スティーブ・マクマナマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スティーヴ・マクマナマン Football pictogram.svg
名前
本名 スティーヴン・ポール・マクマナマン
愛称 マッカ
ラテン文字 Steve McManaman
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 1972年2月11日(42歳)
出身地 リヴァプール
身長 183cm
体重 68kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足(両足)
代表歴
1994-2001[1] イングランドの旗 イングランド 37 (3)
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

スティーヴン・ポール・"スティーヴ"・マクマナマンSteven Paul "Steve" McManaman, 1972年2月11日 - )は、イングランドリヴァプール出身の元イングランド代表サッカー選手。ポジションはMF

経歴[編集]

少年時代はエヴァートンFCのファンだったが、1988年にリヴァプールFCのアカデミーに入団し、1990年にプロ契約を結んだ[2]。1990年2月のシェフィールド・ユナイテッドFC戦でデビューし、1991-92シーズンにはFAカップ、1994-95シーズンにはフットボールリーグカップで優勝し、1995-96シーズンにはリーグ戦でアシスト王(25アシスト)になった。1995年11月には対ナイジェリア戦で代表デビュー。翌年のEURO1996にも左サイドハーフとして出場した。イングランドきってのドリブラーで、敵陣へ突入していく様は壮観であった。そのドリブルテクニックは往年の名ドリブラー、スタンリー・マシューズから賞賛された。抜群のスタミナも有しており、豊富な運動量でピッチを何度も往復し献身的に守備もこなす。また、ボレーシュートの名手でもある。EURO1996までは代表の中心選手かつ牽引役であったが、監督が交代し、またデヴィッド・ベッカムが頭角を現して代表に呼ばれるようになると、控えに回ることが多くなった。1998年フランスW杯での出場はわずか20分程度に留まった。リヴァプールFCでの最終シーズンである1998-99シーズンには主将を務めた。

クラブでは、1999-2000シーズンよりリーガ・エスパニョーラの強豪レアル・マドリードへ移籍。4シーズンで2度のUEFAチャンピオンズリーグ優勝や2度のリーグ制覇に貢献した。しかし、ジネディーヌ・ジダンロナウドらの加入により次第に出場機会が減少した。それでも、サブとして渋い仕事をこなし、サンティアゴ・ソラーリと共に貴重なスーパーサブとして、チームに貢献していた。だが、皮肉にも移籍した年に加入したベッカムがスタメンに定着し、互いにハンサムなことで知られる二人には妙な縁がついてまわることになったが、ドリブラーとパサーという全く異なるプレースタイルゆえ、選手起用については監督の好みや商業的要素に左右された面があったように思われる。そのことは、移籍時にミチェル・サルガドがクラブに苦言を呈したことからも伺える。2003-2004シーズンよりマンチェスター・シティへ移籍し、2シーズンプレーした後、現役を引退した。

現役引退後はテレビのコメンテーターとして活動している。2007年に公開されたサッカー映画GOAL!2にはコーチ役で出演した[2]

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “Steven 'Steve' McManaman - International Appearances” (英語). The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/mcmanaman-intl.html 
  2. ^ a b footballista #141、ソルメディア、2009年11月4日号