グスタボ・ポジェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グスタボ・ポジェ Football pictogram.svg
Gus Poyet.jpg
名前
本名 Gustavo Augusto Poyet Domínguez
カタカナ グスタボ・アウグスト・ポジェ・ドミンゲス
ラテン文字 Gustavo POYET
基本情報
国籍 ウルグアイの旗 ウルグアイ
生年月日 1967年11月15日(46歳)
出身地 ウルグアイの旗 モンテビデオ
身長 186cm
体重 83kg
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1988-1989
1989-1990
1990-1997
1997-2001
2001-2004
2006
フランスの旗 グルノーブル
ウルグアイの旗 リーベル・プレート
スペインの旗 サラゴサ
イングランドの旗 チェルシー
イングランドの旗 トッテナム
イングランドの旗 スウィンドン・タウン
37 (8)
? (?)
239 (63)
105 (36)
82 (18)
0 (0)
代表歴
1993-2000 ウルグアイの旗 ウルグアイ 26 (3)
監督歴
2006
2006-2007
2007-2008
2010-2013
2013-
イングランドの旗 スウィンドン・タウン (コーチ)
イングランドの旗 リーズ (コーチ)
イングランドの旗 トッテナム (コーチ)
イングランドの旗 ブライトン&ホーヴ
イングランドの旗 サンダーランド
1. 国内リーグ戦に限る。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

グスタボ・アウグスト・ポジェ・ドミンゲス(Gustavo Augusto Poyet Domínguez, 1967年11月15日 - )は、ウルグアイモンテビデオ出身の元サッカー選手。現サッカー指導者。選手時代のポジションはミッドフィールダー

選手時代にはレアル・サラゴサチェルシーFCトッテナム・ホットスパーFCなどに在籍した。スウィンドン・タウンFCではデニス・ワイズ監督の下で選手兼任コーチを務め、リーズ・ユナイテッドFCでもワイズ監督と一緒に働いた。トッテナム・ホットスパーFCではファンデ・ラモス政権下のコーチを務め、2009年にブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFCの監督に就任した。

経歴[編集]

選手時代[編集]

力強く得点力のあるミッドフィールダーである。1990年にウルグアイのCAリーベル・プレートからスペイン・プリメーラ・ディビシオン(1部)のレアル・サラゴサに移籍した。1994年にコパ・デル・レイで優勝し、1995年には決勝でアーセナルFCを破ってUEFAカップウィナーズカップを勝ち取った。1993-94シーズンから4シーズン連続して二桁得点を記録し、若手のフェルナンド・モリエンテスフアン・エスナイデル(Juan Esnáider)とともに強力な攻撃陣を牽引した[1]。1997年までの在籍期間中に240試合に出場して60得点を挙げ、最も長くサラゴサに在籍した外国人選手になった。

1997年6月、サラゴサとの契約が満了してイングランド・プレミアリーグ(1部)のチェルシーFCに移籍した。十字靱帯断裂のために1年目は苦しんだが、1997-98シーズンのUEFAカップウィナーズカップ決勝のVfBシュトゥットガルト戦には間に合い、サラゴサ時代に続いて同タイトルを手にした。1998年のUEFAスーパーカップではレアル・マドリード相手に決勝点を決めた。1998-99シーズンはリーズ・ユナイテッドFC戦で決めた貴重な決勝点を含めてチーム2位の14得点を決め、チームをプレミアリーグ3位に導いた。1999-2000シーズンのプレミアリーグでは、サンダーランドAFC戦でスーパーゴールを決めるなど、チーム2位の18得点を挙げた。FAカップでは準決勝のニューカッスル・ユナイテッドFC戦の2得点し、UEFAチャンピオンズリーグではSSラツィオ戦でロングシュートを決めた。FAカップ優勝・UEFAチャンピオンズリーグベスト8など1999-2000シーズンは輝きに満ちたシーズンだった。2000年9月にクラウディオ・ラニエリ監督が就任し、チームには変革がもたらされた。ラニエリはチームの若返りを推し進め、余剰戦力となったポジェは移籍を志願した。チェルシーFCでは145試合に出場して49得点を挙げた。

