マウロ・イカルディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はイカルディ第二姓(母方の)はリベロです。
マウロ・イカルディ Football pictogram.svg
Mauro Icardi (PSG).jpg
PSGでのイカルディ (2020年)
名前
本名 マウロ・エマヌエル・イカルディ・リベロ
Mauro Emanuel Icardi Rivero
愛称 マウリート
ラテン文字 Mauro ICARDI
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1993-02-19) 1993年2月19日(27歳)
出身地 ロサリオ
身長 181cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム フランスの旗 パリ・サンジェルマンFC
ポジション FW (CF)
背番号 9
利き足 右足
ユース
2001-2008 スペインの旗 ベシンダリオ
2008-2011 スペインの旗 バルセロナ
2011-2012 イタリアの旗 サンプドリア
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012-2013 イタリアの旗 サンプドリア 33 (11)
2013-2020 イタリアの旗 インテル 188 (111)
2019-2020 フランスの旗 パリ・サンジェルマン (loan) 20 (12)
2020- フランスの旗 パリ・サンジェルマン
代表歴2
2012-2013 アルゼンチンの旗 アルゼンチン U-20 5 (3)
2013- アルゼンチンの旗 アルゼンチン 6 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年7月12日現在。
2. 2018年10月16日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マウロ・エマヌエル・イカルディ・リベロMauro Emanuel Icardi Rivero1993年2月19日 - )は、アルゼンチンロサリオ出身のサッカー選手リーグ・アンパリ・サンジェルマンFC所属。アルゼンチン代表。ポジションはFW

スペインでサッカーキャリアをスタートさせ、FCバルセロナおよびUCサンプドリアの下部組織を経て2012年にサンプドリアでプロデビューした。2013年にインテル・ミラノへ活躍の場を移し、2015年には当時22歳でインテルのキャプテンに就任。2014-15シーズン2017-18シーズンにはセリエA得点王に輝いている。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

アルゼンチンロサリオで生まれる。父親がピエモンテ州にルーツを持つため、イタリア国籍も所得している。6歳のときにスペインへ移住。2002年にUDベシンダリオ英語版のユースチームでキャリアをスタートさせ、ユース世代のカテゴリーで384得点を記録した[1]

ベシンダリオでの活躍を受け、FCバルセロナレアル・マドリードバレンシアCFなどスペイン国内の強豪クラブが興味を示したが[2]、2008年にFCバルセロナのカンテラ (ラ・マシア) へ移籍した。バルセロナユースでも注目されていたものの、自身のプレースタイルとバルセロナの志向するフットボールが合致しないと考えクラブを去ることを決断した[3]

サンプドリア[編集]

2011年1月、セリエBUCサンプドリアのユースチームにレンタル移籍し、7月に完全移籍を果たした[4]。2012年5月12日に行われたSSユーヴェ・スタビア戦でプロデビューを果たし、5月20日のペスカーラ・カルチョ戦でプロ初ゴールをマークした。

セリエAへ昇格した2012-13シーズン前半は出場機会に恵まれなかったが、マキシ・ロペスの怪我でチャンスを得ると2012年11月18日のジェノバダービーで初の先発出場を果たし、初ゴールも決めた[5]。2013年1月6日にアウェイで行われたユヴェントスFC戦では2ゴールをあげ勝利に貢献。1月27日のペスカーラ・カルチョ戦では4ゴールをあげる活躍を見せた。このシーズンは最終的にリーグ戦で31試合に出場し10ゴールをあげ、チーム内得点王となった。

インテル[編集]

2013年7月9日、インテルナツィオナーレ・ミラノへ移籍。完全移籍を視野に入れた共同保有での加入となった[6]。背番号はロナウドサミュエル・エトオといった名手が着けた9番であり、歴代の選手の中でも最年少で9番を背負うことになった[7]。7月27日のハンブルガーSVとのプレシーズンマッチで移籍後初ゴールとなる先制点を挙げ[8][9]、8月18日に行われたコッパ・イタリア3回戦のASチッタデッラ戦で先発出場しインテルでの公式戦デビュー果たした。9月14日のセリエAユヴェントスFC戦(イタリアダービー)では後半23分から途中出場し、5分後に自身の移籍後公式戦初ゴールとなる先制点を挙げた[10]

