オーウェン・ハーグリーヴス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オーウェン・ハーグリーヴス Football pictogram.svg
O Hargreaves.jpg
マンチェスター・ユナイテッドでプレイするハーグリーヴス(2008年)
名前
本名 Owen Lee Hargreaves
カタカナ オーウェン・リー・ハーグリーヴス
ラテン文字 Owen HARGREAVES
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
カナダの旗 カナダ
ウェールズの旗 ウェールズ
生年月日 (1981-01-20) 1981年1月20日(35歳)
出身地 カナダの旗 カナダ
アルバータ州の旗アルバータ州カルガリー
身長 180cm[1][2]
体重 76kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
ユース
1994–1997
1997–1999
カナダの旗 カルガリー・フットヒルズ
ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999-2001 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘンII 26 (6)
2000-2007 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 145 (5)
2007-2011 イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド 27 (2)
2011-2012 イングランドの旗 マンチェスター・シティ 1 (0)
通算 202 (14)
代表歴2
1998 ウェールズの旗 ウェールズ U-19 3 (0)
2000-2001 イングランドの旗 イングランド U-21 3 (0)
2006 イングランドの旗 イングランド B 1 (0)
2001-2008 イングランドの旗 イングランド 42 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年4月16日現在。
2. 2015年4月16日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

オーウェン・ハーグリーヴスOwen Hargreaves, 1981年1月20日 - )は、カナダカルガリー出身の元イングランド代表サッカー選手。ポジションはミッドフィールダー

経歴[編集]

クラブ[編集]

ボルトン・ワンダラーズFCの下部組織でサッカー経験のあるイングランド人の父親とウェールズ人の母親の下、カナダに生まれる。

カナダのクラブチームでのプレーを経て、1997年ドイツ・ブンデスリーガバイエルン・ミュンヘンに入団。当時の監督オットマー・ヒッツフェルトに重用され2000-01シーズン、UEFAチャンピオンズリーグ準決勝第2戦で出場停止のシュテファン・エッフェンベルクの代役として出場し、一躍注目を浴びる。翌2001-02シーズンには早くもレギュラーを獲得し、以降地位を確立した。

バイエルン・ミュンヘンとの契約は2010年まで残っていたが、マンチェスター・ユナイテッドFCアレックス・ファーガソン監督が以前からハーグリーヴスに獲得の意志を見せ、さらにハーグリーヴス自身も移籍願望を口にしていた。2007年5月、バイエルン・ミュンヘンからマンチェスター・ユナイテッドFCに正式に移籍することが決定。移籍金はブンデスリーガ所属選手では過去最高の2500万ユーロ(約41億円)と報道されている[要出典]

2007-08シーズンはマンチェスター・シティFCとのマンチェスターダービーでプレミア・リーグデビューを飾ると、3月1日のフルハム戦ではフリーキックを直接決めプレミア・リーグ初ゴールを記録。そのユーティリティ性からさまざまなポジションを任され、チームのリーグ、CL制覇に貢献した。

2008-09シーズンは膝の度重なる怪我に悩まされ、9月に戦線離脱。11月には右膝、翌2009年1月には左膝の手術を行った。以降も復帰が近づくたびに故障を再発し、2009-2010年シーズンの終盤、サンダーランドAFC戦の数分間のプレーでようやくグラウンドに帰ってきた。しかし、手術後初先発となった2010-2011年シーズンのウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC戦において、開始わずか10分でハムストリングを痛め負傷交代。マンチェスター・ユナイテッドFCでの公式戦出場はわずか39試合にとどまった。

その後マンUからフリートランファーとなり11-12シーズン、移籍期間終了直前にライバルクラブのマンチェスター・シティFCに移籍した。[3]シティでのリーグデビューは10月15日にホームで行われたアストン・ヴィラ戦である。4-1と大きくリードした後半32分にアダム・ジョンソンと交代し出場。僅かな時間ながら約1年ぶりのピッチを踏みしめた。マンチェスター・シティとの契約終了後、クイーンズ・パーク・レンジャーズFCでトレーニングを行っていたがクラブとの契約は無く、現役を引退。

代表[編集]

彼の才能を巡ってはドイツ、カナダ、ウェールズ、イングランドが激しい争奪戦を繰り広げた[要出典]。本人はイングランド代表を選択した。イングランド代表デビューは2001年8月15日オランダ戦。

その後代表にはコンスタントに招集され、2002年ワールドカップEURO20042006年ワールドカップにも出場を果たしている。

エピソード[編集]

獲得タイトル[編集]

クラブ[編集]

ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン
イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド
イングランドの旗 マンチェスター・シティ

個人[編集]

  • ブラヴォー賞 : 2001
  • U-21ヨーロッパ年間最優秀選手 : 2001
  • イングランド年間最優秀選手 : 2006

脚注[編集]

  1. ^ Owen Hargreaves”. Manchester United. 2011年6月16日閲覧。
  2. ^ Player Profile: Owen Hargreaves”. Premier League. 2011年6月16日閲覧。
  3. ^ MARCA.COM Hargreaves 'se rompe' en seis minutos 2010年11月6日 19:48
  4. ^ Owen Hargreaves
  5. ^ Patrick Milchraum
  6. ^ Allianz Arena

外部サイト[編集]