ジョルジュ・レーケンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョルジュ・レーケンス Football pictogram.svg
Georges Leekens.jpg
名前
ラテン文字 Georges LEEKENS
基本情報
国籍 ベルギーの旗 ベルギー
生年月日 (1949-05-18) 1949年5月18日(69歳)
出身地 メーウェン
選手情報
ポジション DF
ユース
1958-1969 Sporting Houthalen
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1969-1970 デッセル・スポルト
1970-1972 クロッシング・エレウェイト
1972-1981 クラブ・ブルッヘ
1981-1984 シント=ニクラス
代表歴
1975-1978 ベルギーの旗 ベルギー 3 (0)
監督歴
1984-1987 ベルギーの旗 サークル・ブルッヘ
1987-1988 ベルギーの旗 アンデルレヒト
1988-1989 ベルギーの旗 コルトレイク
1989-1991 ベルギーの旗 クラブ・ブルッヘ
1991-1992 ベルギーの旗 メヘレン
1992-1993 トルコの旗 トラブゾンスポル
1993-1994 ベルギーの旗 サークル・ブルッヘ
1994-1995 ベルギーの旗 シャルルロワ
1995-1997 ベルギーの旗 ムスクロン
1997-1999 ベルギーの旗 ベルギー代表
1999-2001 ベルギーの旗 ロケレン
2001-2002 オランダの旗 ローダ
2003 アルジェリアの旗 アルジェリア代表
2003-2004 ベルギーの旗 ムスクロン
2004-2007 ベルギーの旗 ヘント
2007-2009 ベルギーの旗 ロケレン
2009 サウジアラビアの旗 アル・ヒラル
2009-2010 ベルギーの旗 コルトレイク
2010-2012 ベルギーの旗 ベルギー代表
2012 ベルギーの旗 クラブ・ブルッヘ
2014-2015 チュニジアの旗 チュニジア代表
2015-2016 ベルギーの旗 ロケレン
2016-2017 アルジェリアの旗 アルジェリア代表
2017-2018 ハンガリーの旗 ハンガリー代表
2018- チュニジアの旗 エトワール・サヘル
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジョルジュ・レーケンス(Georges Leekens、1949年5月18日 - )は、ベルギー出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。選手時代のポジションはディフェンダーであり、激しいタックルが持ち味だった[1]。選手時代はベルギー代表であり、監督としてもベルギー代表監督を務めた。現在はチュニジア・リーグエトワール・サヘルの監督を務めている。

指導者経歴[編集]

1984年にサークル・ブルッヘ監督に就任して指導者の道に進むと、就任初年度の1984-85シーズンにはベルギー・カップ優勝を果たした[2]。1989年から1991年まで古巣クラブ・ブルッヘの監督を務め、1989-90シーズンにはジュピラーリーグ優勝、1990-91シーズンにはベルギー・カップ優勝を果たした。1995年から1997年まではREムスクロンを指揮し、好成績を収めた。1997年1月にはベルギー代表監督に就任し、1998 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選を指揮。プレーオフではアイルランド共和国に勝利して本大会出場を決めた。フランスで開催された1998 FIFAワールドカップ本大会ではグループ3位に終わり、決勝トーナメント進出を逃したことで解任された。

2003年、アルジェリア代表の監督に就任したが短期間で退任した。2009年5月29日、KVコルトレイクと3年契約を結んで監督に就任した。2010年5月、ベルギー代表ディック・アドフォカート監督が退任してロシア代表監督に転任したため、5月11日、レーケンスはコルトライク監督を辞任し、UEFA EURO 2012までの契約で再びベルギー代表監督に就任した[3]UEFA EURO 2012予選では中盤戦までにドイツに次ぐグループ2位の座をキープし、2011年4月12日、契約を2014年まで延長した[4][5]。結局UEFA EURO 2012本大会出場はかなわず、2012年5月13日、クラブ・ブルッヘと3年契約を交わし、クリストフ・ダウム監督の後任として再び監督に就任することが発表された[2][6]。2012-13シーズン序盤は10戦無敗と好調だったが、2012年10月から11月にかけて4連敗を喫したことから、11月4日、成績不振により解任された[7][8]。2014年、チュニジア代表の監督に就任した。2016年10月、アルジェリア代表の監督に再び就任したが、アフリカネイションズカップ2017予選の敗退を受け、2017年1月24日に辞任した[9]。2017年10月30日、ハンガリー代表の監督に就任した。

家族[編集]

1966年に体操競技のベルギー王者に輝いたルイ・レーケンスはジョルジュの従兄弟である。現在、ルイはヘンクにある体操競技選手養成学校で後進の指導に当たっている。

脚注[編集]

  1. ^ ベルギーの再建誓うレーケンス監督”. UEFA.com (2010年5月11日). 2013年4月29日閲覧。
  2. ^ a b ベルギーのレーケンス監督がブリュージュへ”. UEFA.com (2012年5月13日). 2013年4月29日閲覧。
  3. ^ DH.be - Georges Leekens: "Le surnom de Diable doit se mériter" (VIDEO)”. Dhnet.be. 2012年11月7日閲覧。
  4. ^ DH.be - Georges Leekens prolonge jusque 2014 !”. Dhnet.be. 2012年11月7日閲覧。
  5. ^ ベルギー代表のレーケンス監督が契約延長”. UEFA.com (2011年4月13日). 2013年4月29日閲覧。
  6. ^ Georges Leekens new Club Brugge T1”. www.clubbrugge.be (2012年5月13日). 2013年4月22日閲覧。[リンク切れ]
  7. ^ “Club Brugge sacks Georges Leekens”. sporza.be. (2012年11月4日). http://www.sporza.be/permalink/1.1473808  (オランダ語)
  8. ^ クラブ・ブリュージュ、レーケンス監督を解任”. UEFA.com (2012年11月4日). 2013年4月29日閲覧。
  9. ^ https://www.bbc.com/sport/football/38730981

外部リンク[編集]