ダビデ・サントン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダビデ・サントン Football pictogram.svg
Davide Santon - Inter Mailand (2).jpg
インテル時代のサントン (2009年)
名前
愛称 バンビーノ (少年)
ラテン文字 Davide Santon
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1991-01-02) 1991年1月2日(28歳)
出身地 ポルトマッジョーレ
身長 187cm
体重 77kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 ASローマ
ポジション DF (SB)
背番号 18
利き足 右足
ユース
1999-2005 イタリアの旗 ラヴェンナ
2005-2008 イタリアの旗 インテル
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-2011 イタリアの旗 インテル 40 (0)
2011 イタリアの旗 チェゼーナ (loan) 11 (0)
2011-2015 イングランドの旗 ニューカッスル 82 (1)
2015-2018 イタリアの旗 インテル 50 (0)
2018- イタリアの旗 ローマ 17 (0)
代表歴
2007 イタリアの旗 イタリア U-16 4 (2)
2007-2008 イタリアの旗 イタリア U-17 12 (2)
2008 イタリアの旗 イタリア U-20 2 (0)
2009-2013 イタリアの旗 イタリア U-21 17 (0)
2009-2013 イタリアの旗 イタリア 8 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年6月26日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ダビデ・サントンDavide Santon, 1991年1月2日 - )は、イタリアポルトマッジョーレ出身のサッカー選手セリエAASローマ所属。ポジションはディフェンダー

来歴[編集]

クラブ[編集]

インテル

10歳でラヴェンナ・カルチョ下部組織に入団。当時からインテル・ミラノは彼に注目しており、中学卒業と同時に引き抜いた[1]。移籍当初のポジションはウイングだったが、サイドバックにコンバートされた。

2009年1月21日コッパ・イタリアASローマ戦でトップチームデビューを果たすと、1月25日UCサンプドリア戦でセリエA初出場。マイコンという絶対的な右サイドバックがいたため、左サイドバックとしてのデビューだった。2月24日マンチェスター・ユナイテッドFC戦でUEFAチャンピオンズリーグに初出場し、クリスティアーノ・ロナウドを封じ込めるなど、質の高いプレーを見せた。ジョゼ・モウリーニョ監督の信頼を得たことにより、デビュー1年目で左サイドバックのマクスウェルからレギュラーを奪い、16試合に出場。チームのセリエA4連覇に貢献した。

2009-10シーズンは膝の怪我などでコンディションが整わず、サントンの代わりにクリスティアン・キブハビエル・サネッティらが左サイドバックとして先発出場することが増えた。翌2010-11シーズンも低調なパフォーマンスが続いたため[2]、冬の移籍市場最終日の2011年1月31日に長友佑都と入れ替わる形でACチェゼーナレンタル移籍で放出された。

ニューカッスル

2011年8月、プレミアリーグニューカッスル・ユナイテッドFCへ完全移籍[3]。同年10月16日のトッテナム・ホットスパー戦で移籍後初出場。シーズン途中に左サイドバックのレギュラーポジションを獲得し、24試合に出場した。翌2012-13、2013-14シーズンも左サイドバックのレギュラーとしてプレーした。

インテル

2015年2月、古巣のインテルへ買い取りオプション付きのレンタル移籍[4]。シーズン終了後、買い取りでインテル復帰。2016-17シーズンはクリスティアン・アンサルディが加入したことにより左サイドバック争いが激化し、3番手に後退。2017-18シーズンは長友佑都ダウベルトの後塵を拝したが、ルチアーノ・スパレッティの信頼を掴んだことにより出場機会が増加。しかし新加入のジョアン・カンセロにポジションを奪われ、冬に長友がガラタサライSKへ移籍した後も状況は変わらなかった。

ASローマ

2018年6月26日、ASローマに移籍することが発表された[5]。移籍金は950万ユーロで、契約期間は4年間[6]

代表[編集]

年代別のイタリア代表を経験した後、2009年6月6日北アイルランド戦で18歳にしてA代表デビュー。マルチェロ・リッピ監督により同年6月に開催されたFIFAコンフェデレーションズカップのメンバーにも選ばれたが出場機会はなかった。2011年3月29日ウクライナ代表戦を最後に代表から遠ざかっていたが、2012年11月にチェーザレ・プランデッリ監督によって久しぶりに招集された。

プレースタイル・人物[編集]

  • 左右の両サイドでプレーすることができるサイドバック。
  • ACミランパオロ・マルディーニマウロ・タソッティがいたために左サイドにコンバートされた過去があり、この共通点からマルディーニと比較されることも多かった[1]
  • チェゼーナへのレンタルが発表された際にはショックを受け「自分自身に失望している」と話し、チェゼーナで成長してインテルへ復帰することを誓った[7]。またこの移籍を受けU-21イタリア代表監督のチロ・フェラーラはA代表監督のチェーザレ・プランデッリとサントンと話し合い、彼への信頼と期待を表すためにサントンをU-21代表のキャプテンに任命した[8]
  • 前述の通りプレーの詰めの甘さが課題となっている。2017-18シーズンのセリエA第17節ウディネーゼ・カルチョ戦ではPK献上を含む2失点に絡んでしまったほか[9]、その他の試合での中途半端なクロスも問題とされた。

個人成績[編集]

2018年5月20日現在
クラブ シーズン リーグ 背番号 リーグ戦 カップ戦 リーグ杯 欧州カップ戦 その他 合計
試合 得点 試合 得点 試合 得点 試合 得点 試合 得点 試合 得点
インテル 2008–09 セリエA 39 16 0 2 0 - 2 0 0 0 20 0
2009–10 12 0 2 0 - 1 0 0 0 15 0
2010–11 12 0 1 0 - 4 0 1 0 18 0
チェゼーナ (loan) 2010–11 セリエA 46 11 0 0 0 - - - 11 0
ニューカッスル 2011–12 プレミアリーグ 3 24 0 2 0 1 0 - - 27 0
2012–13 31 1 1 0 0 0 6 0 - 38 1
2013-14 27 0 1 0 0 0 - - 28 0
2014-15 0 0 1 0 0 0 - - 1 0
合計 82 1 5 0 1 0 6 0 0 0 94 1
インテル 2014–15 セリエA 20 9 0 1 0 - 4 0 - 14 0
2015–16 12 0 1 0 - - - 13 0
2016–17 14 0 0 0 - 1 0 - 15 0
2017–18 15 0 0 0 - - - 15 0
通算 90 0 7 0 - 12 0 1 0 110 0
ローマ 2018-19 セリエA 18 0 0 0 0 - 0 0 0 0 0 0
総通算 183 1 11 0 1 0 18 0 1 0 215 1

タイトル[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]