが勝利した。

バルセロナでは正GK獲得とはならず、出場機会を求めて2002年6月14日ビジャレアルCFに移籍。すぐさまハビエル・ロペス・バジェホからレギュラーを奪うと、2004-05シーズンにはチームをUEFAチャンピオンズリーグ出場圏内の3位に導いた。

イングランドでの活躍[編集]

2005年7月4日、同胞のラファエル・ベニテス監督に熱望され、プレミアリーグリヴァプールFCに移籍した。2004-05シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ決勝ACミラン戦でPKを3本止める大活躍を見せたイェルジ・ドゥデクからレギュラーを奪取すると、プレミアリーグでそれまでの6試合を更新する8試合連続無失点のクラブレコードを樹立し、正GKの地位を不動のものとした。一方、同シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでは、決勝トーナメント1回戦のベンフィカ戦の2試合で3ゴールを失い活躍はならなかった。プレミアリーグでは20試合無失点を記録し、最優秀GKに与えられるプレミアリーグ・ゴールデングローブを獲得。FAカップ決勝のウェストハム・ユナイテッド戦ではPK戦で勝利して優勝した。

続く2006-07シーズンも正GKとしてチームを最後尾から支えた。UEFAチャンピオンズリーグの準々決勝チェルシーFC戦では、第1試合でマン・オブ・ザ・マッチに選ばれ、第2戦はPK戦までもつれたが勝ち上がった。決勝では一昨年も対戦したミランに1-2で敗れ、準優勝だった。プレミアリーグでも2年連続でゴールド・グラブ賞を獲得した。

デュデクがレアル・マドリードへと移籍した2007-08シーズン以降は正GKの座を不動のものとし、このシーズンの開幕となったアストン・ヴィラ戦から2012年4月1日ニューカッスル・ユナイテッド戦で退場処分を受けるまで足掛け約5年にわたりリーグ戦183試合連続出場を続けた(2007-08シーズンから2010-11シーズンまでは4季連続で全試合フル出場を達成している)。

イタリア・ドイツへの挑戦[編集]

シモン・ミニョレの加入に伴って2013年7月24日、恩師ベニテス率いるSSCナポリに期限付き移籍することが決定[1]

ただ本人は複雑な心境を告白しており、自身の公式HPで敬意が払われなかったことに対するリヴァプールへの不満をちらつかせた[2]

正GKとして活躍したものの買取オプションは行使されず、リヴァプールに復帰。2014年8月5日、バイエルン・ミュンヘンがレイナ個人との合意を発表[3]

2015年3月14日に行われたSVヴェルダー・ブレーメン戦でブンデスリーガデビューを果たし、初めてヨーロッパ主要4リーグ全てでプレーしたGKとなった[4]。しかし、正GKのマヌエル・ノイアーの壁は厚く、リーグ戦3試合のみの出場となった。

2015年6月、3年契約でSSCナポリへの復帰が決定[5]。2017年4月30日のインテル戦でセリエA100試合出場を達成した。

2018年7月2日、ACミランへ3年契約で移籍した[6]

代表[編集]

2005年8月17日ウルグアイ戦に出場し、スペイン代表デビューを果たした。2006年にはドイツW杯の出場メンバーに選出された。

イケル・カシージャスの控えに甘んじることが多いものの、代表ではムードメーカーとなりチームを盛り上げている。UEFA EURO 20082010 FIFAワールドカップで優勝した際のスペインでの祝賀会では司会を務め上げ、会場の数万人を盛り上げた。

PKストッパー[編集]

ビジャレアルCFに所属していた2004-05シーズンには、62.5%(8本中5本をセーブ)という高いPKストップ率を記録した。2006年のFAカップ決勝ウェストハム・ユナイテッドFC戦では3本のPKを止め、優勝の立役者となった[7]。2006-07シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ準決勝チェルシーFC戦ではアリエン・ロッベンジェレミ・ヌジタップのPKを止め決勝進出に貢献。

2010年のFIFAワールドカップ準々決勝パラグアイ戦では、正ゴールキーパーのカシージャスに相手FWオスカル・カルドソのPKの癖を教え、カシージャスのPKストップを陰から支えた。「キッカーが助走を取ってボールをインパクトする瞬間まで、どれだけ自信を持っていられるか。PKでは、ゴールキーパーが強い気持ちを保つことが重要なんだ」とインタビューに答えている[7]

2013年9月22日のACミラン戦ではプロ入り以降21回連続で成功させていたマリオ・バロテッリのPKをセーブし、記録を止めた[8]

個人成績[編集]