2001年5月、約220万ポンドの移籍金でトッテナム・ホットスパーFCに移籍した。2001-02シーズンはリーグ戦で14得点を挙げ、フットボールリーグカップでは決勝に到達したが、ブラックバーン・ローヴァーズFCに1-2で敗れて準優勝に終わった。在籍期間中は怪我によって活躍をくじかれ、2002年8月には再び十字靱帯断裂の大怪我を負ったが、それでも98試合に出場して23得点を挙げた。

1993年7月13日、ペルーとの親善試合でカルロス・アギレラとの途中交代でウルグアイ代表デビューした[2]。1995年のコパ・アメリカでは優勝して大会最優秀選手に選ばれた。2000年までに23試合に出場して3得点を記録した。

指導者時代[編集]

2006年7月、チェルシーFC時代にチームメイトだったデニス・ワイズ監督が指揮するスウィンドン・タウンFCで選手兼任コーチに就任した [3]。2006年10月24日、デニス・ワイズ監督とともにリーズ・ユナイテッドFCのコーチに迎えられ、その知性や魅力からカルトヒーローとみなされた。2007年10月29日、ファンデ・ラモストッテナム・ホットスパーFC監督に就任する際にポジェがコーチに就任し、マルコス・アルバレスがフィットネスコーチに就任した[4]。2007-08シーズンはカーリング・カップで優勝し、リーグ戦でも良い成績を残した[5]。2008年10月25日、ラモス監督が解任されたため、アルバレスやスポーツディレクターのダミアン・コモリ(Damien Comolli)とともにトッテナムのコーチ職を退いた[6]

2009年11月10日、イングランド・フットボールリーグ1(3部)のブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC監督に就任した[7]。契約期間は1年半で、トッテナム・ホットスパーFCでチームメイトだったマウリシオ・タリッコ(Mauricio Taricco)が助監督に就任した[7][8]。2009-10シーズンは降格ゾーンから遠く離れた素晴らしいシーズンを送り、見事にチームを立て直し、ポジェとタリッコは4年の契約延長を果たした。

2013年6月23日、解任が発表された。ポジェはこのときFIFAコンフェデレーションズカップ2013スペインナイジェリア戦の解説のためBBCに出演しており、試合中に番組スタッフから解任を伝えられた[9]

2013年10月8日、サンダーランドAFCの監督に就任[10]

所属クラブ[編集]

選手[編集]

指導者[編集]

タイトル[編集]

選手時代[編集]

クラブ[編集]

スペインの旗 レアル・サラゴサ
イングランドの旗 チェルシーFC

代表[編集]

ウルグアイの旗 ウルグアイ代表

指導者時代[編集]

クラブ[編集]

イングランドの旗 トッテナム・ホットスパーFC
イングランドの旗 ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC

個人[編集]

個人成績[編集]

指導者としての記録[編集]

2013年6月23日時点
クラブ 就任 退任 試合数 勝利 分け 敗北 勝率 脚注
イングランドの旗 ブライトン&ホーヴ・アルビオン 2009年11月10日 2013年6月23日 194 86 59 49 44.33 [11]
通算 194 86 59 49 44.33

脚注[編集]

  1. ^ Poyet”. BDFutbol. 2010年12月1日閲覧。
  2. ^ Uruguay - International Matches 1991-1995”. RSSSF. 2010年12月1日閲覧。
  3. ^ Swindon confirm Wise as manager”. BBC Sport (2006年5月22日). 2010年12月1日閲覧。
  4. ^ Spurs pick Poyet to assist Ramos”. BBC Sport (2007年10月29日). 2010年12月1日閲覧。
  5. ^ Tottenham 2-1 Chelsea”. BBC Sport (2008年2月24日). 2010年12月1日閲覧。
  6. ^ Club Announcement”. tottenhamhotspur.com (2008年10月25日). 2010年12月1日閲覧。
  7. ^ a b Poyet is new Albion boss”. Brighton & Hove Albion F.C. (2009年11月10日). 2010年12月1日閲覧。
  8. ^ Brighton appoint Poyet as manager”. BBC Sport (2009年11月10日). 2010年12月1日閲覧。
  9. ^ ポジェ監督、解説者としてTV出演中に解任!”. サンケイスポーツ (2013年6月24日). 2013年6月25日閲覧。
  10. ^ サンダーランドの新監督が決定”. Goal (2013年10月8日). 2013年10月8日閲覧。
  11. ^ Gustavo Poyet”. Soccerbase. 2013年6月25日閲覧。