アンジェロ・オグボンナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンジェロ・オグボンナ Football pictogram.svg
Hertha BSC vs. West Ham United 20190731 (172).jpg
ウェストハム・ユナイテッドFCでのオグボンナ (2019年)
名前
本名 アンジェロ・オビンツェ・オグボンナ
Angelo Obinze Ogbonna
ラテン文字 Angelo OGBONNA
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
ナイジェリアの旗 ナイジェリア
生年月日 (1988-05-23) 1988年5月23日(31歳)
出身地 カッシーノ
身長 189cm
体重 86kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 ウェストハム・ユナイテッド
ポジション DF (CB, LSB)
背番号 21
利き足 左足
ユース
2002-2006 イタリアの旗 トリノ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2013 イタリアの旗 トリノ 150 (1)
2007-2008 イタリアの旗 クロトーネ (loan) 22 (0)
2013-2015 イタリアの旗 ユヴェントス 41 (0)
2015- イングランドの旗 ウェストハム 104 (2)
代表歴2
2009-2010  イタリア U-21 10 (0)
2011- イタリアの旗 イタリア 13 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年5月13日現在。
2. 2016年9月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アンジェロ・オビンツェ・オグボンナ(Angelo Obinze Ogbonna, 1988年5月23日 - )は、イタリアカッシーノ出身のサッカー選手。ポジションはディフェンダー

経歴[編集]

クラブ[編集]

ナイジェリアイタリア人で、センターバックや左サイドバックでプレー出来る。トリノFCのユースに入り、2007年2月のレッジーナ戦でセリエAデビューを果たした。

2007-08シーズンはセリエC1FCクロトーネへレンタル。2008-09シーズンはチェーザレ・ナターリらの控えとしてトリノ守備陣を支えたが、クラブはセリエB降格となった。

ミランも獲得に興味を示したが、2013年7月11日、同じトリノに位置する強豪ユヴェントスに移籍が決定[1]。契約は5年間。しかし、不安定なプレーが多くレギュラーの座を勝ち取ることはできなかった。

2015年7月、ウェストハム・ユナイテッドFCへの移籍が決定[2]。移籍金は1100万ユーロ、契約は4年間。ウェストハムが6月10日にペドロ・オビアングを獲得した際、誤ってまだユベントス所属だったオグボンナの写真を掲載しており、1ヶ月後に奇しくも間違われた本人であるオグボンナもウェストハムに加入することになった[3]。コンスタントに出場機会を得ていたが2017年1月に負傷し膝を手術した[4]。6月30日、ウェストハムと2022年まで契約を延長した[5]。2018-19シーズンはファビアン・バルブエナイッサ・ディオプにポジションを奪われたが、翌シーズンの序盤はバルブエナからポジションを奪い返した。

代表[編集]

2009年8月、U-21イタリア代表として親善試合に出場。

2011年6月、A代表に初招集された。2011年11月11日のポーランドとの親善試合で途中出場し代表デビュー。2012年2月29日のアメリカとの親善試合では初の先発出場とフル出場を記録した。

所属クラブ[編集]

イタリアの旗 FCクロトーネ (loan) 2007-2008

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ユヴェントスFC

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]