カルチョ・カターニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カルチョ・カターニア
原語表記 Calcio Catania S.p.A.
愛称 Etnei(エトナ人)
Rossazzurri(赤と青)
クラブカラー 600px vertical HEX-0096D6 HEX-EE3123.svg 赤と水色
創設年 1946年
所属リーグ レガ・プロ・ジローネC
所属ディビジョン 3部
ホームタウン カターニア
ホームスタジアム スタディオ・アンジェロ・マッシミーノ
収容人数 23,420
代表者 イタリアの旗 カルメロ・ミラッツォ
監督 イタリアの旗 フランチェスコ・モリエーロ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

カルチョ・カターニアCalcio Catania S.p.A.)は、イタリアカターニアを本拠地とするサッカークラブ。2015-16シーズンはレガ・プロのジローネCに所属。USチッタ・ディ・パレルモとの対戦はシチリア・ダービーと呼ばれる。

歴史[編集]

過去最高順位は8位(1960-61, 1964-65, 2012-13)。

2004年、それまでクラブを所有していたガウッチ家(当時はペルージャも所有)より、地元実業家のプルビレンティが買収し、堅実経営を標榜してクラブ躍進が始まる。2005-2006シーズンにセリエBで2位の成績をおさめて昇格条件を満たし、1983-1984シーズン以来、23シーズンぶりにセリエA復帰を果たす。

2006-07シーズンは開幕から好調であったが、カターニアのサッカー暴動の制裁措置の影響などで成績が急降下し、残留確定は最終節まで持ち越された。2007年夏にはシルヴィオ・バルディーニ監督と契約した。FWバブー、FWホルヘ・マルティネス、GKアルバノ・ビサーリなど、主に南米から選手を獲得し各ポジションの強化に努めた。

2007-08シーズンは得点数がリーグワースト2位の33得点と、得点力不足にあえぎ、2008年4月にはシルヴィオ・バルディーニ監督を解任し、ワルテル・ゼンガ新監督を迎えた。2シーズン連続で残留決定が最終節までもつれ込んだ。

2008年夏にはDFフアン・マヌエル・バルガスACFフィオレンティーナに約19億円で売却し、MFパブロ・レデスマ、FWミケーレ・パオルッチ、MFエセキエル・カルボーニ、FWニコラエ・ディカなど積極的な補強を施した。

2008-09シーズン、FWジュゼッペ・マスカーライタリア代表に招集されるまでに成長し、FW森本貴幸は7得点を挙げて潜在能力の高さを見せた。後半戦に順位を落としたが、過去2シーズンとは違って残留争いとは無縁で、15位でシーズンを終えた。

2009年夏、ワルテル・ゼンガ監督をライバルのUSチッタ・ディ・パレルモに引き抜かれ、後任にセリエA初采配のジャンルカ・アッツォーリ監督を招聘し、ふたりのアルゼンチン人、MFパブロ・バリエントス、GKマリアーノ・アンドゥハルなど10名もの新戦力を加えて若返りを図った。近年はエセキエル・カルボーニパブロ・レデスマなど、アルゼンチン出身の選手を多く獲得している。2013-14シーズンにリーグ18位に終わりセリエBに降格した。さらに、2014-15シーズンはセリエBでも苦戦を強いられ、一時は降格圏に沈んだが、シーズン終盤に勝ち点を稼いで15位に入り残留を決めていた。しかし、八百長への関与が明らかになったため、勝点12ポイントを剥奪並びに最終順位が自動的に最下位とされ、レガ・プロに降格した。2015-16シーズンは勝点12ポイントを減点された状態からのスタートとなった[1]

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

国際タイトル[編集]

なし

過去の成績[編集]

  • 1995-96 セリエC2 8位
  • 1996-97 セリエC2 4位
  • 1997-98 セリエC2 10位
  • 1998-99 セリエC2 1位 昇格
  • 1999-2000 セリエC1 7位
  • 2000-01 セリエC1 3位
  • 2001-02 セリエC1 3位 昇格
  • 2002-03 セリエB 17位
  • 2003-04 セリエB 9位
  • 2004-05 セリエB 12位
  • 2005-06 セリエB 2位 昇格
  • 2006-07 セリエA 13位
  • 2007-08 セリエA 17位
  • 2008-09 セリエA 15位
  • 2009-10 セリエA 13位
  • 2010-11 セリエA 13位
  • 2011-12 セリエA 11位
  • 2012-13 セリエA 8位
  • 2013-14 セリエA 18位 降格
  • 2014-15 セリエB 22位 八百長のため降格
  • 2015-16 レガ・プロ・ジローネC

