アレハンドロ・ゴメス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パプ・ゴメス Football pictogram.svg
Papu Gomez 02.jpg
アタランタBCでのゴメス(2017年)
名前
本名 Alejandro Dario Gómez
アレハンドロ・ダリオ・ゴメス
愛称 Papu
ラテン文字 PAPU GÓMEZ
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1988-02-15) 1988年2月15日(33歳)
出身地 ブエノスアイレス
身長 165cm
体重 68kg
選手情報
在籍チーム スペインの旗 セビージャFC
ポジション FW / MF
背番号 24
利き足 右足
ユース
2003-2006 アルゼンチンの旗 アルセナル
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2009 アルゼンチンの旗 アルセナル 77 (16)
2009-2010 アルゼンチンの旗 サン・ロレンソ 48 (8)
2010-2013 イタリアの旗 カターニア 106 (16)
2013-2014 ウクライナの旗 メタリスト・ハルキウ 23 (3)
2014-2021 イタリアの旗 アタランタ 209 (50)
2021- スペインの旗 セビージャ 2 (1)
代表歴2
2007 アルゼンチンの旗 アルゼンチン U-20 11 (2)
2017- アルゼンチンの旗 アルゼンチン 5 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年1月26日現在。
2. 2020年11月17日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

パプ・ゴメスPapu Gómez)こと、アレハンドロ・ダリオ・ゴメスAlejandro Darío Gómez, 1988年2月15日 - )は、アルゼンチンブエノスアイレス出身のサッカー選手アルゼンチン代表プリメーラ・ディビシオンセビージャFC所属。ポジションフォワードミッドフィールダー

経歴[編集]

クラブ[編集]

アルセナルFCのユース出身。2003年にプロデビュー。2005年から正式にトップチームの一員となると、翌2006年から定位置を確保。

2009年、CAサン・ロレンソ・デ・アルマグロに移籍。1シーズンのみの在籍だったが、リーグ戦47試合に出場し8ゴールを挙げた。

2010年7月、セリエAカルチョ・カターニアへ移籍。ユヴェントスFCに移籍したホルヘ・マルティネスに代わるレギュラーとしてプレー。

2012年夏の移籍市場ではインテルを初めとするイタリアの複数のクラブからの関心が報じられた[1][2]

2013年8月2日、FCメタリスト・ハルキウに移籍が決定[3]

2014年9月1日、アタランタBCに移籍し、セリエAに復帰した[4]。2016-17シーズンはリーグ戦37試合で16得点を挙げるなど、アタランタの5位躍進に大きく貢献した[5]。2019-20シーズン、チームの好成績に貢献し、6月のセリエA月間最優秀選手賞を受賞した[6]。リーグ戦ではセリエAで最多の16アシストを決め[7][8]、2期連続のチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献するなどの活躍でセリエA年間最優秀MFに選出された[9]。以降チームキャプテンとして牽引するも、2020年末に監督ジャン・ピエロ・ガスペリーニとの不仲が表面化し、移籍の噂が浮上するようになった。

2021年1月26日、セビージャFCと2024年までの契約を結んだ[10]

代表[編集]

アルゼンチンU-20代表の一員として、2006年のトゥーロン国際大会や2007年のFIFA U-20ワールドカップに出場した。

アタランタでの活躍から2017年6月にアルゼンチンA代表に招集されると、6月13日のシンガポールとの親善試合で代表デビューし、初得点も挙げた。

プレースタイル[編集]

非常に小柄であるが足元の技術に長けたチャンスメイカー[11]。得点力も兼ね備えるが、献身的な守備で得点以外の面でもチームに貢献する[12]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

アルセナルFC

代表[編集]

アルゼンチン代表
U-20アルゼンチン代表

個人[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]