レオナルド・ボヌッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レオナルド・ボヌッチ Football pictogram.svg
20150616 - Portugal - Italie - Genève - Leonardo Bonucci.jpg
イタリア代表でのボヌッチ (2015年)
名前
ラテン文字 Leonardo BONUCCI
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1987-05-01) 1987年5月1日(30歳)
出身地 ヴィテルボ
身長 190cm[1]
体重 82kg[1]
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 ACミラン
ポジション DF (CB)
背番号 19
利き足 右足
ユース
2004-2005 イタリアの旗 ヴィテルベセ
2005-2007 イタリアの旗 インテル
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2009 イタリアの旗 インテル 1 (0)
2007-2009 イタリアの旗 トレヴィーゾ (loan) 40 (4)
2009 イタリアの旗 ピサ (loan) 18 (1)
2009 イタリアの旗 ジェノア 0 (0)
2009-2010 イタリアの旗 バーリ 38 (1)
2010-2017 イタリアの旗 ユヴェントス 227 (15)
2017- イタリアの旗 ミラン
代表歴2
2010- イタリアの旗 イタリア 69 (5)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年5月21日現在。
2. 2017年3月28日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

レオナルド・ボヌッチLeonardo Bonucci, 1987年5月1日 - )は、イタリアラツィオ州ヴィテルボ出身のサッカー選手セリエAACミランに所属。ポジションはディフェンダー

経歴[編集]

クラブ経歴[編集]

ASヴィテルベセ・カルチョのユースでキャリアをスタートし、2005-06シーズンインテル・ミラノレンタル移籍し、シーズン終了後にインテルが保有権を買い取り完全移籍した。2007-08シーズントレヴィーゾFCへ、2009年1月27日にはピサ・カルチョへそれぞれレンタル移籍した。

2009年7月1日ミリートティアゴ・モッタのインテルへの移籍に伴い、フランチェスコ・ボルゾーニリッカルド・メッジョリーニらと共にジェノアCFCへ保有権を譲渡され、更に、ジェノアからASバーリへ共同保有の形で移籍。2009-10シーズンはバーリでアンドレア・ラノッキアセンターバックでコンビを組み、堅固な守備でバーリの躍進を支えた。

ユヴェントス[編集]

2010年7月1日移籍金1550万ユーロユヴェントスFCと5年契約を結び、完全移籍することが発表された。 移籍して1年半は不安定なプレーが多かったが、アントニオ・コンテ就任後3バックの中央に置かれてからは安定したプレーを見せた。

2015年1月25日キエーヴォ戦でユヴェントスでの200試合出場を達成[2]。2015-16シーズンにはUEFAチーム・オブ・ザ・イヤー2016に選出され、セリエAベストイレブンとセリエA年間最優秀選手賞を受賞[3]。2016年12月にはユヴェントスとの契約を2021年まで延長した[4]2017年2月17日パレルモ戦ではセリエA300試合出場を果たした[5]。 2017年5月17日に行われたコッパ・イタリア決勝のSSラツィオ戦ではチームの2点目となるゴールを決め、コッパ・イタリア連覇に貢献した[6]

ACミラン[編集]

2017年7月20日、2022年6月までの5年契約でACミランへの移籍が発表された[7]。背番号はユヴェントスでも着用していた19番。リッカルド・モントリーヴォに代わって主将にも就任することが決定した。

代表経歴[編集]

2010年2月28日カメルーンとの親善試合に臨むイタリア代表メンバーに初選出。カメルーン戦では3バックの一角で先発出場を果たした[8]

2010 FIFAワールドカップにも選出され、6月3日メキシコとの親善試合では代表初得点を挙げた。

EURO2012では、アンドレア・バルツァッリとコンビを組みレギュラーとしてプレーし、イタリアの決勝進出に貢献した。

2014 FIFAワールドカップではグループリーグ最終節のウルグアイ戦で初めて出場したもののグループリーグ敗退に終わった。

EURO2016のメンバーにも選出され[9]、グループリーグ最終戦のアイルランド戦では、ジャンルイジ・ブッフォンの不在でキャプテンとしてプレー[10]。ラウンド16のスペイン戦では無得点に抑え勝利に貢献し、マンオブザマッチに選ばれた[11]

