ニコラ・リッツォーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニコラ・リッツォーリ
個人情報
フルネーム Nicola Rizzoli
誕生日 (1971-10-05) 1971年10月5日(48歳)
出身地 イタリアの旗 イタリア
エミリア=ロマーニャ州モデナ県ミランドラ
他職業 建築家
国内
リーグ 役割
2002-2017 セリエA 審判員
国際
リーグ 役割
2007-2017 FIFA選出 審判員

ニコラ・リッツォーリイタリア語: Nicola Rizzoli, 1971年10月5日 - )はイタリアエミリア=ロマーニャ州モデナ県ミランドラ出身のサッカー審判員である。 また、副業は建築家である。

概要[編集]

リッツォーリは2002年より国内リーグのセリエAで審判を開始し、2007年にFIFAのライセンスを取得して国際審判員として活動している[1]。彼は2007年8月にUEFAチャンピオンズリーグ予選で初めて国際試合の主審を務め、2008年10月1日にはグループリーグのスポルティングCPバーゼル戦でも主審を務めた。

2010年4月7日、リッツォーリはマンチェスター・ユナイテッドバイエルン・ミュンヘンの間で行われたチャンピオンズリーグ準々決勝第2戦の主審を務めた。試合は3-1でマンチェスター・ユナイテッドがリードしており、2試合合計スコアでも4-3でマンチェスター・ユナイテッドがリードしていたが、第2戦でリッツォーリはマンチェスター・ユナイテッドの右SBラファエウに対してイエローカード2枚による退場処分を出した。その後バイエルンは2点目を挙げ、試合は3-2で敗れたものの、2試合合計スコア4-4、アウェーゴールで上回り準決勝進出を決めた[2]

国際レベルでは、リッツォーリはUEFA EURO 2012で主審として活動し[3]2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選[4]及び2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選でも主審を務めた[5]

2013年3月、FIFAは2014年にブラジルで開催される2014 FIFAワールドカップ審判員の候補リストを発表し、リッツォーリは52人の審判候補リストに入った[6]

2013年5月、リッツォーリはUEFAからウェンブリー・スタジアムで開催されるUEFAチャンピオンズリーグ 2012-13 決勝の主審に選出された[7]

2014年7月、2014 FIFAワールドカップの決勝戦の主審を任された。 順調に試合をこなし、無事試合を終え、FIFAから非常に高い評価を受けた。

脚注[編集]

  1. ^ Italy: Referees”. FIFA. 2013年5月25日閲覧。
  2. ^ McNulty, Phil (2010年4月7日). “Man Utd 3–2 Bayern Munich (agg 4–4)”. BBC Sport (British Broadcasting Corporation). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/europe/8604742.stm 2013年5月25日閲覧。 
  3. ^ France 1-1 England”. UEFA (2012年6月11日). 2013年5月25日閲覧。
  4. ^ Match Report - Hungary - Sweden 1:2 (0:1)”. FIFA (2009年9月5日). 2013年5月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月25日閲覧。
  5. ^ Match Report - Republic of Ireland - Germany 1:6 (0:2)”. FIFA (2012年10月12日). 2013年5月25日閲覧。
  6. ^ Open list of prospective referees & assistant referees for the 2014 FIFA World Cup”. FIFA (2013年3月7日). 2013年5月25日閲覧。
  7. ^ Rizzoli to referee UEFA Champions League Final”. UEFA (2013年5月20日). 2013年5月25日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
2012
ポルトガルの旗 ペドロ・プロエンサ
UEFAチャンピオンズリーグ決勝主審
2013
イタリアの旗 ニコラ・リッツォーリ
次代:
2014
TBA
先代:
2009
スペインの旗 ルイス・メディナ・カンタレホ
UEFAヨーロッパリーグ決勝主審
2010
イタリアの旗 ニコラ・リッツォーリ
次代:
2011
スペインの旗 カルロス・ベラスコ・カルバージョ