アンドレア・ラノッキア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンドレア・ラノッキア Football pictogram.svg
Andrea Ranocchia FC Internazionale.jpg
インテルでのラノッキア (2011年)
名前
愛称 フロッグ[1]
ラテン文字 Andrea Ranocchia
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1988-02-16) 1988年2月16日(29歳)
出身地 アッシジ
身長 195cm[2]
体重 81kg[2]
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 ハル・シティAFC
ポジション DF (CB)
背番号 13
利き足 右足
ユース
0000-1998 イタリアの旗 バスティーア
1998-2004 イタリアの旗 ペルージャ
2004-2006 イタリアの旗 アレッツォ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2008 イタリアの旗 アレッツォ 56 (1)
2008-2011 イタリアの旗 ジェノア 16 (2)
2008-2010 イタリアの旗 バーリ (loan) 34 (3)
2011- イタリアの旗 インテル 129 (7)
2016 イタリアの旗 サンプドリア (loan) 14 (0)
2017- イングランドの旗 ハル・シティ (loan)
代表歴2
2007 イタリアの旗 イタリア U-20 3 (0)
2007-2010  イタリア U-21 14 (2)
2010- イタリアの旗 イタリア 21 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年7月1日現在。
2. 2016年3月29日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アンドレア・ラノッキアAndrea Ranocchia1988年2月16日- )は、イタリアペルージャ県アッシジ出身のサッカー選手ハル・シティAFC所属。ポジションはDF

経歴[編集]

キャリア初期[編集]

ACバスティーア1924で競技生活を開始し、1998年にペルージャへ加入。ペルージャの破産に伴い、2004年に当時セリエBアレッツォに移籍。2005-06シーズンはユースチームに所属し、カンピオナート・プリマヴェーラでプレーした。翌シーズンにトップチームでのデビューを果たすも、チームはセリエC1に降格した。

バーリ[編集]

2008年8月、ジェノアCFCが共同保有権を取得し、セリエBのASバーリレンタル移籍。翌2009年夏、ジェノアはラノッキアの共同保有権を買い上げたうえで、2009-10シーズンもバーリにレンタルした。レオナルド・ボヌッチと共に強固なディフェンスラインを構築し、A代表入りも期待されたが2010年1月に膝を負傷してシーズン後半を棒に振り、2010 FIFAワールドカップ出場はならなかった[3]。なお2012年8月には、2008-09シーズンのサレルニターナ戦で起きたとされる八百長事件について事情聴取を受けている[4]

ジェノア[編集]

2010年夏、レンタル元のジェノアに復帰。同時にインテルがジェノアから共同保有権を取得し、5年契約を結んだ[5]。当初は2010-11シーズンはジェノアでプレーすることになっていたが、インテルのCBワルテル・サムエルが怪我によりシーズン絶望となったことから、12月27日にインテルに完全移籍し、年明けの1月からインテルでプレーすることになった。共同保有権の買い取りにあたり、インテルはジェノアに1250万ユーロを支払った[6]

インテル[編集]

2011年1月9日のカターニア戦でインテルデビュー。加入直後からレギュラーに定着し、2月19日のカリアリ・カルチョ戦でインテルでの初得点を決めた。2年目の2011-12シーズンの開幕前には退団したマルコ・マテラッツィの背番号23を受け継いだ[7]。しかし、数度に渡る怪我(肉離れ)の影響もあり[8][9]、不安定なパフォーマンスに終始[10]。11試合の先発出場にとどまった。

2014-15シーズンからは引退したハビエル・サネッティの後継として新キャプテンに就任したが、不安定なパフォーマンスに終始。翌2015-16シーズンにはマウロ・イカルディにキャプテンマークを譲り、新加入のミランダジェイソン・ムリージョにポジションを奪われ出場機会を失った。

サンプドリア[編集]

2016年1月、UCサンプドリアへ半年間のレンタル移籍が決定[11]。加入直後には失点に関与するミスもあったが、最終的にはポジションを掴み13試合に出場した。

ハル・シティ[編集]