人物[編集]

  • 幼い頃からユヴェンティーノであり、ユヴェントス移籍により夢を叶えたことになった。1997-98のチャンピオンズリーグ決勝でユヴェントスがレアル・マドリードに敗れた際には涙が止まらなかったと語っている[12]
  • 2013年2月、ジェノア戦での審判批判で2試合の出場停止処分になったときには、ホームのフィオレンティーナ戦でサポーターとともに応援を楽しんでいた[13]
  • 2012年10月20日に家族と共にを購入しにトリノにあるカーディーラーの元を訪れた際、強盗に襲われた。頭に銃を突きつけられ、「腕時計をよこせ」と脅されたが渡さず、逆に殴り倒した。そしてそのまま彼は強盗を取り押さえようとしたが、強盗は近くにいた仲間のスクーターに乗って逃亡した。その際強盗は「お前何してんだよ!?正気か!?撃つぞ」と言いながら逃げたらしい[14]
  • 2人の息子がいるが、うち1人であるロレンツォ・ボヌッチは父親の所属するユベントスではなく、ライバルチームであるトリノの大ファンである[15]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

インテル・ミラノ
ユヴェントスFC

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Leonardo Bonucci - legaseriea.it
  2. ^ BONUCCI: "Orgoglioso delle 200 presenze in bianconero. Ora si guarda avanti con fame di altri successi"” [BONUCCI: "Proud of my 200 appearances with Juventus. Now I'm looking aheard with hunger for more successes"] (Italian) (2015年1月26日). 2015年4月27日閲覧。
  3. ^ セリエA年間最優秀選手賞にユーヴェのDFボヌッチ「皆からのリスペクトを感じる」 - Goal.com 2017年1月31日
  4. ^ “Bonucci extends contract until 2021”. Juventus F.C.. (2016年12月19日). http://www.juventus.com/en/news/news/2016/-bonucci-extends-contract-until-2021-.php 2016年12月19日閲覧。 
  5. ^ Dybala at the double!”. Juventus F.C. (2017年2月17日). 2017年2月22日閲覧。
  6. ^ Coppa: Juventus Treble sinks Lazio”. Football Italia (2017年5月17日). 2017年5月17日閲覧。
  7. ^ OFFICIAL: BONUCCI IS NOW RED AND BLACK”. AC Milan (2017年7月20日). 2017年7月20日閲覧。
  8. ^ livedoorスポーツ(2010-3-4) 代表デビューのボヌッチ 「良い挑戦ができた」(2010-3-4閲覧)
  9. ^ OFFICIAL: Italy squad for Euro 2016”. Football Italia (2016年5月31日). 2016年5月31日閲覧。
  10. ^ “Brady sends euphoric Ireland into the last 16”. Union of European Football Associations. (2016年6月22日). http://www.uefa.com/uefaeuro/season=2016/matches/round=2000448/match=2017958/postmatch/report/index.html 2016年6月22日閲覧。 
  11. ^ “Dominant Italy brush aside champions Spain”. Union of European Football Associations. (2016年6月27日). http://www.uefa.com/uefaeuro/season=2016/matches/round=2000744/match=2018002/postmatch/report/index.html 2016年6月27日閲覧。 
  12. ^ ボヌッチ:「ずっとユーヴェを応援していた」 Goal.com 2011年1月22日
  13. ^ https://sites.google.com/site/niconicalcio/report/matri_20130210
  14. ^ 伊代表DFボヌッチが武装強盗を殴って撃退 強盗は「お前正気か?」と叫び逃走 スカパー 2012年10月21日閲覧
  15. ^ ユーヴェ優勝セレモニーで涙目だったボヌッチの息子…憧れのトリノFWベロッティに会い笑顔にGoal.com 2017年5月27日配信

関連項目[編集]

外部リンク[編集]