チェーザレ・ナターリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チェーザレ・ナターリ Football pictogram.svg
Cesare Natali Fiorentina.jpg
名前
カタカナ チェーザレ・ナターリ
ラテン文字 Cesare Natali
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 1979年4月5日(37歳)
出身地 ベルガモ
身長 191cm
体重 87kg
選手情報
ポジション DF
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-2005 イタリアの旗 アタランタ 69 (2)
1998-1999 イタリアの旗 レッコ (Loan) 21 (1)
2001 イタリアの旗 モンツァ (Loan) 11 (1)
2003-2004 イタリアの旗 ボローニャ (共同保有) 31 (0)
2005-2007 イタリアの旗 ウディネーゼ 52 (1)
2007-2009 イタリアの旗 トリノ 50 (3)
2009-2012 イタリアの旗 フィオレンティーナ 72 (2)
2012-2014 イタリアの旗 ボローニャ 37 (1)
2015 イタリアの旗 サッスオーロ 3 (0)
代表歴2
2002 イタリアの旗 イタリア U-21 3 (0)
2004 イタリアの旗 イタリア 0 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年5月2日現在。
2. 2012年7月4日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

チェーザレ・ナターリCesare Natali1979年4月5日)は、イタリアベルガモ出身のサッカー選手。ポジションはDF

経歴[編集]

アタランタの下部組織出身で、1997年にプロデビューを飾る。当初は控えだったが、2002年頃からレギュラーに定着するよ言うになり、同年には21歳以下のイタリア代表にも選出されている。

2005年7月1日、7年間在籍したアタランタを離れウディネーゼに移籍。ペア・クロルドルップクリスティアン・サパタ等とともにセンターバックを組んだ。しかし、定位置を確保するには至らず2007年7月4日トリノFCへ移籍。主軸として活躍していたが、2008-09シーズンに降格。それを受けて、2009年7月4日フィオレンティーナに移籍。アタランタユース時代に指導を受けたチェーザレ・プランデッリ監督と11年ぶりの再会を果たした。ただし、フィオレンティーナではダリオ・ダイネッリアレッサンドロ・ガンベリーニのコンビが不動の地位を築いており、ウディネーゼ時代の同僚だったクロルドルップとともにセンターバックの3番手であった。ただし2010年になってダイネッリはジェノアCFCに移籍したため、その後は出場機会が増加した。2011-12シーズンはガンベリーニの負傷もあってレギュラーポジションを獲得。この年、下部組織から昇格してデビューしたマティヤ・ナスタシッチとコンビを組み、自己最多の35試合に出場した。

2012年7月26日、かつて共同保有で所属したボローニャに9シーズンぶりに復帰。

代表[編集]

U-21イタリア代表として、2002年のUEFA U-21欧州選手権のメンバーに選出され、3試合に出場した。

2004年ジョバンニ・トラパットーニ監督率いるA代表に初招集されるも、試合出場はなかった。

所属クラブ[編集]

イタリアの旗 レッコ・カルチョ (Loan) 1998-1999
イタリアの旗 カルチョ・モンツァ (Loan) 2001
イタリアの旗 ボローニャFC (Co-ownership) 2003-2004

外部リンク[編集]