プル・シャーンドル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にシャーンドル・プルと表記することもあります。
プル・シャーンドル
個人情報
フルネーム Puhl Sándor
誕生日 (1955-07-14) 1955年7月14日(64歳)
出身地  ハンガリー
ミシュコルツ
他職業 レフェリーインストラクター
国内
リーグ 役割
1984-2000 ネムゼティ・バイノクシャーグI 審判員
国際
リーグ 役割
1988-2000 FIFA選出 審判員

プル・シャーンドル(Puhl Sándor, 1955年7月14日 - )は、ハンガリー出身のサッカー審判員である。

概要[編集]

1984年に審判員の資格を取得した後、1988年FIFAのライセンスを取得し2000年まで国際審判員として活動していた[1]。母語であるハンガリー語の他に、第二言語として英語ドイツ語を使用できる。現在、レフェリーインストラクターとUEFAオブザーバーを務めている。1994年には、1994 FIFAワールドカップ決勝戦において主審を務めた。また、1997年にはUEFAチャンピオンズリーグの決勝戦で主審を務めている。1994年から1997年まで4年連続でIFFHSが選ぶ年間世界最優秀審判賞に選ばれた[2]他、2011年には、IFFHSが選ぶ4半世紀の審判100人において、第6位に選ばれている[3]1998 FIFAワールドカップでは、当時世界トップとの評価を受けていながら落選した。これは前年の11月に行われたUEFAチャンピオンズリーグマンチェスター・ユナイテッドフェイエノールトで、即座に退場処分となるべきフェイエノールトの選手の反則を見逃し大問題となり、UEFAがそのシーズン一杯の資格停止処分を言い渡し、FIFAもそれに従ったためである[4]

担当した主な国際大会[編集]

1994 FIFAワールドカップ[編集]

1994 FIFAワールドカップでは4試合を担当した。

UEFAチャンピオンズリーグ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Sandor Puhl worldreferee.com、2012年5月4日閲覧。
  2. ^ IFFHS' World's Best Referee of the Year 1987-2006 rsssf.com、2012年5月6日閲覧。
  3. ^ The World's best Referee of the Quarter of a Century (1987-2011) iffhs.de、2012年5月6日閲覧。
  4. ^ No.218 たったいちどのミスに不寛容なFIFAの姿勢”. サッカーの話をしよう 大住良之オフィシャルアーカイブサイト (1998年3月2日). 2013年8月31日閲覧。

外部リンク[編集]