エリク・ラメラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エリク・マヌエル・ラメラ Football pictogram.svg
2020-03-10 Fußball, Männer, UEFA Champions League Achtelfinale, RB Leipzig - Tottenham Hotspur 1DX 3690 by Stepro (cropped).jpg
トッテナム・ホットスパーFCでのラメラ(2020年)
名前
本名 エリク・マヌエル・ラメラ
Erik Manuel Lamela
愛称 Coco
ラテン文字 Erik LAMELA
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
スペインの旗 スペイン
生年月日 (1992-03-04) 1992年3月4日(30歳)
出身地 ブエノスアイレス
身長 183cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム スペインの旗 セビージャFC
ポジション MF (SH, OMF) / FW (WG, ST)
背番号 17
利き足 左足
ユース
アルゼンチンの旗 CAリーベル・プレート
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-2011 アルゼンチンの旗 CAリーベル・プレート 36 (4)
2011-2013 イタリアの旗 ASローマ 62 (19)
2013-2021 イングランドの旗 トッテナム・ホットスパーFC 177 (17)
2021- スペインの旗 セビージャFC 20 (5)
代表歴2
2011-2012  アルゼンチン U-20 4 (3)
2011- アルゼンチンの旗 アルゼンチン 25 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2022年7月26日現在。
2. 2018年11月21日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

エリク・マヌエル・ラメラ(Erik Manuel Lamela,1992年3月4日 - )は、アルゼンチンブエノスアイレス出身のサッカー選手セビージャFC所属。アルゼンチン代表。ポジションはミッドフィルダーフォワード

クラブ歴[編集]

CAリーベル・プレート[編集]

12歳だった2004年にはスペインのFCバルセロナが獲得に乗り出したが[1]CAリーベル・プレートが両親を説き伏せ引き止めた経緯がある[2]

2009年6月、CAティグレ戦でデビューを果たした。2010年12月4日、CAコロン戦で初ゴールを記録した。

ASローマ[編集]

2010-11シーズンにリーベル・プレートがクラブ史上初となる2部降格となったこともあり、2011年8月6日にASローマへ移籍金1200万ユーロ、5年契約で移籍することが発表された[3][4]。負傷のためデビューが遅れたが、10月23日のUSチッタ・ディ・パレルモ戦で初先発初出場を果たすと、前半7分にこの試合唯一の得点となるセリエA初ゴールを挙げた[5]。2012-13シーズンの第32節トリノFC戦で決勝ゴールを決め、その節のベストイレブンに選出された[6]

トッテナム・ホットスパーFC[編集]

2013年8月28日、ローマはラメラのトッテナム・ホットスパーFC移籍を発表。移籍金は3000万ユーロ(約51億円)[7]に加え成績に応じたボーナス500万ユーロ、背番号11番をレアル・マドリードへ移籍したガレス・ベイルから受け継いだ[8][9][10]。加入1年目の2013-14シーズンは怪我に苦しんだものの、翌2014-15シーズンからは徐々に本領を発揮。UEFAヨーロッパリーグ・グループリーグ第3節アステラス・トリポリスFC戦では見事なラボーナでゴールを決めた[11]。プレミアリーグ第17節のバーンリーFC戦ではペナルティエリア右手前からカットインして巧みなミドルシュートを決め、チームを勝利に導いた[12]

2016-17シーズンは開幕のエヴァートン戦でゴールを決めたが[13]、10月に負傷で欠場すると、そのままシーズンを終えることとなった[14][15]。怪我により1年以上離脱していたが[16]、2017年11月28日のレスター・シティ戦で途中交代による出場で復帰、ケインのゴールをアシストした[17]。最終節のレスター・シティ戦では先発出場から2ゴールを決め、チームのリーグ3位、チャンピオンズリーグストレートインに貢献した[18]

2018-19シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージのFCバルセロナ戦で、ラメラがチャンピオンズリーグの大会通算の8000点目となるゴールを決めたとデータサイトの『オプタ』が主張したが、UEFAはアトレティコ・マドリードアントワーヌ・グリーズマンのゴールを8000点目に認定した[19]

2019-20シーズン、リーグ第2節マンチェスター・シティ戦で1ゴール1アシストの活躍を見せ、前季王者のホームでシュート30本を浴びた劣勢の試合を引き分けに持ち込んだ。10月にハムストリングの負傷で離脱したが、12月の20節ノリッジ・シティ戦で復帰を果たし、以後は主に中盤の交代出場要員としてプレーした。主力選手の負傷離脱者が続出したチーム事情もあり、リーグ戦でのプレー時間は2015-16シーズン以来の1000分超を記録した。