現所属メンバー[編集]

2016年3月23日現在[2]
No. Pos. 選手名
イタリアの旗 GK エリア・バスティアノーニ
イタリアの旗 GK ルカ・リヴェラーニ
ルーマニアの旗 GK フロリン・ロゴファトゥ
イタリアの旗 DF アレッサンドロ・バストリーニ
イタリアの旗 DF ダリオ・ベルガメッリ
イタリアの旗 DF ステファノ・フェッラーリオ
イタリアの旗 DF デジデリオ・ガルーフォ
イタリアの旗 DF レオナルド・ヌンツェッラ
イタリアの旗 DF ティノ・パリージ
イタリアの旗 DF カルロ・ペラガッティ
ウルグアイの旗 DF フアン・マヌエル・ラモス
イタリアの旗 MF ダヴィデ・アガッツィ
イタリアの旗 MF フランチェスコ・ボンバージ
No. Pos. 選手名
イタリアの旗 MF イヴァン・カスティーリャ
イタリアの旗 MF ドメニコ・ディ・チェッコ
イタリアの旗 MF ジャンルカ・ムサッチ
イタリアの旗 MF マッテオ・ペッシーナ
アルゼンチンの旗 MF ゴンサロ・ピエルマルテリ
イタリアの旗 MF アンドレア・ルッソット
イタリアの旗 FW エリオ・カルデリーニ
ブラジルの旗 FW カエタノ・カリウ (Captain sports.svg)
イタリアの旗 FW ルイジ・ファルコーネ
イタリアの旗 FW フランチェスコ・フェッレーカ
イタリアの旗 FW アクセル・グリン
イタリアの旗 FW アルトゥーロ・ルーポリ
イタリアの旗 FW ジャンヴィト・プラスマーティ

括弧内の国旗はその他の保有国籍を、星印はEU圏外選手を示す。

レンタル移籍[編集]

in
No. Pos. 選手名
イタリアの旗 GK ルカ・リヴェラーニ (サレルニターナ)
イタリアの旗 DF アレッサンドロ・バストリーニ (ノヴァーラ)
イタリアの旗 DF レオナルド・ヌンツェッラ (ランチャーノ)
No. Pos. 選手名
イタリアの旗 MF ダヴィデ・アガッツィ (アタランタ)
イタリアの旗 FW フランチェスコ・フェッレーカ (アヴェルサ)
イタリアの旗 FW アクセル・グリン (フィオレンティーナ)
out
No. Pos. 選手名
-- イタリアの旗 GK ジュゼッペ・フィカーラ (マチェラテーゼ)
-- ベルギーの旗 GK ジャン=フランソワ・ジレ (メヘレン)
-- クロアチアの旗 GK クリスティアン・マトセヴィッチ (ラツィオ)
-- イタリアの旗 GK ピエトロ・テッラチャーノ (サレルニターナ)
-- イタリアの旗 DF アンドレア・デ・ロッシ (アクラガス)
-- イタリアの旗 DF ノルベルト・ギェンベール (ローマ)
-- イタリアの旗 MF アゴスティーノ・ガッロ (スコルディア)
-- ガーナの旗 MF モーゼス・オジャー (サレルニターナ)
-- アルゼンチンの旗 MF ファビアン・リナウド (ヒムナシア)
No. Pos. 選手名
-- イタリアの旗 MF ジュゼッペ・ルッソ (メッシーナ)
-- イタリアの旗 MF アルフォンゾ・セッサ (アヴェルサ)
-- スロベニアの旗 FW マクス・バリシッチ (メッシーナ)
-- イタリアの旗 FW アンドレア・ディ・グラーツィア (アクラガス)
-- クロアチアの旗 FW ブルーノ・ペトコヴィッチ (トラーパニ)
-- イタリアの旗 FW アレッサンドロ・ロジーナ (バーリ)
-- イタリアの旗 FW マッティア・ロッセーティ (ルーパ・カステッリ・ロマーニ)
-- イタリアの旗 FW エミリアーノ・トルトラーノ (メルフィ)

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 森本貴幸の古巣カターニア、八百長工作への処分で3部降格 - Goal.com 2015年8月20日
  2. ^ I Rossazzurri”. Calcio Catania spa sito ufficiale. 2016年3月23日閲覧。

外部リンク[編集]