デニス・ワイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デニス・ワイズ Football pictogram.svg
名前
本名 Dennis Frank Wise
カタカナ デニス・フランク・ワイズ
ラテン文字 Dennis WISE
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1966-12-16) 1966年12月16日(50歳)
出身地 ケンジントン
身長 168cm
体重 64kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 ニューカッスル・ユナイテッド
ポジション MF
代表歴
1991-2000 イングランドの旗 イングランド 21 (1)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

デニス・フランク・ワイズ(Dennis Frank Wise, 1966年12月16日 - )は、イングランドケンジントン出身の元同国代表、元ニューカッスル・ユナイテッドFC所属のサッカー指導者。現役時代のポジションはミッドフィールダー

ウィンブルドンFCで頭角を表し、1988年のFAカップ優勝に貢献した。その後移籍したチェルシーではキャプテンを務め、闘争心と気迫を前面に押し出したプレーでチームを牽引。1998年と2000年にはチェルシーの年間最優秀選手に選ばれている。 小柄ながら、些細なことで激高する性格傾向があったため、時折激怒してはチームメイトに止められることもしばしばであった。

指導者[編集]

ミルウォールFCなどでは選手兼監督を勤めたが、2006年5月22日にスウィンドン・タウンFCの監督に就任してから7試合で6勝を記録し、監督として名声を上げる。これを評価されて同年9月20日には監督不在であったリーズ・ユナイテッドFCの監督に就任する。だが、リーズファンの多くは歴史的にチェルシーを心良く思う者が少なく、ワイズが元チェルシーの名選手である事から早速ファンの顰蹙を買う。 また当時リーズのオーナーであり、ファンから激しく批判されていたケン・ベイツとも親しい友人であった事(ベイツは元チェルシーのオーナーであり、ワイズを呼んだのがベイツ)であった事も重なり、就任当初より激しいプレッシャーに晒されながらでの就任であった。


その10月から指揮した2006-07シーズンではクラブの破産により終盤戦で勝ち点10が剥奪され、リーズの歴史上で初めてのフットボールリーグ1(3部相当)に降格。解任の声も上がったが、ベイツとの関係もあって翌シーズンも指揮を執ることが決定。

2007-08シーズンは勝ち点マイナス15ポイントからのスタートであり、ワイズ個人にも更に風当たりが強まる中での挑戦であった。 だがリーズは無敗記録を築くほどに好調を保ち、ワイズは8月と9月の最優秀監督を受賞した(この時、「賞を返すから減点を取り消せ」と冗談を仄めかした)。徐々に少なからずファンとの好感を構築できていた中、スウィンドン時代から二人三脚で歩んできたアシスタントマネージャーのグスタボ・ポジェトッテナム・ホットスパーFCに去ってから陰りが見え、11月3日のカーライル・ユナイテッドFCに負けて無敗記録が途切れている。


2008年1月にリーズの監督を辞任、ニューカッスルのディレクターに就任。2009年4月1日にニューカッスルを去った。

所属クラブ[編集]

選手経歴[編集]

指導者経歴[編集]