2020-21シーズン、リーグ第4節マンチェスター・ユナイテッド戦にて、味方CKの場面でアントニー・マルシャルに肘を当て、報復としてラメラの顔を叩いた同選手を一発退場に追い込んだ[20]。リーグ第28節のアーセナルとのノースロンドンダービーでは、19分に負傷したソン・フンミンとの交代で出場し、33分に見事な左足のラボーナで先制点を挙げたが、76分にイエローカード2枚目でローマ時代以来の退場処分を受け、チームも逆転負けを喫した。2021年6月、前述したアーセナル戦でのラボーナがプレミアリーグ年間最優秀ゴールに選ばれ、2022年1月にはこのゴールでFIFAプスカシュ賞も受賞した[21]

かねてから放出候補として名前が挙がっていたが、この夏の移籍市場にてブライアン・ヒルとのトレードによりセビージャFCに移籍することが決定した。

セビージャFC[編集]

2021年7月26日、ブライアン・ヒルとのトレードにより、セビージャFCへの移籍が発表された。 1年目 開幕戦のラージョ・バジェカーノ戦ではアレハンドロ・ゴメスのスルーがラメラの元へそのシュートが相手に当たりゴールへ2点目は抜け出したエンネシリから受けたパスを滑り込みながら決め途中出場ながらドブレーテと大活躍をした。その後の第2節ヘタフェ戦ではエンネシリのスルーパスに抜け出したラファミルのシュートを詰めたラメラはチームを勝利に導く決勝ゴールを挙げた。その後第9節マジョルカ戦1点ビハインド出迎えた73分ジョアン・ジョルダンからボールを受けたラメラはカットインからの左足はゴール左上に入り、同点ゴール。アディショナルタイムにはセビージャ、へススナバスのクロスが流れていきフェルナンドの胸トラップからフェルナンドが中に入れオカンポスが逆転するもトラップした際にフェルナンドの手にあたりゴールを取り消されその試合セビージャは痛み分けをした。そんな活躍をしていたラメラはセビージャ対レアル・ベティスのエルグランデルビを最後に右肩怪我をし長期離脱をすることになった。 復帰後、迎えたマドリーとの天王山ではマドリーを突き放す2点目を決めた。しかしその試合は3-2と逆転され、セビージャは敗北しマドリーに勝ち点が離された。[22]

代表経歴[編集]

2011年5月25日のパラグアイとの親善試合でアルゼンチン代表デビューを果たした[23]

2011 FIFA U-20ワールドカップでは背番号10番をつけて出場。グループリーグのメキシコ戦で決勝点を挙げると[24]、決勝トーナメント1回戦のエジプト戦では2本のPKを決め、アルゼンチンのベスト8進出に貢献した[25]

2014年9月3日のドイツとの親善試合で、アンヘル・ディ・マリアのクロスをボレーシュートで決め代表初得点を挙げた。コパ・アメリカ2015に臨む代表メンバーに選出された。

個人成績[編集]

クラブでの成績[編集]

年度 クラブ リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 国際大会 その他 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
アルゼンチン リーグ戦 - - - - その他 期間通算
2008-09 リーベル・プレート プリメーラ 1 0 - - - - - 1 0
2009-10 1 0 - - - - - 1 0
2010-11 34 4 - - - - - 34 4
イタリア リーグ戦 コッパ・イタリア - UEFA CL UEFA EL その他 期間通算
2011-12 ローマ セリエA 29 4 2 2 - - - - 31 6
2012-13 33 15 3 0 - - - - 36 15
イングランド リーグ戦 FLカップ FAカップ UEFA CL UEFA EL その他 期間通算
2013-14 トッテナム プレミアリーグ 9 0 2 0 0 0 - 6 1 - 17 1
2014-15 33 2 1 0 4 0 - 8 2 - 46 3
2015-16 34 5 1 0 0 0 - 8 6 - 43 11
2016-17 9 1 0 0 2 1 3 0 - - 14 1
通算 リーグ通算 リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 UEFA CL UEFA EL その他 リーグ通算
アルゼンチン プリメーラ 36 4 - - - - - 36 4
イタリア セリエA 62 19 5 2 - - - - 67 21
イングランド プレミアリーグ 85 2 0 0 0 - 6 1 - 17 1
総通算 183 31 7 2 0 0 - 6 1 - 120 26

代表での出場[編集]

  • 国際Aマッチ(2011年 - 現在)19試合3得点


アルゼンチン代表国際Aマッチ
出場得点
2011 1 0
2012 0 0
2013 5 0
2014 4 1
2015 5 0
2016 5 2
合計 19 3