2017年1月31日プレミアリーグハル・シティAFCへシーズン終了までのレンタルを果たし自身初となる国外移籍を果たした[12]2月1日マンチェスター・ユナイテッド戦でプレミアリーグデビュー。

代表歴[編集]

U-20、U-21イタリア代表に選出されており、北京オリンピック代表の候補にも挙がった。2010年11月16日のルーマニアとの親善試合でA代表デビューを果たした[13]EURO2012では、ケガの影響により最終段階でメンバーから外れ、本大会出場はならなかった[14]

プレースタイル[編集]

2m近い長身を活かしての空中戦を得意とする大型センターバック[15]。大柄な体格とは裏腹に、スピードや足元の技術にも優れる。同国人のアレッサンドロ・ネスタの後継者としてネスタ本人からも期待されている[16][17]。だが一方でネスタと同様に、ケガが多いという欠点がある。

所属クラブ[編集]

イタリアの旗 ASバーリ 2008-2010 (loan)
イタリアの旗 UCサンプドリア 2016 (loan)
イングランドの旗 ハル・シティAFC 2017- (loan)

個人成績[編集]

クラブ シーズン リーグ カップ 国際大会 その他 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
アレッツォ 2006-07 24 1 5 1 - - 29 2
2007-08 32 0 - - - 32 0
合計 56 1 5 1 - - 61 2
バーリ (loan) 2008-09 17 1 0 0 - - 17 1
2009-10 17 2 1 0 - - 18 2
合計 34 3 1 0 - - 35 3
ジェノア 2010-11 16 2 1 0 - - 17 2
合計 16 2 1 0 - - 17 2
インテルナツィオナーレ 2010-11 18 1 4 0 4 0 - 26 1
2011-12 12 1 2 0 2 0 1 0 17 1
2012-13 32 2 3 1 10 0 - 45 3
2013-14 24 1 2 1 - - 26 2
2014-15 33 2 1 0 8 0 - 42 2
2015-16 10 0 0 0 - - 10 0
合計 129 7 12 2 24 0 1 0 166 9
通算 235 13 19 3 24 0 1 0 279 16

脚注[編集]

  1. ^ ラノッキアはイタリア語でカエルの意
  2. ^ a b Andrea Ranocchia - UEFA.com
  3. ^ なお、センターバックでコンビを組んでいたレオナルド・ボヌッチはW杯のメンバーに選出された。
  4. ^ ラノッキアが八百長事件で捜査? EL欠場か Goal.com 2012年8月2日
  5. ^ インテル、ラノッキア獲得が正式決定 - Goal.com 2010年7月22日
  6. ^ サッカー=イタリア代表ラノッキアがインテルへ - ロイター 2010年12月28日
  7. ^ ラノッキア:「マトリックスの背番号『23』に相応しいプレーを」 - inter.it 2011年7月21日
  8. ^ ラノッキアが調整練習中に故障 - inter.it 2011年9月26日
  9. ^ ラノッキアがケガ、検査の結果 - inter.it 2012年2月23日
  10. ^ ラノッキア:「インテルのユニフォームにふさわしくなりたい」 - Goal.com 2012年7月25日
  11. ^ ラノッキアがサンプドリアへ - inter.it 2016年1月28日
  12. ^ インテル古参DFラノッキア、出場機会を求め渡英 今季後半戦はレンタルでハル・シティへ - theWORLD 2017年1月31日
  13. ^ Quatre nouveaux alignés d'entrée - L'ÉQUIPE 2010年11月16日
  14. ^ イタリア、ラノッキアとデストロが選考外に - UEFA.com 2012年5月29日
  15. ^ F.C. Internazionale Milano-Andrea Ranocchia inter.it
  16. ^ マテラッツィ:「ラノッキアはネスタになれる」 - Goal.com 2010年11月2日
  17. ^ ネスタ:「後継者はラノッキア」 だがT・シウバも称賛 - Livedoorスポーツ 2011年4月14日

外部リンク[編集]