2013-14シーズン前半はベンチスタートが多く、11月5日には持病であるスポーツヘルニアの手術を受け負傷離脱を強いられたが[11]、復帰後はレギュラーに定着し2014年3月1日のASローマ戦でインテルでのセリエA初先発を飾った。最終的にリーグ戦22試合9得点を記録し、シーズン終了後の2014年6月10日にインテルが保有権を全て買い取った[12]

2014-15シーズン、2014年9月14日のUSサッスオーロ・カルチョ戦でハットトリックを記録する[13]など好調を維持し、11月9日のエラス・ヴェローナ戦では2得点を記録した。ヴェローナとの試合後にワルテル・マッツァーリ監督が解任され、ロベルト・マンチーニが新監督に就任するとより輝きを増し、36試合22得点を挙げ、得点数タイのルカ・トーニと共に22歳でセリエA得点王に輝いた。

2015-16シーズン開幕前の2015年6月5日にインテルとの契約を2019年まで延長[14]。同シーズンよりアンドレア・ラノッキアに替わりキャプテンに就任した[15]。インテルで通算100試合目の出場となった2016年4月10日のフロジノーネ・カルチョ戦では決勝点となるゴールを挙げ、同時にクラブでの通算50得点を達成[16]。セリエAで50得点記録した最年少外国人選手となった[17]

2016-17シーズンの開幕前にはアトレティコ・マドリードSSCナポリアーセナルFCなどイタリア国内外の強豪クラブとの移籍交渉が報道されたが[18][19]、本人は残留の意思を見せ[20]、最終的にチームに残留。9月18日に行われたユヴェントスFCとのイタリアダービーでは先制された直後の後半23分に同点弾を挙げ、後半33分にはイヴァン・ペリシッチの決勝点をアシストし、チームの逆転勝利に貢献[21]。2016年10月7日、2021年まで契約を延長した[22]

2017-18シーズンには開幕戦である2017年8月20日のACFフィオレンティーナ戦で2得点を挙げ好調のままシーズンをスタート。10月16日に開催されたACミランとのミラノダービーでは前半23分と後半20分に得点を記録し、2-2の同点で迎えた後半45分にPKを沈めてハットトリックを達成した[23]。11月5日のトリノFC戦では右膝の炎症を訴え離脱したものの[24]、軽症のため2週間後の11月19日に行われたアタランタBC戦で復帰し2得点を記録した。しかし2018年1月には右大腿内転筋の損傷で再び戦線を離脱[25]。3月11日のSSCナポリ戦で実践復帰を果たすと、3月18日の古巣UCサンプドリア戦では自身のセリエA100得点目となるゴールを含む4得点を叩き出しチームを勝利に導いた[26]。その後も4月17日のカリアリ・カルチョ戦から5月6日のウディネーゼ・カルチョ戦までの4試合で連続ゴールを達成するなど好調を維持。5月20日に行われたSSラツィオ戦とのUEFAチャンピオンズリーグ出場権をかけた最終節では後半33分に反撃のきっかけとなるPKを沈めた。この得点によって得点数を29に伸ばしてラツィオのチーロ・インモービレと共にセリエA得点王に輝くと同時に、インテルでのセリエA通算100得点目を達成。この試合に勝利したインテルは4位を確定させ、イカルディはクラブの7シーズンぶりのUEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得の原動力となった[27]。なおこのシーズンの29得点は自身のキャリアハイとなる得点数となっている。

2018-19シーズンの開幕から1カ月ほどはスコアを挙げられず精彩を欠いていたものの、2018年9月18日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのトッテナム・ホットスパー戦でCL初出場を果たすと後半41分にペナルティーエリア外からボレーシュートを放ちCL初得点となる同点弾を奪い[28]、その後後半アディショナルタイムにマティアス・ベシーノが挙げた得点により逆転勝利を収めた。9月26日のACFフィオレンティーナ戦で先制点となるPKを決めセリエAでのシーズン初得点を記録しダニーロ・ダンブロージオの勝ち越し弾をアシストした[29]。10月21日に行われたACミランとのミラノダービーでは後半アディショナルタイムにマティアス・ベシーノのクロスをヘディングで合わせ決勝点をマーク[30]。11月6日のUEFAチャンピオンズリーグ・FCバルセロナ戦では後半42分に同点弾をあげ勝ち点1獲得に貢献した[31]

