エミリアーノ・マルティネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エミリアーノ・マルティネス
アーセナルでのマルティネス(2018年)
名前
本名 ダミアン・エミリアーノ・マルティネス・ロメロ
Damián Emiliano Martínez Romero
愛称 Dibu
ラテン文字 Emiliano Martínez
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1992-09-02) 1992年9月2日(31歳)
出身地 マル・デル・プラタ
身長 195cm
体重 88kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 アストン・ヴィラ
ポジション GK
背番号 1
利き足 右足
ユース
2008-2010 アルゼンチンの旗 インディペンディエンテ
2010-2012 イングランドの旗 アーセナル
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012-2020 イングランドの旗 アーセナル 15 (0)
2012 イングランドの旗 オックスフォード・ユナイテッド (loan) 1 (0)
2013-2014 イングランドの旗 シェフィールド・ウェンズデイ (loan) 11 (0)
2015 イングランドの旗 ロザラム・ユナイテッド (loan) 8 (0)
2015-2016 イングランドの旗 ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ (loan) 13 (0)
2017-2018 スペインの旗 ヘタフェ (loan) 5 (0)
2019 イングランドの旗 レディング (loan) 18 (0)
2020- イングランドの旗 アストン・ヴィラ 144 (0)
代表歴2
2009  アルゼンチン U-17 2 (0)
2009-2011  アルゼンチン U-20 5 (0)
2021- アルゼンチンの旗 アルゼンチン 37 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2024年5月20日現在。
2. 2024年3月29日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ダミアン・エミリアーノ・マルティネス・ロメロ[1](Damián Emiliano Martínez Romero, 1992年9月2日 - )は、アルゼンチンブエノスアイレス州マル・デル・プラタ出身のサッカー選手プレミアリーグアストン・ヴィラ所属。アルゼンチン代表。ポジションは、ゴールキーパー

クラブ経歴[編集]

CAインデペンディエンテのユースチームでプレーを始めた。2009 南米U-17選手権での活躍がアーセナルFCのスカウトの目にとまり[2]、2009年4月にアーセナルが50万ユーロ弱で保有権の65%を買い取った[3]

2012年5月、リーグ2オックスフォード・ユナイテッドFCにローンで加入。リーグ1昇格に成功した場合、ローンが延長される契約を結んでいたが、昇格を逃したことでアーセナルに復帰した[4]

アーセナル復帰後もマヌエル・アルムニアウカシュ・ファビアンスキヴォイチェフ・シュチェスニーヴィト・マンノーネら同ポジションのライバルが多くいる状態で、12月26日のキャピタル・ワン・カップコヴェントリー・シティFC戦がシーズンにおける唯一の出場記録となった[5]

2017-18シーズンはヘタフェCFに期限付き移籍したが、全7試合の出場に終わり、後年、ヘタフェ移籍を最悪と評した。

2019年1月23日、レディングFCにシーズン終了までのローンで移籍した[6]

2019-20シーズンはペトル・チェフが現役を退いたためアーセナルに復帰し、守護神のベルント・レノのバックアッパーとしてプレーしていたが[7]、そのレノが負傷で離脱すると正GKとしてプレー。FAカップ決勝でも先発出場し、優勝した[8]

2020-21シーズン、前シーズンの活躍から正GKとしての活躍が期待されたがミケル・アルテタ監督との話し合いで出場機会の確約を得られず、2020年9月16日、アストン・ヴィラFCへ4年契約で完全移籍することが発表された[9][10]。9月21日、プレミアリーグ第1節シェフィールド・ユナイテッド戦で初出場し、ジョン・ランドストラムのPKをセーブし1-0の勝利に貢献。加入1年目から怪我で戦列を離れていた守護神トム・ヒートンからポジションを奪い全38試合に出場しリーグ2位となるセーブ率76.8%を記録[11]。また、シュートセーブ数3位(15本)、防いだゴール数では2位(9.71点)に輝く[12]。さらに、ブラッド・フリーデルが記録した数字に並び、クラブタイのシーズン15クリーンシートを記録した[13]