2019年5月27日現在
クラブ シーズン リーグ カップ リーグカップ 国際大会 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
バルセロナC 1998-99 3 0 0 0 3 0
通算 3 0 0 0 3 0
バルセロナB 1999-00 30 0 0 0 30 0
2000-01 11 0 0 0 11 0
通算 41 0 0 0 41 0
バルセロナ 2000-01 19 0 7 0 7 0 33 0
2001-02 11 0 1 0 4 0 16 0
通算 30 0 8 0 11 0 49 0
ビジャレアル 2002-03 33 0 0 0 4 0 37 0
2003-04 38 0 0 0 15 0 53 0
2004-05 38 0 0 0 19 0 57 0
通算 109 0 0 0 38 0 147 0
リヴァプール 2005-06 33 0 5 0 2 0 15 0 55 0
2006-07 35 0 0 0 2 0 14 0 51 0
2007-08 38 0 0 0 0 0 14 0 52 0
2008-09 38 0 2 0 0 0 11 0 51 0
2009-10 38 0 1 0 0 0 13 0 52 0
2010-11 38 0 1 0 0 0 11 0 50 0
2011-12 34 0 5 0 7 0 48 0
2012-13 31 0 0 0 0 0 8 0 39 0
通算 285 0 14 0 11 0 86 0 396 0
ナポリ (loan) 2013-14 30 0 4 0 9 0 43 0
バイエルン・ミュンヘン (loan) 2014-15 3 0 0 0 0 0 3 0
ナポリ 2015-16 37 0 2 0 5 0 44 0
2016-17 37 0 3 0 8 0 48 0
2017-18 37 0 0 0 10 0 47 0
通算 111 0 5 0 23 0 139 0
ミラン 2018-19 4 0 2 0 6 0 12 0
総通算 616 0 33 0 11 0 173 0 833 0

試合数[編集]

国際Aマッチ 36試合 0得点(2005-年- )


スペイン代表国際Aマッチ
出場得点
2005 2 0
2006 3 0
2007 4 0
2008 3 0
2009 7 0
2010 2 0
2011 3 0
2012 2 0
2013 5 0
2014 2 0
2015 0 0
2016 1 0
2017 2 0
通算 36 0

エピソード[編集]

  • フェルナンド・トーレスとは家が隣だったことがある[7]
  • ゴルフのハンディキャップは18であり、リヴァプールのチームメイトとゴルフをすることがある[7]
  • 先発出場した2009年10月17日サンダーランドAFC戦において、リヴァプールサポーターが投げ込んでゴール前に転がっていた赤いビーチボールに、ダレン・ベントが放ったシュートが当たって軌道が変化してゴールに入るという珍事が起きた。その時ゴールを守っていたレイナは「驚いて咄嗟に赤い方に反応してしまった」と語っている[9]。結局この試合はこのゴールが決勝点となり、リヴァプールは0-1で敗れた。
  • 将来的に古巣バルセロナへの復帰を望んでいる[2]

タイトル[編集]

クラブ
ビジャレアルCF
リヴァプールFC
SSCナポリ
バイエルン・ミュンヘン
代表

脚注[編集]

  1. ^ イグアインとレイナがナポリ加入. UEFA.com、2012年7月25日
  2. ^ a b レイナのナポリ移籍が公式発表、選手本人は複雑”. Goal. 2013年11月10日閲覧。
  3. ^ バイエルン、レイナ獲得で合意と発表”. Goal (2014年8月6日). 2014年8月6日閲覧。
  4. ^ バイエルンGKレイナがブンデスデビュー…4大リーグでプレーした初のGKに”. サッカーキング (2015年3月15日). 2015年3月15日閲覧。
  5. ^ “Pepe Reina al Napoli” (イタリア語). S.S.C. Napoli. (2015年6月23日). http://www.sscnapoli.it/static/news/Pepe-Reina-al-Napoli-5616.aspx 2015年6月23日閲覧。 
  6. ^ ミラン、W杯代表2名を獲得…スペインGKレイナとクロアチアDFストリニッチ - サッカーキング 2018年7月3日
  7. ^ a b c d 「CL、そしてプレミア、タイトルの重さを量る道化役の胸のうち」footballista、ソルメディア、2009年4月15日号、6-7頁
  8. ^ ミラン 対 ナポリ リポート”. Goal.com (2013年9月23日). 2013年9月23日閲覧。
  9. ^ “レイナ、「ビーチボール・ゴール」を語る”. インターナショナルスポーツマーケティング. (2009年10月20日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091020-00000024-ism-socc 2009年10月20日閲覧。 [リンク切れ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]