フェリックス・ブリッヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Felix Brych
Ser-Swi (26).jpg
2018 FIFAワールドカップにて
個人情報
誕生日 (1975-08-03) 1975年8月3日(47歳)
出身地 ドイツの旗 ドイツ
ミュンヘン
他職業 弁護士
国内
リーグ 役割
1999– DFB 審判員
2001– 2. ブンデスリーガ 審判員
2004– ブンデスリーガ 審判員
国際
リーグ 役割
2007– FIFA登録 審判員

フェリックス・ブリッヒ: Felix Brych1975年8月3日 - )はドイツサッカー審判員国際サッカー連盟(FIFA)登録及び欧州サッカー連盟(UEFA)エリートカテゴリーの国際審判員。

審判としてのキャリア[編集]

2007年10月17日に行われたUEFA EURO 2008予選グループG・ルクセンブルクルーマニアスタッド・ヨジー・バーテル)の主審を担当したのが国際審判員としてのデビュー。2008年2月にはUEFAカップ2007-08のラウンド32・パナシナイコスFCレンジャーズFCの試合を担当[1]、2008年10月には、UEFAチャンピオンズリーグ 2008-09のグループD・リヴァプールFCPSVアイントホーフェンの試合を担当した[2]

ブリッヒはUEFAチャンピオンズリーグ 2011-12準決勝・チェルシーFCFCバルセロナの第1レグを担当。2013年8月にはウェンブリー・スタジアムで行われた国際親善試合・イングランドスコットランドを担当した。

2014年5月14日、ブリッヒはセビージャFCSLベンフィカの間で行われたUEFAヨーロッパリーグ 2013-14 決勝を担当。試合は延長戦の末0–0で終了しPK戦に突入した[3] が、この試合の判定で物議を醸したと考えられていた[4]

2017年5月12日、ブリッヒは、2017年6月3日にカーディフで行われるUEFAチャンピオンズリーグ 2016-17 決勝ユヴェントスFCレアル・マドリードの審判としてUEFAに選ばれる(副審はマーク・ボルシュとステファン・ラップ、第4の審判員はセルビアのミロラド・マジッチ。バスティアン・ダンケルトとマルコ・フリッツが追加の副審を務め、ラファエル・フォルティンが予備の副審に任命された[5]

2018年3月29日、ブリッヒはFIFAによって、自身2回目のFIFAワールドカップである2018 FIFAワールドカップの審判の1人に選ばれた。ブリッヒは、副審のマーク・ボルシュとステファン・ラップとチームを組んだ[6]。彼はグループEセルビアスイスの試合を担当したが、セルビアにPKを与えなかったことが物議を醸し、FIFAはブリッヒがトーナメントでそれ以上の試合を担当しないことを決定した[7]。セルビア代表チームのコーチであるムラデン・クルスタジッチは、敗戦の翌日、「私が彼をハーグに送れば、彼が私たちにしたように、彼らは彼を裁判にかけることができるだろう。」とユーゴスラビア戦争の戦争犯罪を想起させるような暴言を吐いた [8]。このため、クルスタジッチには5,000スイスフランの罰金を科された。 [9]

UEFA EURO 2020で彼は復帰し、ラウンド16の1試合、ベルギー対ポルトガルと、準々決勝・イングランドウクライナ、そして準決勝・イタリアスペインの試合を担当した。

私生活[編集]

スポーツに関する博士号を取得し、法学博士号を取得している[10][11]

栄誉[編集]

  • グローブサッカーアワード–年間最優秀審判:2017 [12]
  • 国際サッカー歴史統計連盟 (IFFHS) 世界最高の男性審判:2017 [13]
  • 国際サッカー歴史統計連盟 (IFFHS) 世界最高の10年の審判 2011–2020 (IFFHS WORLD’S BEST MAN REFEREE OF THE DECADE 2011-2020)[14]
  • 国際サッカー歴史統計連盟 (IFFHS) 世界最高の21世紀の審判 (IFFHS WORLD REFEREES OF THE XXIst CENTURY (2001-2020) )[15]

脚注[編集]

  1. ^ Panathinaikos 1-1 Rangers – Lineups”. uefa.com. Union of European Football Associations (2008年2月21日). 2009年8月4日閲覧。
  2. ^ Liverpool 3-1 PSV – Lineups”. uefa.com. Union of European Football Associations (2008年10月1日). 2009年8月4日閲覧。
  3. ^ “Sevilla v Benfica, Europa League final 2014: as it happened”. Telegraph.co.uk. https://www.telegraph.co.uk/sport/football/competitions/europa-league/10830506/Benfica-vs-Sevilla-Europa-League-final-live.html 2016年11月2日閲覧。 
  4. ^ Com arbitragem polêmica e muito drama, Sevilla bate Benfica nos pênaltis e conquista a UEL” (ポルトガル語). vavel.com. VAVEL Brasil (2014年5月14日). 2015年1月23日閲覧。
  5. ^ Felix Brych appointed Champions League final referee”. UEFA.com. Union of European Football Associations (2017年5月12日). 2017年5月12日閲覧。
  6. ^ “Brych einziger deutscher Referee bei der WM 2018 [Brych sole German referee at the 2018 World Cup]” (ドイツ語). kicker.de (kicker-sportmagazin). (2018年3月29日). http://www.kicker.de/news/fussball/wm/startseite/720537/artikel_brych-einziger-deutscher-referee-bei-der-wm-2018.html 2018年5月1日閲覧。 
  7. ^ (www.dw.com). “World Cup over for German referee Felix Brych | DW | 5 July 2018”. DW.com. 2018年7月14日閲覧。
  8. ^ Steve Bates (2018年6月24日). “Serbia boss Mladen Krstajic faces World Cup ban after astonishing 'war crimes' rant”. 2021年7月6日閲覧。
  9. ^ Xhaka and Shaqiri Are Fined, Not Suspended, by FIFA” (2018年6月25日). 2021年7月6日閲覧。
  10. ^ Longman, Jeré (2012年4月18日). “Alone, Armed with only a whistle”. The New York Times (London). https://www.nytimes.com/2012/04/18/sports/soccer/champions-league-semifinal-referee-faces-scrutiny.html 2018年3月18日閲覧。 
  11. ^ Brych, Felix (2004) (ドイツ語). Möglichkeiten und Grenzen der gemeindlichen Förderung des Berufssports aus rechtlicher Sicht. Studien zur Rechtswissenschaft. 153. Verlag Dr. Kovac. ISBN 9783830016441 
  12. ^ Felix Brych: Best Referee of the Year”. Globe Soccer (2017年). 2021年7月8日閲覧。
  13. ^ THE WORLD'S BEST REFEREE 2017: THE CONSECRATION FOR FELIX BRYCH”. IFFHS (2017年12月4日). 2017年12月4日閲覧。
  14. ^ IFFHS WORLD'S BEST MAN REFEREE OF THE DECADE 2011-2020 : FELIX BRYCH”. IFFHS (2021年1月13日). 2021年7月8日閲覧。
  15. ^ IFFHS WORLD REFEREES OF THE XXIst CENTURY (2001-2020) - FELIX BRYCH LEADER !”. IFFHS (2021年2月16日). 2021年7月8日閲覧。

外部リンク[編集]