クリスティアン・アンサルディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリスティアン・アンサルディ Football pictogram.svg
Cristian Ansaldi.png
ルビン・カザン時代のアンサルディ (2012年)
名前
本名 クリスティアン・ダニエル・アンサルディ
Cristian Daniel Ansaldi
ラテン文字 Cristian Ansaldi
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1986-09-20) 1986年9月20日(32歳)
出身地 ロサリオ
身長 181cm
体重 76kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 トリノFC
ポジション DF (SB)
背番号 15
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2008 アルゼンチンの旗 ニューウェルズ 29 (2)
2008-2013 ロシアの旗 ルビン・カザン 128 (2)
2013-2015 ロシアの旗 ゼニト 9 (1)
2014-2015 スペインの旗 アトレティコ・マドリード (loan) 7 (0)
2015-2016 イタリアの旗 ジェノア 24 (0)
2016-2019 イタリアの旗 インテル 21 (0)
2017-2019 イタリアの旗 トリノ(loan) 49 (4)
2019- イタリアの旗トリノ
代表歴
2009- アルゼンチンの旗 アルゼンチン 5 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年7月31日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

クリスティアン・アンサルディCristian Daniel Ansaldi1986年9月20日 - )は、アルゼンチンロサリオ出身のサッカー選手トリノFC所属。ポジションはDF(サイドバック)。イタリアの市民権も所有している。

経歴[編集]

クラブ[編集]

2005年ニューウェルズ・オールドボーイズからデビューし、レギュラーとしてプレー。2008年1月、ロシア・プレミアリーグFCルビン・カザンに移籍。同年3月16日、リーグ第1節のFCロコモティフ・モスクワ戦でデビューを果たした[1]。10月25日、クリリヤ・ソヴェトフ・サマーラ戦でロシア初得点を決めた[1]。2008年はクラブ史上初のリーグ制覇を果たした。2008年シーズンは主に右サイドバックとして出場したが、2009年シーズンは主に左サイドバックとして出場している[1]。5月2日のサトゥルン・ラメンスコーエ戦では2アシストの活躍で5-0の快勝に貢献した[1]2010年6月、ルビン・カザンとの契約を3年間延長した。

2013年8月4日FCゼニト・サンクトペテルブルク移籍が発表された[2]

アトレティコ・マドリードジェノアCFCへのレンタル移籍を経て、2016年7月30日イタリアインテルナツィオナーレ・ミラノへ移籍。移籍金は200万ユーロ+ディエゴ・ラクサールの譲渡となっている[3]。インテルではステファノ・ピオリに重用され、一時は長友佑都ダビデ・サントンを抑え左サイドバックのファーストチョイスであったが、シーズン終盤に怪我により出場機会を失った。シーズン終了後に新たに監督に就任したルチアーノ・スパレッティからは良い評価を受けず、新戦力ダウベルト・エンリケに押し出される形で、トリノにレンタル移籍した[4]

代表[編集]

ルビン・カザンでの活躍がアルゼンチン代表ディエゴ・マラドーナ監督に認められ、2009年11月14日のスペイン戦で代表デビュー。一躍レギュラー候補に名乗りを挙げたと思われたが、以降招集されることがなく、2010 FIFAワールドカップの予備登録30人からも選考外となった。2010年10月4日、日本代表との親善試合で、来日する予定だったメンバーに負傷者が相次いだ為、急遽招集されたが、8日に行われた試合に出場する機会はなかったった。

所属クラブ[編集]

スペインの旗 アトレティコ・マドリード 2014-2015 (loan)
イタリアの旗 トリノFC 2017-2019

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ルビン・カザン
アトレティコ・マドリード

脚注[編集]

外部リンク[編集]