しかしウィンターブレイク後に行われていたインテルとの契約延長交渉が難航[32]。2019年2月13日、インテルの公式Twitterはイカルディに代わってサミル・ハンダノビッチが主将に就任することを発表[33]。翌2月14日に発表されたUEFAヨーロッパリーグラピド・ウィーン戦ではイカルディ側が招集を拒否しメンバー外となった[34]。翌月3月6日、妻で代理人のワンダ・ナラとジュゼッペ・マロッタCEOが会談の場を設けたことにより和解に進み、イカルディはトレーニングに復帰した[35]。4月3日のジェノアCFC戦で約2カ月ぶりにピッチに立つと、前半40分に自身が獲得したPKを沈めてインテルの勝利に貢献した。しかし度重なる騒動の影響でウルトラスとの関係は冷え切っており、ウルトラスはインテルにイカルディの放出を要求[36]。依然として契約交渉が進んでいなかったことや、ジェノア戦後の6試合で得点を挙げられなかったことも影響し、イカルディへの批判は増していった。

2019年7月、新監督に就任したアントニオ・コンテによってラジャ・ナインゴランと共に戦力外通告を受け[37]、トレーニングキャンプ中のチームから離脱しアジアで行われるプレシーズンツアーへの不参加も発表された[38]。8月に、新加入のロメル・ルカクが自身の背番号である9番を着用することが決定し背番号が剥奪された[39]。退団が決定的となったことでASローマSSCナポリなどの国内クラブが獲得に動いたものの[40]、インテルと同等もしくはそれ以上の規模であるクラブでのプレーを希望していたイカルディは移籍を拒否し[41]、移籍市場終了間際にはイカルディ側がクラブにトレーニング復帰などの待遇改善を求めインテルを告訴する構えを見せるなど、徹底抗戦の意思を示した[42]

パリ・サンジェルマンFC[編集]

2019年9月2日、パリ・サンジェルマンFCと1年間のレンタル移籍に合意した[43]。同ポジションのエディンソン・カバーニが負傷で離脱していたこともありスタメンでの出場機会を掴むと、10月2日のUEFAチャンピオンズリーグガラタサライSK戦で移籍後初ゴールとなる決勝点を決めると、続くリーグ・アン9節のアンジェSCO戦ではリーグ・アン初得点を決め、リーグ・アン第10節のOGCニース戦で2得点、UEFAチャンピオンズリーグのクラブ・ブルッヘ戦でも2得点、リーグ・アン第11節のオリンピック・マルセイユとのル・クラスィクでも2得点を決め、5試合連続得点を挙げた。カバーニの復帰後もレギュラーに定着し、2020年1月8日に行われたクープ・ドゥ・ラ・リーグ・準々決勝のASサンテティエンヌ戦ではハットトリックを達成した[44]。2020年5月31日、PSGへの完全移籍が発表された[45]

2020年8月29日、2020-21シーズンから背番号を退団したエディンソン・カバーニの背番号である9番に変更することが決定[46]

代表経歴[編集]

アルゼンチン代表として各年代でプレー。2013年9月30日、負傷離脱したリオネル・メッシの代役として2014W杯・南米予選に向けたアルゼンチン代表のメンバーに初招集[47]。10月15日に行われた同予選のウルグアイ戦で途中出場し、アルゼンチンA代表デビューを果たした。

その後はプライベートでの問題もあって代表に呼ばれることなく[48]、セリエA得点王に輝いた2015年にも招集されることはなかった。ところが2017年2月にエドガルド・バウサ監督とミラノで会談を行うと代表との復縁が進み[49]、その後2017年5月に3年半ぶりに代表へ復帰[50]。しかしその直後にバウザ監督が解任されホルヘ・サンパオリが監督に就任すると代表での戦術に適応できないとの理由から招集を見送られるようになり[51]2018 FIFAワールドカップでは招集外となった[52]

