マルコ・マルキオンニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マルコ・マルキオンニ Football pictogram.svg
Marco Marchionni.jpg
ユヴェントス時代(2006年)
名前
ラテン文字 Marco Marchionni
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1980-07-22) 1980年7月22日(38歳)
出身地 モンテロトンド
身長 173cm
体重 66kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 カッラレーゼ・カルチョ
ポジション MF, FW (DMF, WG)
背番号 32
利き足 右足
ユース
1995-1997 イタリアの旗 モンテロトンド英語版
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1997-1998 イタリアの旗 モンテロトンド 29 (4)
1998-2001 イタリアの旗 エンポリ 55 (7)
2001-2006 イタリアの旗 パルマ 112 (13)
2003 イタリアの旗 ピアチェンツァ (loan) 16 (1)
2006-2009 イタリアの旗 ユヴェントス 63 (3)
2009-2012 イタリアの旗 フィオレンティーナ 60 (7)
2012-2014 イタリアの旗 パルマ 61 (2)
2014-2015 イタリアの旗 サンプドリア 1 (0)
2015-2017 イタリアの旗 ラティーナ 6 (0)
2017- イタリアの旗 カッラレーゼ 3 (0)
代表歴2
2000-2002  イタリア U-21 18 (2)
2003-2009 イタリアの旗 イタリア 6 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年4月13日現在。
2. 2014年9月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マルコ・マルキオンニMarco Marchionni, 1980年7月22日 - )は、イタリアラツィオ州モンテロトンド出身の元同国代表サッカー選手カッラレーゼ・カルチョ所属。ポジションはMFFW(守備的MF,ウインガー)。

経歴[編集]

キャリア初期にはウイング・プレーヤーであった。2005-06シーズンパルマFCで活躍を見せ、2006 FIFAワールドカップイタリア代表入りも噂されたが、結局メンバー入りは果たせなかった。翌2006-07シーズンより昨季中に入団が内定していたユヴェントスFCに加入した。1年目から25試合に出場しクラブのセリエB優勝・セリエA復帰に貢献。2007-08シーズンは怪我で棒に振ったが、2008-09シーズンマウロ・カモラネージからレギュラーの座を奪い、自己最多タイの計36試合に出場した。ユヴェントスでは3シーズンでリーグ戦63試合に出場した。2009年7月、共同保有でACFフィオレンティーナへ移籍(実質的にはフェリペ・メロとの交換トレードであった)。

2012年9月、古巣のパルマと1年契約を結んだ[1]

2014年8月27日、UCサンプドリアに移籍した[2]

2015年9月1日、セリエBUSラティーナ・カルチョに加入した[3]

2017年7月20日にセリエCカッラレーゼ・カルチョへ加入し、嘗てエンポリFCで指導を仰いだシルヴィオ・バルディーニ英語版と再会した[4]

代表歴[編集]

イタリア代表としては、2003年11月12日にワルシャワで行われたポーランド戦で代表デビューを飾った。

タイトル[編集]

エンポリ
パルマ
ユヴェントス

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Marco Marchionni returns to ParmaPARMA FC(イタリア語)
  2. ^ ARCO MARCHIONNI È BLUCERCHIATO, ANDREA COSTA SI TRASFERISCE AL PARMA UCサンプドリア公式ウェブサイト 2014年8月27日付
  3. ^ UFFICIALE: Latina, colpo Marchionni. Preso anche il giovane Mbaye”. TuttoMercatoWeb.com (2015年9月1日). 2015年11月14日閲覧。
  4. ^ Marchionni riparte dalla Carrarese: giocherà in Serie C”. Goal.com (2017年7月20日). 2018年4月14日閲覧。

外部リンク[編集]