代表での得点[編集]

# 開催日 開催地 対戦国 スコア 結果 大会
1 2014年9月3日 ドイツの旗 デュッセルドルフエスプリ・アレーナ ドイツの旗 ドイツ 2-0 4-2 親善試合
2 2016年6月14日 アメリカ合衆国の旗 シアトルセンチュリーリンク・フィールド ボリビアの旗 ボリビア 1-0 3-0 コパ・アメリカ・センテナリオ
3 2016年6月18日 アメリカ合衆国の旗 フォックスボロジレット・スタジアム ベネズエラの旗 ベネズエラ 4-1 4-1

タイトル・受賞[編集]

個人[編集]

  • プレミアリーグ月間最優秀ゴール:2021年3月
  • プレミアリーグ年間最優秀ゴール:2020-21
  • FIFAプスカシュ賞:2021

脚注[編集]

  1. ^ バルサ、12歳のアルゼンチン人FWと契約livedoorスポーツ、2004年10月8日
  2. ^ リーベルの会長、エリック・ラメラはバルサには行かないと伝えるlivedoorスポーツ、2004年10月10日
  3. ^ ローマ、アルゼンチンの新星ラメラを獲得UEFA.com、2011年8月6日
  4. ^ ローマ、ラメラ獲得を正式発表Goal.com 2011年8月7日
  5. ^ Lamela segna, la Roma resiste Il Palermo si sveglia tardila Gazetta dello Sort.it 2011年10月23日
  6. ^ セリエA第32節ベストイレブン:ビダル、ラメラなど選出 | Goal.com”. Goal.com (2013年4月17日). 2021年7月26日閲覧。
  7. ^ ICID=OP 「ラメラを探して」。今度はトッテナムファンがお騒がせ。負傷した選手に捜索願いlivedoor 2014年
  8. ^ リャイッチがローマへ、ラメラはトッテナムへGoal 2013年8月29日
  9. ^ 今シーズンの背番号spurs japan 2013年9月
  10. ^ ベイルの後継者 ラメラsoccer king
  11. ^ [1]goalcom. 2014年
  12. ^ [2]AFP 2014年12月
  13. ^ Everton 1–1 Tottenham Hotspur”. BBC Sport (2016年8月13日). 2016年8月13日閲覧。
  14. ^ “Tottenham’s Érik Lamela returns to Roma for treatment on hip injury”. The Guardian. (2017年1月6日). https://www.theguardian.com/football/2017/jan/06/tottenham-erik-lamela-return-roma-hip-injury 2017年1月7日閲覧。 
  15. ^ “Erik Lamela: Tottenham midfielder out for the season”. BBC. (2017年3月29日). http://www.bbc.co.uk/sport/football/39437112 2017年3月31日閲覧。 
  16. ^ Tottenham’s Érik Lamela admits he feared he would never play again-theguardian.com 2017年11月29日
  17. ^ Leicester 2 Tottenham 1 Jamie Vardy strikes 100th league goal as hosts extinguish Spurs-telegraph.co.uk 2017年11月28日
  18. ^ Tottenham 5-4 Leicester: Harry Kane double not enough for Golden Boot in topsy-turvy clash-Skysports 2018年5月13日(2018年5月14日閲覧)
  19. ^ ネイマールが圧巻ハット! 親子で“偉業達成”も…CL第2節で起こったトピックス”. サッカーキング (2018年10月4日). 2019年6月8日閲覧。
  20. ^ 10人のマンチェスター・Uは屈辱の6失点…トッテナムが完勝、ソン&ケインそろって2発”. サッカーキング (2020年10月5日). 2021年7月26日閲覧。
  21. ^ 年間最優秀ゴール“FIFAプスカシュ賞”にラメラが輝く!ノースロンドンダービーでラボーナから得点”. ゴールコム (2022年1月18日). 2022年2月7日閲覧。
  22. ^ スパーズとセビージャのトレード完了! ブライアン・ヒルがロンドン、ラメラがアンダルシアへ”. 超ワールドサッカー (2021年7月26日). 2021年7月26日閲覧。
  23. ^ Argentina-Paraguay 4-2. Esordio Lamela, in gol Fernandezcalciomercato.it 2011年5月25日
  24. ^ Lamela fa sognare la Roma Super gol al Mondiale U20la Gazetta dello Sort.it 2011年7月30日
  25. ^ Doppietta Lamela, l'Argentina volaLASTAMPA.it 2011年8月10日

外部リンク[編集]