2022年1月21日、2027年夏までアストン・ヴィラとの契約を延長したことが発表された[14]。 

2022年7月27日、ジョン・マッギンのゲームキャプテン就任に伴いジエゴ・カルロスと共に副キャプテンを務める事がクラブより発表された[15]。2023年2月9日、FIFA最優秀GK賞最終候補の3名にティボ・クルトゥワヤシン・ブヌと共に選出される[16]。2月27日、ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズにてFIFA最優秀GK賞を受賞[17]

2022年4月1日、アストン・ヴィラのプレイヤーとしてプレミアリーグ100試合出場となったプレミアリーグ第29節、チェルシー戦に2-0でクリーンシートでの勝利に貢献。この試合でマーク・ボスニッチブラッド・フリーデルら持っていた100試合33クリーンシートを塗り替えクラブ史上最速の100試合での34クリーンシートを達成[18]

代表経歴[編集]

U17年代からアルゼンチン代表に選出されている。2011年6月、A代表初招集[19]

2021年、コパ・アメリカ2021のメンバーに選出。この大会以降、代表の正GKに定着する。準決勝のコロンビア戦のPK戦で相手3人のキックをセーブして決勝進出に貢献[20]、決勝ではブラジルに勝利して優勝した。

2022 FIFAワールドカップ準々決勝のオランダ代表戦のPK戦では1人目のキッカー、フィルジル・ファン・ダイク、続くステフェン・ベルハイスのキックもセーブしベスト4進出に貢献[21]フランス代表との決勝戦では延長後半ロスタイムにコロ・ムアニの決定機をセーブ[22]。PK戦にもつれこみ、2人目のキッカーキングスレイ・コマンのキックをセーブし優勝に貢献。アルゼンチン人として初の大会最優秀ゴールキーパーに送られるゴールデングローブ賞に選出された[23]

エピソード[編集]

愛称のディブ(Dibu)は90年代のテレビシリーズ「Mi familia es un dibujo(略してDibu)」が主人公が赤毛でソバカスで当時のマルティネスに似ていたため、CAインデペンディエンテ時代のチームメイトによって名付けられた[24][25]

貧しい家庭に育ち、父親からは安いGKグローブしか買い与えてもらえなかった。それを周囲から嘲笑されたこともあったが、そのグローブに誇りを持ち、その意志でトップレベルにまで到達した[26]

父は港湾労働者として、母は掃除婦として懸命に働いて、兄弟2人を養った。それでもサッカーに必要なスパイクやウェアを買う経済的余裕がないこともあり、彼は「両親にどれほど負担をかけているか」を目の当たりにしていた。父親は「試合に行く金がないこともあり、子供の頃の彼をスタジアムに連れていけないこともあった。金があれば、もう少し肉を買ったり、電気代やガス代を支払った方がよかったから。いまユニフォームを着ている息子たちを目にすると目に涙が浮かぶ」と話している[27]

アーセナルのトライアルを受けた16歳のマルティネスは、家族と離れることに恐怖を感じており、トライアルを受けるだけでアーセナルには行かず、インデペンディエンテと契約延長するつもりでいた。当時欧州への挑戦はもっと後で良いと考えていたが、予想外にも1週間せずにアーセナルから完全契約のオファーが来た。弟と母親からは渡英を引き留められるが、生活費を払えずに泣いている父親や、子供のために食事を我慢している両親の姿を以前から見ていたマルティネスは、家族を養うためイエスと返答した。移籍後も最初の数年は公式戦に出場も出来なかったが、18歳の彼は「欧州に行って手ぶらで帰るような選手にはなりたくない、何も成し遂げていないうちは母国に帰らない」と母親に告げている[28]

アーセナルに移籍した当初は英語がわからず周囲と馴染めなかったが、それを手助けしてくれる者もいなかったと回顧している。こういった経験から、自身と同様に若くして渡英した南米出身のマルティネッリルーカス・トレイラなどには積極的に手助けするように心がけていると語った[28]

2018年より、PUMAとスポンサー契約を締結[29]

2017年、幼なじみのアマンダ「マンディーニャ」(旧姓ガマ)と結婚し、息子のサンティと娘のアヴァを儲けている[30]

