ルイス・メディナ・カンタレホ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ルイス・メディーナ・カンタレホ Football pictogram.svg
Cantalejo.jpg
名前
ラテン文字 Luis Medina Cantalejo
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1964-03-01) 1964年3月1日(54歳)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ルイス・メディーナ・カンタレホ(Luis Medina Cantalejo, 1964年3月1日 - )は、スペイン出身の元サッカー審判員。本業はスポーツアセッサーである。

FCバルセロナレアル・マドリードの間で行われるエル・クラシコの主審を務めることができた、限られた審判員のひとりであった。国際審判としては、2004年9月4日に行われたドイツW杯予選トルコジョージア戦で初めて笛を吹いた。2009年には、UEFAカップ決勝のFCシャフタール・ドネツクヴェルダー・ブレーメン戦の笛を吹いた。

デヴィッド・ベッカムとの関係[編集]

デヴィッド・ベッカムレアル・マドリードに移籍して初めて受けたレッドカードはカンタレホによるものである。また、2005年10月のイングランドオーストリア戦で、ベッカムはカンタレホから2枚の警告を受けて退場した。イングランド代表主将が退場した初めての例であった。2006年4月、ベッカムはカンタレホに対して「彼はバルサファンだ」と発言した。

2005年 オーストラリアvsウルグアイ戦[編集]

2005年11月16日に行われたオーストラリアウルグアイ戦の笛を吹いた。この試合はドイツW杯の大陸間予選であり、非常に注目度が高かった。この試合で彼は50ものファールを取った。パブロ・ガルシアがたびたび犯した危険なファールを見逃したり、トニー・ポポヴィッチアルバロ・レコバの顔に肘を入れた場面をイエローカードで済ませるなど、その判定には疑問符がついた。PK戦の末にオーストラリアが敗れたため、オーストラリアのメディアからの批判の的となった。

その他の試合[編集]

2007年10月、UEFA欧州選手権2008予選のイングランドロシア戦で笛を吹いたが、ウェイン・ルーニーがペナルティ・エリアの中でコンスタンティン・ズリアノフを倒したとしてPKの判定を下した。しかし実際にルーニーが反則を犯した場所はペナルティ・エリアの外であった。