プレースタイル[編集]

スペースに反応し裏に抜け出す動き、適格なポジショニング、強靭なフィジカルとジャンプ力を活かした打点の高いヘディング、クロスに合わせる技術を武器に[3]ペナルティーエリア内で無類の強さを誇る[53][54]。決定力も非常に高く2015-16シーズンのセリエAではリーグ最高となるシュート決定率30.8%を記録している[55]。また試合では後半に得点することが多く[17]、私生活でのエピソード、メディアやサポーターへの対応も合わさり、強心臓のストライカーと評価されている[2]

エピソード[編集]

  • FCバルセロナ下部組織の入団前、イカルディはメッシのサインが入った写真をバルサのスタッフからプレゼントされた。なおメッシもイカルディと同じロサリオ出身である。
  • 愛車は黄色のハマー
  • 右腕に家族全員の名前のタトゥーがある[56]
  • 二重国籍を有するためA代表はイタリア代表アルゼンチン代表のどちらかを選ぶ事が出来たが[57][58]、2013年にアルゼンチン代表としてデビューを果たした。
  • 2013年12月、同胞でサンプドリア時代のチームメイトであるマキシ・ロペスの妻でモデルのワンダ・ナラ英語版との不倫が発覚し[59]、その数ヶ月後にワンダ・ナラと結婚した。しかし不倫騒動後初の顔合わせとなった2014年4月14日のサンプドリア戦ではロペスが試合前の握手を拒否[60][61]。その後もロペスとナラの間に生まれた子供の親権を争っている[62]
  • 2015年1月、ワンダ・ナラ英語版との間に娘が誕生した[63]
  • 2016年10月、自身が出版した自伝『SEMPRE AVANTI』内で一部のサポーターを批判したことが元となりキャプテン剥奪を要求された[64]。その後サポーターに謝罪をし[65]、自伝内の問題となったページを削除して自費で再出版したものの、FIGCとインテルからそれぞれ罰金を科された[66]

個人成績[編集]

所属クラブ シーズン 背番号 リーグ戦 カップ戦 国内杯 UEFA主催 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
サンプドリア 2011–12 99 2 1 0 0 - 2 1
2012–13 31 10 0 0 - 31 10
インテル 2013–14 9 22 9 1 0 - 23 9
2014–15 36 22 2 1 - 10 4 48 27
2015–16 33 16 1 0 - - 34 16
2016–17 34 24 2 0 - 5 2 41 26
2017–18 34 29 2 0 - - 36 29
2018-19 28 11 2 2 - 6 4 36 17
PSG 2019–20 18 20 12
通算 220 122 10 3 0 0 21 10 220 134

代表歴[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 7試合 1得点 (2013年 - )


アルゼンチン代表国際Aマッチ
出場得点
2013 1 0
2017 1 0
2018 5 1
通算 7 1

ゴール[編集]

# 開催日 開催地 対戦国 スコア 結果 大会
1 2018年11月21日 アルゼンチンの旗メンドーサエスタディオ・マルビナス・アルヘンティナス メキシコの旗 メキシコ 1-0 2-0 親善試合

タイトル[編集]

クラブ[編集]

パリ・サンジェルマン

個人[編集]

出典[編集]