2022年、上述の通りFIFAワールドカップでアルゼンチン代表が優勝し、自身もゴールデングローブ賞を獲得する活躍を見せたが、試合後のセレモニー、その後のロッカールーム、母国での優勝パレードで見せた行為が物議を醸した[31][32]

個人成績[編集]

クラブ[編集]

2023年4月1日現在

クラブ シーズン リーグ FAカップ EFLカップ ヨーロッパ その他 合計
リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
アーセナル 2011–12 プレミアリーグ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
2012–13 プレミアリーグ 0 0 0 0 2 0 0 0 2 0
2013–14 プレミアリーグ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
2014–15 プレミアリーグ 4 0 0 0 0 0 2 0 0 0 6 0
2015–16 プレミアリーグ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
2016–17 プレミアリーグ 2 0 0 0 3 0 0 0 5 0
2017–18 プレミアリーグ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
2018–19 プレミアリーグ 0 0 0 0 0 0 1 0 1 0
2019–20 プレミアリーグ 9 0 6 0 2 0 6 0 23 0
2020–21 プレミアリーグ 0 0 1 0 1 0
Total 15 0 6 0 7 0 9 0 1 0 38 0
オックスフォード・ユナイテッド (loan) 2011–12 リーグ2 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0
シェフィールド・ウェンズデイ (loan) 2013–14 チャンピオンシップ 11 0 4 0 0 0 15 0
ロザラム・ユナイテッド (loan) 2014–15 チャンピオンシップ 8 0 0 0 0 0 8 0
ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ (loan) 2015–16 チャンピオンシップ 13 0 0 0 2 0 15 0
ヘタフェ (loan) 2017–18 ラ・リーガ 5 0 2 0 7 0
レディング (loan) 2018–19 チャンピオンシップ 18 0 0 0 0 0 18 0
アストン・ヴィラ 2020–21 プレミアリーグ 38 0 0 0 0 0 38 0
2021–22 プレミアリーグ 36 0 1 0 0 0 37 0
2022–23 プレミアリーグ 26 0 0 0 1 0 27 0
合計 100 0 1 0 1 0 0 0 0 0 102 0
通算 167 0 13 0 10 0 9 0 1 0 200 0

代表[編集]

2024年3月29日現在


アルゼンチン代表国際Aマッチ
出場得点
2021 14 0
2022 12 0
2023 10 0
2024 1 0
通算 37 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

アーセナル[33]

代表[編集]

