マルコ・ロドリゲス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Marco Antonio Rodríguez Moreno
Marco Antonio Rodriguez.jpg
個人情報
フルネーム Marco Antonio Rodríguez Moreno
国内
リーグ 役割
1997– Primera División 主審
国際
リーグ 役割
2000– FIFA 主審

マルコ・ロドリゲス(Marco Rodriguez, 1973年11月10日 - )はメキシコ出身、メキシコ在住の人物、職業は体育教師であり、サッカー審判でもある。フルネームはマルコ・アントニオ・ロドリゲス・モレノ(Marco Antonio Rodriguez Moreno)。母国語であるスペイン語に加え、英語も使用できる。

1999年1月1日に審判資格を取得した。審判として実績を持っており、2006年6月のドイツFIFAワールドカップにも審判員として参加。6月10日イングランドパラグアイ戦、6月22日コートジボワールセルビア・モンテネグロ戦などの試合で主審レフェリー)を務めた。

たとえ不鮮明な写真などでも、非常に太くて黒い眉が特徴的で人の印象に残りやすい。また、その黒い眉のせいもあり少し離れて眺めると目の回り広範囲が黒く落ちくぼんでいるように見える顔だちで、その風貌から地元メキシコではチキドラキュラ("Chiquidracula" チキはスペイン語で「小さい」「チビの」の意。つまり“小さいドラキュラ”)のあだ名で親しまれている。

関連項目[編集]