  1. ^ 更なる成長が期待のイカルディ、inter.it に初コメント - inter.it 2013年7月9日
  2. ^ a b 【ストーリー】“セリエA最高のヒール”…マウロ・イカルディの生い立ちをたどる - サッカーキング 2015年10月16日
  3. ^ a b イカルディ、ポグバ、ニアン……。セリエAで世代交代が劇的に加速中! - Number 2013年4月18日
  4. ^ Mauro Icardi seguirá en la Sampdoria - sport 2011年7月16日 (スペイン語)
  5. ^ イカルディらに見るセリエAの明るい未来 - UEFA.com 2013年1月28日
  6. ^ インテル、イカルディ獲得が正式発表 - Goal.com 2013年7月10日
  7. ^ それまでの最年少はロナウド
  8. ^ イカルディ:「インテルでの初ゴールはとても嬉しい」 - inte.it 2013年7月27日
  9. ^ インテルでの初得点を喜ぶイカルディ - Goal.com 2013年7月28日
  10. ^ 長友フル出場 インテル対ユヴェントスのイタリアダービーはドロー - Goal.com 2013年9月14日
  11. ^ インテル、イカルディが1カ月の離脱 - Goal.com 2013年11月6日
  12. ^ インテル、共同保有イカルディを完全買い取り - Goal.com 2014年6月11日
  13. ^ イカルディのハットトリックでインテル7発大勝…長友は今季初先発 - サッカーキング 2014年9月14日
  14. ^ イカルディ、2019年までインテルで - inter.it 2015年6月3日
  15. ^ イカルディ「カピターノであることは大きい」 - inter.it 2015年10月1日
  16. ^ イカルディがミリート超え インテルでの100試合で50ゴールを達成 - Goal.com 2016年4月10日
  17. ^ a b マウロ・イカルディ:スコアラーの軌跡 - inter.it 2018年3月18日
  18. ^ イカルディの移籍先はプレミアリーグ? 妻が渡英し交渉か - フットボールチャンネル 2016年7月21日
  19. ^ イカルディを公私で操るワンダ・ナラ夫人がナポリ会長と移籍交渉 - サッカーダイジェストWEB 2016年8月16日
  20. ^ インテル主将のイカルディ、残留希望を表明 - 超ワールドサッカー 2016年7月21日
  21. ^ インテル、イカルディの活躍で王者ユベントスに勝利 - AFPBB.com 2016年9月19日
  22. ^ マウロ・イカルディが2021年まで契約を延長! - inter.it 2016年10月17日
  23. ^ ミラノダービーでハットトリックのイカルディ「ボールをしっかりつかんで帰る」 - Goal.com 10月16日
  24. ^ アルゼンチン代表辞退のイカルディ、精密検査で軽症と判明…19日アタランタ戦で復帰 - Goal.com 2017年11月8日
  25. ^ インテルFWイカルディが右足負傷 - ゲキサカ 2018年2月1日
  26. ^ イカルディが古巣相手に大爆発! セリエA通算100得点目含む4発でインテル快勝 - 超ワールドサッカー 2018年3月18日
  27. ^ インテルが逆転7年ぶりCL権獲得!得点王イカルディは残留へ傾く「ここで本当に幸せ」 - ゲキサカ 2018年5月21日
  28. ^ アルゼンチン代表FW、今季CLベスト級の“20m超絶ボレー弾” 現地紙驚愕「マジック」 - Football ZONE 2018年9月20日
  29. ^ イカルディ1G1Aのインテル、好調フィオレンティーナに競り勝つ《セリエA》 - 超ワールドサッカー 2018年9月26日
  30. ^ 今季初のミラノダービーはインテルが劇的勝利!エースFWイカルディが後半ATヘッド弾 - 2018年10月22日
  31. ^ バルサとインテルはドロー。途中出場から2分でマルコム先制もイカルディが同点弾 - フットボールチャンネル 2018年11月7日
  32. ^ 契約問題で揺れるイカルディ、インテルの“主将剥奪” EL遠征メンバーから外れる - Football ZONE 2019年2月14日
  33. ^ 1095647359604850689 (@Inter) - Twitter 2019年2月13日
  34. ^ インテルがラピド・ウィーン戦に向けた招集メンバーを発表! キャプテン剥奪のイカルディが招集外に…《EL》 - 超ワールドサッカー 2019年2月14日