アルゼンチン代表

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Argentina - E. Martínez - Profile with news, career statistics and history - Soccerway”. int.soccerway.com. 2022年12月19日閲覧。
  2. ^ Blog Una pasión llamada Fútbol: “Damián Martínez”. 18 de junio de 2009閲覧。
  3. ^ Goal.com: “Mercado: El juvenil Damián Martínez se va al Arsenal”. 15 de abril de 2009閲覧。
  4. ^ TodoMercadoWEB: “Oxford obtiene cesión de Damián Martínez”. 4 de mayo de 2012閲覧。
  5. ^ Diario Deportivo toda PASIÓN: “Sueño cumplido: Damián Martínez debutó en el Arsenal”. 26 de septiembre de 2012閲覧。
  6. ^ Emiliano Martínez signs loan move to the Madejski” (英語). www.readingfc.co.uk (2019年1月23日). 2019年1月24日閲覧。
  7. ^ アーセナルで守護神争い勃発か 控えGKがレノに挑戦状叩きつけるthe World 2019年10月3日
  8. ^ FA杯制覇に苦労人GKが涙…“約束”守ったFWオーバメヤン「最高のブラザー」”. www.excite.co.jp (2020年8月2日). 2020年8月2日閲覧。
  9. ^ Emi Martinez joins Aston Villa” (2020年9月16日). 2020年9月16日閲覧。
  10. ^ Villa sign Emiliano Martinez” (2020年9月16日). 2020年9月16日閲覧。
  11. ^ アーセナルの2番手から《世界最高級の守護神》へ? アルゼンチン代表GKが抱く野望” (2021年11月18). 2021年11月18閲覧。
  12. ^ プレミアリーグ新シーズン開幕前に昨季を振り返る…ブルーノ、ケインら2020-21ベストイレブン” (2021年10月3日). 2021年10月3日閲覧。
  13. ^ アストン・ヴィラ日本公式Twitter” (2021年5月14日). 2021年5月17日閲覧。
  14. ^ アストン・ヴィラ、守護神マルティネスと27年夏まで契約延長「ヴィラでCL決勝に出たい」” (2022年1月21日). 2022年1月21日閲覧。
  15. ^ アストン・ヴィラ、主将交代を発表…ジェラード監督が理由を説明” (2022年7月28日). 2022年7月28日閲覧。
  16. ^ The Best FIFA Men's Goalkeeper finalists revealed” (2023年2月9日). 2023年2月9日閲覧。
  17. ^ Club, Aston Villa Football. “Quiz: How well do you know the World's Best Goalkeeper?”. Aston Villa Football Club. 2023年3月1日閲覧。
  18. ^ https://twitter.com/AVFCOfficial/status/1642232755797860356”. Twitter. 2023年4月3日閲覧。
  19. ^ Martinez called up to full Argentina squad | News Archive | News”. Arsenal.com (2011年6月2日). 2015年3月27日閲覧。
  20. ^ 5度目の決勝へ。メッシ、悲願の代表初タイトルまであと1つ「僕の望みは代表での優勝。誰もが知っている」”. ゴールコム (2021年7月7日). 2021年7月11日閲覧。
  21. ^ 【2022年サッカーW杯】 アルゼンチンが準決勝進出、オランダはPKで敗れる」『BBCニュース』。2022年12月19日閲覧。
  22. ^ 【カタールW杯決勝】アルゼンチンがフランスを下して36年ぶりの優勝!|最終結果・試合経過・ハイライト”. www.sportingnews.com. 2022年12月19日閲覧。
  23. ^ Club, Aston Villa Football. “Emi Martínez celebrates Golden Glove Award”. Aston Villa Football Club. 2022年12月19日閲覧。
  24. ^ Argentina, Cadena 3. “Dibu, la serie que inspiró el apodo de Emiliano Martínez” (スペイン語). Cadena 3 Argentina. 2022年12月19日閲覧。
  25. ^ Qoly. “W杯優勝に感涙…貧しさを経験したアルゼンチンGKマルティネス 「家族に捧げる」 | Qoly | FIFA ワールドカップ 2022 完全ガイド by ABEMA”. FIFA ワールドカップ 2022 完全ガイド. 2022年12月19日閲覧。
  26. ^ Qoly. “W杯優勝に感涙…貧しさを経験したアルゼンチンGKマルティネス 「家族に捧げる」 | Qoly | FIFA ワールドカップ 2022 完全ガイド by ABEMA”. FIFA ワールドカップ 2022 完全ガイド. 2022年12月19日閲覧。
  27. ^ Qoly. “W杯優勝に感涙…貧しさを経験したアルゼンチンGKマルティネス 「家族に捧げる」 | Qoly | FIFA ワールドカップ 2022 完全ガイド by ABEMA”. FIFA ワールドカップ 2022 完全ガイド. 2022年12月19日閲覧。
  28. ^ a b Arsenal's Emi Martinez: 'I never accepted that I am a back-up keeper - you work to be the No 1'” (2020年7月30日). 2020年8月2日閲覧。
  29. ^ https://twitter.com/emimartinezz1/status/983719992616210432”. Twitter. 2022年12月19日閲覧。
  30. ^ de 2021, Por Lucas Gatti15 de Julio. “La historia de amor de Emiliano Martínez y su esposa Mandinha: cómo se conocieron y los famosos que fueron al casamiento” (スペイン語). infobae. 2022年12月19日閲覧。
  31. ^ 卑猥な股間パフォにエムバペ侮辱…ビラ指揮官エメリがアルゼンチンGKに“再教育宣言”「彼の感情をコントロールしたい」 サッカーダイジェストWEB(2022年12月24日)
  32. ^ エミリアーノ・マルティネス、最優秀GKトロフィーを股間に当てた理由は…「フランス人たちに野次られたから。不遜な態度は許さない Goal.com(2022年12月19日)
  33. ^ エミリアーノ・マルティネス - Soccerwayによる個人成績

外部リンク[編集]