アルナウド・ダヴィド・セザル・コエリョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルナウド・セザル・コエリョ
個人情報
フルネーム Arnaldo David Cézar Coelho
誕生日 (1943-01-15) 1943年1月15日(77歳)
出身地 ブラジルの旗 ブラジル
ブラジルの旗 ブラジルリオデジャネイロ州リオデジャネイロ
他職業 コメンテーター (TV、ラジオ)
国内
リーグ 役割
1965-1989 カンピオナート・ブラジレイロ 審判員
国際
リーグ 役割
1968-1989 FIFA選出 審判員

アルナウド・ダヴィド・セザル・コエリョ(Arnaldo David Cézar Coelho, 1943年1月15日 - )はブラジル出身の元サッカー審判員である。

概要[編集]

1965年に審判員の資格を取得、1968年FIFAのライセンスを取得し1989年までFIFA国際審判員として活動していた[1]1982 FIFAワールドカップで決勝戦の審判を務めた。ヨーロッパ以外の地域出身の審判でFIFAワールドカップ決勝戦の主審を務めたのは彼が初めてである。また、国際審判最多の国際Aマッチ294試合で主審を務めている。1989年にサッカーの審判を引退した後はビーチサッカーの主審を務め、現在はテレビやラジオでコメンテーターを務めている。

担当した主な国際大会[編集]

1978 FIFAワールドカップ[編集]

1978 FIFAワールドカップでは1試合で審判を担当した。

1982 FIFAワールドカップ[編集]

1982 FIFAワールドカップでは2試合で審判を担当した。

脚注[編集]

  1. ^ Sergio Gonella worldreferee.com、2012年5月5日閲覧。