  35. ^ イカルディが6週間ぶりにトレーニングに復帰! - 2019年3月21日
  36. ^ 「イカルディは去れ!」 ウルトラスが決別宣言、市場価値は半減…インテル元主将の運命は? - Yahoo!ニュース 2019年4月3日
  37. ^ 「我々のプロジェクトに入らない」インテルがイカルディとナインゴランに非情の戦力外通告! - サッカーダイジェストWeb 2019年7月7日
  38. ^ イカルディのインテル退団は目前か…キャンプ離脱でアジアツアー不参加へ - サッカーキング 2019年7月14日
  39. ^ インテル新加入のルカク、「9」番着用が決定…イカルディは背番号剥奪 - サッカーキング 2019年8月9日
  40. ^ “飼い殺し”危機のイカルディ、ローマ移籍の可能性浮上 成立はクラブ間交渉の進展次第か - 2019年8月13日
  41. ^ 移籍拒否のインテルFWにカッサーノ「イカルディは終わった。ピッチに立つことはない」 - Goal.com 2019年8月26日
  42. ^ イカルディ、インテルを訴える! 練習復帰と損害賠償1.7億円を要求 - フットボールチャンネル 2019年8月31日
  43. ^ マウロ・イカルディがパリ・サンジェルマンに移籍”. inter.it (2019年9月2日). 2019年9月3日閲覧。
  44. ^ サッカー=イカルディがハットトリック、仏リーグ杯”. Reuters (2020年1月9日). 2019年9月3日閲覧。
  45. ^ マウロ・イカルディがパリ・サンジェルマンに完全移籍”. FCインテルナツィオナーレ・ミラノ (2020年5月31日). 2020年5月31日閲覧。
  46. ^ https://www.soccer-king.jp/news/world/fra/20200829/1112925.html
  47. ^ アルゼンチン、イカルディを追加招集 - Goal.com 2013年10月1日
  48. ^ 女を奪ったイカルディは代表に呼べない? 「僕が呼ばれないのはポジションとは関係ない」「ワンダを奪った男になっている」 - theWOLRD 2016年5月9日
  49. ^ イカルディ、ついにアルゼンチン代表と“復縁”か。バウザ監督とミラノで会談 - 2017年2月4日
  50. ^ イカルディが3年半ぶりにアルゼンチン代表復帰! “招集反対派”メッシらの対応は!? - サッカーダイジェストWeb 2017年5月20日
  51. ^ ディバラとイカルディ、W杯は代表落ちが濃厚?サンパオリ「スタイルに適応できない」 - Goal.com 2018年3月22日
  52. ^ アルゼンチン代表W杯メンバー23名にメッシやディバラら…イカルディが落選 - サッカーキング 2018年5月22日
  53. ^ 「イカルディはゴール前の獣」フィオレンティーナ指揮官、インテル戦へ両エースを比較 - Goal.com 2018年9月25日
  54. ^ スパレッティ、逆転弾のイカルディを絶賛「完璧。ボックス内では獣のよう」 - 2018年10月4日
  55. ^ 決定力の高いイカルディ、アシスト王はペリシッチ…15-16シーズンのデータ - inter.it 2016年5月21日
  56. ^ イカルディ:「僕に対するファンの愛情に驚いている」 - inter.it 2013年7月19日
  57. ^ イカルディのアズーリ入りを望むプランデッリ - Goal.com 2013年1月25日
  58. ^ イカルディ、インテル入りが間もなく正式決定へ - Goal.com 2013年6月6日
  59. ^ マラドーナ氏、W不倫イカルディに怒り - デイリースポーツ 2013年12月29日
  60. ^ サンプFWロペス、元夫人の浮気相手イカルディとの試合前握手を拒否 - サッカーキング 2014年4月14日
  61. ^ 不倫騒動、そして“遺恨試合”――。 セリエAを騒がせた三角関係の行方。 NumberWeb: 2014年4月16日
  62. ^ イカルディとマキシ・ロペスが子供争奪戦 - フットボールチャンネル 2014年12月19日
  63. ^ マウロイカルディとワンダ夫妻に女の子が誕生 - inter.it 2015年1月19日
  64. ^ イカルディ、罰金科されるも主将続投。自伝は問題のページを削除して再版へ - フットボールチャンネル 2016年10月18日
  65. ^ ファンに謝罪するイカルディ「インテルは家族。今は誤解が生んだ辛い時期」 - 超ワールドサッカー 2016年10月18日
  66. ^ インテル主将イカルディ、自伝内の記述に関して伊サッカー協会から罰金処分 - 2017年2月24日

外部リンク[編集]