ルイジ・リーヴァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルイジ・リーヴァ Football pictogram.svg
Luigi Riva 1966.jpg
名前
愛称 ジジ (Gigi), 雷鳴 (Rombo di Tuono)
カタカナ ルイジ・リーヴァ
ラテン文字 Luigi Riva
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1944-11-07) 1944年11月7日(73歳)
出身地 レッジューノ
身長 180cm
体重 78kg
選手情報
ポジション FW(CF)
代表歴
1965-1974[1] イタリアの旗 イタリア 42 (35)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ルイジ・リーヴァLuigi Riva1944年11月7日 - )は、イタリア出身のサッカー選手。ポジションはフォワードイタリア代表として歴代最多の35ゴールを挙げた。

経歴[編集]

アマチュアクラブを経て1962年セリエCレニャーノでプロ選手としてのキャリアをスタートさせる。翌シーズンにセリエBカリアリに移籍して、クラブをセリエAに引き上げた。いくつものビッグクラブからの注目にも関わらず、引退するまでカリアリ一筋で過ごした。1973年には350万ポンドでのユヴェントスへの移籍を断った。

セリエA得点王に3度(1966-67、1968-69、1969-70)輝き、1969-70シーズンには彼にとってもクラブにとっても現在まで唯一のセリエAタイトルを獲得した。1976年に試合中に大怪我を負い、復帰を目指したが叶わず結局1978年に引退した。セリエAでの12シーズンの通算成績は289試合出場156ゴール。

イタリア代表としては、1965年6月27日ハンガリー戦(2-1で敗北)で国際舞台にデビュー。1968年UEFA欧州選手権では決勝のユーゴスラビア戦のみの出場ながら、先制点を挙げて優勝に貢献。1970年FIFAワールドカップでは決勝でブラジルに4-1で敗れて準優勝。1974年FIFAワールドカップではグループリーグ敗退に終わった。

引退後はカリアリの役員になった。また1990年からはイタリア代表のチームマネージャーを務めている。

1999年ワールドサッカー誌の20世紀の偉大なサッカー選手100人で74位に選出された。

所属クラブ[編集]

主なタイトル[編集]

個人タイトル[編集]

  • セリエA得点王:3回(1966-67、1968-69、1969-70)

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
イタリア リーグ戦 イタリア杯 オープン杯 期間通算
1962-63 レニャーノ セリエC 22 5
1963-64 カリアリ セリエB 26 8
1964-65 セリエA 32 9
1965-66 34 11
1966-67 23 18
1967-68 26 13
1968-69 29 20
1969-70 28 21
1970-71 13 8
1971-72 30 21
1972-73 26 12
1973-74 25 15
1974-75 8 2
1975-76 15 6
通算 イタリア セリエA 241 143
イタリア セリエB 26 8
イタリア セリエC 22 5
総通算 289 156

太字は得点王

代表歴[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]