アンジェロ・パロンボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンジェロ・パロンボ Football pictogram.svg
Angelo Palombo.JPG
名前
ラテン文字 Angelo PALOMBO
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1981-09-25) 1981年9月25日(36歳)
出身地 フェレンティーノ
身長 177cm
体重 77kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-2002 イタリアの旗 フィオレンティーナ 10 (0)
2002-2017 イタリアの旗 サンプドリア 411 (13)
2012 イタリアの旗 インテル・ミラノ (loan) 3 (0)
代表歴2
2000-2002 イタリアの旗 イタリア U-20 19 (0)
2002-2004 イタリアの旗 イタリア U-21 18 (0)
2006-2011 イタリアの旗 イタリア 22 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年7月6日現在。
2. 2011年6月7日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アンジェロ・パロンボ(Angelo Palombo, 1981年9月25日 - )は、イタリアフェレンティーノ出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー

経歴[編集]

クラブ[編集]

フィオレンティーナ[編集]

ACFフィオレンティーナ下部組織で育ち、2002年2月10日のヴェネツィア戦でセリエAデビュー。新人ながら10試合に出場した。シーズン終了後、クラブの破産にともない当時セリエBUCサンプドリアへ移籍。

サンプドリア[編集]

2003-04シーズンにワルテル・ノヴェッリーノ監督の下でレギュラーの座を獲得すると、30試合に出場してチームのセリエA復帰に貢献。セルジオ・ヴォルピと共に中盤を支え、翌2004-05シーズンにはチームをセリエAの5位にまで躍進させた。2010-11シーズンにサンプドリアが18位でシーズンを終え、翌シーズンのセリエBへの降格が決まった際には移籍が噂されたが、主将のパロンボは残留を選択した[1][2]

インテル[編集]

2012年1月31日にセリエAのインテルへ買い取りオプション付きでレンタル移籍[3]。背番号は17に決まった[4]。しかし目立った活躍を見せることはできず、シーズン終了後にサンプドリアへ戻ることになった。

サンプドリア[編集]

2012-13シーズン開幕前は移籍が噂されたが、結局残留した。

代表[編集]

2002年よりU-21イタリア代表の一員としてプレーし、2004年UEFA U-21欧州選手権で優勝、アテネオリンピックでは銅メダルを獲得した。

2006年8月16日のクロアチア戦でイタリアA代表デビュー。2010年ワールドカップのメンバーにも選出された。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]