マルコ・アメリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マルコ・アメリア Football pictogram.svg
Marco Amelia.jpg
名前
ラテン文字 Marco Amelia
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1982-04-02) 1982年4月2日(35歳)
出身地 フラスカーティ
身長 190cm
体重 90kg
選手情報
ポジション GK
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2001 イタリアの旗 ローマ
2001-2008 イタリアの旗 リヴォルノ 167 (1)
2003-2004 イタリアの旗 レッチェ (loan) 13 (0)
2004 イタリアの旗 パルマ (loan) 0 (0)
2008-2009 イタリアの旗 パレルモ 34 (0)
2009-2011 イタリアの旗 ジェノア 30 (0)
2010-2014 イタリアの旗 ミラン 29 (0)
2014 イタリアの旗 ロッカ・プリオーラ 1 (0)
2015 イタリアの旗 ペルージャ 1 (0)
2015 イタリアの旗 A.S. Lupa Castelli Romani 2 (0)
2015-2016 イングランドの旗 チェルシー 0 (0)
代表歴2
1998 イタリアの旗 イタリア U-15 12 (0)
1998-1999 イタリアの旗 イタリア U-16 5 (0)
2000-2001 イタリアの旗 イタリア U-18 3 (0)
2002-2004 イタリアの旗 イタリア U-21 19 (0)
2005-2009 イタリアの旗 イタリア 9 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年9月4日現在。
2. 2016年1月10日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マルコ・アメリアMarco Amelia, 1982年4月2日 - )は、イタリアラツィオ州フラスカーティ出身のサッカー選手。ポジションはゴールキーパー。苗字は「アメーリア」とも表記される。

経歴[編集]

ASローマのユース出身。2000年にトップ昇格を果たすがフランチェスコ・アントニオーリの前に出番はなく、2001年ASリヴォルノ・カルチョにレンタル移籍。この年は1試合しか出場できなかったものの、シーズン終了後に完全移籍した。2002-03シーズンはレギュラーを掴み35試合に出場した。その後USレッチェパルマFCへのレンタル移籍を経て、2004年に復帰。復帰後は正GKに定着し、ビッグクラブからも注目を集めるようになる。

2008年6月5日、リヴォルノのセリエB降格に伴い、パレルモへ移籍。パレルモでも正GKとして活躍した。2009年8月5日ルビーニョとのトレードでジェノアCFCへ移籍した。ジェノアでも引き続き正GKを務めた。

2010年6月23日ジーダが退団したACミランにレンタル移籍した。ジーダがつけていた背番号1を与えられ、当初はレギュラー候補と目されていたが、クリスティアン・アッビアーティが予想以上の好パフォーマンスを披露したためローマ時代以来となる控えに甘んじた。ミランは7季ぶりにスクデットを獲得したものの、出場は4試合にとどまり試合でも失点を重ね低調な出来に終始した。

2011年6月14日、ミランへ完全移籍。

2013-14シーズン終了後にミランを退団。2014年10月、イタリア6部のロッカ・プリオーラへ選手兼役員として加入[1]

2015年10月、正GKのティボ・クルトゥワの負傷したチェルシーFCに加入。

代表歴[編集]

イタリア代表としては、U-15代表から各世代で選出されている。U-21代表を経て、2005年11月16日に行われた親善試合のコートジボワール戦でフル代表デビューした。ワールドカップ・ドイツ大会では出場機会こそなかったものの、優勝メンバーの1人となった。

その後、EURO2008では予選から本大会に至るまでジャンルイジ・ブッフォンに次ぐ第2GKを務めた。しかしFIFAコンフェデレーションズカップ2009以降は代表から遠ざかるようになり、2010年南アフリカW杯のメンバーに落選。それ以降はサルヴァトーレ・シリグ等の台頭もあってさらに厳しい立場となっている。

特徴[編集]

判断力と反射神経は目を見張るものがあるが、ディフェンダーとの連携やポジショニングセンスに課題は残る。また精神面の弱さを露呈する影響もあり、FIFAコンフェデレーションズカップ2009以降は代表から遠ざかる結果となっている[要出典]

エピソード[編集]

  • 2006年11月3日ベオグラードで行われたUEFAカップグループリーグ第2戦、パルチザン・ベオグラード戦で1点ビハインドの後半43分のFKのチャンスにペナルティエリア内まで侵入、FKを頭で合わせ同点劇に貢献した。
  • 2009年10月17日に行われたジェノアインテル・ミラノ戦にて、ペナルティエリア右側にいたアメリアが、確保したボールをハーフライン付近へ大きく蹴りだしたところ、その落下地点にいたインテルのスタンコビッチが、ボールが着地するより前にダイレクトでゴールめがけて大きなボレーシュートを打ち、予想外の事態にアメリアはゴールマウスへ帰るのが遅れたため得点を奪われるという珍事が発生した。

所属クラブ[編集]

イタリアの旗 ASリヴォルノ・カルチョ 2001-2002 (loan)
  • イタリアの旗 ASリヴォルノ・カルチョ 2002-2008
イタリアの旗 USレッチェ 2003 (loan)
イタリアの旗 パルマFC 2004 (loan)
イタリアの旗 ACミラン 2010-2011 (loan)

脚注[編集]

  1. ^ 元ミランGKアメリア、伊6部で選手兼役員に…W杯制覇経験の32歳”. Soccer King (2014年10月23日). 2014年10月23日閲覧。