ルディ・グレックナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルディ・グレックナー
Rudi Glöckner (1973).jpg
個人情報
フルネーム Rudi Glöckner
誕生日 1929年3月20日
出身地 ドイツの旗 ドイツ
ザクセン州ライプツィヒ行政管区
死没日 1999年1月25日
死没地 ドイツの旗 ドイツ
ザクセン州ライプツィヒ行政管区
国内
リーグ 役割
1959-1977 DDRオーバーリーガ 審判員
国際
リーグ 役割
1961-1977 FIFA選出 審判員

ルディ・グレックナー(Rudi Glöckner, 1929年3月20日 - 1999年1月25日)は、東ドイツ出身の元サッカー審判員である。

概要[編集]

1952年に審判員の資格を取得、1961年FIFAのライセンスを取得し1977年までFIFA国際審判員として活動していた[1]1964年には東京オリンピックサッカー競技において3試合で主審を務めた。1970 FIFAワールドカップ決勝戦ではブラジル代表ヨーロッパの主審を臨んでおらず、イタリア代表南アメリカ地域出身の主審を望んでいなかった。当時アジアやアフリカ出身のFIFAエリートレフェリーはおらず、妥協案として東ドイツ出身であった彼が審判に選ばれ、主審を務めている。また、UEFAカップ1975-76決勝でも主審を務めている。

担当した主な国際大会[編集]

1970 FIFAワールドカップ[編集]

1970 FIFAワールドカップでは2試合で審判を担当した。

1974 FIFAワールドカップ[編集]

1974 FIFAワールドカップでは2試合で審判を担当した。

脚注[編集]

  1. ^ Rudi Glöckner worldreferee.com、2012年5月7日閲覧。

外部リンク[編集]